アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(220)
広告(4884)
選手(1129)
プロ野球(188)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(74)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(55)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2023年06月18日

3回戦@マツダ 広島4−11埼玉西武 序盤の3点リード守れず。4被弾で11失点。交流戦は5割で終了。

kawano.jpg

広島が西武に完敗 交流戦は9勝9敗の勝率5割フィニッシュ 17年以来の勝ち越しならず

6/18(日) 16:38配信

デイリースポーツ

 5回、外崎に死球を当て帽子をとる河野(撮影・田中太一)

 「広島4−11西武」(18日、マツダスタジアム)

 広島は中盤以降に失点を重ねて西武に敗れ、同一カード3連勝を逃した。交流戦は9勝9敗の勝率5割で終え、2017年以来の交流戦勝ち越しはならなかった。

 プロ初先発に臨んだ河野は5回を投げて4安打5失点。初回に3点の援護をもらうも、四回に長谷川に2ランを浴びて1点差に迫られると、続く五回に捕まった。

 1死から1番・源田に右翼線への三塁打。続く鈴木の左犠飛で同点となった。3番・外崎に死球を与え、渡部に真ん中高めストレートを左翼スタンドに運ばれ、2ランを被弾。手痛い一発を許して、試合をひっくり返された。七回は、この回の途中から森が今季初登板。しかし外崎に2ランを浴びてリードを広げられた。

 打線は初回に相手の失策も絡んで3点を先制した。しかし二回以降は相手先発・平良の前に無得点。八回は2番手・佐藤隼から坂倉が左前適時打を放って1点を返すも、後続が封じられた。






今日の試合は幸先良いスタートでしたが、投手陣が踏ん張れず、逆転負けとなってしまいました。交流戦を勝って終わりたかったところですが、残念です。

西武の先発平良投手に対して打線は1回裏2アウトから秋山選手の四球、西川選手のライト線への2ベースで2アウト2、3塁とすると、坂倉選手がショートへタイムリー内野安打となり、さらにショートの西武源田選手が1塁へ悪送球し、その間に2塁ランナーの西川選手も生還して2−0と先制しました。さらに田中広輔選手がショートへの内野安打で続き、2アウト1、3塁から林選手もショートへタイムリー内野安打を放ち、3−0としました。

先発のドラ5ルーキーの河野投手は3回まで毎回四球を出すもヒットは許しませんでした。

しかし、河野投手は4回表2アウトから西武マキノン選手にヒットを打たれ、続く西武長谷川選手に左中間スタンドへ2ランを浴びて、3−2となりました。2アウトからの失点だけに、もったいなかったですね。

5回表は1アウトから西武源田選手に3ベースを打たれ、続く西武鈴木選手にレフトへ犠牲フライを許し3−3の同点になりました。ここで踏み止まれば、まだ試合展開はわからなかったのですが、続く西武外崎選手に死球を与え、2アウト1塁から西武渡部選手にレフトスタンドへ2ランを浴びて3−5と試合をひっくり返されました。結局河野投手は5回92球を投げて4安打、4四死球、6奪三振の5失点でプロ初黒星となりました。2ランを2発打たれたのはかなり痛かったですね。次回先発のチャンスがあるかどうかは微妙なところです。

6回表は中崎投手が3者凡退に抑えました。中崎投手が地味に抑えていますね。まだ勝ちパターンでの登板までは程遠いかもしれませんが、今は結果を積み重ねる事が大事ですね。

6回裏は先頭の西川選手がセーフティーバントを決めて出塁しましたが、坂倉選手はレフトフライ、田中広輔選手はセカンドゴロ併殺打で得点出来ませんでした。

7回表は1アウトから森投手が西武鈴木選手にヒット、続く西武外崎選手に左中間スタンドへ2ランを浴びて3−7とリードを広げられました。

打線は8回裏、西武のリリーフ陣に対し、1アウトから秋山選手と西川選手の連打で1、2塁とし、坂倉選手がレフト前タイムリーを放ち、4−7とします。さらに1、2塁でしたが、代打上本選手はショートライナーに倒れ、2塁ランナーの西川選手が帰塁できずダブルプレーとなって1点止まりになってしまいました。

9回表は中村祐太投手が西武鈴木選手と渡部選手にタイムリーを浴びて4−9。さらに西武岸選手に2ランを浴びて4−11となり、試合が完全に決まりました。今季3度目の二桁失点で、4被弾するなどして11点を失いました。

チームは2連勝で止まり、貯金が2になりました。しかし、今季交流戦は9勝9敗の5割で終える事が出来ました。昨季まで3季連続最下位だっただけに、今年は良く頑張ったと思います。23日から再開されるリーグ戦が楽しみですね。

明日から4日間は試合がないので、選手の皆さんはしっかり休んで、リーグ戦に臨んでほしいと思います。

2023年06月17日

2回戦@マツダ 広島6−4埼玉西武 森下投手6回2失点で3勝目!田中広輔選手3打点と好守備の活躍!交流戦5割以上が確定!

morishita (1).jpg

広島が西武に連勝 交流戦の勝率5割以上が確定 森下が6回2失点で3勝目


6/17(土) 17:26配信

デイリースポーツ

 先発し、投げ込む森下(撮影・田中太一)

 「広島6−4西武」(17日、マツダスタジアム)

 広島は西武に連勝で3カードぶりの勝ち越し。貯金を今季最多タイの3とした。

 先発・森下は6回7安打2失点で3勝目。五回まで無失点投球を続け、試合の主導権を握った右腕。六回2死から外崎に与えた四球からピンチを招き、岸とマキノンに連続適時打を浴びて2点を献上するも、それ以上の失点は食い止めた。

 4点リードの七回は2番手・森浦が連打と四球で無死満塁とされ、鈴木の適時打で1点を献上。ここで3番手・島内がマウンドへ。1死満塁から渡部に押し出し四球を与えて2点差に迫られたが、続く岸を三ゴロ併殺に打ち取って追加点は許さなかった。

 打線は初回、3番・秋山が左翼線へ先制の適時二塁打。四回は田中と野間の適時打などで3点を追加した。さらに五回は無死二、三塁から田中が中越えに2点適時二塁打。田中は3打点の活躍を示した。

 これでチームの交流戦の成績は9勝8敗。18日の一戦を前に、交流戦の勝率5割以上を確定させた。





終盤に西武に追い上げられましたが、リリーフ陣がなんとか踏ん張って勝利する事が出来ました。選手全員一丸の勝利だったと思います。

西武の先発の高橋投手に対し、1回裏、先頭野間選手のヒット、羽月選手の1アウト2塁としました。続く秋山選手がレフト線にタイムリー2ベースを放ち、1−0と先制しました。なおも2アウト満塁と攻めたてましたが、林選手は見逃し三振に終わりました。この三振はもったいなかったですね。

