アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(216)
広告(4838)
選手(1121)
プロ野球(186)
その他(339)
球団ニュース(320)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(48)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年06月(38)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2022年07月31日

17回戦@マツダ 広島5−6中日 7回一時逆転も8回森浦投手打たれ逆転負け。痛すぎる同一カード3連敗。

nomura (1).jpg

広島 中日に痛すぎる3連敗 8回森浦が暗転 白浜1822日ぶりスタメン、広陵バッテリーも奏功せず

7/31(日) 22:19
配信
スポニチアネックス

<広・中>5回のピンチに野村(左から3人目)の元に集まるナイン (撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ 広島5−6中日(2022年7月29日 マツダ)

 広島が31日の中日戦に敗れて4連敗。後半戦開幕カードで最下位・中日にまさかの3タテをくらってしまった。

 先発の野村をサポートした女房役は白浜だった。2017年8月4日のDeNA戦以来、実に1822日ぶりのスタメン出場。野村は広陵の後輩でもあり「広陵バッテリー」でスタートした。野村は結局、5回途中2失点で降板。勝利投手の権利はなかったが、何とか試合をつくって救援陣に託した。

 打線は、球宴前となる24日ヤクルト戦の7回から続いていた連続イニング無得点が初回の秋山の先制犠飛でストップ。さらに1点差を追う6回には菊池涼の同点弾も飛び出した。

 だが、7回に登板した4番手の矢崎が、2死満塁から土田の投ゴロを送球エラーし、勝ち越し点を献上。

 一方打線は、7回に1死満塁の逆転機で、菊池涼が同点犠飛を放ち、さらに一、三塁から秋山が勝ち越しとなる二塁への適時内野安打を放ったが、悪夢は8回に待っていた。

 5番手の森浦が、2死二、三塁からビシエドに左前への逆転適時打、さらに木下にも適時打を許して万事休す。再逆転を狙った9回はR・マルティネスを攻め立て1点を奪ったものの、連敗を止められなかった。




再び「魔の8回」がカープに襲いかかって来ました。しっかり逃げ切らなければならない試合でしたが、悪夢の逆転負けとなってしまいました。

先発の野村投手は1−0とリードした3回表、中日岡林選手にタイムリー2ベースを浴びて1−1の同点とされました。

5回表は1アウトから中日大島選手にヒットと2盗、中日岡林選手の四球と坂倉選手の失策で満塁のピンチとなり、中日ビシエド選手に勝ち越しタイムリーを打たれ1−2とされます。ここで野村投手は降板しました。2番手の松本投手は1アウト満塁から中日木下選手をセカンドフライ、中日レビーラ選手を見逃し三振に抑えました。先発野村投手は4回1/3、5安打2失点でした。持ち味の制球に苦しみながらのピッチングでした。次回登板はおそらくないでしょう。

3番手の一岡投手は6回表に登板。2アウト2、3塁のピンチを招くも中日岡林選手をショートフライに打ち取りました。

2−2の同点で迎えた7回表、4番手の矢崎投手がヒットと2つの四球で2アウト満塁のピンチを招き、中日土田選手のボテボテのピッチャーゴロを矢崎投手が本塁へ悪送球し、2−3と勝ち越しを許しました。矢崎投手の制球の荒れたピッチングはなんとかならないでしょうか。

4−3と逆転した直後の8回表、5番手の森浦投手が先頭の中日後藤選手に内野安打、続く中日大島選手に四球、続く中日岡林選手に送りバントを決められ1アウト2、3塁とされました。中日阿部選手は空振り三振に取りましたが、中日ビシエド選手にレフト前に2点タイムリーを浴びて4−5と再逆転され、さらに中日木下選手にもタイムリー2ベースを浴びて4−6とされました。森浦投手は2敗目を喫してしまいました。

打線は中日先発の松葉投手に対し、1回裏、野間選手がヒット、菊池涼介選手が初球エンドランでライト前にしぶとく運び、ノーアウト1、3塁としました。続く秋山選手がレフトへ犠牲フライを打ち、1−0と先制しました。

1−2で迎えた6回裏、1アウトから菊池涼介選手が中日2番手の藤嶋投手から左中間スタンドへソロホームランを放ち2−2の同点としました。

2−3とされた直後の7回裏、中日3番手の清水投手を攻めて、1アウトから代打羽月選手、會澤選手、野間選手の3連打で1アウト満塁とし、菊池涼介選手のライトへの犠牲フライと秋山選手のタイムリー内野安打で4−3と逆転しました。

