アフィリエイト広告を利用しています
2級建築施工管理技士試験
年別 一次(学科)解答解説
─────────────
令和 5年(後期)一次
令和 5年(前期)一次
令和4年(後期)一次
令和4年(前期)一次
令和3年(後期)一次
令和3年(前期)一次
令和2年(後期)学科
令和元年(後期)学科
令和元年(前期)学科
平成30年(後期)学科
平成30年(前期)学科
平成29年(後期)学科
2級建築施工管理技士試験
項目別 一次(学科) 解答解説
─────────────
建 築 学環境工学
建築構造
構造力学
建築材料

 共通問題
施  工
躯体工事
 仮設工事
 土工事
 地業工事
 鉄筋工事
 型枠工事
 コンクリートの調合
 鉄骨工事
 木造軸組構法
 解体工事
仕上工事
 コンクリートブロック工事等
 防水工事
 石工事
 タイル工事
 屋根及びとい工事
 金属工事
 左官工事
 建具工事
 塗装工事
 内装工事
 仕上改修工事

施工管理
施工計画
 事前調査
 仮設計画
 材料の保管
 申請及び届出等
工程管理
 工程計画
 バーチャート工程表
 品質管理工程表
品質管理
 用  語
 鉄骨工事
 鉄筋工事
 コンクリート工事
 品質管理に関する記述
 試験及び検査
安全管理
 工事現場の安全管理
 労働安全衛生法

応用能力問題躯体工事
仕上工事

法  規建築基準法
建設業法
労働基準法
労働安全衛生法
廃棄物処理法
建設リサイクル法
消防法
騒音規制法
道路法
2級建築施工管理技士試験
年別 二次(実地) 解答解説
─────────────
令和4年 二次検定
令和3年 二次検定
令和2年 実地試験
令和元年 実地試験
平成30年 実地試験
平成29年 実地試験
平成28年 実地試験
平成27年 実地試験
平成26年 実地試験
平成25年 実地試験
2級建築施工管理技士試験
項目別 二次(実地) 解答解説
─────────────
問題1 経験記述
問題2 用語の解説
問題3 工程管理
問題4 法規
問題5-A 建築工事
問題5-B 躯体工事
問題5-C 仕上工事

2級建築施工管理技士試験
過去問題
───────────── 第一次検定(学科)

令和05年 一次検定(前期)
令和05年 一次検定(後期)
令和04年 一次検定(前期)
令和04年 一次検定(後期)
令和03年 一次検定(前期)
令和03年 一次検定(後期)
令和02年 学科(前期)(中止)
令和02年 学科(後期)
令和01年 学科(前期)
令和01年 学科(後期)
平成30年 学科(前期)
平成30年 学科(後期)
平成29年 学科(前期)
平成29年 学科(後期)
平成28年 学科
平成27年 学科
─────────────
第二次検定(実地)

令和05年 二次検定
令和04年 二次検定
令和03年 二次検定
令和02年 実地
令和01年 実地
平成30年 実地
平成29年 実地
平成28年 実地
平成27年 実地
(建設業振興基金より)
官庁営繕の技術基準

公共建築工事標準仕様書
(令和4年度版)
建築工事編
電気設備工事編
機械設備工事編

官庁営繕事業における
BIM モデルの作成及び利用に関するガイドライン
建築工事監理指針

1章 各章共通事項序節 監督職員の立場及び業務
01節 共通事項
02節 工事関係図書
03節 工事現場管理
04節 材  料
05節 施  工
06節 工事検査及び技術検査
07節 完成図等

2章 仮設工事01節 共通事項
02節 縄張り,遣方,足場他
03節 仮設物
04節 仮設物撤去等
05節 揚重運搬機械

3章 土工事 01節 一般事項
02節 根切り及び埋戻し
03節 山留め

4章 地業工事 01節 一般事項
02節 試験及び報告書
03節 既製コンクリート杭地業
04節 鋼杭地業
05節 場所打ちコンクリート杭地業
06節 砂利,砂及び
   捨コンクリート地業等

07節 「標仕」以外の工法

5章 鉄筋工事 01節 一般事項
02節 材  料
03節 加工及び組立て
04節 ガス圧接
05節 機械式継手,溶接継手

6章 コンクリート工事 01節 一般事項
02節 種類及び品質
03節 材料及び調合
04節 発注、製造及び運搬
05節 普通コンの品質管理
06節 現場内運搬並びに
   打込み及び締固め

07節 養  生
08節 型  枠
09節 試  験
10節 軽量コンクリート
11節 寒中コンクリート
12節 暑中コンクリート
13節 マスコンクリート
14節 無筋コンクリート
15節 流動化コンクリート
 [ 参考文献 ]

7章 鉄骨工事 01節  一般事項
02節  材  料
03節  工作一般
04節  高力ボルト接合
05節  普通ボルト接合
06節  溶接接合
07節  スタッド,デッキプレート溶接
08節  錆止め塗装
09節  耐火被覆
10節  工事現場施工
11節  軽量形鋼構造
12節  溶融亜鉛めっき工法
13節  鉄骨工事の精度
14節  資  料

8章 コンクリートブロック工事等 01節 一般事項
02節 補強コンクリートブロック造
03節 コンクリートブロック帳壁及び塀
04節 ALCパネル
05節 押出成形セメント板
  一般事項、材料
  外壁パネル工法
  間仕切壁パネル工法
  溝掘り及び開口部の処置
     施工上の留意点

9章 防水工事 01節 一般事項
02節 アスファルト防水
03節 改質As.シート防水
04節 合成高分子系
   ルーフィングシート防水

05節 塗膜防水
06節 ケイ酸質系塗布防水
07節 シーリング

10章 石工事 01節 一般事項
02節 材  料
03節 外壁湿式工法
04節 内壁空積工法
05節 乾式工法
06節 床および階段の石張り
07節 特殊部位の石張り

11章 タイル工事01節 一般事項
02節 セメントモルタルによる
   陶磁器質タイル張り

03節 接着剤による
   陶磁器質タイル張り

04節 陶磁器質タイル
   型枠先付け工法

05節 「標仕」以外の工法

12章 木工事 01節 一般事項
02節 材  料
03節 防腐・防蟻・防虫
04節 RC造等の内部間仕切等
05節 窓、出入り口その他
06節 床板張り
07節 壁及び天井下地
08節 小屋組(標仕以外)
09節 屋根野地,軒回り他
   (標仕以外)

13章 屋根及びとい工事 01節 一般事項
02節 長尺金属板葺
03節 折板葺
04節 粘土瓦葺
05節 と  い

14章 金属工事 01節 一般事項
02節 表面処理
03節 溶接,ろう付けその他
04節 軽量鉄骨天井下地
05節 軽量鉄骨壁下地
06節 金属成形板張り
07節 アルミニウム製笠木
08節 手すり及びタラップ

15章 左官工事 01節 一般事項
02節 モルタル塗り
03節 床コンクリート直均し仕上げ
04節 セルフレベリング材仕上
05節 仕上塗材仕上げ
06節 マスチック塗材仕上げ
07節 せっこうプラスター塗り
08節 ロックウール吹付け

16章 建具工事 01節 一般事項
02節 アルミニウム製建具
03節 樹脂製建具
04節 鋼製建具
05節 鋼製軽量建具
06節 ステンレス製建具
07節 木製建具
08節 建具用金物
09節 自動ドア開閉装置
10節 自閉式上吊り引戸装置
11節 重量シャッター
12節 軽量シャッター
13節 オーバーヘッドドア
14節 ガラス

17章 カーテンウォール工事 01節 共通事項
02節 メタルカーテンウォール
03節 PCカーテンウォール

18章 塗装工事 01節 共通事項
02節 素地ごしらえ
03節 錆止め塗料塗
04節 合成樹脂調合ペイント塗
   (SOP)

05節 クリヤラッカー塗(CL)
06節 アクリル樹脂系
  非水分散形塗料塗(NAD)

07節 耐候性塗料塗(DP)
08節 つや有合成樹脂
  エマルションペイント塗り(EP-G)

09節 合成樹脂エマルションペイント塗
   (EP)

10節 ウレタン樹脂ワニス塗(UC)
11節 オイルステイン塗
12節 木材保護塗料塗(WP)
13節 「標仕」以外の仕様

19章 内装工事 01節 一般事項
02節 モルタル塗り,ビニル床タイル
   及びゴム床タイル張り

03節 カーペット敷き
04節 合成樹脂塗床
05節 フローリング張り
06節 畳敷き
07節 せっこうボード、
   その他ボード、
   及び合板張り

08節 壁紙張り
09節 断熱・防露
10節 内装材料から発生する室内空気汚染物質への対策

20章 ユニットその他工事 01節 共通事項
02節 ユニット工事等
  2 フリーアクセスフロア等
  3 可動間仕切
  4 移動間仕切
  5 トイレブース
  6 手すり
  7 階段滑り止め
  8 床目地棒
  9 黒板,ホワイトボード
 10
 11 表示
 12 タラップ
 13 煙突ライニング
 14 ブラインド
 15 ロールスクリーン
 16 カーテン,カーテンレール
03節 プレキャスト
   コンクリート工事

04節 間知石及び
   コンクリート間知ブロック積み

05節 敷地境界石標

21章 排水工事 01節 共通事項
02節 屋外雨水排水
03節 街きょ,縁石,側溝

22章 舗装工事01節 共通事項
02節 路  床
03節 路  盤
04節 アスファルト舗装
05節 コンクリート舗装
06節 カラー舗装
07節 透水性アスファルト舗装
08節 ブロック系舗装
09節 砂利敷き
10節 補  修
11節 「標仕」以外の舗装
12節 用  語

23章 植栽,屋上緑化工事 01節 共通事項
02節 植栽基盤
03節 植  樹
04節 芝張り,吹付けは種
   及び地被類

05節 屋上緑化

原発・放射能

>放射能について正しく学ぼう
>内部被ばくを考える市民研究会
>国際環境NGO FoE Japan
>代々木市民観測所
>チェルノブイリへのかけはし
>放射線防護の仕方(緊急時編)
>放射線防護の仕方(日常編)
>放射線防護の仕方(食品編)
>セシウム汚染全国マップ
>Sv/Bq換算ツール
>経口時の年齢換算計算ツール
>Fukushima Voice version 2
>Simply Info
>日本原子力産業協会
原子力発電を考える
>グリーンアクション
>サイエンス・メディア・センター
>バンクーバー食品放射能モニタリング
>東京江戸川放射線
>品川区ママ友からの 放射線情報便
>福島30年プロジェクト
>全国の空間線量率
>村田 光平 オフィシャルサイト
>国会事故調査委員会
>福島第一原発カメラ(LIVE)
>全国放射線量測定マップ

2024年04月19日

2級建築施工管理技士 令和5年度(前期) [ No.18 ]〜[ No.28 ] 解答

令和5年度(前期) 2級建築施工管理技術検定

第一次検定 [ No.18 ]〜[ No.28 ] 解答

問題番号[ No.18 ]〜[ No.28 ]までの11問題のうちから、8問題を選択し、解答してください。
ただし、8問題を超えて解答した場合、減点となりますから注意してください。

問題は、四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.18 ]
根切り及び山留め工法に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1.控え(タイロッド)アンカー工法は、山留め壁頭部の変形を抑制したい場合に有効である。


2.場所打ち鉄筋コンクリート地中壁は、軟弱地盤や根切り底が深い掘削となる施工に適している。


3.親杭横矢板壁は、遮水性がなく、地下水位の高い地盤では地下水処理を併用する必要がある。


4.トレンチカット工法は、根切り工事の範囲が狭い場合に適している。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
控え(タイロッド)アンカー工法は、山留め壁背面に控え杭を設け、タイロッドで山留め壁を繋ぐことで、山留め壁を支える工法である。タイロッドの控えアンカーとしては、杭又はコンクリート製のブロックなどが用いられる。自立高さが高い場合や山留め壁頭部の変形を抑制したい場合に有効である。

2.◯
場所打ち鉄筋コンクリート地中壁は、掘削構内に鉄筋かごを挿入し、コンクリートを打設し、地中に鉄筋コンクリート壁を造る工法である。地下水位が高く、軟弱地盤、大深度掘削に適している。

3.◯
親杭横矢板壁は、H形鋼の柱を等間隔に打ち込み、その間に木製の板(横矢板)を差し込んで壁を造る工法である。経済性に優れ、小中規模工事で施工される。遮水性がなく、地下水位の高い地盤では適さない工法であるので、地下水処理を併用する必要がある。

4.×
トレンチカット工法は、根切り部分が広くて浅い場合に適用される。
山留め壁を根切り場周囲に2重に設け、その間を溝掘りし、外周部の地下躯体を構築した後、この躯体を支えながら内部の根切り、地下躯体の構築を行う工法。内部においては根切りなどの作業性が良い。地下工事の全般にわたり2段階の施工となり、工期がかかる。(建築工事監理指針)




