アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(216)
広告(4838)
選手(1121)
プロ野球(186)
その他(339)
球団ニュース(320)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(48)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年06月(38)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2021年12月31日

今年一年、「真っ赤なドリヨシ」をご愛読いただき、ありがとうございました。

guts.jpg

2021年も、「真っ赤なドリヨシ」をご愛読いただき、ありがとうございました。

今季も新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、例年通りという訳にはいきませんでした。

カープも5月に1軍選手が新型コロナウイルスに感染し、1軍と2軍の選手を入れ替えるという、非常事態となりました。その影響もあってか、投打の歯車がなかなか噛み合わず、特に交流戦は大苦戦し、結局3年連続Bクラスという悔しい結果に終わりました。

この結果に、佐々岡監督をはじめ、コーチ、選手の皆さんやスタッフの皆さんもとても悔しかったと思います。

来季は佐々岡監督3年目のシーズンになります。いよいよ勝負のシーズンです。来季は小窪哲也氏が内野守備走塁コーチに、高橋健氏が投手コーチに就任し、ドラフトや新外国人の補強や、若手選手の台頭でチーム力は大幅にアップします。

監督、コーチ、選手、スタッフ一丸で戦い抜いて、4年ぶりのリーグ優勝と、38年ぶりの日本一を勝ち取るものと期待しています。

ドリヨシは来年2022年も広島東洋カープを追いかけ、応援していきますので、どうか変わらぬご愛読をよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください。

ドリヨシ

中村奨成選手が中日大島選手の合同自主トレに参加!

shosei.jpg

広島・中村奨成 中日・大島と合同自主トレは打撃重点「降り遅れ多かった」

12/31(金) 6:30
配信
デイリースポーツ

 大島に弟子入りすることを明らかにした中村奨

 広島の中村奨成捕手(22)が30日、中日・大島に弟子入りすることを明かした。来年1月に巨人・小林らも参加する大阪・貝塚市内での合同自主トレに2年連続で参加し、タイミングの取り方などを学ぶ。過去2度、最多安打のタイトルを獲得しているバットマンのエキスを吸収して飛躍につなげる。

 来季、打撃でアピールを誓う中村奨にとっては貴重な時間だ。中日・大島との合同自主トレ。「2ストライク後の意識だったり、ヘッドの角度、タイミングだったり。いろいろと聞きたい」。質問攻めにして、成長カーブを上向かせる意気込みだ。

 2年連続参加となる合同自主トレ。初参加だった今年は守備力強化がテーマで、巨人・小林に指導を受けた。来年は打力強化に主眼を置く。大島は首位打者争いの常連で過去に2度、最多安打を獲得した。右と左の違いはあるものの、参考になることは多い。

 今季は39試合で打率・283、2本塁打、5打点ながら、「真っすぐに振り遅れることが多かった」と自己分析。今オフ、直球への対応力を上げるため、構えた際に投手側に傾いていたバットのヘッドを真っすぐ立てる形に変更した。大島の助言でさらに磨きをかける構えだ。

 捕手へのこだわりはあるが、外野手としてグラウンドに立ったことで試合出場への思いは強くなった。「そこを狙いたい」。鈴木誠がポスティング制度を利用してのメジャー挑戦を表明。移籍となれば1枠が空く外野に照準を定めている。

 外野は激戦区だ。西川、野間、宇草らに加え、ドラフト3位・中村健(トヨタ自動車)、同6位・末包(大阪ガス)も虎視眈々(たんたん)とその座を狙っている。「とにかく結果を残すためにやるだけ」。来季が5年目。勝負の年へ向けた決意表明だ。


中村奨成選手の必死さが伝わって来ますね。本来はキャッチャーで勝負したいところですが、それどころではありません。どんな形でもいいので、1軍での出場機会を増やさないといけません。来季は外野手での出場を狙っています。

その外野手ですが、来季は鈴木誠也選手がいなくなる事で、さらにし烈なポジション争いになりそうです。そんな中で中村奨成選手は中日の大島選手に弟子入りすることを決断しました。大島選手はタイミングの取り方がとても上手いですね。ボールをバットに上手くミートさせる技術は天下一品です。合同自主トレで、可能な限りのノウハウを吸収して欲しいですね。

ドリヨシ的には、中村奨成選手は正随選手と似て、1軍での打席機会をできるだけ多く与える事で本領発揮するタイプだと思います。なので、首脳陣が中村選手を我慢して起用しようかと思わせるほどのアピールが絶対必要です。2月のキャンプスタートからしっかりアピールできるように、しっかり準備して欲しいと思います。
posted by ドリヨシ at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

ふとんクリーナーのパイオニア[レイコップ公式オンラインストア]

ふとんクリーナーはレイコップ

医師として“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。






posted by ドリヨシ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2021年12月30日

古葉さんは本当は心優しい人だった…。

koba.jpg

古葉竹識さんの鬼と仏 広島OBは「衣笠祥雄、山本浩二以外はみな蹴られたんじゃないか」【2021年墓碑銘】

12/30(木) 11:00
配信
デイリー新潮
「優勝パレードをしたい」

赤ヘル黄金期を築いた古葉竹識・元広島カープ監督

〈耐えて勝つ〉を座右の銘に、厳しい指導で広島東洋カープを球団創設以来初のリーグ優勝に導いた古葉竹識(たけし)さん。優しさも持ち合わせ、若い選手への気配りも忘れなかったという名将を偲ぶ。