先発の森下投手は2回表、先頭の西武渡部選手に2ベースを打たれましたが、後続をきっちり抑えました。4回表は西武鈴木選手に内野安打を打たれましたが、1塁牽制でアウトにしてピンチの芽を摘みました。

打線は4回裏、坂倉選手がセンターフェンス直撃の2ベースで出塁。続く田中広輔選手もライト線にタイムリー2ベースを放ち2−0。さらに1アウト3塁で矢野選手がスクイズをしましたが空振りになり、三振になりましたが、西武キャッチャーの柘植選手が捕球出来ず、振り逃げとなり、3塁ランナーの田中広輔選手が生還して3−0となりました。さらに森下投手の送りバントで2アウト2塁とし、野間選手がレフト前へ技ありのタイムリーを放ち、4−0となりました。

5回裏は西川選手と坂倉選手の連打でノーアウト2、3塁とし、田中広輔選手がセンターオーバーの2点タイムリー2ベースを放ち、6−0と大きくリードしました。

森下投手は6回表、2アウトから西武外崎選手に四球、西武渡部選手にヒットを打たれて2、3塁となり、西武岸選手とマキノン選手に連続タイムリーを浴びて6−2となりました。森下投手は6回96球を投げて7安打、1死球、6奪三振の2失点にまとめました。ドリヨシ的には今日の森下投手は決して良いとは思いませんでしたが、粘りのピッチングで西武打線をなんとか抑えた感じでした。

7回表は2番手の森浦投手が登板しましたが、西武古市選手と代打佐藤選手に連打、続く西武源田選手に四球を与えてノーアウト満塁の大ピンチとなりました。続く西武鈴木選手にセンター前タイムリーを浴びて6−3となりました。森浦投手は1アウトも取れずに降板しました。森浦投手はもはや1軍レベルではありませんね。3番手に島内投手が登板しました。なおノーアウト満塁から西武外崎選手をセンターフライに打ち取りましたが、西武渡部選手に押し出し四球を与えて6−4となりました。続く西武岸選手の強烈なサードゴロの当たりを田中広輔選手が好捕して併殺打に仕留めて、辛うじてピンチを切り抜けました。

8回表は栗林投手が登板し、西武マキノン選手をサードゴロ、長谷川選手をセカンドゴロ、古市選手を空振り三振に取り、3人で抑えました。この3者凡退は大きかったですね。

9回表は暫定守護神の矢崎投手が3人で締めて9セーブ目を挙げました。

これでチームは2連勝し、交流戦2カード目の勝ち越しで、貯金が3になりました。今季交流戦は9勝8敗となり、2017年以来6年ぶりに5割以上が確定しました。

さあ、明日はいよいよ交流戦最終戦です。明日のカープの先発はドラフト5位ルーキーの河野投手です。ドリヨシが期待しているピッチャーの1人です。ゲームメイクの出来る右腕で、大阪ガスでは2021年の日本選手権で4試合に登板し、計19イニングを無失点に抑える好投をして、MVPに輝きました。期待してます。西武は平良投手です。結構クセのあるピッチャーなので、打線は少し苦労するかもしれませんが、なんとしても勝利して、交流戦勝ち越しを決めましょう!

2023年06月16日

1回戦@マツダ 広島2−0埼玉西武 床田投手5安打完封勝利!末包選手、堂林選手の連続弾で援護!北別府さん追悼試合を勝利で飾る!

tokoda (1).jpg

【広島】床田寛樹、北別府学さんにささぐ完封弔い星で6勝目 ウイニングボールは故人のもとへ

6/16(金) 22:04配信

日刊スポーツ

広島対西武 ポーズを決める左から堂林、床田、末包(撮影・加藤孝規)

<日本生命セ・パ交流戦:広島2−0西武>◇16日◇マツダスタジアム

 右袖に喪章をつけた左腕が、最後までマウンドに立ち続けた。

 半旗が掲げられる中、広島床田寛樹投手は昨年5月10日阪神戦以来の完封勝利。登板前に聞いたOB北別府学さんの訃報に驚きつつ、勝利を誓って臨んだ。「いい報告ができるようにと思って投げていた。途中からはもう、とりあえず勝ちたいと思って投げた。結果こうやって勝ててよかったです」。通算213勝を挙げた先輩のように、ただ勝利のために腕を振った。

 4回からの3イニング連続を含む4度、先頭打者に安打を許しながら粘った。チームは前夜、中継ぎ6投手を投入しただけに、「昨日の試合を見ている時から、長いイニングを投げないといけないと思いました」。主戦として、中継ぎ陣のためにもマウンドを降りるわけにはいかなかった。8回まで106球。それでもその裏の打席に立ち、9回も続投した。最後は西武の中軸を3者凡退。切れのある真っすぐと鋭く変化するツーシームを軸に27アウトのうちゴロで17個を奪い、持ち味を発揮した。6勝目を手にし、防御率1・69はリーグトップだ。

 新井監督は弔い星に「北別府さんが見てくれていると思って、みんなで頑張りました」と振り返った。この日のウイニングボールは北別府氏のもとに届けられる。【前原淳】





今日はカープのレジェンド、北別府さんが亡くなられた事で、追悼試合となりましたが、勝利する事ができました。

先発の床田投手は2回表、西武マキノン選手にヒット、長谷川選手に死球を与え1アウト1、2塁とされましたが、西武金子選手と古賀選手を内野ゴロに打ち取り、先制を許しませんでした。

打線は西武先発左腕の隅田投手に対し、上本選手を2番、末包選手を6番、堂林選手を7番、會澤選手を8番と右打者ヲ並べました。

その打線は2回裏、先頭の西川選手がヒットで出塁も、2盗に失敗して3回まで打者9人で終わりました。

床田投手は4回表、先頭の西武外崎選手に内野安打で出塁されましたが、西武渡部選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め、得点を与えません。

4回裏、先頭の菊池選手が四球、西川選手のヒットで2アウト1、2塁とチャンスを作りましたが、デビッドソン選手は空振り三振に終わりました。

床田投手は5回表も先頭の西武長谷川選手にヒットを打たれるも後続を抑えました。

直後の5回裏、先頭の末包選手がバックスクリーンへソロホームランを放ち、1−0と先制しました。弾丸ライナーでバックスクリーンへ運び、まさに末包選手のパワーを感じる一打でした。末包選手のホームランは昨年5月8日のDeNA戦の満塁弾以来でした。そして続く堂林選手もライトスタンドへソロホームランを放ち、2−0としました。

