アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(220)
広告(4884)
選手(1129)
プロ野球(188)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(74)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(55)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2023年11月19日

カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023決勝@東京ドーム 日本4−3韓国(延長10回タイブレークサヨナラ) 宿敵韓国を逆転サヨナラで破り大会連覇達成!延長10回門脇選手がサヨナラタイムリー!今大会4戦全勝で完全V!

ibata (2).jpg

【侍ジャパン】門脇誠が決めた!井端ジャパン、韓国に延長10回劇的サヨナラ勝ちで2大会連続優勝
11/19(日) 21:59配信

スポーツ報知

優勝し胴上げされる井端弘和監督(カメラ・中島 傑)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本4x―3韓国=延長10回タイブレーク=(19日・東京ドーム)

 負けなしの3連勝で決勝へ進んだ井端弘和監督率いる若き侍ジャパンは、2点を先行されたが6回に同点に追いつき、同点のままタイブレークとなった延長10回に巨人・門脇誠内野手の左前打でサヨナラ勝ち、優勝を飾った。井端監督は現役時代の背番号「6」と同じ、6回胴上げされた。

 試合は先発の西武・今井達也投手が3回に先頭のキム・ヘソンに四球、キム・ドヨンの送りバントを一塁のDeNA・牧秀悟内野手がファンブルする失策で無死一、二塁。3番のユン・ドンヒは見逃し三振に打ち取ったが4番のノ・シファンに左中間を破る二塁打を打たれ2点を先行された。

 追う日本は5回に反撃。2死から4番に入る牧が、韓国先発のクァク・ビンから左翼スタンドに運ぶ本塁打。先取点を許すきっかけとなった失策を取り返す一発で1点差。

 6回には、先頭の日本ハム・万波中正外野手が2打席連続の二塁打となる右翼線二塁打で出塁。ここで井端監督は巨人・門脇誠内野手に送りバントのサイン。門脇が一塁線にきっちり決めて1死三塁とすると、この試合8番に入る阪神・佐藤輝明内野手が浅めの中犠飛を放ち、三塁から万波が俊足をとばして生還、同点に追いついた。

 先発の西武・今井達也投手が4回まで投げ5安打2四球の2失点(自責1)で降板。5回から登板した日本ハム・根本悠楓投手は3イニングを投げ1安打無失点4奪三振と好投。3番手の阪神・桐敷拓馬投手も8回を無失点、9回も守護神のヤクルト・田口麗斗投手が得点を許さなかった。

 延長10回、タイブレークの無死一、二塁でヤクルト・吉村貢司郎投手が登板。2番のキム・ドヨンを遊ゴロ併殺打に打ち取ったが、ユン・ドンヒに中前打を打たれ1点を奪われた。

 勝利には2点が必要な日本は先頭で代打の西武・古賀悠斗捕手が投前に犠打を決めて1死二、三塁の形を作った。4番の牧は申告敬遠され、満塁となったところで、5番の広島・坂倉将吾捕手が中堅に犠飛を上げ同点に。ここまで3安打を放っていた万波も申告敬遠され、2死満塁で打席にはこの日ノーヒットの門脇。1ボールから叩いたボールはしぶとく左前に抜け、歓喜のサヨナラ勝ちとなった。

報知新聞社






試合開始から終了まで目が離せない試合展開でした。侍ジャパンの粘りを改めて感じた今日の決勝戦でした。

侍ジャパン先発の今井投手は4回77球を投げて5安打2失点(自責1)でした。3回表に韓国の本塁打・打点王の4番ノ選手にタイムリーを打たれて2点を先制されましたが、打線が牧選手のソロホームランと佐藤選手の犠牲フライで2−2の同点に追いつき、終盤の逆転劇につなげました。

今井投手の立ち上がりは1回表2アウトからヒットを許しましたが、韓国4番ノ選手をキャッチャーファウルフライに抑えました。2回表は2アウトから四球とヒットでランナーを背負いましたが、続くバッターをレフトフライに抑えました。

打線は韓国の先発クァク投手に対し、1回裏は2アウトから森下選手がヒットを放ちましたが、4番の牧選手が見逃し三振。2回裏は1アウトから万波選手がフェンス直撃の2ベースで出塁すると、2つの四球などで2アウト満塁とします。しかし、続く藤原選手がライトフライに倒れ、先制のチャンスを逃しました。

直後の3回表、今井投手は先頭打者に四球を与えると、続く打者の送りバントを牧選手が捕球出来ず失策でノーアウト1、2塁となりました。続く3番の韓国ユン選手を見逃し三振に取りましたが、続く韓国ノ選手に左中間を破る2点タイムリー2ベースを浴びて0−2と先制を許しました。