[ No.19 ]
型枠の締付け金物等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.独立柱の型枠の組立てには、セパレータやフォームタイが不要なコラムクランプを用いた。


2.防水下地となる部分の型枠に、C型のセパレータを用いた。


3.型枠脱型後にコンクリート表面に残るC型のセパレータのねじ部分は、ハンマーでたたいて折り取った。


4.セパレータは、せき板に対して垂直となるよう取り付けた。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
周囲に壁が付いていない独立柱の型枠の組立てには、セパレータやフォームタイが不要なコラムクランプ(柱型枠締付金具)が用いられる。

2.×
防水下地となるコンクリート面における型枠緊結材は丸セパB型とし、コーン穴の処理については、水量の少ない硬練りモルタルをコンクリート面と同一になるように充填する。打放し仕上げや直接塗装仕上げ、防水下地となる部分の外壁コンクリートに使用する。

3.◯
型枠脱型後にコンクリート表面に残るC型セパレータのねじ部分は、ハンマーでたたいて折り取る。

4.◯
型枠は、コンクリートに直接接するせき板、せき板を支える支保工及びせき板と支保工を緊結するセパレータ、締付け金物からなり、セパレータは、せき板に対して直交するように設置する。




[ No.20 ]
日本産業規格(JIS)のレディーミクストコンクリート用骨材として、規定されていないものはどれか。

1.人工軽量骨材


2.高炉スラグ骨材


3.溶融スラグ骨材


4.再生骨材H



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
人工軽量骨材は、JIS A 5002に規定されている。

2.◯
高炉スラグ骨材は、JIS A 5011-1に規定されている。

3.×
溶融スラグ骨材とは、一般廃棄物を直接、または焼却残さ(焼却灰等)を高温条件下で溶融した後、冷却した生成される固化物をいう。日本産業規格(JIS)のレディーミクストコンクリート用骨材としては規定されていない。

4.◯
再生骨材Hは、JIS A 5021に規定されている。




[ No.21 ]
在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.土台の継手位置は、床下換気口を避けた位置とした。


2.束立て床組の大引の継手位置は、床束心とした。


3.根太掛けの継手位置は、柱心とした。


4.根太の継手位置は、大引等の受材心とした。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
土台の継手は、柱及び床下換気口の位置を避け、腰掛けあり継ぎ又は腰掛けかま継ぎとする。(一般財団法人住宅金融普及協会木造躯体工事5.1.1)

2.×
束立て床組の大引きの継手位置は、束心から 150mm程度持ち出し、腰掛けあり継ぎ、釘2本打ちとする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編12.4.2、表12.4.1)


3.◯
根太掛けの継手位置は、柱心で突付け継ぎとする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編12.4.2、表12.4.1)

4.◯
根太の継手位置は、大引等の受材心突き付け釘打ちとする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編12.4.2、表12.4.1)




[ No.22 ]
木造住宅の解体工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.蛍光ランプは、窓ガラスと共に専用のコンテナ容器内で破砕して、ガラス類として処分した。


2.建具と畳は、建築設備を取り外した後、手作業で撤去した。


3.せっこうボードは再資源化するため、水に濡れないように取り扱った。


4.屋根葺材は、内装材を撤去した後、手作業で取り外した。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
蛍光ランプは、水銀を含有している。破損すると周囲に飛散し、人体に影響を及ぼすおそれがあるので、解体時には破損させないように慎重に取り扱い、廃棄物処理法施行令による適切な措置で廃棄する。

2.◯
解体作業においては、建築設備を取り外した後、建具と畳を撤去する。

3.◯
廃せっこうボードを再資源化処理する際には、湿潤していないことが求められるため、水に濡れないように取り扱う必要がある。

4.◯
屋根葺材は、内装材を撤去した後、手作業で取り外し、重機で粉砕・混在させないように分別解体する。




[ No.23 ]
ウレタンゴム系塗膜防水絶縁工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.不織布タイプの通気緩衝シートは、接着剤で張り付けた。


2.通気緩衝シートの継目は、隙間や重なり部をつくらないようにシート相互を突付けとし、ジョイントテープを張り付けた。


3.穴あきの不織布タイプの通気緩衝シートは、下地に張り付けた後、防水材でシートの穴を充填した。


4.通気緩衝シートは、防水立上り面まで張り上げた。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
通気緩衝シートは、シートの下面に下地から水蒸気を通気させるための特殊加工をしたシート状の材料で、下地と防水層の間に挿入し、塗膜防水層破断や膨れの発生を低減させる。不織布タイプのものは、接着剤で張り付ける。

2.◯
通気緩衝シートのは、シート相互を突付けする。突き付けた箇所は、ジョイントテープ等を処理する。

3.◯
穴あきタイプの通気緩衝シートは、下地に張り付けた後、ウレタンゴム系防水材でシートの穴を充填する。

4.×
通気緩衝シートの張り付けは、平場部のみで立上りの手前で止める。シート下面の下地から発生する水蒸気を通気させるための特殊加工したシート状の材料で、下地と防水層の間を挿入し、塗膜防水層の破断や膨れの発生を低減させるために用いる。(建築工事監理指針)




[ No.24 ]
外壁の張り石工事において、湿式工法と比較した場合の乾式工法の特徴として、最も不適当なものはどれか。

1.地震時の躯体の挙動に追従しにくい。


2.石材の熱変形による影響が少ない。


3.白華現象が起こりにくい。


4.工期短縮を図りやすい。



答え

  1

[ 解答解説 ]
外壁の張り石工事において、湿式工法とはモルタルなどで外壁に張り付ける工法、乾式工法とはファスナーと呼ばれる金具で躯体に固定する工法である。湿式工法に対する乾式工法の主な特徴は次のとおりである。

@地震時の躯体の挙動に追従しやすい。
A石材の熱変形による被害を受けにくい
Bエフロレッセンス(白華現象:表面に白色の物質が析出する現象)が起こりにくい
C工事短縮を図りやすい

したがって、最も不適当なものは1である。




[ No.25 ]
金属の表面仕上げに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.ステンレス鋼のNo.2Bは、母材を冷間圧延して熱処理、酸洗いした後、適度な光沢を与えるために軽い冷間圧延をした仕上げである。


2.アルミニウムの自然発色皮膜は、母材を陽極酸化処理した後に着色や染色を行わず、素地のシルバー色のままとした無着色仕上げである。


3.鋼材の電気めっきは、母材を電解液中で通電して、表面に皮膜金属を生成させた仕上げである。


4.銅合金の硫化いぶしは、母材の表面に、硫黄を含む薬品を用いて褐色に着色した仕上げである。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
No.2Bとは、冷間圧延して熱処理、酸洗いしたNo.2Dに適度な光沢を与えるために軽い冷間圧延をした仕上げをいう。

2.×
アルミニウムの自然発色皮膜は、素材中の合金成分を皮膜中に残存せて発色させる方法(合金発色法)と、電解液に有機酸を用いて皮膜を発色させる方法(電解発色法)及びこれらを組み合わせて発色させる方法がある。

母材を陽極酸化処理した後に着色や染色を行わず、素地のシルバー色のままとした無着色仕上げる方法は、無着色陽極酸化皮膜である。

3.◯
電気めっきとは、鋼材などを電解液中で通電して、表面に皮膜金属を生成させる仕上げをいう。

4.◯
硫黄を含む薬品を用いて、銅合金の表面を褐色に着色したものを、硫化いぶし仕上げという。




[ No.26 ]
塗装工事における素地ごしらえに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.モルタル面の吸込み止めは、パテかいを行った後に、シーラーを全面に塗り付けた。


2.せっこうボード面のパテかいは、合成樹脂エマルションパテを使用した。


3.木部面の不透明塗料塗りの節止めは、セラックニスを使用した。


4.ALCパネル面の吸込み止めは、下地調整を行う前に、シーラーを全面に塗り付けた。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
モルタル面の素地ごしらえは、シーラーを全面に塗り付けて吸込み止めをした後、パテかいを行う。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 18.2.5 表18.2.4)
表18.2.4_モルタル面及びせっこうプラスター面の素地ごしらえ.jpg

2.◯
合成樹脂エマルションパテは、合板、せっこうボード、モルタル、コンクリートなどの表面の素地ごしらえに用いられる。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 18.2.5 表18.2.4)

3.◯
不透明塗料塗りの木部面の節止めには、セラックニス類を節及びその周囲にはけ塗りする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 18.2.2(1) 表18.2.1)
表18.2.1_木部の素地ごしらえ.jpg

4.◯
ALCパネル面の吸込み止めは、下地調整を行う前に、シーラー(下地への塗料の吸い込みを抑制する材料)を全面に塗布する。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 18.2.6 表18.2.5)
表18.2.5_コンクリート面及びALCパネル面の素地ごしらえ.jpg




[ No.27 ]
床のフローリングボード張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.壁、幅木、框及び敷居とフローリングボードの取合いには、板の伸縮に備えた隙間を設けた。


2.張込み完了後の表面に生じた目違いは、養生期間を経過した後、サンディングした。


3.接着剤張り工法のため、接着剤は専用のくしべらを使用し、均等に伸ばして塗り付けた。


4.釘留め工法の根太張り工法のため、根太の上に下張りを行い、フローリングボードを接着剤を併用して張り込んだ。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
壁、幅木、框及び敷居とフローリングボードの取合いには、必要に応じて、板の伸縮に備えた隙間を設ける。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 19.5.3(2)(ア))

2.◯
張込み完了後の表面に生じた目違いは、養生期間を経過した後、サンディング(サンドペーパーで研磨)する。

3.◯
接着工法の施工は、所定の接着剤を専用のくしべらを用いて均等に伸ばし、全面に塗布する。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 19.5.5(イ)(c))

4.×
釘留め工法の根太張り工法とは、根太の上に直接フローリングボード(根太張用)又は複合フローリング(根太張用)を接着剤と釘打ち併用にて張り込む工法である。なお、この場合は、根太間隔を300mm程度とする。




[ No.28 ]
外壁の押出成形セメント板(ECP)横張り工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.取付け金物(Zクリップ)は、パネル小口より80mm離れた位置に取り付けた。


2.取付け金物(Zクリップ)は、パネル1枚につき左右両端部2か所ずつ4か所取り付けた。


3.取付け金物(Zクリップ)は、下地鋼材にかかり代を20mm確保して取り付けた。


4.取付け金物(Zクリップ)は、下地鋼材に溶接長さを15mm確保して取り付けた。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
パネルの取付け金物(Zクリップ)は、パネル小口より80mm以上離れた箇所に原則として端部から2穴目の中空に取り付ける。ただし、パネル幅が400mm未満の場合は、端から1穴目でもよい。(ECP施工標準仕様書 5.2(1)E)

2.◯
パネルの取付け金物(Zクリップ)は、パネル1枚につき左右両端部2か所ずつ4か所取り付ける。

3.×
パネルの取付け金物(Zクリップ)は、下地鋼材に 30mm以上のかかり代を確保して取り付る。(ECP施工標準仕様書 5.2(1)F)

4.◯
パネルの取付け金物(Zクリップ)の取り付けは、回転防止のため下地鋼材に溶接長さ15mm以上確保して取り付ける。(ECP施工標準仕様書 5.2(2)B)






2024年04月18日

2級建築施工管理技士 令和5年度(前期) [ No.15 ] 〜[ No.17 ] 解答速報

令和5年度(前期) 2級建築施工管理技術検定

第一次検定問題  [ No.15 ]〜[ No.17 ]  解答速報

問題番号[ No.15 ]〜[ No.17 ]までの3問題は、全問題を解答してください。
問題は、四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.15 ]
構内舗装工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.路盤材料に用いられるクラッシャランは、採取したままの砂利で、砂と土粒の混入したものをいう。


2.アスファルト舗装の路床は、地盤が軟弱な場合を除いて、現地盤の土をそのまま十分に締め固める。


3.コンクリート舗装に用いるコンクリートのスランプは、一般的な建築物に用いるものより小さい。


4.アスファルト舗装は、交通荷重及び温度変化に対してたわみ変形する。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
クラッシャランとは、切り込み砕石のことで、ふるい分けをしていない砕石のことをいう。路盤材に用いられる採石であり、砕いた状態になっている。粒度が一定ではないため、安価である。コンクリート廃材を使った再生砕石もある。