床田投手は6回表は西武源田選手にヒット、外崎選手に死球を与え、1アウト1、2塁とされましたが、西武マキノン選手をショートゴロ併殺打に仕留めました。7回表は西武渡部選手にヒットを許しましたが、後続を抑え、8回表は3者凡退に抑えました。

床田投手は9回表も投げて3者凡退に取り、115球、5安打、2死球、3奪三振で見事に完封勝利で6勝目を挙げました。今日の床田投手は完璧ではありませんでしたが、粘りのピッチングとキャッチャー會澤選手の好リードで完封しました。完封勝利は昨年5月10日の阪神戦以来、自身3度目です。

今日のウイニングボールは北別府さんの家族に届けられるそうです。

これでチームは32勝30敗の貯金2となりました。今季交流戦は8勝8敗のタイとなり、明日勝利すれば、交流戦5割以上が確定します。

明日あさってはデーゲームです。明日のカープの先発は森下投手です。西武は高橋投手です。森下投手の防御率は1.73、西武高橋投手の防御率は1.87で、明日は投手戦が予想されます。森下投手にはまず先制点を与えないように頑張って欲しいと思います。

天国の北別府さんに喜んでもらえる素晴らしい試合を期待しています。

2023年06月15日

3回戦@マツダ 広島7−11東北楽天 6点ビハインドを逆転もリリーフ陣踏ん張れず再逆転負け。交流戦優勝は絶望的に。

matsuyama.jpg

【広島】今季最大6点差一時逆転→痛恨の再逆転負け…交流戦残り3戦で首位に3差 球団初V絶望的

6/15(木) 22:09配信

スポーツ報知

6回1死一、二塁、頭部に死球を受けた松山竜平(カメラ・渡辺 了文)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島7―11楽天(15日・マツダスタジアム)

 広島は、0―6から一度は試合をひっくり返しながら、痛恨すぎる再逆転負けを喫した。

 1点リードの8回に登板した島内が踏ん張れなかった。2死満塁から阿部の走者一掃打(記録は二塁打と失策)で3失点で逆転を許した。先発コルニエルは、先発転向8戦目で最短となる2回5失点KO。2点ビハインドの9回は、栗林が2ランを被弾して追い上げムードも断たれた。

 打線は、今季最大6点差を逆転する驚異の粘りを見せていた。4回に代打・松山の2点二塁打などで4得点で2点差に詰め寄り、6回は菊池の2点適時打で同点に追い付き、続く代打・上本の適時打で勝ち越しに成功していた。直後の7回の守備では、途中出場の右翼・曽根が本塁好返球で同点を防ぐなど、ビッグプレーもあったが、勝利に結びつかなかった。

 交流戦は5カード目で4度目の負け越し。残り3試合で首位・巨人に3ゲーム差となり、球団初の交流戦優勝は絶望的となった。

報知新聞社





今日はある程度打撃戦になるかなと予想していましたが、カープの勝ちパターンのリリーフ陣が打たれて再逆転を許してしまいました。とても悔しい試合でした。

先発のコルニエル投手は、1回表、楽天辰巳選手と小深田選手に連打されノーアウト1、3塁とされ、楽天小郷選手は三振に撮りましたが、楽天浅村選手に四球を与えて1アウト満塁のピンチを背負いました。続く楽天岡島選手にセンター前タイムリー、楽天鈴木選手にもライト前にタイムリー、さらにライト野間選手の悪送球、楽天山崎選手にピッチャーへのタイムリー内野安打で初回に5安打で4点を先制されました。

楽天の先発荘司投手に対し、1回裏、1アウト3塁で秋山選手、西川選手が凡退で得点なりませんでした。ここで1点返していれば、展開は変わっていたかもしれません。

コルニエル投手は2回表も1アウト1塁から楽天小郷選手にセンターへのタイムリー3ベースを浴びて0−5となりました。結局コルニエル投手は2回62球を投げて6安打、2四球で5失点でKOとなりました。最悪のピッチングでした。コルニエル投手は先発ローテーションからは外れると思います。再度リリーフで試してみたらどうでしょうか。

打線は2回裏、2アウト満塁で菊池選手はセカンドフライに倒れ、得点なりませんでした。ここでも1点でも入っていれば展開が違っていたかもしれません。

2番手に登板した中村祐太投手は3回表1アウトから楽天鈴木選手、太田選手、山崎選手に3連打を浴びて0−6と一方的な展開となりました。

打線は4回裏、坂倉選手の内野安打、末包選手の死球、田中広輔選手のファーストゴロを楽天鈴木選手が失策して1アウト満塁のチャンスになりました。代打松山選手がライト線に2点タイムリー2ベースを放ち、2−6。なお1アウト2、3塁から菊池選手のショートゴロの間に1点。さらに野間選手がセンター前にタイムリーを放ち、4−6としました。

さらに6回裏、楽天のリリーフ陣に対してデビッドソン選手のヒット、田中広輔選手の四球、松山選手の死球で1アウト満塁のチャンスとなりました。続く菊池選手がレフト前に2点タイムリーを放ち、6−6の同点に追い付きました。続く代打上本選手がレフト前にタイムリーを放ち、ついに7−6と逆転しました。続く秋山選手の四球で再び1アウト満塁となりましたが、西川選手、坂倉選手が凡退し、追加点が奪えませんでした。ここが今日の試合のポイントだったかもしれません。

投手陣は4回以降、大道投手、森浦投手、ターリー投手がランナーを出すも無失点に抑えました。

しかし、7−6で迎えた8回表、6番手の島内投手が1アウトから楽天代打島内選手、辰巳選手に連打を浴び、2アウト後に楽天小郷選手に内野安打を打たれ満塁のピンチとなり、途中出場の楽天阿部選手にライトへタイムリー2ベースを浴び、さらに曽根選手が後逸する間に走者一掃となり、7−9と逆転されました。島内投手が粘れませんでした。楽天阿部選手は中日から移籍したあの天敵の阿部選手でした。

9回表は栗林投手が楽天田中選手にライトスタンドへ2ランを浴びて、7−11となり、試合が決まりました。

チームは2カード連続の負け越しで貯金が1になりました。3位読売と1.5ゲーム差になり、今季交流戦は7勝8敗になりました。交流戦優勝は絶望的になりました。

勝ちパターンのリリーフ陣に少し疲れが出てきているような感じです。交流戦残りはあと3試合です。それが終われば4日間は試合がないので、なんとか頑張って欲しいと思います。