4−6で迎えた9回裏、2アウト2、3塁から秋山選手のタイムリー内野安打で5−6としましたが、万事休すでした。

チームは最下位中日に同一カード3連敗となりました。オールスターを挟んで4連敗です。いやあ、まさかまさかの中日に3連敗ですよ。下位チームに足元をすくわれるようでは、上位進出は不可能ですね。

あさってからは横浜でDeNAとの3連戦です。是が非でも3タテを目指して頑張って欲しいですね。

2022年07月30日

16回戦@マツダ 広島0−3中日 アンダーソン投手6回1失点粘投も打線の援護なく4敗目。今季10度目、2試合連続の零封負け。

anderson (2).jpg

【広島】打線が夏バテ状態…2戦連続の零封負けで21イニング連続無得点

7/30(土) 21:23
配信
スポーツ報知

先発のアンダーソン

◆JERAセ・リーグ 広島0―3中日(30日・マツダスタジアム)

 広島が、2戦連続で今季10度目の零封負けを喫した。前夜は高橋宏に8回1死までノーヒットに抑え込まれ、1安打零封負け。同じオーダーで臨んだこの日は小笠原に7回まで散発4安打。8回には秋山が2番手ロドリゲスからマツダ2安打目となる右中間二塁打でチャンスを作ったが、得点に結びつかなかった。

 先発・アンダーソンは、5回先頭の新外国人レビーラに先制決勝となる来日初本塁打を被弾し、6回1失点。7回から登板した2番手・中崎は、テンポよく2者連続三振に仕留めながら、小笠原にも安打を許すなど3連打で1点を追加された。

 2点ビハインドの8回には九里が登板。1死二塁からレビーラに適時打を浴び、3点目を奪われた。昨季最多勝右腕は17日の巨人戦(東京D)で3年ぶりリリーフ登板で4勝目。24日のヤクルト戦(神宮)で先発復帰も、6回途中3失点で敗戦投手となっていた。

報知新聞社



 
2試合続けての零封負けとなりました。あまりにも打てなさ過ぎます。ホントに情けないですね。

先発のアンダーソン投手は2回表1アウト1塁で、この日1軍登録の中日レビーラ選手をセカンドゴロ併殺に仕留め、3回表ノーアウト1塁で中日土田選手をショートゴロ併殺に打ち取りました。4回表も先頭の中日大島選手のヒットから2アウト2、3塁のピンチを招きましたが、中日木下選手をショートライナーに打ち取り得点を与えませんでした。ですが、ここまで中日に押され気味の展開が続き、アンダーソン投手がなんとかしのぐ展開でした。

そして、5回表、先頭の中日レビーラ選手に来日初ヒットとなるソロホームランをレフトスタンドへ運ばれ、0−1と先制されました。アウトローに狙って投げたスライダーが真ん中高めに甘く入ったところを見事に打たれてしまいました。

結局アンダーソン投手は6回81球を投げて3安打1失点と粘りのピッチングを展開しましたが、4敗目を喫してしまいました。本来ならこの粘りのピッチングで1失点ならば、勝ち投手にしてあげなくてはなりませんが、何せ打線が湿っていますので、アンダーソン投手を見殺しにしてしまいました。

7回表は2番手に中崎投手が登板しました。2者連続三振に仕留めた後、中日土田選手、小笠原投手、大島選手に3連打を浴びて0−2になりました。中日小笠原投手にヒットでつなげられたところで、勝負あった感じでした。

8回表は3番手に九里投手が17日の読売戦以来、今季2度目の中継ぎ登板でしたが、先頭の中日ビシエド選手にヒットで出塁され、1アウト2塁から中日レビーラ選手にタイムリーを浴びて0−3とされました。ドリヨシは、九里投手をリリーフで起用するならば、なぜ7回から登板させなかったのかと思いました。絶対に落としてはいけない試合で、中崎投手を登板させるのは、失点のリスクがやはり大きいと思うのです。なので、アンダーソン投手から九里投手にダイレクトにつなげるべきだったのではないでしょうか。それにしても、カープバッテリーは初モノのバッターによく打たれますよね。データがないだけに、かなり厳しく攻めるべきではないでしょうか。

さて、打線ですが、今日も影を潜める内容でした。先発の中日小笠原投手に対し、3回裏1アウトから野間選手がヒットで出塁も、続く菊池涼介選手がショートゴロ併殺に倒れ、4回裏は秋山選手と松山選手の四球などで2アウト2、3塁のチャンスも、小園選手が空振り三振に倒れて無得点に終わりました。今日の試合では、この4回のチャンスがMAXでした。