2.◯
アスファルト舗装の路床は、地盤が軟弱な場合を除いて、現地盤の土をそのまま十分に締め固める。地盤が軟弱な場合は改良工事を行う。

3.◯
コンクリート舗装に用いるコンクリートは、一般的な建築物に用いるものより過酷な状況で使用されるので、耐久性が求めらる。一般的にスランプ値は小さく設定する。

4.◯
アスファルト舗装は、交通荷重及び温度変化に対してたわみ変形しやすい性質がある。たわみ変形とは、水平状態がくずれて形が変形することをいう。




[ No.16 ]
建築物の電気設備とそれに関する用語の組合せとして、最も関係の少ないものはどれか。

1.避雷設備 ────── 棟上げ導体


2.高圧受変電設備 ─── キュービクル


3.情報通信設備 ──── 同軸ケーブル


4.照明設備 ────── PBX



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
棟上げ導体とは、避雷設備を構成する部材の1つである。避雷設備は、受雷部システム、引下げ導線システム、接地システムで構成される。棟上げ導体は、避雷設備の受雷部として用いられる。

2.◯
キュービクルとは、金属製の箱に変圧器や遮断器などを収めたもので、高圧の受変電設備に用いられる。

3.◯
同軸ケーブルは、LAN(Local Area Network)ケーブルやテレビ共同受信用ケーブルなどの電気通信設備に用いられる被覆電線の一種で、CATV(ケーブルテレビ)の配信や情報通信などに用いられる。

4.×
PBXとは、Private Branch Exchange (電話交換機)の略で、施設内の複数の電話機そ使用するために施設内に設置するものである。電話設備に用いられる。




[ No.17 ]
給排水設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.地中埋設排水管において、桝を設ける場合、雨水桝には泥だめを、汚水桝にはインバートを設ける。


2.飲料水用の給水タンクの天井、底又は周壁は、建築物の構造体と兼用してはならない。


3.ポンプ直送方式の給水設備は、水道本管から分岐した水道引き込み管に増圧給水装置を直結し、建物各所に給水する方式である。


4.飲料水用の給水タンクの水抜き管は、一般排水系統へ直接連結してはならない。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
とは、地中埋設排水管において地中に設置される点検清掃用のスペースを確保するための施設をいう。地中埋設配管において、桝を設ける場合、雨水管に設ける桝である雨水桝には、下流に土砂を流さないため土砂を溜める部分である泥だめを、汚水管に設ける桝である汚水桝には、汚物が滞留せずに下流に流るよう、インバートと呼ばれる半円状の溝を設ける。

2.◯
給水、排水その他の配管設備の設置及び構造として、建築物の内部、屋上又は最下階の床下に設ける場合においては、次に定めるところによること。給水タンク等天井、底又は周壁は、建築物の他の部分と兼用しないこと。(建築基準法施行令第129条の2の4第2項第六号、第3項第五号、建築物に設ける飲料水の配管設備及び排水のための配管設備の構造方法を定める件第一第二号(イ)(2))

3.×
ポンプ直送方式は、水道を受水槽に貯水し、給水ポンプで直接加水した水を各所に給水する方式である。水道本管から分岐した水道引き込み管に増圧給水装置を直結し、建物各所に給水する方式は、水道直結増圧方式である。

4.◯
飲料水用の給水タンクの水抜き管は、逆流等を防止するために、間接排水とする、一般排水系統へ直接連結してはならない






2024年04月16日

2級建築施工管理技士 令和5年度(前期) [ No.01 ] 〜[ No.14 ] 解答速報

令和5年度(前期) 2級建築施工管理技術検定

第一次検定問題  [ No.01 ] 〜[ No.14 ]  解答解説
令和5年6月11日(日)



問題番号[ No.1 ]〜[ No.14 ]までの14問題のうちから、9問題を選択し、解答してください。
ただし、9問題を超えて解答した場合、減点となりますから注意してください。
問題は、四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。


[ No.1 ]
湿度及び結露に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.単位乾燥空気中の水蒸気の質量を相対湿度という。


2.飽和水蒸気量は乾球温度によって異なる。


3.冬季暖房時において、外壁の断熱性が低い場合、室内に表面結露が生じやすい。


4.冬季暖房時において、熱橋部は温度が低下しやすいため、室内に表面結露が生じやすい。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
単位乾燥空気中(1kg当たり)に含まれている水蒸気の質量は、絶対湿度という。湿り空気中の水蒸気量とその温度のおける飽和水蒸気量を比で表したものを相対湿度という。

2.◯
飽和水蒸気量は、1m3あたりに含まれる水蒸気の量をグラムで表したものである。また、乾球温度とは、空気中の温度のことをいう。飽和水蒸気量(水蒸気の量)は、空気中の温度のよって異なる

3.◯
表面結露とは、冬季暖房時に、室内の水蒸気により外壁などの室内側表面で生じる結露をいう。外壁の断熱性が低い場合は、室内側に表面結露が生じやすくなるため、断熱性の高い材料を施す必要がある。

4.◯
断熱材は、躯体外周部をすきまなく覆う必要があるが、部分的に覆うことができていない部分が発生する場合があり、その部分を熱橋部(ヒートブリッジ)という。外気の温度と室内の温度をつなぐという意味で断熱の弱点となる部分である。冬季であると、室内側を暖房してもその部分のみ温度が低下しやすく、室内のその部分に表面結露が生じやすくなる。




[ No.2 ]
照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.光束法による室内の平均照度の算出式において、設計対象面上の平均照度は設計対象面の面積に反比例する。


2.ものの見やすさには、視対象の明るさ、視対象と背景の対比、視対象の大きさ及び見る時間が関係する。


3.点光源による照度は、光源からの距離の2乗に反比例する。


4.光源の色を表す色温度は、光源と同じ色の光を放つ黒体の絶対温度で表し、単位はルーメン(lm)である。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
光束法とは、部屋の床面に降り注ぐ光束の量を計算し、当該部屋の床面の平均照度を算出する方法である。

平均照度(E)
= F × N × U × M / 部屋面積 A

F:器具1台あたりの光束
N:器具台数 [ 台 ]
U:照明率
M:保守率

上記の式により表され、設計対象面上の平均照度(E)は設計対象面の面積(A)に反比例する。

2.◯
ものの見やすさを示すための条件は、該当するものの明るさ、背景との対比、色、大きさ、動き(時間)が関係してくる。

3.◯
点光源による照度は、光源の光度に比例し、光源からの距離の2乗に反比例する。

4.×
照明器具の光源の色は色温度 [ K:ケルビン ]を用いて表現する。色温度とは、光を完全に吸収する黒体の温度放射により生ずる光お色を用いて、色合いを絶対温度で表示したものをいう。 lm(ルーメン)は光源の光束の単位である。




[ No.3 ]
色に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.無彩色とは、色みを表す色相や明るさを表す明度をもたない色をいう。


2.補色どうしを対比すると、互いに強調しあい、鮮やかさが増して見える。


3.色の温度感覚には、暖色や寒色、それらに属さない中性色がある。


4.2つの有彩色を混ぜて灰色になるとき、その2色は互いに補色の関係にある。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
無彩色とは、黒色、灰色、白色などの色味を持たない、明度だけをもつ色をいう。

2.◯
補色の関係にある二色を対比させると、互いに強調しあい、鮮やかさが増して見える。

3.◯
色の温度感覚には、赤色などの暖かみを感じる暖色や、青色などの涼しさを感じる寒色と、それらに属さない中性色がある。

4.◯
補色とは、2つの有彩色を混ぜて無彩色(灰色)になるときの2色の関係をいう。




[ No.4 ]
木造在来軸組構法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.階数が2以上の建築物における隅柱又はこれに準ずる柱は、原則として、通し柱とする。


2.圧縮力を負担する木材の筋かいは、厚さ1.5cm以上で幅9cm以上とする。


3.3階建ての建築物における1階の構造耐力上主要な部分である柱の断面は、原則として、小径13.5cm以上とする。


4.壁を設け又は筋かいを入れた構造耐力上必要な軸組の長さは、各階の床面積が同じ場合、1階のほうが2階より大きな値となる。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
階数が2以上の建築物におけるすみ柱又はこれに準ずる柱は、通し柱としなければならない。(建築基準法施行令第43条第5項)

2.×
引張り力を負担する筋かいは、厚さ1.5cm以上で幅9cm以上の木材又は径9mm以上の鉄筋を使用したものとしなければなだない。圧縮力を負担する筋かいは、厚さ3cm以上で幅9cm以上の木材ろ使用したものとしなければならない。(建築基準法施行令第45条第1項、2項)

3.◯
地階を除く階数が2を超える建築物の1階の構造耐力上主要な部分である柱の断面は、原則として、小径13.5cm以上とする。(建築基準法施行令第43条第2項)

4.◯
壁を設け又は筋かいを入れた構造耐力上必要な軸組の長さは、各階の床面積が同じ場合、1階のほうが2階より大きな値となる。(建築基準法施行令第46条第4項第二号)




[ No.5 ]
鉄筋コンクリート構造の建築物の構造設計に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1.構造耐力上主要な部分である柱の主筋の全断面積の割合は、コンクリートの全断面積の0.4%以上とする。


2.構造耐力上主要な部分である柱の帯筋比は、0.2%以上とする。


3.床スラブの配力筋は、一般に主筋と直角に、スラブの長辺方向に配筋する。


4.四辺固定の長方形床スラブの中央部の引張鉄筋は、スラブの下側に配筋する。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
構造耐力上主要な部分である柱の主筋の和は、コンクリートの全断面積の0.8%以上とする。(建築基準法施行令第77条第六号)

2.◯
構造耐力上主要な部分である柱の帯筋比(コンクリートの断面に対する帯筋の断面積の比)は、0.2%以上とする。(建築基準法施行令第77条第四号)

3.◯
配力筋は、スラブの長辺方向に配置される鉄筋をいい、主筋と直角に配置される。

4.◯
四辺固定の長方形床スラブは、下側に引張力を受けるため、当該床スラブの中央部の引張鉄筋は、スラブの下側に配筋する。




[ No.6 ]
鉄骨構造の接合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.高力ボルト接合の摩擦面には、ショットブラスト処理等による一定の値以上のすべり係数を確保する必要がある。


2.完全溶込み溶接継目の有効長さは、接合される材の全幅とする。


3.溶接と高力ボルトを併用する継手で、溶接を先に行う場合は両方の許容耐力を加算してよい。


4.隅肉溶接継目の許容応力度は、母材の許容せん断応力度と同じ値とする。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
すべり係数とは、摩擦接合面のすべりにくさを表す値で、値が大きいほどすべりにくいことを表す。高力ボルト接合は、接合面の摩擦力により応力を伝達するので、ショットブラスト処理等による一定の値以上のすべり係数が必要がある。ショットブラスト処理とは、研磨剤の噴射により部材の表面をザラザラに加工する処理工法である。

2.◯
完全溶込み溶接の継目の有効長さは、接合される鋼材の全ての幅の長さが有効長さとなる。鋼材の両端にはエンドタブ(溶接欠陥を逃す補助材)を用いるが、エンドタブは有効長さに含まれない。

3.×
高力ボルトを先に締め付ける場合は、両方の許容耐力を加算できるが、溶接を先を行う場合は、板が溶接熱により、曲がってしまい、接合面が高力ボルト締め付けても密着しない場合があることから、両方の耐力を加算することができない。

4.◯
隅肉溶接継目の許容応力度は、母材に応じた適切な材料を使えば、許容応力度を母材と同じ値にできる。(建築基準法施行令第92条、第94条、第98条、第99条)




[ No.7 ]
基礎杭に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.拡径断面を有する遠心力高強度プレストレストコンクリート杭(ST杭)は、拡径部を杭の先端に使用する場合、大きな支持力を得ることができる。


2.既製コンクリート杭の埋込み工法のひとつで、杭の中空部から掘削土を排出しながら杭を圧入する中掘り工法は、杭径の小さなものの施工に適している。


3.外殻鋼管付きコンクリート杭(SC杭)は、一般に継ぎ杭の上杭として、遠心力高強度プレストレストコンクリート杭(PHC杭)と組み合わせて用いられる。


4.鋼杭は、地中での腐食への対処法として、肉厚を厚くする方法、塗装やライニングを行う方法等が用いられる。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
ST杭は、杭の先端支持力をより大きく確保するために、先端部を太くした既製コンクリート杭で、大きな支持力を得ることが可能である。

2.×
中掘り工法は、先端が開放されている杭の中空部にオーガーを挿入し、地盤の掘削を行い、杭の中空部から掘削土を排出しながら、杭を圧入する工法である。比較的杭径の大きい場合に適している。

3.◯
SC杭(外殻鋼管付きコンクリート杭)は、PHC杭(遠心力高強度プレストレストコンクリート杭)と組み合わせて、一般に継ぎ杭の上杭として用いられる。

4.◯
鋼杭の地中での腐食防止方法には、塗装ライニング(被膜)を行う方法や、腐食による減肉を見込んで鋼杭の肉厚を厚くする方法等がある。




[ No.8 ]
建築物の構造設計における地震層せん断力に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.地上部分のある層に作用する地震層せん断力は、算定しようとする層の固定荷重と積載荷重の和に、その層の地震層せん断力係数を乗じて計算する。