さて、明日からは交流戦最後のカード、西武との3連戦です。明日のカープの先発は床田投手です。なんとか7回まで頑張って欲しいです。西武は隅田投手です。今季防御率は4.06です。十分攻略出来るピッチャーだと思います。是が非でも3タテして、交流戦勝ち越したいところです。

2023年06月14日

2回戦@マツダ 広島4−3東北楽天(9回サヨナラ) 9回矢崎投手同点被弾も野間選手が執念のサヨナラタイムリー!交流戦優勝争いに踏みとどまる!

noma.jpg

【広島】交流戦V争い食らい付くサヨナラ勝利 10試合刻みの節目ずっと勝率5割の“呪縛”も逃れた

6/14(水) 21:19配信

スポーツ報知

9回1死二塁、サヨナラとなる右前適時打を放った野間峻祥(中央)(カメラ・渡辺 了文)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島4X―3楽天(14日・マツダスタジアム)

 広島は、今季3度目のサヨナラ勝利で連敗を3で止め、交流戦は首位と2ゲーム差をキープして優勝争いに踏みとどまった。

 難攻不落の守護神を打ち砕いた。3―3同点の9回は先頭の代打・上本が中前打で出塁し、菊池の犠打で1死二塁。最後は野間が決めた。一塁線への打球が一塁ベースに当たるラッキーな適時打となった。

 野間は、同点の7回無死一、二塁の場面からバント2球ファウルからヒッティングで勝ち越しの適時二塁打を放っていた。勝負どころの打席で2打点をたたき出す活躍でチームを勝利に導いた。サヨナラ打は19年5月31日の阪神戦以来4年ぶり3度目。チームのサヨナラ勝利は、4月27日の中日戦(マツダ)で韮澤がプロ初打点となる押し出し四球を選んで試合を決めて以来だった。

 先発の九里は、失策が絡む形で同点を許す不運もあったが、4戦連続のハイクオリティースタート(7回以上自責2以下)となる7回2失点(自責1)と好投した。同点の7回先頭で代打を送られて降板が決まった直後に味方打線が勝ち越しに成功。一度は勝利投手の権利を手にしたが、オリックス・山本に並ぶ交流戦トップタイ3勝目は幻となった。

 チームは今季10試合目以降、10試合目刻みの節目はすべて勝率5割だった。60試合目のこの日も負ければ勝率5割に逆戻りとなっていたが“節目の呪縛”からも逃れ、貯金2とした。

報知新聞社





本音を言えば9回に矢崎投手がしっかり抑えて勝利して、九里投手に勝ちがつくのがベストでしたが、野球はなかなかうまくいかないですね。

先発の九里投手は2回表1アウトから楽天岡島選手に2試合連続のソロホームランを浴びて0−1と先制されました。

打線は楽天の先発田中投手に対してすぐさま反撃しました。2回裏、デビッドソン選手のヒットと矢野選手の四球に九里投手の送りバントで2アウト2、3塁となりました。ここで菊池選手がレフト線へ2点タイムリー2ベースを放ち、2−1と逆転しました。菊池選手の思い切りの良いスイングが功を奏しました。

九里投手は4回表、1アウトから楽天小郷選手と浅村選手の連打で1アウト2、3塁とされます。続く楽天岡島選手はサードファウルフライに打ち取りましたが、楽天山崎選手のセカンドゴロで菊池選手の送球をファーストの林選手が捕球出来ず、3塁ランナーが生還し、2−2の同点となりました。林選手のプレーはあまりにもお粗末ですね。ドリヨシの記憶が正しかったら、林選手は今季5つ目の失策だと思います。特守が必須ですね。

6回裏、西川選手と坂倉選手の連打でノーアウト1、3塁の絶好のチャンスとなりました。が、デビッドソン選手はサードゴロ、林選手はセカンドライナー、矢野選手はセカンドゴロで得点を挙げられませんでした。

九里投手は5回から7回まで1人のランナーも出しませんでした。

7回裏、打線が奮起します。楽天田中投手から代わった安樂投手に対し、九里投手の代打の田中広輔選手が内野安打、菊池選手のバントを楽天安樂投手が悪送球してノーアウト1、2塁となりました。続く野間選手が送りバント出来ず、追い込まれたカウントからヒッティングに切り替えて、レフト線へタイムリー2ベースを放ち、3−2と勝ち越しました。結果は往来でしたが、野間選手には送りバントをきっちり決めて欲しかったですね。なおもノーアウト2、3塁と追加点のチャンスでしたが、秋山選手、西川選手、坂倉選手が凡退して追加点が奪えませんでした。ここは反省点ですね。

九里投手は7回102球を投げて3安打、無四球、6奪三振の2失点でした。九里投手に勝ちがつかなかったのが残念ですね。

8回表は2番手にターリー投手が登板しました。先頭の楽天代打炭谷選手にヒット、楽天代打伊藤選手の送りバントに楽天辰巳選手の四球で1アウト1、2塁のピンチになりましたが、代打楽天フランコ選手をショートゴロ併殺打に仕留め、ピンチを脱しました。ここ数試合、ターリー投手の制球が不安定になっている感じがします。少し疲れているのでしょうか。

そして9回表、暫定守護神の矢崎投手が登板しました。が、1アウトから楽天浅村選手にレフトスタンドへソロホームランを浴びて3−3の同点となりました。正直、このあとの展開はヤバいなと思いました。続く楽天岡島選手に内野安打で出塁を許しましたが、後続は抑えました。矢崎投手も疲れているのでしょうか。

9回裏、楽天の守護神松井投手に対し、先頭の代打上本選手がセンター前ヒットで出塁しました。このヒットは大きかったですね。続く菊池選手の送りバントで1アウト2塁となり、野間選手のファーストゴロの打球が1塁ベースに当たり、打球がライトへ転がるタイムリーとなり、4−3でサヨナラ勝ちとなりました。野間選手自身は3本目のサヨナラ打となりました。

チームは今季3度目のサヨナラ勝ちとなり、連敗を3で止めました。今季交流戦は7勝7敗のタイとなりました。交流戦は首位のDeNAと読売に2ゲーム差と、優勝争いにとどまっています。この際、是非優勝を狙って欲しいと思います。

さて、明日のカープの先発はコルニエル投手です。前回日本ハム戦は7回3安打2失点と好投し、先発ローテーションにとどまる事が出来ました。明日は真価の問われるピッチングになりますので、是非頑張って欲しいです。楽天はドラ1ルーキーの荘司投手です。ドリヨシは辛島投手かと思いましたが、右ピッチャーの荘司投手なので、打線から見るとチャンスかなと感じています。交流戦残り4試合、全部勝ちましょう!