0−1で迎えた6回裏2アウトから坂倉選手がヒットを放つも長野選手が凡退。
0−2で迎えた7回裏は1アウトから小園選手がヒットを放つも、會澤選手はライトフライ、代打の堂林選手はサードゴロに終わりました。

8回裏2アウトから秋山選手が2ベースを放つも、坂倉選手はセカンドゴロ。9回裏も先頭の長野選手がヒットで出塁も、松山選手は見逃し三振、小園選手は空振り三振、會澤選手も凡退で試合が終わりました。

結局打線は散発6安打に終わりました。フラストレーションがたまる昨日今日の打線です。チームはこれでオールスターヲ挟んで3連敗になり、2試合連続、今季10度目の零封負けで借金は2になりました。振り向けばDeNAが0.5ゲーム差に迫ってきています。

今日のスタメンですが、ファースト松山選手よりは堂林選手が良かったのではないでしょうか。松山選手は打たされているバッティングになっていて、ヒットは望めないと思います。まして今日は左腕の中日小笠原投手なので、堂林選手を起用するべきだったと思います。

新型コロナの感染などで、1軍メンバーはベストではありませんが、現有勢力で戦っていかなくてはなりません。それだけに、首脳陣がうまく選手を使って行く必要があります。しかし、今の無能な首脳陣にその力量があるかどうか、疑問が残りますね。

明日のカープの先発は野村投手です。行ける所まで全力で行って欲しいです。明日はピッチャー総動員してでも、中日打線を抑えていかなくてはなりません。中日は松葉投手です。バンテリンドームではなく、マツダスタジアムのマウンドなので、アジャストしにくいとドリヨシは見ています。明日は打線の奮起を期待しましょう。堂林選手をスタメンで起用するかどうか、首脳陣のベストな判断を期待します。

国内シェアNo.1レンタルサーバー『エックスサーバー』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
 高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
 ─────────────────────────────────
・運用サイト数230万件で国内シェアNo.1
・月額990円(税込)から、大容量300GBからの高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入
・.com .netなどから選べる!独自ドメインが永久無料
・マルチドメイン、メールアドレス無制限!独自SSLを無料で利用可能!
 ─────────────────────────────────
  https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+GC8B8A+CO4+5ZU2B
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



posted by ドリヨシ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

15回戦@マツダ 広島0−9中日 投打全くいいところなく完敗。打線はあわやノーノーの1安打のみ。

ohsera (2).jpg

広島、後半戦大敗スタートで再び借金1…大瀬良3回4失点KOで6敗目、打線1安打

7/29(金) 21:46
配信
ベースボールキング

広島・大瀬良大地 (C) Kyodo News

● 広島 0 − 9 中日 ○
<15回戦・マツダスタジアム>

 広島は後半戦大敗スタート。前半戦ラストゲームから2連敗となり、再び借金1で3位の後退した。

 後半戦開幕を託された大瀬良が誤算だった。初回に犠飛で先制されると、二死から4番・ビシエドに左越えソロを浴び2点目。3回もビシエドに2打席連発となる左越え2ランを浴び、右腕はその裏の攻撃で代打を送られ降板となった。

 反撃したい打線だったが、中日先発・橋宏の前に8回一死までノーヒット。7番・小園の中前二塁打で屈辱は免れたが、安打はこの1本のみに終わった。

 投手陣は2番手・薮田、5番手・藤井が、それぞれ3四球を与えるなど計9失点。本拠地で投打とも良いところなく大敗し、3回4失点の大瀬良は6敗目(7勝)を喫した。

BASEBALL KING




シーズン後半の初戦という事で、ドリヨシもカープの戦いに期待を寄せていたのですが、お粗末な試合に終わってしまいました。ガッカリです。

先発の大瀬良投手は1回表、1アウトから中日岡林選手にライト線を破る3ベースを打たれ、続く今日1軍に復帰した中日阿部選手にライトへ犠牲フライを許し、さらに続く中日ビシエド選手にレフトスタンドへソロホームランを浴びて2点を先制されました。

さらに3回表、1アウトから中日阿部選手に2ベースを打たれ、続く中日ビシエド選手にレフトスタンドへ2打席連続の2ランを浴びて0−4とされました。今日の大瀬良投手はストレートに威力がなく、変化球にもキレがなく、有利なカウントに持ち込むも、決め球が甘く入って痛打されるケースが目立ちました。結局大瀬良投手は今季ワーストタイの最短3回、58球、7安打4失点で降板し、6敗目を喫してしまいました。一体大瀬良投手は今日の登板までにどのように準備してきたのでしょうか。今日のピッチングはあまりにも酷いですね。シーズン後半初戦だっただけに、残念でなりません。