2.地震層せん断力は、建築物の設計用一次固有周期及び地盤の種類に応じて算定する。


3.地震層せん断力係数は、上層階になるほど大きくなる。


4.地震地域係数は、その地方における過去の地震の記録に基づく震害の程度及び地震活動の状況、その他地震の性状に応じて国土交通大臣が定める数値である。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
建築物の地上部分の地震力については、当該建築物の各部分の高さに応じ、当該高さの部分が支える部分に作用する全体の地震力として計算するものとし、その数値は、当該部分の固定荷重と積載荷重との和(建築基準法施行令第86条第2項ただし書の規定により特定行政庁が指定する多雪地区においては、更に積雪荷重を加えるものとする。)に当該高さにおける地震層せん断力係数を乗じて計算しなければならない。(建築基準法施行令第88条第1項)

したがって、地上部分にある層に作用する地震層せん断力は、算定しようとする層の支える荷重に、その階の固定荷重と積載荷重との和に、その層の高さの地震層せん断力係数を乗じて計算する



2.◯
地震層せん断力(C=Ci×その階以上の重量)は、建築物の振動特性を表すもの(Rt)がCi(地震層せん断力係数)を求める公式の中に含まれている。建築物の振動特性を表すもの(Rt)は、建築物の弾性域における固有周期及び地震の種類に応じて国土交通大臣が定める方法により算出した数値とする。よって、地震層せん断力は、建築物の設計用一次固有周期及び地震の種類に応じて算定する。(建築基準法施行令第88条第1項)

3.◯
地震層せん断力係数は、次の式で計算するものとする。(建築基準法施行令第88条第1項)

Ci(地震層せん断力係数)
= Z × Rt × Ai × C0

Z:地域地震係数
Rt:建築物の振動特性係数
Ai:建築物の振動特性に応じて地震層せん断力係数の高さ方向の分布を補正する係数行列
C0:標準せん断力係数

Z、Rt 、C0は、一定の係数であるため、階によって変わることはない。Aiは、高さ方向の補正係数であり、その数値は上階になるほど大きくなる。よって、地震層せん断力係数は、上階になるほど大きくなる。

4.◯
地震地域係数(Z)は、その地方における過去の地震の記録に基づく震害の程度及び地震活動の状況その他地震の性状に応じて1.0から0.7までの範囲内において国土交通大臣が定める数値とする。(建築基準法施行令第88条第1項)




[ No.9 ]
図に示す単純梁ABに等変分布荷重が作用したとき、支点Aの鉛直反力VA及び支点Bの鉛直反力VBの値の大きさの比率として、正しいものはどれか。

R05_2kgz_No.9_等変分布荷重.jpg

1.VA:VB=1:2

2.VA:VB=2:3

3.VA:VB=3:4

4.VA:VB=4:5


答え

  4

[ 解答解説 ]
まず、
@w [ N/m ]の等分布荷重
A左端 0[ N/m ]、右端 w[ N/m ]等変分布荷重
に分解して考える。

 R05_2kgz_No.9_等変分布荷重の分割.jpg

@の等分布荷重を集中荷重に置き換えると、
左端から ℓ/2 の位置に wℓ(=V1) の力が下向きにかかる。

Aの等変分布荷重を集中荷重に置き換えると、
左端から 2ℓ/3の位置に wℓ/2(=V2) の力が下向きにかかる。

  R05_2kgz_No.9_等変分布荷重の分割(集中荷重).jpg

鉛直方向の力のつり合いより
VA + VB = wℓ + wℓ/2 = 3wℓ/2 ・・・(1)

A点はピン支点なので、
MA = V1×ℓ/2 + V2 × 2ℓ/3 – VB × ℓ = 0

これと解くと
wℓ×ℓ/2 + wℓ/2× 2ℓ/3 – VB × ℓ = 0
wℓ2/2 + 2wℓ2/6 = VB × ℓ
5wℓ2/6 = VB × ℓ
VB = 5wℓ/6 ・・・(2)

(2) と (1) に代入して、
VA = 3wℓ/2 – 5wℓ/6 = 4wℓ/6

よって、VA : VB = 4:5 となり、正答は 4 となる。




[ No.10 ]
図に示す単純梁ABの点C及び点Dにそれぞれモーメント荷重Mが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。ただし、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。

R05_2kgz_No.10_単純梁へのモーメント.jpg


R05_2kgz_No.10_モーメント図1.jpgR05_2kgz_No.10_モーメント図2.jpg
R05_2kgz_No.10_モーメント図3.jpgR05_2kgz_No.10_モーメント図4.jpg


答え

  1

[ 解答解説 ]
C点とD点は向きが反対で大きさがモーメントなので、CD間でモーメントのつり合いは取れている。
よって、CD間から外れた部分にはモーメントは働かない。
また、CD間は上側が引張り(下側が圧縮に)なるので、正答は 1 となる。





[ No.11 ]
コンクリートに関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1.スランプが大きいほど、フレッシュコンクリートの流動性は大きくなる。


2.硬化後のコンクリートの圧縮強度が大きくなると、ヤング係数は大きくなる。


3.暑中コンクリートは、日平均気温の平年値が 25℃を超える期間が適用期間となる。


4.硬化後のコンクリートの引張強度は、圧縮強度の 1/5程度である。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
スランプとは、スランプ試験により得られる値で、フレッシュコンクリートの流動性を示す指標である。スランプが大きいほど、フレッシュコンクリートの流動性は大きくなる。

2.◯
ヤング係数とは、ひずみと応力の関係を示す係数で、ヤング係数が大きいほど、ひずませるのに大きな応力を要し、変形しにくい硬い性質となる。コンクリートの圧縮強度が大きくなると、ヤング係数も大きくなる。 

3.◯
暑中コンクリートの適用期間は、特記に記載がない場合、日平均気温の平年値が25℃を超える期間を基準として定め、工事監理者の承認を受ける。(JASS 5)

4.×
コンクリートの設計基準強度をF [ N/mm2 ] とすると、圧縮強度はF、引張強度は F/10である。(建築基準法施行令第97条第1項)




[ No.12 ]
日本産業規格(JIS)に規定するセラミックタイルに関する記述として、不適当なものはどれか。

1.セラミックタイルとは、粘土又はその他の無機質原料を成形し、高温で焼成した、所定の厚さを有した板状の不燃材料である。


2.裏連結ユニットタイルとは、多数個並べたタイルの裏面や側面を、ネットや台紙等の裏連結材で連結したものをいう。


3.屋外壁の有機系接着剤によるタイル後張り工法で施工するタイルには、裏あしがなくてもよい。


4.屋外壁のセメントモルタルによるタイル後張り工法で施工するタイルには、裏あしがなくてもよい。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
セラミックタイルは、陶磁器質タイルのことをいう。粘土又はその他の無機質材料を成形し、高温で焼成した厚さ 40mm未満の板状の不燃材料である。

2.◯
裏連結ユニットタイルとは、タイルの裏面や側面を裏連結材連結したものをいう。裏連結材には、ネット、台紙、樹脂などがあり、施工時にそのまま埋め込まれる。

3.◯
有機系接着剤によるタイル後張り工法で施工するタイルには、裏あしがなくてもよい裏あしとは、セメントモルタル等との接着をよくするために裏面につけたあし、リブ又は凹凸をいう。

4.×
セメントモルタルによる外壁タイル後張り工法で施工するタイル等、外装タイル及び外装タイル以外で屋外の壁に使用する場合、裏あしがなくてはならない。タイルの裏あしの形状は、あり状とする。あり状とは、裏あしの形状の一種をいう。




[ No.13 ]
防水材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.アスファルトプライマーは、下地と防水層の接着性を向上させるために用いる。


2.絶縁用テープは、防水層の末端部に使用し、防水層のずれ落ち、口あき、剥離等の防止に用いる。


3.アスファルトフェルトは、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透させたものである。


4.改質アスファルトは、合成ゴムや合成樹脂等を添加して、アスファルトの温度特性等を改良したものである。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
アスファルトプライマーは、コンクリート下地に塗布する塗料であり、下地と防水層の接着性を向上させるために用いる。

2.×
防水層の末端部に使用し、防水層のずれ落ち、口あき、はく離等の防止に用いられるものは、ストレッチルーフィングである。絶縁用テープは、コンクリートスラブの打継ぎにおいて、ストレッチルーフィングを増張りする前に用いられる。

2K_R01_No.14_ストレッチルーフィングと絶縁テープ.jpg

3.◯
アスファルトフェルトとは、屋根や外壁の防水、防湿に用いられる材料で、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透させたものをいう。

4.◯
改質アスファルトは、通常のアスファルト(石油アスファルト)に合成ゴムや合成樹脂、天然アスファルト等を添加して、当該アスファルトの温度特性等を改良したものである。




[ No.14 ]
内装材料に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1.木毛セメント板は、断熱性、吸音性に優れている。


2.けい酸カルシウム板は、軽量で耐火性に優れている。


3.強化せっこうボードは、心材のせっこうに油脂をしみ込ませ、強度を向上させたものである。


4.シージングせっこうボードは、普通せっこうボードに比べ、吸水時の強度低下が生じにくい。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
木毛セメント板とは、リボン状に細長く削り出した木材をセメントペーストで圧縮成形したもので、断熱性、吸音性に優れている

2.◯
けい酸カルシウム板は、石灰質原料(セメントを含む)、けい酸質原料、石綿以外の繊維・混和材料を原料とし高温高圧蒸気養生を施したもので、軽量で耐火・断熱・音響性能に富み、温度や湿度による伸縮、反り等の変形が小さい

3.×
強化せっこうボードは、芯材のせっこうに無機質繊維等を混入したもので、防火性を向上させたものである。防火・準防火・耐火、遮音構造に用いる。油脂をしみ込ませると燃えやすくなるため、使用しない。

4.◯
シージングせっこうボードとは、両面の紙と内部のせっこうに防水加工を施してあるせっこうボードをいい、普通せっこうボードに比べ、吸水時の強度低下が少ない






2024年04月14日

2級建築施工管理技術検定(令和5年後期)一次検定の問題分析

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)

第一次検定 問題分析 

令和5年11月12日(日)に実施された、
令和5年度の2級建築施工管理技術検定(後期)第一次検定

試験時間:10時15分から12時45分の2時間30分

5.の【 応用能力 】 は令和2年度からのの新しい問題で、
四肢二択で、選んだ肢の番号が2つとも正しい場合のみ正答

それ以外の問題は、四肢一択

なお、配点は 50問出題に対し、40問解答する問題で、各問題1点、40点満点となる。
合格は、60%以上の24問以上の正解

問題内容の詳細は以下のようになっている。

1.[ No. 1 ]〜[ No.14 ] 【 建築学 】
 ( ↑ No.をクリックすると解答解説へ行きます:以下同様)

 14問題のうちから、9問題を選択し、解答する。

 01.環境工学(換気)
 02.環境工学(採光及び照明)
 03.環境工学(音響)
 04.建築構造(鉄筋コンクリート構造)
 05.建築構造(鉄骨構造)
 06.建築構造(鉄骨構造)
 07.建築構造(地盤及び基礎構造)
 08.構造力学(応力度の算定)
 09.構造力学(応力値)
 10.構造力学(曲げモーメント)
 11.建築材料(構造用鋼材)
 12.建築材料(木材)
 13.建築材料(建具の性能試験)
 14.建築材料(シーリング材


2.[ No.15 ]〜[ No.17 ] 【 共通問題 】

 3問題は、全問題を解答する。

 15.測  量(測定値の補正)
 16.電気設備(LED照明)
 17.機械設備(建築設備用語)


3.[ No.18 ]〜[ No.28 ]  【 躯体工事,仕上工事 】

 11問題のうちから、8問題を選択し、解答する。

 18.躯体工事(仮設工事 / やり方及び墨出 )
 19.躯体工事(地業工事 / 砂利地業、捨Con、土間Con )
 20.躯体工事(鉄筋工事 / 鉄筋の加工組立て)
 21.躯体工事(鉄骨工事 / 高力ボルト接合)
 22.躯体工事(木工事 / 在来軸組構法 )
 23.仕上工事(タイル工事 / タイル後張り工法)
 24.仕上工事(屋根及びとい工事 / 金属製折板葺)
 25.仕上工事(左官工事 / セメントモルタル塗り)
 26.仕上工事(建具工事 / 建具金物)
 27.仕上工事(塗装工事 / 木質系素地面の塗装)
 28.仕上工事(内装工事 / ビニル床シート張り)


4.[ No.29 ]〜[ No.38 ]  【 施工管理 】

 10問題は、全問題を解答する。

 29.施工計画(事前調査)
 30.施工計画(仮設計画)
 31.品質管理(材料の保管)
 32.工程管理(工程計画)
 33.工程管理(バーチャート工程表)
 34.品質管理(品質管理)
 35.品質管理(トルシア形高力ボルトのマーキング)
 36.品質管理(コンクリート試験)
 37.安全管理(危害・迷惑と防止対策)
 38.施工計画(法規 / 労働安全衛生規則)