打線は3回裏、小園選手がヒットで出塁すると、2アウトから坂倉選手が四球を選びましたが、続く万波選手がショートゴロ。4回裏は2者連続見逃し三振に倒れ、9番の岡林選手がヒットで出塁しましたが、藤原選手が空振り三振で無得点に終わりました。

4回表の今井投手は2アウトから連打を浴びて2アウト1、3塁とされましたが、最後はライトフライに打ち取り降板しました。

5回表からは2番手の根本投手が好投し、5回、6回は2イニング続けて3者凡退に抑えました。

打線は5回裏2アウトランナーなしで牧選手が韓国クァク投手の2球目のカーブを捉え、レフトスタンドへソロホームランを放ち、1−2としました。6回裏は韓国2番手のチェ投手に対し、先頭の万波選手がライトへの2ベースで出塁すると、門脇選手の送りバントで1アウト3塁とし、続く佐藤選手がセンターへ犠牲フライを打ち、2−2の同点に追いつきました。

7回表も続投の根本投手は、セーフティーバントと送りバントで2塁にランナーを背負いましたが、空振り三振とショートゴロでピンチを切り抜け、素晴らしいリリーフで流れを呼び込みました。8回表は桐敷投手も無失点で切り抜けました。

9回表は田口投手が3人で抑え、9回裏は岡林選手から3者凡退で試合はタイブレーク方式の延長戦に入りました。

10回表は吉村投手が登板し、ノーアウト1、2塁から先頭打者を併殺打で打ち取りましたが、韓国4番ノ選手にタイムリーを浴びて2−3と勝ち越されました。さらに5番打者のヒットで1、3塁とされましたが、続く打者を見逃し三振に取り、1失点でしのぎました。

そして10回裏、ノーアウト1、2塁から森下選手の代打古賀選手が送りバントを決めて1アウト2、3塁とすると、牧選手が敬遠で満塁とし、続く坂倉選手がセンターへ犠牲フライを放ち、3−3の同点とし、続く万波選手も敬遠で最後は門脇選手がサヨナラタイムリーを放ち、4−3の劇的逆転勝利を掴みました。

侍ジャパンは2017年の前回大会に続く連覇を達成しました。予選から4戦負けなしの完全優勝で締めくくりました。

若手選手の侍ジャパンも強かったですね。この先にあるプレミア12、さらにはWBCの戦いが楽しみになってきますね。

我らが広島東洋カープから出場した坂倉選手と小園選手も、侍ジャパンの勝利に貢献出来たと思います。

今季の日本野球界はWBCの世界一に始まり、この度のアジアプロ野球CSの連覇に終わり、明るい材料ばかりでした。あと、我らが広島東洋カープが日本一になっていれば最高だったのですが…。贅沢は言ってはいけませんよね。

2023年11月18日

カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023予選@東京ドーム 日本10−0オーストラリア(8回コールド) 打線は13安打10得点の猛攻!先発早川投手5回無安打無失点の好投!明日の決勝は再び韓国と対戦!

ibata (1).jpg

侍ジャパン、決勝の相手は韓国に決定 大会連覇なるか…3位決定戦は台湾―オーストラリア

11/18(土) 23:18配信

スポーツ報知

8回コールドでオーストラリアに勝利した侍ジャパンナインを出迎える井端弘和監督

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 決勝 日本―韓国(19日・東京ドーム)

 「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の1次リーグが18日に行われ、侍ジャパンはオーストラリアに8回コールド勝ちし、3連勝で1位突破を決めた。国際大会20連勝とし、19日午後6時から韓国との決勝に臨む。

 日本は、先発・早川隆久投手(25)が5回を完全投球。井端弘和監督(48)が宮崎合宿中に守備の極意を伝授した二遊間コンビ、門脇誠内野手(22)と小園海斗内野手(23)はそろって3試合連続安打。「カドコゾ」が大会連覇へ導く。

 第2試合では韓国が台湾に6―1で勝利。2勝1敗の2位で決勝に進んだ。台湾は1勝2敗の3位。日本に敗れたオーストラリアが3連敗で1次リーグ最下位となった。

 台湾とオーストラリアの3位決定戦は午前11時から実施される。

■侍ジャパン1次リーグ3試合の結果 

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 台湾0―4日本(16日・東京ドーム)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 日本2―1韓国(17日・東京ドーム)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ オーストラリア0―10日本=8回コールド=(18日・東京ドーム)

報知新聞社






今日のオーストラリア戦は格の違いを見せつける試合展開で、8回コールドで勝利しました。

打線は初回から得点しました。1回表、ノーアウト1、2塁で小園選手がカウント2−2からセンター前タイムリーを放ち、1点を先制しました。

3回表は1アウト2、3塁からオーストラリアのキャッチャーのバーンズ選手のパスボールで3塁ランナーが生還して2−0。さらに1アウト3塁から万波選手がカウント2−0からライトへのタイムリー3ベースを放ち、3−0としました。