2023年06月13日

1回戦@マツダ 広島3−6東北楽天 大瀬良投手5回5失点KO。打線追い上げも追いつかず。リーグ4位に転落。

ohsera.jpg

【広島】交流戦V争いから大きく後退…打線が追い上げも大瀬良大地の5失点響く リーグ順位は4位転落

6/13(火) 21:18配信

スポーツ報知

4回に5点を失い、肩を落としてベンチに戻る広島先発・大瀬良大地(左、カメラ・渡辺 了文)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島3―6楽天(13日・マツダスタジアム)

 広島は、先発の大瀬良大地投手が5回で今季ワースト5失点と踏ん張れず、交流戦は首位まで2ゲーム差に広がって優勝争いは大きく後退。ロッテ戦(ZOZO)から今季4度目の3連敗で、セ・リーグ順位も5月26日以来にBクラス・4位に転落した。

 大瀬良は3回まで無安打投球も、4回に突如崩れた。1死一、二塁から岡島に3ランを浴びると、さらに3連打で1点を追加され、2死一、二塁から辰己の左中間エンタイトル二塁打で5点目を奪われた。4回は打者一巡の猛攻を許し、5連打を含む7安打で5失点した。4月14日のヤクルト戦(マツダ)で2勝目を手にして以降、これで6戦白星なしとなった。

 打線も意地を見せたものの、大瀬良の5失点は重かった。5回は1死二、三塁から代打・松山の左前適時、菊池の左犠飛で2点を返した。6回には今季初4番の先頭・西川が一塁線を破る二塁打を放ち、デビッドソンの中堅フェンス直撃二塁打でさらに1点を返し、2点差に詰め寄った。だが、続く野間は、一塁へ打球を放った際の走塁でタッチをかいくぐったように見えたが“3フィートオーバー”としてアウトに。新井監督の必死の抗議も判定は覆らなかった。反撃ムードが断たれる形となり、その後は追加点を奪えなかった。

報知新聞社





今日の試合は大瀬良投手が全てでしたね。地元6連戦の初戦で今日のようなピッチングをされてしまうと、チームの士気が上がりません。エースらしからぬピッチングにはがっかりしました。

今日の大瀬良投手は、2回表に楽天浅村選手に四球を与えましたが、3回までは危なげないノーヒットピッチングでした。楽天先発の則本投手との投手戦かなと思っていた直後に大瀬良投手が崩れました。

4回表、1アウト1、2塁とされ、楽天岡島選手に甘く入ったカーブをライトスタンドへ運ばれる3ランを浴びて0−3と先制されました。さらにそこから3連打で1点を追加され、2アウト1、2塁から楽天辰己選手にエンタイトル2ベースを浴びて0−5とされました。この回は打者一巡の猛攻を許し、5連打を含む7安打で5失点を喫してしまいました。

5回表も2アウト2、3塁のピンチを招きましたが、なんとか無失点に抑えました。その裏に代打を送られて降板となりました。結局大瀬良投手は5回97球を投げて9安打1四球で今季ワースト5失点でした。

今日は最悪のピッチングでした。被弾があまりにも多いような気がします。楽天岡島選手に打たれた3ランから、ガラリと変わってしまいました。あの3ランで抑えていれば、なんとか接戦に持ち込めていたのに、残念でなりません。

打線は楽天先発の則本投手に対し、5回裏、1アウト2、3塁から代打松山選手がレフト前タイムリーを放ち1−5。続く菊池選手がレフトへの犠牲フライを打ち、2−5としました。

さらに6回裏はノーアウト2塁からデビッドソン選手がセンターへタイムリー2ベースを放ち、3−5と追い上げました。

しかし、3番手の森浦投手がピリッとしません。先頭の楽天小深田選手に四球を与えるなどして2アウト3塁とされ、楽天岡島選手にセンターへタイムリー2ベースを浴びて3−6とされ、追い上げムードに水を差す結果になりました。

試合はそのまま3−6で終わりました。

これでチームは3連敗となり、貯金は1になりました。そして今日読売が勝利しましたので、入れ替わって4位に転落となりました。最初にも書きましたが、今日の試合は大瀬良投手が全てでした。再びファームで調整した方がいいのではないでしょうか。

さて、明日のカープの先発は九里投手、楽天は田中投手です。間違いなく明日は投手戦になりますが、九里投手に頑張ってもらいましょう。野手一丸で楽天田中投手に襲いかかりましょう。

2023年06月11日

3回戦@ZOZOマリン 広島5−6千葉ロッテ 終盤の猛追もあと一歩及ばず。チームは連敗で4位読売と0.5差に。

hatsuki.jpg

【広島】羽月隆太郎、佐々木朗希の165キロをひるまずファウル 粘って適時打放ちガッツポーズ

6/11(日) 16:06配信

日刊スポーツ

ロッテ対広島 5回表広島2死満塁、左2点適時打を放つ羽月。投手佐々木朗(撮影・鈴木みどり)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ−広島>◇11日◇ZOZOマリン

 4番の仕事だ。広島松山竜平外野手(37)が、ロッテ佐々木朗希投手(21)の完全投球を止めた。

 4回までは最速163キロの快速球とフォーク、スライダーの前に手も足も出ず。松山も2回の初打席はフォークで空振り三振に打ち取られた。だが5回の2回り目は2ボール1ストライクからの4球目、45球目のストレートを捉え、ピッチャー返し。中前に抜けようかという打球に遊撃の藤岡が飛びついたが、送球できず。ついにカープに「H」ランプがともり、真っ赤に染まった左翼スタンドではおなじみのスクワット応援が始まった。

 松山がつくったチャンスを、羽月隆太郎内野手(23)が実らせた。1死から田中が四球を選び、2死一、二塁からデビッドソンがスライダーを捉えて中前打。2死満塁に広がった好機で、今季ここまで8打席無安打の羽月に打席が回った。

 1ボール2ストライクからの4球目は、日本人最速で自己最速タイの165キロをマーク。だがそんな歴史的な超速球を魅せられてもひるむことなく、羽月はファウルで粘った。

 164キロをファウル、162キロをファウルし、146キロのフォークは見極め、145キロのフォークをまたファウル。9球目のストレートをついに捉えた。三遊間を破り、三塁から松山を、二塁から田中をホームに迎え入れて一塁ベース上で羽月は両腕を掲げてガッツポーズ。ホームインした田中もガッツポーズ。そして三塁側ベンチで新井監督もガッツポーズだ。

 今季ここまで本拠地ZOZOマリンでは4試合、計25イニング無失点だった「令和の怪物」から、登板5試合目でついに2得点。「みんながつないでくれたので、自分もつなぐ気持ちでいきました。なんとか食らいついていくことができてよかったです」と羽月。懸命さがあふれるコメントを、広報に託した。
 