5.[ No.39 ]〜[ No.42 ]  【 応用能力 】

 4問題は、全問題を解答する。

 39.躯体工事(コンクリート工事 / 型枠支保工)
 40.躯体工事(コンクリート工事 / 型枠の存置期間)
 41.仕上工事(防水工事 / 合成高分子系ルーフィングシート防水)
 42.改修工事(劣化と改修工法)


6.[ No.43 ]〜[ No.50 ]  【 法 規 】

 8問題のうちから、6問題を選択し、解答する。

 43.建築基準法(用語の定義)
 44.建築基準法(居室の採光及び換気)
 45.建設業法 (建設業の許可等)
 46.建設業法 (請負契約書に記載しなければならない事項)
 47.労働基準法(労働契約に関する記述)
 48.労働安全衛生法(職長に対して行う安全衛生教育)
 49.廃棄物の処理及び清掃に関する法律(副産物)
 50.消防法(消防用設備等の種類と機械器具又は設備)



2024年04月13日

2級建築施工管理技士 令和5年度 一次 (後期) [ No.01 ] 〜[ No.14 ] 解答・解説

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)


第一次検定問題  [ No.01 ] 〜[ No.14 ]  解答・解説

令和5年11月12日(日)



問題番号[ No.1 ]から[ No.14 ]までの14問題のうちから、9問題を選択し、解答してください。

ただし、9問題を超えて解答した場合、減点となりますから注意してください。

問題は四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.1 ]
換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.空気齢とは、空気が流入口から室内のある点まで到達するのに要する平均時間のことである。

2.必要換気回数は、必要換気量を室容積で割った値であり、室内の空気を1時間に何回入れ替えるのかを表す。

3.機械換気方式には、屋外の風圧力を利用するものと室内外の温度差による空気の密度の違いを利用するものがある。

4.温度差換気の換気量は、給気口と排気口の高低差の平方根に比例する。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
空気齢とは、空気が開口部から入り、室内のある点まで到達するのに要する平均時間のことをいう。

2.◯
必要換気回数は、室内の空気が1時間当たりに入れ替わる回数を表すもので、次式で表される。

必要換気回数 [ 回/h ]
= 必要換気量 [ m3/h ] / 室容積 [ m3 ]

3.×
自然換気方式は、屋外の風圧力を利用するものと、室内外の温度差による空気の密度の違いを利用するものがある。機械換気方式は、送風機(ファン)や換気扇などの機械力を用いた換気方式である。

4.◯
温度差換気の換気量は、次式で表され、給気口と排気口の高低差の平方根に比例する。

温度差換気Q [ m3/h ]
= αA√ 2gh(t - t0)/T1 × 3,600
t − t0:室内外温度差
h:開口部の高低差
α:流量係数
A:開口部面積
T:室内の絶対温度




[ No.2 ]
採光及び照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.全天空照度は、直射日光による照度を含む。

2.昼光率は、窓等の採光部の立体角投射率によって異なる。

3.全般照明と局部照明を併せて行う照明方式を、タスク・アンビエント照明という。

4.高輝度な部分や極端な輝度対比等によって感じるまぶしさを、グレアという。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
全天空照度とは、全天空が望める場所で、直射日光の照度を除いた水平面照度のことをいう。

2.◯
昼光率は、室内に入射する光の割合をさし、通常百分率(%)で表され、次の式で求めることができる。

昼光率 [ % ]
= 室内のある点の照度(E) / 屋外の全天空照度(E0) × 100

また、立体角投射率とは、窓などの光が入射する部分(採光部)の立体角が持つ面積を、床面に投影した時に占める割合をいう。

そのため、昼光率は、採光部の立体角投射率によって異なる。

3.◯
タスク・アンビエント照明とは、局部照明(タスク照明)と全般照明(アンビエント照明)を併せて行う照明方式で、作業灯で作業場所を照らし、天井照明で室内全般を照らす照明方式である。

4.◯
グレアとは、輝度の高い部分や極端な輝度対比により人が感じるまぶしさのことをいう。なお、輝度対比とは、対象物と周辺や背景との輝度の相違や程度である。




[ No.3 ]
音に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.室内の仕上げが同じ場合、室の容積が大きいほど残響時間は長くなる。

2.人が音として知覚できる可聴周波数は、一般に、20Hzから20,000Hzである。

3.音の強さのレベルが60dBの同じ音源が2つ同時に存在する場合、音の強さのレベルは約120dBになる。

4.周波数の低い音は、高い音より壁や塀等の背後に回り込みやすい。



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
残響時間とは、ある音が停止してから音の強さのレベルが 60dB減衰するのに要する時間で定義される。室の形状、仕上げが同じ場合、室の容積が大きいほど、残響時間は長くなる。

2.◯
人間が聞き取れる音の周波数は、一般的に 20Hzから 20,000Hzといわれている。

3.×
音の強さのレベルは、2倍の場合 +3dB、4倍の場合 +6dBである。音の強さのレベルが 60dBの同じ音源が2つ同時に存在する場合、音の強さのレベルは約63dBである。

4.◯
音波が障害物の背後に回り込む現象を回折といい、高い周波数よりも低い周波数の音のほうが回折しやすい。低音は波長が長く、遠くへ広がるためである。




[ No.4 ]
鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.腰壁やたれ壁が付いた柱は、付いていない柱に比べ、地震時にせん断破壊を起こしやすい。

2.大梁は、床の鉛直荷重を支えるとともに、柱をつなぎ地震力等の水平力にも抵抗する部材である。

3.耐震壁の配置は、建築物の重心と剛心をできるだけ近づけるようにする。

4.耐震壁の壁量は、地震等の水平力を負担させるため、下階よりも上階が多くなるようにする。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
腰壁やたれ壁が付いた短柱は、地震発生時にせん断破壊を起こしやすい。

2.◯
大梁とは、床の鉛直荷重を支え、柱をつないで、地震力等の水平力にも抵抗する部材をいう。

3.◯
耐震壁は、建築物の重心(重さの中心)と剛心(強さの中心)をできるだけ近づけるように配置する。

4.×
耐震壁は、上階よりも下階が多くなるようにすることが、耐震構造上有効である。




[ No.5 ]
鉄骨構造の一般的な特徴に関する記述として、鉄筋コンクリート構造と比較した場合、最も不適当なものはどれか。

1.同じ容積の建築物では、構造体の軽量化が図れる。

2.構造体の剛性が大きいため、振動障害が生じにくい。

3.架構の変形能力が高い。

4.大スパンの建築物が可能である。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
鉄骨構造の構造体は、鉄筋コンクリート構造に比べて、小さな断面の部材で大きな荷重に耐えることが可能なので、同じ容積の建築物では構造体の軽量化が可能である。

2.×
鉄骨構造の構造体は、鉄筋コンクリート構造の構造体に比べて剛性が小さく、振動生涯が発生しやすい。

3.◯
鉄骨構造は、鉄筋コンクリート構造に比べて、架構の変形能力が高い。

4.◯
鉄骨構造は、鉄筋コンクリート構造に比べ、柱間隔(スパン)の大きな大スパンの建築物を構築することが可能である。




[ No.6 ]
鉄骨構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.丸鋼を用いる筋かいは、主に圧縮力に抵抗する。

2.ガセットプレートは、節点に集まる部材相互の接合のために設ける部材である。

3.裏当て金は、完全溶込み溶接を片面から行うために、溶接線に沿って開先ルート部の裏側に取り付けられる鋼板である。

4.ダイアフラムは、梁から柱へ応力を伝達するため、仕口部に設ける。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
筋かいとは、柱と梁により構成される四角形の構面に対角線状に入れる補強材のことをいう。鋼材は引張力に抵抗する部材であり、丸鋼を用いる筋かいは、主に引張力に働く部材である。木造軸組構造の筋交いは、主に圧縮力に抵抗する。

2.◯
ガセットプレートは、節点における部材相互の接合に用いられる部材である。

3.◯
裏当て金とは、完全溶込み溶接を片面から行うために、溶接線に沿って開先ルート部の裏側に取り付けられる鋼板をいう。なお、開先とは溶接しやすくするために部材に施す切り欠きをいい、ルート部とは開先の基部をいう。

4.◯
ダイアフラムは、柱と梁の接合部に用いられ、応力を伝達するため仕口に設けられる補強材である。




[ No.7 ]
地盤及び基礎構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.独立フーチング基礎は、一般に基礎梁で連結する。

2.洪積層は、沖積層に比べ建築物の支持地盤として適している。

3.液状化現象は、粘性土地盤より砂質地盤のほうが生じやすい。

4.直接基礎の鉛直支持力は、基礎スラブの根入れ深さが深くなるほど小さくなる。



答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
独立フーチング基礎は、基礎梁で連結して用いられるのが、一般的である。

2.◯
洪積層は、沖積層に比べ地盤が安定しており、軟弱地盤の傾向のある沖積層に比べて、建築物の支持地盤として適している。

3.◯
液状化とは、地震が発生して地盤が強い衝撃を受けると、今まで互いに接して支えあっていた土の粒子がバラバラになり、地盤全体がドロドロの液体にような状態になる現象のことをいう。砂質土は、地震が発生すると体積が収縮しようとする働きが起こり、地下水位が上昇すると、粘性土地盤より砂質地盤のほうが生じやすい。

4.×
基礎スラブとは、基礎の底板をいう。根入れとは、地中に埋めることをいう。基礎スラブの根入れ深さを深くすると、直接基礎の鉛直支持力は大きくなる。




[ No.8 ]
長方形断面の部材の応力度の算定とそれに用いる変数の組合せとして、最も不適当なものはどれか。

1.柱の垂直応力度の算定柱の断面積

2.梁のせん断応力度の算定梁幅

3.曲げ応力度の算定断面二次半径

4.縁応力度の算定断面係数



答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
垂直応力度 ( σ )は、

σ = 軸方向力 ( N ) / 断面積 (A)

である。
そのため、柱の垂直応力度の算定に柱の断面積 (A) が用いられる。

2.◯
せん断応力度(τ)は、

τ = QS/bI

Q:せん断力
S:断面1次モーメント
b:断面の幅
I:断面2次モーメント

である。
よって、梁のせん断応力の算定に梁幅が用いられる。

3.×
曲げ応力度(σ)は、

σ = M/Z

M:曲げモーメント、
Z:断面係数

である。
断面係数は、断面2次モーメントにより計算される。座屈荷重は、断面二次半径により算定される。

4.◯
縁応力度とは、部材の断面の端部(梁の場合、上端及び下端)に生じる曲げ応力度をいう。曲げ応力度同様に、断面係数により算定される。




[ No.9 ]
図に示す単純梁ABにおいて、点C及び点Dにそれぞれ集中荷重Pが作用したとき、点Eに生じる応力の値の大きさとして、正しいものはどれか。
r05_2kg_k_9_単純梁への集中荷重.jpg

1.せん断力は、2kNである。

2.せん断力は、6kNである。

3.曲げモーメントは、4kN・mである。

4.曲げモーメントは、8kN・mである。


答え

  3

[ 解答解説 ]

r05_2kg_k_9_単純梁への集中荷重.Ans.jpg

まず、垂直方向のVA及びVBを求める。
点Aにおけるモーメントは、MA = 0 より、
MA = 5kN × 1m + 5kN × 3m − VB [ kN ] × 5m
  =0

MA = 5 + 15 − 5VB
−5VB = −20
VB = 4 kN

垂直方向の力のつり合いより、
VA [ kN ] + VB [ kN ] − 5kN − 5kN = 0

VA [ kN ] + 4kN − 5kN − 5kN = 0
VA = 6kN

つづいて、点Eの各応力を求めるため、点Eより右半分で考える。
    r05_2kg_k_9_単純梁への集中荷重.Ans3.jpg

せん断力は、
QE + 4kN = 0
QE = − 4 kN

曲げモーメントは、
ME = 4kN ×1m
ME = 4kN

したがって、3が正しい。




[ No.10 ]
図に示す片持梁ABのCD間に等分布荷重wが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。
ただし、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。

r05_2kg_k_10_片持梁への等分布荷重.jpg

1.              2.
r05_2kg_k_10_モーメント図1.jpgr05_2kg_k_10_モーメント図2.jpg

3.              4.
r05_2kg_k_10_モーメント図3.jpgr05_2kg_k_10_モーメント図4.jpg


答え

  4

[ 解答解説 ]
はじめに、等分布荷重の力を求める。
w × ℓ/3 = wℓ/ 3 [ N ]

この力を集中荷重に置き換えると下図のようになる。
下向きの力なので、 −wℓ/3 [ N ]

r05_2kg_k_10_片持梁への等分布荷重.Ans.jpg

次に、B点の曲げモーメントを求める。

MB = −wℓ/3 [ N ] × ℓ/2 [ m ]
MB = −wℓ2/6 [ N・m ]

曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。
とあるので、跳ねだし梁なので、明らかに上側が引張であり、上側に記載する。

A点からC点は力がかかってないので、0である。

梁の中央部が −wℓ/3。B点が−wℓ2/6である。
C点からD点は等分布荷重であることより、曲線となり、
D〜B点には荷重がかかってないので直線となるので、下図のようになる。

r05_2kg_k_10_モーメント図4.Ans.jpg




[ No.11 ]
構造用鋼材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.線膨張係数は、約1.2×10-5(1/℃)である。

2.炭素含有量が多くなると、ねばり強さや伸びが大きくなる。

3.建築構造用圧延鋼材SN400Bの引張強さの下限値は、400N/mm2である。

4.鋼のヤング係数は、常温では強度に係わらずほぼ一定である。



答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
線膨張係数とは、物質の長さが、温度1℃変化するごとに、元の長さに対してどれだけ変化するかを示す。構造用鋼材の線膨張係数は、1.2×10-5(1/℃)程度である。

2.×
鋼は、鉄と炭素の合金で、炭素の含有量が多くなると、ねばり強さや伸びが小さくなる。

3.◯
鋼材の材料記号において、数字は、保証される引張強さの下限値であることがJISで定められている。建築構造用圧延鋼材SN400Bの引張強さの下限値は、400N/mm2である。

4.◯
鋼のヤング係数は、2.05 × 105 N/mm2で、常温では鋼材の強度に係わらずほぼ一定である。




[ No.12 ]
木材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.辺材部分は、一般に心材部分より含水率が高い。

2.気乾状態とは、木材の水分が完全に無くなった状態をいう。

3.繊維方向の圧縮強度は、繊維に直交する方向の圧縮強度より大きい。

4.強度は、繊維飽和点以上では、含水率が変化してもほぼ一定である。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
樹木の中心部の部材を心材、周辺部の部材を辺材という。辺材部分は、一般に心材部分より含水率が高い。

2.×
気乾状態とは、木材の含水率が大気中の水分と平衡になった状態をいう。

3.◯
木材は、繊維方向の圧縮力に強い。繊維に直交する方向から力が作用すると、繊維間にめり込みが生じてしまう。よって、繊維方向の圧縮強度は、直交する方向の圧縮力より大きい。

4.◯
木材は、含水率が大きくなるほど強度は低下するが、繊維飽和点以上の含水率になると、含水率が変化しても強度はほぼ一定となる。




[ No.13 ]
日本産業規格(JIS)に規定する建具の性能試験に関する記述として、不適当なものはどれか。

1.遮音性の性能試験では、音響透過損失を測定する。

2.気密性の性能試験では、通気量を測定する。

3.結露防止性の性能試験では、熱貫流率を測定する。

4.水密性の性能試験では、漏水を測定する。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
遮音性の性能試験は、音響透過損失を測定する試験であり、音を遮断できる程度を遮音性という。

2.◯
気密性の性能試験は、通気量を測定する試験であり、圧力差によって生じる空気の漏れを防ぐ程度を気密性という。

3.×
結露防止性の性能試験は、温度低下率を測定する試験であり、熱貫流率は断熱性試験の測定項目である。

4.◯
水密性の性能試験は、漏水を測定する試験であり。雨風による建具から室内側への水の浸入を防ぐ程度を水密性という。




[ No.14 ]
シーリング材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.ポリサルファイド系シーリング材は、ムーブメントが大きい目地には好ましくない。

2.ポリウレタン系シーリング材は、ガラス回り目地に適している。

3.シリコーン系シーリング材は、紫外線による変色が少ない。

4.アクリルウレタン系シーリング材は、施工時の気温や湿度が高い場合、発泡のおそれがある。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
ポリサルファイド系シーリング材は、耐候性には優れるが、柔軟性があまり大きくないため、ムーブメントが大きい目地には好ましくない。

2.×
ポリウレタン系シーリング材は、シーリング材表面の仕上塗材、塗装等に適しているが、ガラス回り目地に適しているのは、シリコーン系である。

3.◯
シリコーン系シーリング材は、紫外線による変色が少なく、耐候性に優れているので、ガラス回りの目地に適している。

4.◯
アクリルウレタン系シーリング材は、耐候性に欠けるため、施工時の気温や湿度が高い場合、発泡のおそれがある。外部への露出ができないので、ガラス回りには適していない。






2024年04月12日

2級建築施工管理技士 令和5年度 一次 (後期) [ No.15 ] 〜[ No.17 ] 解答・解説

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)


第一次検定問題  [ No.15 ]から[ No.17 ]  解答・解説

問題番号 [ No.15 ]から[ No.17 ]までの3問題は、全問題を解答してください。

問題は四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.15 ]
距離測量における測定値の補正に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.光波測距儀を用いた測量において、気象補正を行った。

2.光波測距儀を用いた測量において、反射プリズム定数補正を行った。

3.鋼製巻尺を用いた測量において、湿度補正を行った。

4.鋼製巻尺を用いた測量において、尺定数補正を行った。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.2.◯
光波測距儀(トータルステーション)とは、プリズム(反射ミラー)を用いて、斜距離、鉛直角、水平角などを測る機器である。光波測距儀には観測機能プリズム定数の補正や気象補正機能が備わっている。

3.× 、4.◯
鋼製巻尺の距離測定においては、温度による補正、尺定数による補正、傾斜による補正が必要である。湿度による補正は不要である。なお、尺定数とは、巻尺固有の補正に用いられる定数をいう。




[ No.16 ]
LED照明に関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

1.水銀を使用していないため、廃棄する場合に蛍光灯のように手間が掛からない。

2.蛍光灯や電球に比べ耐熱性が高いため、高温となる発熱体の周辺への設置に適している。

3.光の照射方向に熱をほとんど発しないため、生鮮食料品用の照明に適している。

4.光線に紫外線をほとんど含まないため、屋外照明に使用しても虫が寄り付きにくい。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
LED照明は、蛍光灯などと比べて水銀を使用していないため、廃棄する際の処置も手間が掛からない。

2.×
LED照明は、他のランプ類に比べ、耐熱性が低く、高温の状態に弱い。ハロゲンランプは耐熱性が高い。

3.◯
LED照明は、低温でも点灯する特徴があり、光の照射方向に熱をほとんど発しない。

4.◯
LEDの光線は、虫が寄り付くとされる紫外線をほとんど含まない。そのため、屋外照明に使用しても他の照明類のように虫が寄り付くことが少ない。




[ No.17 ]
建築設備とそれに関連する用語の組合せとして、最も関係の少ないものはどれか。

1.給水設備 ─── ヒートポンプ

2.ガス設備 ─── マイコンメーター

3.排水設備 ─── トラップ

4.空気調和設備 ─ ファンコイルユニット


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
ヒートポンプとは、物体を加熱するのに用いられる原理で、暖房設備や給湯設備に用いられる。バキュームブレーカーは給水設備に用いられる。

2.◯
マイコンメーターとは、ガスメーターに、マイコン制御器を組み込んだ、遮断装置付きガスメーターのことである。地震時やガスの圧力低下、ガスの流量が多大になった場合など、異常時に自動的にガスを遮断する。

3.◯
トラップとは、排水口から臭気や害虫が室内に侵入するのを防ぐために、排水設備に設けられる水を溜める機能のある部分をいう。

4.◯
ファンコイルユニットは、別置の冷凍機やボイラーなどの熱源機器でつくられた冷水や温水を各室に設置されたファンコイルユニットに供給し、冷風や温風を吹き出す空気調和システムである。






2024年04月11日

2級建築施工管理技士 令和5年度 一次 (後期) [ No.18 ] 〜[ No.28 ] 解答・解説

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)


第一次検定問題  [ No.18 ]から[ No.28 ] 解答・解説

問題番号 [ No.18 ] から [ No.28 ] までの11問題のうちから、8問題を選択し、解答してください。
ただし、8問題を超えて解答した場合、減点となりますから注意してください。
問題は四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.18 ]
やり方及び墨出しに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.水貫は、水杭に示した一定の高さに上端を合わせて、水杭に水平に取り付ける。

2.鋼製巻尺は、同じ精度を有する巻尺を複数本用意して、そのうちの1本を基準巻尺とする。

3.やり方は、建物の高低、位置、方向、心の基準を明確に表示するために設ける。

4.2階から上階における高さの基準墨は、墨の引通しにより、順次下階の墨を上げる。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
水貫とは、水杭に示した一定の高さに上端を合わせて、水杭に水平に取り付ける板をいう。

2.◯
鋼製巻尺は、同じ精度を有する巻尺を複数本用意し、そのうちの1本を基準巻尺として保管する。

3.◯
やり方とは、建物の高低、位置、方向、心の基準を明確に表示するために設ける仮設物をいう。

図2.2.2_遣方の例.jpeg

4.×
2階より上階における高さの基準墨は、常に1階の基準高さから測定する。墨の引通しにより、順次下階の墨を上げないようにする。




[ No.19 ]
地業工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.砂利地業で用いる砂利は、砂が混じったものよりも粒径の揃ったものとする。

2.締固めによって砂利地業にくぼみが生じた場合、砂利を補充して表面を平らに均す。

3.捨てコンクリートは、墨出しをしやすくするため、表面を平坦にする。

4.土間コンクリートの下の防湿層は、断熱材がある場合、断熱材の直下に設ける。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
砂利地業で用いる砂利は、隙間が生じないように、砂が混じった粒径の揃っていないものとする。

2.◯
砂利地業の締固めにるくぼみが生じた場合は、砂又は砂利を補充して再度転圧して、表面を平らに均す。

3.◯
地業に施されるコンクリートを捨てコンクリートという。捨てコンクリートは、墨出しをしやすくするために、表面が平坦になるように施工する。

4.◯
土間コンクリートの下の防湿層は、断熱材がある場合、断熱材の直下に設ける。防湿層を設けなければ、断熱材の品質が低下する。




[ No.20 ]
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.鉄筋の折曲げ加工は、常温で行う。

2.鉄筋相互のあきは、鉄筋の強度により定められた最小寸法を確保する。

3.床開口部補強のための斜め補強筋は、上下筋の内側に配筋する。

4.ガス圧接を行う鉄筋は、端面を直角、かつ、平滑にする。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
鉄筋の折曲げ加工は、常温で加工(冷間加工)して組み立てる。

2.×
鉄筋のあきの最小寸法は、鉄筋の径と粗骨材の最大寸法によって決まる。鉄筋のあきは、鉄筋とコンクリートの付着による応力伝達が十分に行われ、かつコンクリートが分離することなく密実に打ち込まれるよう過小であってはならない。

3.◯
床開口部補強のための斜め補強筋は、上端筋及び下端筋の内側で、上端筋の直下に配筋する。

4.◯
突き合わせた鉄筋の圧接端面の隙間が大きいと圧接面が酸化しやくすく、圧接部の強度が低下するおそれがある。そのため、鉄筋の圧接端面は、軸線にできるだけ直角、かつ、平滑に切断・加工し、圧接端面間の隙間をできるだけ少なくする必要がある。




[ No.21 ]
高力ボルト接合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.トルシア形高力ボルトの本締めは、ピンテールが破断するまで締め付けた。

2.トルシア形高力ボルトの座金は、座金の内側面取り部がナットに接するように取り付けた。

3.JIS形高力ボルトの首下長さは、締付け長さにナットと座金の高さを加えた寸法とした。

4.高力ボルト接合部のフィラープレート両面に摩擦面処理を行った。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
トルシア形高力ボルトとは、頭の先端にピンテールと呼ばれる部分があり、特定の締付けトルクで破断するように設計されたボルトである。トルシア形高力ボルトの本締めは、ピンテールが破断するまで締め付ける。

2.◯
トルシア形高力ボルトの座金は、座金の内側面取り部がナットに接するように取り付ける。

3.×
JIS形高力ボルトの首下長さは、締付け長さにナット、座金の高さ、余長を加えた寸法とする。

4.◯
接合部の力を伝達する部分には、所定のすべり係数のものが必要であり、フィラープレートも主材と同様に処理しなければならない。(建築工事監理指針)




[ No.22 ]
在来軸組構法の木工事における仕口の名称と納まり図の組合せとして、誤っているものはどれか。

1.大留め           2.相欠き
r05_2kg_k_22_1.jpgr05_2kg_k_22_2.jpg

3.大入れ           4.蟻掛け
 r05_2kg_k_22_3.jpg r05_2kg_k_22_4.jpg


答え

  4

[ 解答解説 ]
4.×
設問4の図は、渡りあご掛けである。蟻掛けは下図のようなものである。

005_蟻掛けs.jpg
蟻掛け




[ No.23 ]
セメントモルタルによるタイル後張り工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.マスク張りにおいて、タイル裏面へマスク板を当てて、張付けモルタルを金ごてで塗り付けた。