4回表は1アウト満塁から小園選手が押し出しの四球を選び、4−0としました。

6回表はノーアウト1、3塁から小園選手がカウント3−2から併殺打の間に3塁ランナーが生還して5−0としました。

7回表は2アウト満塁から藤原選手がカウント0−1からライト前へ2点タイムリーを放ち、7−0。さらに2アウト1、3塁から石橋選手がカウント0−2からレフト前タイムリーを放ち、8−0としました。

8回表は2アウト1、2塁から野村選手が2点タイムリー2ベースを放ち、10−0としました。

投げては、先発の早川投手が5回無安打無失点の完璧なピッチングを見せ、以降は吉村投手、佐藤投手、清水投手とつなぎ、オーストラリア打線を1安打に抑える完封リレーをしました。

これで侍ジャパンは予選3試合3戦全勝とし、1位通過で明日の決勝に臨みます。相手は予想通り宿敵韓国です。ロースコアの接戦が予想されますが、ドリヨシ的には実力では侍ジャパンが上だと思いますので、必ず勝利して2017年の前回大会に続く連覇を果たしてくれるものと期待しています。

明日の決勝は午後6時試合開始です。

2023年11月17日

カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023予選@東京ドーム 日本2−1韓国 ライバル韓国との接戦を制す!万波選手特大のバックスクリーン弾で勝利呼び込む!決勝進出が確定!

mannami.jpg

【侍ジャパン】日本が韓国撃破!2連勝で決勝進出!日本ハム・万波中正が129メートル特大弾
11/17(金) 21:46配信

スポーツ報知

4回無死、中越えにソロ本塁打を放った万波中正(カメラ・泉 貫太)

◆カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ 2023 1次リーグ 日本2―1韓国(17日・東京ドーム) 【動画】万波、特大バックスクリーン弾  井端弘和監督率いる若き侍ジャパンが、台湾に続いて韓国との接戦を制し2連勝で決勝進出を決めた。

 先取点は3回。先頭の中日・岡林勇希外野手が四球で出塁すると、2番の広島・小園海斗内野手が右前打、3番の阪神・森下翔太外野手が四球を選び無死満塁と絶好のチャンスを作ると、唯一のWBC世界一経験者の4番、DeNA・牧秀悟内野手の遊ゴロ併殺打の間に三塁走者の岡林が返り先取点を挙げた。

 4回には先頭で打席に入った日本ハム・万波中正外野手が、打った瞬間にわかるバックスクリーンに飛び込む豪快な一発。推定飛距離129メートルの特大弾で2点目を挙げた。  先発の西武・隅田知一郎投手は3回まで走者と一人も出さないパーフェクトピッチング。4回は先頭のキム・ヘソンに初ヒットとなる内野安打、2死から4番のノ・シファンにも左前打を打たれ2死一、二塁と初めてのピンチを迎えたが、5番のムン・ヒョンビンを投ゴロに打ち取り得点を許さなかった。

 5回は1死から死球で走者を出したが、続く打者を二飛、一ゴロに打ち取り、6回も1死から安打を許したが3、4番を内野ゴロに仕留めた。7回は1死から二塁に入る巨人・門脇誠内野手の失策で走者を背負ったが、三直で一塁走者が飛び出し併殺となり無失点で7回を投げきった。

 8回からは2番手でロッテ・横山陸人投手が登板。1死から四球と左前打で一、二塁と長打が出れば同点のピンチを迎えたが、空振り三振と二ゴロに打ち取り得点を許さなかった。9回は守護神のヤクルト・田口麗斗投手が台湾戦に続いてマウンドへ。2死から代打のキム・フィジプに左越えにソロアーチを浴びたが、最後は空振り三振に打ち取り1点差で逃げ切った。

報知新聞社






どちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、我らが侍ジャパンが1枚上でした。

打線は3回裏、韓国先発のイ投手を攻め、先頭の岡林選手が四球、続く小園選手がライト前ヒットでノーアウト1、3塁に。さらに森下選手が四球でノーアウト満塁の大チャンスが到来しました。続く牧選手はショートゴロ併殺打になりましたが、この間に3塁ランナーが生還して1−0と先制しました。併殺ながらも、先に点が取れたのは大きかったですね。

さらに4回裏、先頭の万波選手がカウント1−0からの2球目を完璧に捉え、バックスクリーンへ特大のソロホームランを放ち、2−0とリードを広げました。まさに効果的な1点になったと思います。