正直、今日の試合はロッテが佐々木朗希投手が先発だったので、かなり厳しいなと感じていましたが、カープの選手の皆さんの必死さがビシビシ伝わって来ました。最後まで諦めない姿勢は素晴らしかったですね。

今日の試合、スタメンは菊池選手が外れ、1番西川選手、2番野間選手、4番松山選手、7番韮澤選手のオーダーを組みました。マクブルーム選手は登録抹消となりました。

ロッテ先発の佐々木朗希投手に対し、打線は4回まで1人のランナーも出せませんでした。

先発の黒原投手は1回裏、ロッテ岡選手と藤岡選手に連打され、ノーアウト1、2塁もロッテ中村奨吾選手を三振、山口選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取りました。

しかし、黒原投手は3回裏、ロッテ藤原選手と岡選手に連打され、ロッテ藤岡選手の送りバントと中村奨吾選手へ四球を与えて1アウト満塁となり、続くロッテ山口選手にレフトスタンドへ満塁ホームランを浴びて0−4と先制されました。
この満塁弾はかなりのダメージになりました。

打線は5回表、先頭の松山選手がヒットでチーム初出塁。田中広輔選手の四球、デビッドソン選手のヒットで2アウト満塁のチャンスとなりました。ここで羽月選手が9球目のストレートを叩き、レフト前へ2点タイムリーを放ち、2−4としました。ロッテ佐々木朗希投手は今季、本拠地のZOZOマリンでは30イニング目にして初失点となりました。

しかし、その直後に失点します。黒原投手はセンター秋山選手の落球でノーアウト2塁とされ、ロッテ中村奨吾選手のヒットで2塁ランナーのロッテ藤岡選手を本塁でアウトにして1アウト1塁となったところで降板しました。代わった2番手の大道投手がロッテ山口選手、茶谷選手に連続四球を与え、1アウト満塁となります。続くロッテ角中選手にセンターへ2点タイムリー2ベースを浴びて2−6とリードを広げられました。秋山選手の落球と、大道投手が与えた四球がなければ、展開は全く違っていたかもしれません。

6回表はロッテ佐々木朗希投手を2アウト1、3塁と攻めましたが、田中広輔選手は見逃し三振に倒れました。ロッテ佐々木朗希投手には7回まで投げられて10奪三振を喫してしまいました。しかし、2得点出来たのはポジれる点かなと思います。

打線はロッテのリリーフ陣に対し8回表、野間選手のヒットに松山選手の四球から2アウト2、3塁とすると、田中広輔選手がセンター前へ2点タイムリーを放ち、4−6と2点差にしました。なおも2アウト1、2塁のチャンスでしたが、デビッドソン選手はセカンドゴロに終わりました。

9回表、ロッテの守護神益田投手に対し、1アウトから西川選手が内野安打、野間選手もヒットでつなぎ1アウト1、2塁とし、秋山選手がライト前タイムリーを放ち、5−6と1点差になりました。さらに秋山選手の2盗で1アウト2、3塁となり、代打菊池選手は四球で1アウト満塁と、一打逆転のチャンスとなりました。しかし、坂倉選手が空振り三振、田中広輔選手はレフトフライに倒れ、試合が終わりました。あと一歩及びませんでした。ドリヨシは菊池選手の打席でスクイズをするかなと思いましたが、敢行しませんでした。あの菊池選手の打席が今日のポイントだったと思います。

これでチームは連敗で、貯金は2となり、4位読売と0.5ゲーム差になりました。今季の交流戦は6勝6敗の五分となりました。

さて、あさってからはホームのマツダスタジアムで6連戦です。これまでのカープの戦いを見ると、交流戦残り6試合は必ず勝ち越せると思います。まずあさってからは楽天との3連戦です。大瀬良投手、九里投手、コルニエル投手で3タテを狙いたいですね。

2023年06月10日

2回戦@ZOZOマリン 広島4−5千葉ロッテ(9回サヨナラ) 打線粘って7回勝ち越すもリリーフ陣踏ん張れず。連勝は4でストップ。

kuribayashi (1).jpg

広島5連勝逃す 栗林がサヨナラ打浴びる 3度追いつく粘り発揮もロッテに競り負ける

6/10(土) 17:25配信

デイリースポーツ

 9回、藤岡に中前サヨナラ安打を打たれ、放心状態の栗林(撮影・佐藤厚)

 「ロッテ5−4広島」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

 広島はサヨナラ負けで連勝が4で止まった。九回から登板した栗林がピンチを招き、最後は1死二、三塁から藤岡に中前打を浴びた。

 粘り強く戦った。1点を追う三回は会沢の1号ソロで同点。再びリードを許した五回には無死満塁から西川の二ゴロの間に追いついた。三たびリードされた七回は1死一、三塁から西川の中前適時打で同点、続く秋山は代走・曽根の二盗のあと左中間への適時二塁打で勝ち越した。

 先発の森下は7回6安打3失点。が、八回に2番手・ターリーがつかまり、2死二塁から角中に同点二塁打でまたも振り出しに戻った。

 4連勝の勢いは感じさせたが、一歩及ばなかった。




今日も粘りのある試合展開でしたが、最後は力尽きてしまいました。今日の敗戦は痛いですね。

ロッテ先発の本前投手に対し、打線は2回表、松山選手のヒットとデビッドソン選手の四球で2アウト1、2塁のチャンスでしたが、田中広輔選手はセカンドライナーに倒れ先制できませんでした。

先発の森下投手は2回裏2アウトからロッテ角中選手にライトスタンド中段へソロホームランを浴びて0−1と先制されました。

しかし、直後の3回表、先頭の會澤選手がバックスクリーン右へソロホームランを放ち、1−1の同点に追い付きました。先制された直後の得点だっただけに、このホームランは大きかったですね。

しかし、その直後の3回裏、森下投手は先頭ロッテ岡選手に四球を与え、2盗を許すなどして2アウト3塁となり、ロッテ中村奨吾選手にレフト前タイムリーを浴びて1−2と勝ち越されました。先頭打者への四球が痛かったですね。

打線は5回表、田中広輔選手と會澤選手の連続四球と菊池選手のヒットでノーアウト満塁の絶好のチャンスを迎えました。が、得点は西川選手のセカンドゴロ併殺崩れの間の1点のみで、とりあえず2−2の同点になりましたが、なおも1アウト1、3塁で秋山選手、松山選手が凡退し、勝ち越せませんでした。ここで勝ち越し出来ていれば、流れはカープに傾いていたはずです。