2.密着張りにおいて、タイルは下部から上部に張り進めた。

3.改良圧着張りにおいて、張付けモルタルの1回に塗り付ける面積は、タイル工1人当たり2m2とした。

4.モザイクタイル張りにおいて、張付けモルタルの1回に塗り付ける面積は、タイル工1人当たり3m2とした。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
マスク張り工法は、専用のマスク板をユニットタイル裏面にかぶせて張付けモルタルを塗り、マスクを外してから、モルタルが盛り上がるまでたたき締めて張り付ける工法である。

2.×
密着張りにおいて、タイルの張付けは、上部から下部に水糸に合わせタイルを張り、その後に間を埋めるように張り進める。

3.◯
改良圧着張りの張付けモルタルの1回の塗付け面積の限度は、張付けモルタルに触れると手に付く状態のままタイル張りが完了できることとし、2m2/人以内とする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 11.2.6(3)(ウ)(a))

4.◯
モザイクタイル張りの張付けモルタルの1回に塗り付け面積の限度は、張付けモルタルに触れると手に付く状態のままタイル張りが完了できることとし、3m2/人 以内とする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 11.2.6(3)(オ)(a))




[ No.24 ]
金属製折板葺に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.はぜ締め形折板は、本締めの前にタイトフレームの間を1mの間隔で部分締めを行った。

2.けらば部分の折板の変形を防ぐため、変形防止材を設けた。

3.重ね形折板の重ね部に使用する緊結ボルトの流れ方向の間隔は、900mmとした。

4.重ね形折板のボルト孔は、呼び出しポンチで開孔した。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
固定金具の位置及び固定金具間は、手動はぜ締め機を用いて 1mの間隔程度で部分締めする。(建築工事監理指針)

2.◯
折板葺のけらば部分の変形防止には、変形防止材を用いる。なお、けらばとは、屋根の妻側の端部をいう。

3.×
重ね形の折板は、各山ごとにタイトフレームに固定し、長さ方向の重ね部の緊結のボルト間隔は、600mm程度とする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 13.3.3(3)(ウ))

4.◯
金属製の重ね形折板のボルト孔は、折板を1枚ずつ、呼び出しポンチ又はドリルで開孔する。




[ No.25 ]
コンクリート壁下地のセメントモルタル塗りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.吸水調整材は、下地とモルタルの接着力を増強するため、厚膜となるように十分塗布した。

2.下塗りは、吸水調整材塗りの後、3時間経過してから行った。

3.つけ送りを含む総塗り厚が40mmとなる部分は、下地にアンカーピンを打ち、ネットを取り付けた。

4.セメントモルタル張りのタイル下地となるモルタル面は、木ごてで仕上げた。



答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
吸水調整材とは、モルタル塗りお下地となるコンクリート面などに直接塗布し、下地とモルタル界面に非常に薄い膜を形成して、モルタル中の水分の下地への吸水(ドライアウト)による付着力の低下を防ぐものである。

2.◯
吸水調整材塗布後、下塗りまでの時間間隔は施工時の気象条件によって異なるが、一般には1時間以上とする。1日以上間隔を空けると、ほこりなどが付着し、下塗りとの接着に悪影響を及ぼすため、なるべく早めに塗りつける。(JASS15)

3.◯
壁面の場合で、総塗り厚が25mm以上の場合は、補修塗り部分等に対して、ステンレス製アンカーピンを縦横200mm程度の間隔でコンクリートに打込み、ステンレス鋼ラス等を張る。(公共建築工事標準仕様書建築工事編15.3.4(1))

4.◯
タイル張り下地等の下地モルタル塗り及び下地調整塗材塗りは、タイル張りが、密着張り、改良圧着張り、マスク張り若しくはモザイクタイル張り又はセメント系厚付け仕上塗材の場合は、中塗りまで行い、仕上げは木ごて押えとする。(公共建築工事標準仕様書建築工事編15.3.5(4)(イ)(a)B)




[ No.26 ]
建具金物に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.本締り錠は、握り玉の中心にシリンダーが組み込まれたもので、ラッチボルトがデッドボルトと兼用となっている錠である。

2.鎌錠は、鎌状のデッドボルトを突合せ部分の受けに引っかけて施錠するもので、引き戸に使用される錠である。

3.ピボットヒンジは、戸を上下から軸で支える金物で、戸の表面外又は戸厚の中心に取り付ける。

4.フロアヒンジは、床に埋め込む箱形の金物で、自閉機能があり、戸の自閉速度の調整をすることができる。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
本締り錠は、デッドボルトのみを有するシリンダ本締まり錠・棒かぎ本地まり錠で、鍵又はサムターンで施解錠できる錠である。設問はシリンダー錠の説明である。

2.◯
鎌錠は、鎌状のデッドボルトを引き戸の受けに引っ掛けて施錠タイプの錠である。

3.◯
ピボットヒンジは、戸を上下から軸で支える機構で、一般には持出し吊りが多い。

4.◯
フロアヒンジは、床に埋め込むまれる扉の自閉金物で、自閉速度を調整できる。




[ No.27 ]
木質系素地面の塗装に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.オイルステイン塗りは、塗付け後、乾き切らないうちに余分な材料を拭き取った。

2.合成樹脂調合ペイント塗りの中塗りは、塗装回数を明らかにするため、上塗りと色を変えて塗装した。

3.つや有合成樹脂エマルションペイント塗りは、塗料の粘度の調整を水で行った。

4.クリヤラッカー塗りの下塗りは、ジンクリッチプライマーを用いた。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
オイルステインの塗布後、完全に乾く前に余分な材料を拭き取る。

2.◯
合成樹脂調合ペイント塗りの中塗りは1種のものを用いて、塗装回数を明らかにするため、上塗りと色を変えて塗装する。なお、塗付け量は, 0.09kg/m2とする。

3.◯
つや有合成樹脂エマルションペイント塗りの塗料の粘度は、水で調整する。

4.×
クリヤラッカー塗りについては、「公共建築工事標準仕様書建築工事編18.5.2 表18.5.1」に規定されている。

標仕_表18.15.1.jpg

したがって、クリヤラッカー塗りの下地材には、ウッドシーラーを使用する。

ジンクリッチプライマーは、鋼材に施すの一次防錆塗料で、金属の腐食防止に用いられる。




[ No.28 ]
ビニル床シート張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.シートを幅木部に張り上げるため、ニトリルゴム系接着剤を使用した。

2.熱溶接工法では、シート張付け後、張付け用接着剤が硬化する前に溶接接合を行った。

3.シートを壁面に張り上げるため、床と壁が取り合う入隅部に面木を取り付けた。

4.湿気のおそれのある下地への張付けには、エポキシ樹脂系接着剤を使用した。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
ニトリルゴム系接着剤は、ゴム系ではあるが、硬い皮膜が得られ、可塑剤の移行を受けにくいので、軟質のビニル系床材(特にビニル系床シートや軟質塩化ビニル幅木、単層及び複層ビニル床タイル)に使用する。

2.×
熱溶接工法では、ビニル床シートを張り付け、接着剤が完全に硬化した後、溝切りを行ってから熱溶接機で溶接を行う。

3.◯
厚物のシートなどを床面と壁面に、一体に張り上げるため、床と壁が取り合う入隅部に面木を取り付ける。

4.◯
湿気のおそれのある下地への張付けには、ウレタン樹脂系接着剤又はエポキシ樹脂系接着剤を用いる。






2024年04月10日

2級建築施工管理技士 令和5年度 一次 (後期) [ No.29 ] 〜[ No.38 ] 解答・解説

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)


第一次検定問題 [ No.29 ]から[ No.38 ] 解答・解説

問題番号 [ No.29 ]から[ No.38 ]までの10問題は、全問題を解答してください。

問題は四肢択一式です。正解と思う肢の番号を1つ選んでください。

[ No.29 ]
事前調査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.鉄骨の建方計画に当たり、近隣の商店や工場の業種について調査を行うこととした。

2.敷地境界と敷地面積の確認のため、地積測量を行うこととした。

3.敷地内の建家、立木、工作物の配置を把握するため、平面測量を行うこととした。

4.根切り工事に当たり、埋蔵文化財の有無について調査を行うこととした。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
鉄骨の建方計画のために電波障害に関する調査を行い、タワークレーン設置による影響について近隣の商店や工場の業種について調査を行う。

2.◯
敷地境界と敷地面積の確認のため、地積測量を行う。地積測量とは、建物が建つ敷地の面積を測ることをいう。

3.◯
敷地内の建家、立木、工作物の配置を把握する際は、平面測量を行う。平面測量とは、敷地内の起伏や形状は考慮せず、平面的な、建家、立木、工作物などの位置を求める測量をいう。

4.◯
根切り工事に当たっては、埋蔵文化財の有無についての調査等を行う。




[ No.30 ]
仮設計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.下小屋は、材料置場の近くに設置し、電力や水道等の設備を設けることとした。

2.工事用ゲートの有効高さは、鉄筋コンクリート造の工事のため、最大積載時のトラックアジテータの高さとすることとした。

3.工事現場の周辺状況により、危害防止上支障がないことから、仮囲いとしてガードフェンスを設置することとした。

4.工事用ゲートには、車両の入退場を知らせる標示灯を設置したが、周辺生活環境に配慮しブザーは設置しないこととした。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
下小屋(工事現場に設けられる仮設作業小屋)は、材料置場の近くに設置し、電力や水道等の設備を設ける。

2.×
鉄筋コンクリート造の工事のための工事用ゲートの有効高さは、積載時よりも高さが高くなるため、空の状態のアジテータ車の高さ以上を確保する必要がある。

3.◯
工事現場の周辺状況により危害防止上支障がない場合は、仮囲いを設けずガードフェンスの設置とすることができる。

4.◯
工事用ゲートには、歩行者との接触を避けるため、車両の入退場を知らせる標示灯やブザーを設置するが、周辺生活環境に影響がある場合、ブザーは設置しない。




[ No.31 ]
工事現場における材料の保管に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.巻いた壁紙は、くせが付かないように立てて保管した。

2.ビニル床タイルは、乾燥している床に箱詰め梱包のまま、積重ねを10段までとして保管した。

3.板ガラスは、クッション材を挟み、乾燥した場所に平積みで保管した。

4.防水用の袋入りアスファルトは、積重ねを10段までとして保管した。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
壁紙は、ポリエレンフィルム等を掛けて養生し、屋内に立てて保管する。

2.◯
ビニル床タイルは、乾燥している床に箱詰め梱包のまま、積重ねを10段までとして保管する。(JASS26)

3.×
ガラスの保管は、クッション材を挟み、平置きとせず、立置きとする。

4.◯
防水用の袋入りアスファルトを屋外で保管する場合は、シート等を掛けて雨露に当たらず、土砂等に汚れないようにする。なお、積重ねて保管する場合は、荷崩れに注意して10段を超えて積まないようにする。(建築工事監理指針)




[ No.32 ]
工程計画の立案段階で考慮すべき事項として、最も不適当なものはどれか。

1.最初に全ての工種別の施工組織体系を把握する。

2.敷地周辺の上下水道やガス等の公共埋設物を把握する。

3.鉄骨工事の工程計画では、資材や労務の調達状況を調査して、手配を計画する。

4.型枠工事の工程計画では、型枠存置期間を考慮して、せき板や支保工の転用を検討する。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
工種別の施工組織体系は、立案段階で考慮すべき事項ではない。工種別の施工組織体系は、総合工程表や工種別施工計画を計画した後に検討される。

2.◯
敷地周辺の上下水道、ガス等の公共埋設物は、着工前の総合工程表の立案段階で考慮すべき事項である。

3.◯
鉄骨工事の工程計画では、工事地域の労務、資材、機材等の調達状況を調査し、手配計画を立てて、総合工程表を立案する。

4.◯
型枠工事の工程計画では、型枠存置期間を考慮しながら、型枠に使用されるせき板や支保工の転用を検討する。




[ No.33 ]
バーチャート工程表の特徴に関する記述として、ネットワーク工程表と比較した場合、最も不適当なものはどれか。

1.手軽に作成することができ、視覚的に工程が把握しやすい。

2.作業間調整に伴う修正がしやすい。

3.前工程の遅れによる後工程への影響が把握しにくい。

4.全体工期の短縮を検討する場合、工程のどこを縮めればいいのかわかりにくい。


答え

  2

[ 解答解説 ]
1.◯
バーチャート工程表は、手軽に作成することができ、視覚的に工程が把握しやすい。

2.×
バーチャート工程表は、各作業の順序関係を明確に把握することができないため、作業間調整に伴う修正は容易ではない。作業間調整の修正が容易なのは、ネットワーク工程表である。