投げては先発の隅田投手が7回77球を投げて3安打無失点の好投でした。持ち味のチェンジアップを有効に使い、韓国打線を翻弄しました。8回は横山投手がピンチを背負うも無失点に抑えました。そして9回は守護神の田口投手が登板。韓国キム選手にソロホームランを浴びるも1失点で抑えて、2−1で勝利しました。

これで侍ジャパンは2戦2勝とし、予選2位以上が確定し、決勝進出が決まりました。おそらく決勝は再び韓国と対戦する事になると思いますが、今日の戦いで、侍ジャパンの選手の皆さんには、韓国としっかり戦える自信を持って欲しいですね。

明日はデーゲームです。12時からオーストラリアとの試合です。侍ジャパンの先発は早川投手です。高校、大学時代も侍ジャパンに選出されており、2019年の日米大学野球選手権では9イニングを投げて自責0に抑えています。明日も好投に期待しましょう。オーストラリアはブッシェル投手です。

カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023予選@東京ドーム 日本4−0チャイニーズ・タイペイ 森下選手先制弾!9回ダメ押しで快勝!井端ジャパン初陣を勝利で飾る!

morishita (10).jpg

井端ジャパン“初陣”を白星で飾る!森下翔太が均衡を破る一発!9回に3点を追加し4-0で台湾に快勝【アジアCS】

11/17(金) 0:08配信


THE DIGEST

先制点をもたらしたのは23歳の森下。これには日本ベンチは大盛り上がりを見せた。写真:鈴木颯太朗

 11月16日、『カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023』が、東京ドームで開幕した。初日の第1戦、日本代表は台湾と対戦し、4対0で勝利を飾った。

 井端弘和監督率いる侍ジャパンの初陣とした同ゲーム。相手先発の古林睿煬に苦しみ、スコアボードには0が並んだ。チームに初ヒットを生んだのは門脇誠だ。6回、強烈な二塁打で門脇が1死二塁のチャンスをつくると、秋広優人が進塁打を放ち、門脇を三塁へ送った。だが岡林勇希のバットは空を斬り三振に倒れた。

 7回、先頭の小園海斗がヒットで出塁するも、まさかの盗塁失敗。チームに重い空気が流れるなか、森下翔太がそれをはねのけた。古林睿煬が投じた高めのストレートを左中間スタンドへ打球を運び、先制に成功したのだ。

 9回には森下、牧秀悟 、佐藤輝明がヒットを放ち1死満塁と好機を演出すると、続く万波中正がショートに強いゴロを放つ。併殺崩れとなる間に三塁ランナーが帰塁し、貴重な1点を加えると、さらに坂倉将吾、門脇のタイムリーでさらに2点を入れた。
 
 投げては赤星優志が4.2回(72球)を投げ、被安打3、与四球1、3奪三振、無失点を記録。走者を二塁とした場面で、2番手で託された及川雅貴は落ち着いて投げ、空振り三振で見事火消しに成功した。

 3番手の根本悠楓が2回、被安打0、3奪三振、無失点、さらに4番手の桐敷拓馬は1回、被安打0、1奪三振、無失点と好リリーフ。9回にマウンドに上がった田口麗斗は、四球を1つ出すも、しっかりとゼロに抑えた。

 6年前の前回大会に続き、連覇を目指す日本代表は、幸先の良いスタートを切った。17日には韓国代表と、18日にはオーストラリア代表と対戦予定だ。

構成●THE DIGEST編集部






井端ジャパンの初陣は、試合中盤まで投手戦でしたが、均衡を破ったのは森下選手のソロホームランでした。そして9回に一気に3点を挙げて試合を決めました。

試合序盤は「火球男」の異名を持つMAX157キロ右腕、チャイニーズ・タイペイ先発の古林睿煬投手を前に苦戦し、6回1アウトまで1人のランナーも出せない好投を許しました。その中で風穴を開けたのは森下選手でした。カウント1−0からの2球目、高めの150キロを弾丸ライナーでレフトスタンドへ叩き込み、1−0と先制しました。

侍ジャパン先発の赤星投手は5回途中3安打無失点。5回2アウト2塁から2番手で登板した及川投手が、フルカウントからスライダーで空振り三振に抑えるなど、リリーフ陣も無失点リレーをしました。

9回表は万波選手のショートゴロの間に1点、坂倉選手のセンター前タイムリー、門脇選手のライト前タイムリーで3点を追加して、試合を決めました。

井端ジャパンの初陣を白星で飾る事が出来ました。さて、明日はライバルの韓国戦です。かなりタフな試合になるのは間違いないですが、永遠のライバルですから、絶対に負けられませんね。明日の侍ジャパンの先発は隅田投手です。とにかく全力で飛ばして欲しいです。韓国はイ投手です。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