森下投手は6回裏、先頭ロッテポランコ選手にヒットを打たれ、代走ロッテ友杉選手に2盗を決められ、さらに森下投手の暴投にロッテ山口選手に四球を与えて、代走ロッテ小川選手にも2盗を決められてノーアウト2、3塁となりました。そしてロッテ角中選手にライトへ犠牲フライを許して2−3と勝ち越されました。このイニングはロッテの機動力に振り回された感じがありました。

打線はロッテのリリーフ陣を攻めて、7回表1アウトから代打坂倉選手と菊池選手の連打で1、3塁のチャンスとなりました。続く西川選手が低めの変化球をセンター前に弾き返すタイムリーを放ち、3−3の同点に追い付きました。西川選手の代走の曽根選手が2盗を決めて1アウト2、3塁とし、秋山選手がレフト前にポトリと落とすタイムリーを放ち、4−3と逆転しました。なおも1アウト満塁のチャンスでしたが、代打野間選手、堂林選手は凡退し、追加点は奪えませんでした。この追加点が奪えなかったのが今となっては敗因だったかもしれません。

森下投手は7回105球を投げて6安打、2四球、6奪三振の3失点で降板しました。今日の森下投手は本来の調子ではなかったですが、粘りのピッチングを見せてくれました。それだけに勝ちがつけられなかったのは残念でした。

8回裏、2番手のターリー投手が2アウト2塁からロッテ角中選手にセンターへタイムリー2ベースを浴びて4−4の同点に追い付かれました。この失点はかなり痛かったです。今日のターリー投手は球が全体的に高めだっただけに、失点につながった感じです。

そして9回裏、3番手に栗林投手が登板しました。が、先頭のロッテ佐藤選手に四球を与え、続くロッテ岡選手にヒットでつながれノーアウト1、2塁に。ロッテ池田選手の送りバントで1アウト2、3塁とされ、ロッテ藤岡選手にセンター前にタイムリーを浴びて4−5でサヨナラ負けとなりました。栗林投手はやはり本調子ではないですね。これで今季6敗目となりました。しばらくはファームでじっくり調整してリフレッシュしてもらう方がいいでしょう。

これでチー厶は4連勝でストップし、貯金は3となりました。サヨナラ負けは今季6度目で、土曜日のサヨナラ負けは4度目となりました。

今日の負けは本当に痛かったですね。ドリヨシ的には2人の外国人選手はしばらくファームで調整してもらうべきだと思います。打てる雰囲気が全く感じられませんし、打線の線を切っています。まだ若手選手を積極的に起用するのが得策ではないでしょうか。

さて、明日のカープの先発は黒原投手です。先発2試合目ですが、とにかく思い切りぶつかって欲しいです。そしてロッテは佐々木朗希投手です。新井監督がどんな秘策を立てているのか、楽しみですね。野手一丸で攻めていきましょう!

2023年06月09日

1回戦@ZOZOマリン 広島3−2千葉ロッテ 床田投手8回1失点好投で5勝目!西川選手2本のタイムリー!4連勝で交流戦首位キープ!

tokoda.jpg

広島が今季3度目の4連勝 今季最多の貯金4に 床田が8回4安打1失点で5勝目 西川が2本の適時打

6/9(金) 20:43配信

デイリースポーツ

 今季5勝目を挙げガッツポーズを決める床田。右はマスコットのスラィリー(撮影・開出牧)

 「ロッテ2−3広島」(9日、ZOZOマリンスタジアム)

 広島が接戦を制して今季3度目の4連勝。貯金を今季最多の4とした。苦手としてる交流戦もここまで6勝4敗と上々の成績を残している。

 三回2死一、二塁から西川、秋山の連続適時打で2点を先取。

 七回には野間の安打と盗塁などの2死二塁から西川の左前適時打で加点した。

 投げては先発の床田が四回1死三塁から山口に適時打を許したが、以降は危なげない投球で、8回4安打1失点でまとめて、5勝目をマークした。





今日も接戦を制しました。交流戦序盤はカープはやはりダメかと思いましたが、日本ハム戦から戦い方が変わってきた感じがします。粘りが出てきましたね。昨日も書きましたが、「新井イズム」が浸透して来たようです。

ロッテ先発の西野投手に対し、1回表、菊池選手が内野安打で出塁も、西川選手はセカンドゴロ、秋山選手は空振り三振で、1塁ランナーの西川選手がスタートを切って三振ゲッツーに終わりました。

3回表は田中広輔選手と野間選手のヒットから2アウト1、2塁とし、西川選手がセンター前にタイムリーを放ち、1−0と先制しました。この前に西川選手と秋山選手が、お互いにここ2試合ヒットを打ててなかったので、どちらが先にヒットを打つかという話をしていたそうです。で、西川選手が打席に入る前に秋山選手に「お先です!」と言ったそうで、その直後タイムリーを放ちました。そして続く秋山選手がライト前にタイムリーを放ち、2−0としました。1塁上の秋山選手が3塁ランナーの西川選手に指差しながら笑っていたのは、その会話があったからなんですね。

先発の床田投手は3回まで出塁はロッテ安田選手の内野安打のみに抑えました。しかし、4回裏、先頭のロッテ藤岡選手に1塁ベースに当たる不運な2ベースを許し、1アウト2塁からロッテ山口選手にセンター前にタイムリーを浴びて2−1とされました。

床田投手は6回裏1アウトからロッテ藤岡選手にヒットで出塁されましたが、ロッテ中村奨吾選手をピッチャーライナーに打ち取り、1塁ランナーが飛び出していたため、併殺打となりました。

打線は7回表、1アウトから野間選手がショートへの内野安打で出塁し、2盗を決めて1アウト2塁となりました。菊池選手はサードへのファウルフライに倒れましたが、西川選手がインコースへのストレートの難しい球を鮮やかに打ち返し、レフト前タイムリーを放ち3−1てしました。西川選手でなくては打ち返す事は出来なかったに違いありません。ナイスバッティングでした。

床田投手は8回裏1アウトから、この日初めての四球をロッテ田村選手に与えましたが、ロッテ佐藤選手、池田選手を抑えました。

今日の床田投手は8回101球を投げて4安打、1四球、4奪三振の1失点で5勝目を挙げました。今日も床田投手はストレート、ツーシーム、パームボールなど、どの球種も良かったですね。二桁勝利に向けて順調です。

9回裏は暫定守護神の矢崎投手が登板しました。今日も「矢崎劇場」が開幕しました。先頭のロッテ藤岡選手に四球を与え、ロッテ中村奨吾選手を空振り三振、ロッテ山口選手をセンターフライに打ち取り、2アウト1塁としました。続くロッテポランコ選手のショートへの難しいフライを矢野選手が好捕したかに見えましたが落球し(記録は内野安打)3−2とされました。なお2アウト2塁でしたが、ロッテ岡選手をセンターライナーに抑え、3−2で逃げ切りました。矢崎投手は栗林投手越えの8セーブ目を挙げました。