3.◯
バーチャート工程表は、先行工程の遅れが後続作業の工程にいかに影響を与えるかは、明確ではない。

4.◯
バーチャート工程表では、各作業の相互関係を明確に把握することはできない。また、各作業の全体工期への影響度が把握しにくため、工期短縮を検討する場合、工程のどこを縮めてよいかわかりにくい。




[ No.34 ]
品質管理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.品質計画に基づく施工の試験又は検査の結果は、次の計画や設計に活かす。

2.川上管理とは、品質に与える影響が大きい前段階や生産工程の上流で品質を管理することである。

3.施工品質管理表(QC工程表)とは、管理項目について管理値、検査の時期、方法、頻度等を明示したものである。

4.試験とは、性質又は状態を調べ、判定基準と比較して良否の判断を下すことである。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.◯
品質計画に基づく施工の試験又は検査の結果を、次の計画や設計に活かすことは、品質管理において重要である。

2.◯
川上管理とは、上流工程の段階で、品質に与える影響が大きい前段階や生産工程の品質を管理することをいう。

3.◯
施工品質管理表(QC工程表)には、管理項目について管理値、工事の着手から完成までの検査の時期、方法、頻度等を明示する。

4.×
試験とは、特性を調べることをいう。性質又は状態を調べ、判定基準と比較して良否の判断を下すことは検査である。




[ No.35 ]
トルシア形高力ボルトのマーキングに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.マーキングは、高力ボルトの取付け後、直ちに行う。

2.マーキングは、ボルト軸からナット、座金及び母材にかけて一直線に行う。

3.マークのずれによって、軸回りの有無を確認できる。

4.マークのずれによって、本締め完了の確認ができる。


答え

  1

[ 解答解説 ]
1.×
ボルトを取り付けた後、一次締め、マーキング、本締めの順序で本接合の締付けを行う。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 7.4.7(3))

2.◯
一次締めしたボルトには、ボルト、ナット、座金及び母材(添え板)にかけて、一直線にマーキを施す。(公共建築工事標準仕様書建築工事編 7.4.7(6))

3.◯
軸回りの有無は、マークのずれによって確認できる。

4.◯
本締め完了は、マークのずれによって確認できる。




[ No.36 ]
コンクリートの試験に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.1回の圧縮強度試験の供試体の個数は、3個とした。

2.1回の圧縮強度試験は、コンクリート打込み日ごと、打込み工区ごと、かつ、150m3以下にほぼ均等に分割した単位ごとに行った。

3.スランプの測定値は、スランプコーンを引き上げた後の、平板からコンクリート最頂部までの高さとした。

4.スランプ試験において、スランプコーンを引き上げた後、コンクリートが偏って形が不均衡になったため、別の試料によって新たに試験を行った。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
1回の圧縮強度試験の供試体の個数は、3個以上とする。(JASS5)

2.◯
圧縮強度試験は、コンクリート打込み日ごと、打込み工区ごと、かつ、1日の打込み量が150m3を超える時は、150m3以下にほぼ均等に分割した単位ごとに行う。(JASS5)

3.×
スランプの測定値は、スランプコーンを引き上げる前の高さと、スランプコーンを引き上げた後のコンクリート最長部までの高さとする。(JIS A 1101)

4.◯
スランプ試験では、スランプコーンを引き上げた後、コンクリートが偏って形が不均衡になった場合、別の試料によって新たに試験を行うことができる。




[ No.37 ]
建築工事における危害又は迷惑と、それを防止するための対策に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.高所作業による工具等の落下を防ぐため、水平安全ネットを設置した。

2.工事用車両による道路面の汚れを防ぐため、洗浄装置を設置した。

3.掘削による周辺地盤の崩壊を防ぐため、防護棚を設置した。

4.解体工事による粉塵の飛散を防ぐため、散水設備を設置した。


答え

  3

[ 解答解説 ]
1.◯
事業者は、作業のため物体が落下することにより、労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、防網の設備を設け、立入区域を設定する等当該危険を防止するための措置を講じなければならない。(労働安全衛生規則第537条)

2.◯
工事用車両による道路面の汚れを防ぐため、洗浄装置を設置することは適当な措置である。

3.×
防護棚は、高所からの落下物による危害を防止するために設置する。掘削による周辺地盤の崩壊を防ぐためには、山留め壁などを設ける。

4.◯
解体工事による粉塵の飛散を防ぐため、散水設備を設置することは適当な措置である。




[ No.38 ]
建設業の現場における特定元方事業者が講ずべき措置として、「労働安全衛生法」上、定められていないものはどれか。

1.機械等が転倒するおそれがある場所において関係請負人の労働者が作業を行うとき、その関係請負人に対する技術上の指導を行うこと。

2.関係請負人が行う安全教育に対して、安全教育に使用する資料を提供すること。

3.特定元方事業者の労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われるとき、作業間の連絡及び調整を行うこと。

4.足場の組立て作業において、材料の欠点の有無を点検し、不良品を取り除くこと。


答え

  4

[ 解答解説 ]
1.定められている。
建設業に属する事業の元方事業者は、土砂等が崩壊するおそれがある場所、機械等が転倒するおそれがある場所その他の厚生労働省令で定める場所において関係請負人の労働者が当該事業の仕事の作業を行うときは、当該関係請負人が講ずべき当該場所に係る危険を防止するための措置が適正に講ぜられるように、技術上の指導その他の必要な措置を講じなければならない。(労働安全衛生法第29条の2)

法第29条の2の厚生労働省令で定める場所は、同規則第634条の2第二号に機械等が転倒するおそれのある場所と規定がある。

2.定められている。
特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止するため、関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うことと規定されている。(労働安全衛生法第30条第1項柱書き及び第四号)

3.定められている。
特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止するため、作業間の連絡及び調整を行うことと規定されている。(労働安全衛生法第30条第1項柱書き及び第二号)

4.定められていない。
材料の欠点の有無を点検し、不良品を取り除くことは、労働安全衛生規則第566条第一号で、事業者が足場の組立て等作業主任者に行わせなければならない事項として規定されている。






2024年04月09日

2級建築施工管理技士 令和5年度 一次 (後期) [ No.39 ] 〜[ No.42 ] 解答・解説

令和5年度 2級建築施工管理技術検定(後期)


第一次検定問題 [ No.39 ]から[ No.42 ] 解答・解説

問題番号[ No.39 ]から[ No.42 ]までの4問題は能力問題です。全問題を解答してください。

問題は四肢択二式です。正解と思う肢の番号を2つ選んでください。

[ No.39 ]
型枠の支保工に関する記述として、不適当なものを2つ選べ。

1.上下階の支柱は、できるだけ平面上の同一位置になるように設置した。

2.地盤上に直接支柱を立てるため、支柱の下に剛性のある敷板を敷いた。

3.支柱は、パイプサポートを3本継ぎとした。

4.パイプサポートに設ける水平つなぎは、番線を用いて緊結した。


答え

  3,4

[ 解答解説 ]
1.◯
型枠の上下階の支柱は、できるだけ平面上の同一の位置になるように設ける。(公共建築工事標準仕様書建築工事編6.8.3(4))

2.◯
地盤上に直接支柱を立てる場合、支柱の下に剛性のある敷板を敷く。(公共建築工事標準仕様書建築工事編6.8.3(4))

3.×
パイプサポートを3以上継いで用いない。(労働安全衛生規則第242条第七号イ)

4.×
水平つなぎとパイプサポートの緊結は、根がらみクランプなどの専用金具を用い、番線などは使用しない。(型枠の設計・施工指針)




[ No.40 ]
型枠の存置期間に関する一般的な記述として、不適当なものを2つ選べ。
ただし、計画供用期間の級は標準とする。

1.コンクリートの材齢によるせき板の最小存置期間は、普通ポルトランドセメントと高炉セメントB種では同じである。

2.コンクリートの材齢によるせき板の最小存置期間は、同じセメントの種類の場合、存置期間中の平均気温の高低に係わらず同じである。

3.せき板の最小存置期間を定めるコンクリートの圧縮強度は、柱と壁は同じである。

4.梁下のせき板の最小存置期間を定めるコンクリートの圧縮強度は、コンクリートの設計基準強度が同じ場合、セメントの種類に係わらず同じである。


答え

  1,2

[ 解答解説 ]
1.×
コンクリートの材齢によるせき板の最小存置期間は、下表による。普通ポルトランドセメントと高炉セメントB種では異なる。

40_1,2_公共標仕表6.8.2_せき板の最小存置期間.jpg

2.×
コンクリートの材齢によるせき板の最小存置期間は、上表による。同じセメントの種類の場合、存置期間中の平均気温の高低によって異なる。

3.◯
せき板の最小存置期間を定めるコンクリートの圧縮強度は、上記表による。基礎、梁の側、柱及び壁は同じで、 圧縮強度が、5 N/mm2以上を確認できれば取り外してよい。(現場水中養生又は現場封かん養生)

4.◯
梁下のせき板の最小存置期間を定めるコンクリートの圧縮強度は、上記表による。コンクリートの設計基準強度が同じ場合、セメントの種類に係わらず同じである。




[ No.41 ]
合成高分子系ルーフィングシート防水の接着工法に関する記述として、不適当なものを2つ選べ。

1.加硫ゴム系シート防水において、プライマーを塗布する範囲は、その日にシートを張り付ける範囲とした。

2.加硫ゴム系シート防水において、接着剤を塗布後、オープンタイムを置かずにシートを張り付けた。

3.塩化ビニル樹脂系シート防水において、シートを張り付けるエポキシ樹脂系接着剤は、シート裏面に塗布した。

4.塩化ビニル樹脂系シート防水において、防水層の立上り末端部は、押え金物で固定し、不定形シール材を用いて処理した。


答え

  2,3

[ 解答解説 ]
1.◯
加硫ゴム系シート防水において、接着工法の場合、ローラーはけ等を用いて、プライマーを当日の施工範囲にむらなく塗布する。(公共建築工事標準仕様書建築工事編9.4.4 (2)(イ))

2.×
加硫ゴム系シート防水において、接着工法の場合は、塗布した接着剤のオープンタイムを確認してからローラー等で転圧して接着させる。(建築工事監理指針)

3.×
塩化ビニル樹脂系シート防水においてエポキシ樹脂系接着剤を用いて張り付ける場合、接着剤は、下地面のみに塗布する。(建築工事監理指針)

4.◯
立上り部を接着工法で施工する場合はその端部にテープ状シール材を張り付けた後にルーフィングシートを張り付け、末端部は押え金物で固定した上に、不定形シール材を充填する。(公共建築工事標準仕様書建築工事編9.4.4 (7)(ア))




[ No.42 ]
外壁仕上げの劣化とその改修工法に関する記述として、不適当なものを2つ選べ。

1.コンクリート打放し面のひび割れは、ポリマーセメントモルタル充填工法で改修した。

2.劣化した既存複層仕上塗材は、高圧水洗で除去した。

3.タイル張り仕上げの浮きは、Uカットシール材充填工法で改修した。

4.モルタル塗り仕上げの浮きは、アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法で改修した。


答え

  1,3

[ 解答解説 ]
1.×
コンクリート打放し面のひび割れは、樹脂注入工法、Uカットシール材充填工法、シール工法のいずれかで改修する。(公共建築改修工事標準仕様書建築工事編4.1.4 (1)(ア))

2.◯
旧塗膜の除去方法には、ディスクサンダー等により削る方法のほか、高圧水洗工法等により除去する方法、溶解・膨潤・軟化させる方法、焼く方法がある。(建築改修工事監理指針)

3.×
タイル張り仕上げの浮きは、
・アンカーピンニング部分又は全面エポキシ樹脂注入工法
・アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・注入口付アンカーピンニング部分又は全面エポキシ樹脂注入工法
・注入口付アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂注入タイル固定工法
・タイル部分張替え工法
・タイル張替え工法
のいずれかで改修する。(公共建築改修工事標準仕様書建築工事編4.1.4 (3)(ウ))

4.◯
モルタル塗り仕上げの浮きは、
・アンカーピンニング部分又は全面エポキシ樹脂注入工法
・アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・注入口付アンカーピンニング部分又は全面エポキシ樹脂注入工法
・注入口付アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・充填工法
・モルタル塗替え工法
のいずれかで改修する。(公共建築改修工事標準仕様書建築工事編4.1.4 (2)(ウ))






2級建築施工管理技術検定
・ 第一次(前期) 6/9まで
     
・ 第二次(後期) 11/24まで
     
検索
プロフィール
やまとたけるさんの画像
やまとたける
一級建築士
1級建築施工管理技士
★1級建築施工管理技士
 とらの巻

☆品質トラブル予防
☆配筋検査のつぼ
★構造力学
 コメンタール
★二級建築士対策
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
リンク集
忙しい中で、時間をつくりながらの学習です。
時間管理術で勝敗が決まります。

急がばまわれ
勝間 和代氏の時間管理術です。