4回から登板した2番手の薮田投手は5回表、3つの四球で1アウト満塁のピンチを背負うと、中日土田選手に右中間を破る2点タイムリー2ベースを浴びて0−6と、リードを広げられました。薮田投手はやはり何も変わっていませんね。制球難の課題は解決されていません。

6回表は3番手の一岡投手が登板し、2安打打たれましたが無失点に抑えました。しかし、7回から登板した4番手の松本投手が8回表、2アウト1塁から中日ビシエド選手にこの日3本目の2ランを浴びて0−8と試合を決められました。カープ投手陣はビシエド選手にホームランをよく打たれています。学習しているのでしょうか。

9回表は5番手の藤井投手が登板しましたが、3つの四球と自身の暴投で1点を失い、0−9とされました。藤井投手はまさに独り相撲でした。情けないです。

打線は中日先発の高橋投手に対し、8回裏1アウトまで會澤選手の四球、秋山選手の死球のみで、ノーヒットに抑えられてしまいました。中日高橋投手は伸びのあるストレートとスプリットと変化球のコンビネーションが抜群で、カープ打線は完全に翻弄されました。8回裏1アウトから小園選手がセンターへ2ベースを放ち、ノーヒットノーランの屈辱は免れました。しかし、2番手の中日藤嶋投手と3番手の中日根尾投手にもノーヒットに終わり、結局1安打で今季9度目の完封負けを喫してしまいました。

投打にわたり、全くいいところなく終わってしまったカープでした。チームは再び借金生活に入り、3位に転落しました。

明日あさっては絶対に勝たなくてはなりません。明日のカープの先発はアンダーソン投手です。ここ2試合、我慢のピッチングが続いていますが、明日は素晴らしいピッチングを期待しましょう。中日は小笠原投手です。明日はある程度点の取り合いになる可能性が高いと思うので、とにかくカープは先制する事が大事ですね。何が何でも勝ちましょう!

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ



posted by ドリヨシ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2022年07月28日

来年のWBCの1次ラウンド(東京プール)の試合日程発表!

kuriyama.jpg

侍ジャパン栗山監督「勝ちきる」来年WBC1次ラウンド初戦は中国、開幕日3月9日 翌10日に韓国と激突

7/28(木) 16:07
配信
スポニチアネックス

意気込みを語る侍ジャパン・栗山監督(撮影・尾崎 有希)

 来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は28日、3月9日開幕の1次ラウンド(東京プール)の対戦カードを発表した。

 栗山英樹監督(61)率いる侍ジャパンの初戦は開幕日9日の第2試合で中国と対戦。以降、10日に宿敵・韓国と対戦し、11日に予選勝者、12日にオーストラリアと4連戦となる。日本戦はすべて午後7時開始。1次ラウンド上位2チームが準々決勝ラウンド(東京プール)に進出し、台中プールを勝ち上がった2チームと対戦する。

 栗山監督は大会へ向けて「日本の選手たちを信じている。勝ち上がれるように全力を尽くす」と力を込め、チーム編成について「目指すのは一番勝ちやすい形。日本はスピード、守り、投手力が大切になるけど、それだけでは勝てない。もっと幅を考えないといけない」と最強チームの編成を強調。また、2戦目で対戦することになった宿敵・韓国戦について「必ずもの凄いゲームになるのは間違いない。最終的に最後まで勝ちきることが大事」と話した。

 【1次ラウンド(東京プール)の対戦カードと日程】

3月9日 (木) 
12:00 オーストラリアVS韓国

19:00 中国VS日本

3月10日(金)
12:00 予選勝者VS中国

19:00 韓国VS日本

3月11日(土)
12:00 中国VSオーストラリア

19:00 予選勝者VS日本

3月12日(日) 
12:00 予選勝者VS韓国

19:00 日本VSオーストラリア

3月13日(月) 
12:00 オーストラリアVS予選勝者

19:00 韓国VS中国




来年3月に開催されるWBCの1次ラウンド(東京プール)の試合日程が発表されました。初戦は9日の中国戦、10日は宿敵韓国戦、11日は今年9月に行われる予選の勝者と対戦、12日はオーストラリア戦と、侍ジャパンは4連戦の日程となりました。中でも、10日の韓国戦と12日のオーストラリア戦が重要な試合となります。

侍ジャパンとしては4戦全勝、最悪でも3勝1敗で準々決勝ラウンドへ進みたいところです。1次ラウンドからタフな試合になりますが、世界一への挑戦はここから始まります。栗山ジャパンの活躍に期待しつつ、来年3月の開幕を待ちたいと思います。
posted by ドリヨシ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023WBC
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