チームは今季3度目の4連勝で30勝26敗の今季最多の貯金4になりました。2019年から3季連続最下位の交流戦を6勝4敗としました。ソフトバンク、DeNAと並んで交流戦首位キープです。

明日あさってはデーゲームです。明日のカープの先発は森下投手です。前回ソフトバンク戦では7回2安打無失点の好投でした。明日も大丈夫でしょう。ロッテは本前投手です。2019年の育成ドラフト1位です。今季1軍初先発です。ストレートとカットボールを軸に組み立てる左腕です。ファームでは今季10試合に登板して、防御率1.74と好成績を残しています。決して侮ってはなりません。打線の粘りで5連勝といきたいところです。

2023年06月08日

3回戦@エスコンフィールド 広島7−2北海道日本ハム 野間選手決勝タイムリー!田中広輔選手ダメ押し3ラン!コルニエル投手今季初勝利!

carp.jpg

広島いいね!3連勝 3季連続最下位の交流戦、5勝4敗の首位タイで折り返し 大混戦模様で優勝も視野だ!

6/8(木) 21:47配信

スポニチアネックス

交流戦<日・広>勝利に喜ぶ選手たち(撮影・高橋 茂夫)

 ◇交流戦 広島7−2日本ハム(2023年6月8日 エスコンF)

 広島が8日の日本ハム戦に勝利し、3連勝を飾った。

 先発のコルニエルが7回まで3安打2失点に抑える好投。打線も3回に菊池が同点打を放つと、5回には2死満塁から野間の勝ち越し適時二塁打などで3点を追加。9回には田中の追撃3ランも飛び出すなど、7−2の快勝となった。また、コルニエルは先発転向後、初勝利となった。

 広島が交流戦でカード3戦全勝となったのは、18年楽天戦(マツダ)以来。また、敵地では17年の日本ハム戦(札幌ドーム)以来になる。

 チームにとって近年の交流戦は鬼門だった。19、21、22年と3季連続で最下位(20年は未開催)。近年の低迷の一因にもなっていたが、この日で前半戦終了となった今季は5勝4敗の勝ち越しで折り返すことになった。

 さらに試合後には、阪神、オリックスなど上位陣が敗れ、広島は6チームが5勝4敗で並ぶ首位タイに浮上。混戦模様ながらも、優勝が狙える好位置となった。





今日も試合は日本ハムが上沢投手が先発という事で、かなり厳しい試合になると思っていたのですが、カープの粘りで終わってみれば快勝でした。今日の勝ちは大きいですね。

先発のコルニエル投手は2回裏、日本ハム万波選手とマルティネス選手に連打され、日本ハム野村選手と上川畑選手を打ち取りましたが、日本ハム清水選手にセンター前タイムリーを浴びて0−1と先制されました。このままコルニエル投手は崩れていくのかと思いましたが、なんとか1点止まりで踏ん張りました。

直後の3回表、日本ハム先発の上沢投手に対し、先頭の坂倉選手がライト線へ3ベースを放ち、2アウト後に菊池選手がライトへタイムリー2ベースを放ち、1−1の同点に追いつきました。ノーアウト3塁のチャンスで、もし無得点だったら、流れが日本ハムに傾きかねない中での菊池選手のタイムリーは大きかったですね。

さらに5回表、マクブルーム選手の内野安打、坂倉選手の四球、上本選手の送りバントを日本ハム上沢投手が1塁へ悪送球してノーアウト満塁の絶好のチャンスを迎えました。しかし、矢野選手がセカンドゴロ、菊池選手が空振り三振に倒れ、2アウト満塁となりました。これで得点出来なかったら、流れが日本ハムに傾くだろうと思った直後、野間選手がライト前に2点タイムリーを放ち、日本ハム万波選手の本塁への送球が逸れる間に1塁ランナーの矢野選手も生還し、一挙に4−1と勝ち越しました。矢野選手は1塁から全力で走り続けて一気に本塁へ生還する好走塁でした。ただ、2塁ランナーの上本選手が生還した際に、球審の山口さんに激突して、どうも肩を痛めたようで、そのままベンチに下がりました。状態が心配です。

その直後の5回裏、コルニエル投手がピリッとしません。日本ハム上川畑選手と清水選手に連続四球を与え、日本ハム細川選手に送りバントを決められ、1アウト2、3塁から日本ハムハンソン選手にセンターへ犠牲フライを許し、4−2とされました。コルニエル投手はこのまま崩れていくのかと思いましたが、ここからまた踏ん張り、1点止まりで抑えました。

結局コルニエル投手は7回95球を投げて3安打、2四球、5奪三振の2失点の粘りのピッチングでした。今日のコルニエル投手は良いイニングと悪いイニングがはっきりしていて、安定したピッチングとは言い難い感じでした。しかし、今季初勝利となりました。そして先発としては来日初勝利となりました。これがコルニエル投手にとっていい薬になることを祈りたいですね。

8回裏は島内投手が日本ハム打線を3者凡退に抑えました。島内投手は登板するごとに成長している感じがします。

打線は9回表、2アウトからマクブルーム選手が四球で代走羽月選手が入り、2盗を決めました。坂倉選手は申告敬遠で2アウト1、2塁となり、ここで途中出場の田中広輔選手がライトスタンドへ3ランを放って7−2とし、試合を決めました。田中広輔選手は好調ですね。今季完全復活と言ってもいいでしょう。

9回裏は中崎投手が3人で締めて試合が終わりました。

チームは今季5度目の3連勝で29勝26敗で貯金が今季最多タイの3になりました。そして今季の交流戦は5勝4敗と勝ち越して、交流戦首位タイに浮上しました。チーム全体に「新井イズム」が徐々に浸透しているように感じます。打線にも投手陣にも粘りが出て来ましたね。なんとか交流戦勝ち越して欲しいと思います。

さて、明日からはZOZOマリンでロッテとの3連戦です。この3連戦を乗り越えれば、あとはホームのマツダスタジアムで6連戦です。明日のカープの先発は床田投手です。前回ソフトバンク戦では6回3失点で負け投手になっています。決して悪い訳ではなかっただけに、悔しかったと思います。明日はリベンジに燃えているはずです。好投を期待しましょう。ロッテは西野投手です。安定したピッチングで、直近3試合は3連勝しています。新井監督に秘策はあるのでしょうか?カープは勢いに乗ってきていますので、必ず勝ってくれると信じています。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