 ***

 セ・リーグの“お荷物球団”といわれた広島東洋カープを1975年、球団創設以来初のリーグ優勝に導いた立役者が、当時監督を務めた古葉竹識さんである。就任1年目の快挙だった。

「優勝パレードをしたい」

 古葉さんが球団オーナーにそう持ちかけ実現。沿道の30万人を熱狂させた。

 79、80、84年と3度日本一に輝き、「赤ヘル軍団」の黄金期を築いた。躍進を支えたのは猛練習だ。元捕手の水沼四郎さんが語る。

「捕手はたった5メートルの距離から約1時間ノックされました。あざだらけになり、立てなくなるほどでした」

 試合中も厳しかった。水沼さんがリードでヘマをすると古葉さんの“足が飛んで”きたという。投手だった安仁屋(あにや)宗八さんによると、

「昔の広島市民球場のベンチは低い位置にあるので、蹴っても自陣以外の人には見えにくい。衣笠祥雄、山本浩二以外はみな蹴られたんじゃないかな(笑)」

〈耐えて勝つ〉が古葉さんの座右の銘だが、こうした厳しい練習に耐えて勝つチームに育て上げた。

長嶋茂雄と首位打者争い
 ただ、厳しいのは球場内だけで、外に出れば優しかったと安仁屋さんは話す。

「遠征先では試合後、監督、選手が一緒に食事するんですが、打たれた投手、打てなかった野手にも古葉さんはビールを勧めてました」

 若い選手にも気配りした。スポーツライターの赤坂英一さんが元捕手の達川光男さんから聞いた話では、

「シーズン終盤の消化試合になると、2軍から上がってきた選手に『おまえ給料なんぼだ』と質したというんです。安い給料の選手には、出場機会をつくって1軍出場手当が出るようにしてあげたようです」

 鬼と仏の心で選手を掌握した古葉さんは36年、熊本県に生まれた。済々黌(せいせいこう)高校から専修大学へ。同大学中退後、日鉄二瀬(ふたせ)を経て58年に広島カープ入団。

 63年には長嶋茂雄と首位打者争いを演じ、足も速く盗塁王2回。70年にトレードで南海に入るが、当時の監督は就任したばかりの野村克也さん。選手、コーチとして2年ずつ在籍する間に、野村さんは古葉さんの指導者としての手腕を見抜いていた。古葉さんの三男・隆明さんが語る。

「『お前、絶対にカープには戻さんぞ』と野村さんから言われたと父から聞きました。74年、専修大の先輩・森永勝也さんが広島の監督になり、請われて戻りますが、野村さんから学んだことは大きいと思います」

起用法に野村監督の影響

 その象徴が高橋慶彦選手である。投手から野手に転向させ、足の速さを見抜いてスイッチヒッターとして育成した。安仁屋さんも水沼さんも、そうした起用法に野村さんの影響をみる。

 85年に広島を勇退後、87年から横浜大洋ホエールズ(現DeNA)の監督になるが、晩年はアマチュア野球に力を注ぐ。隆明さんによれば、少年軟式野球国際交流協会の理事長に就任したのも、2004年の参議院選挙に出馬したのも、陰り気味の野球人気を再興させるためだったという。

 最晩年は東京国際大学野球部監督として指揮を執った。08年に就任すると、わずか4年でリーグ戦を初制覇し、大学選手権でも4強に。隆明さんはこう言う。

「大部分の選手は就職します。時間を守れとか常識的なことしか言いませんが、部員が就職した会社から、野球部の後輩を来年も欲しいと言われると試合に勝つよりも嬉しそうでした」

 安仁屋さんが今年春に古葉さんと話したとき、今年の広島カープOB会、来年3月のOB戦にも「絶対に行く」と答えていた。11月に体調を崩し入院したときも、心臓の調子を整えて1週間ほどで帰ってくる予定だった。だが亡くなる前日、隆明さんが病室に電話をすると、「お母さんによろしくね」。これが最期の言葉になった。11月12日、心不全のため逝去。享年85。知将がまた一人いなくなった。

デイリー新潮編集部

新潮社


カープ球団、いや、球界にとって大切な人を亡くしてしまいました。

ドリヨシが幼少の頃、まさにカープの黄金期でした。「赤ヘル軍団」という言葉が懐かしく感じます。1975年、カープが球団創設25年でリーグ初優勝へ導いた古葉さんは、ドリヨシにとっては超レジェンドですね。

古葉さんは野球に関しては一切妥協しない、徹底した指導を選手にしていました。厳しい練習の毎日を積み重ね、試合中でも選手がミスをすると、その選手にケリを入れていたのは有名な話ですね。しかし、古葉さんはただケリを入れていたのではなかったのです。試合以外の時間では、逆にそんな選手や不調な選手を労い、励ますという気配りをされていたそうです。古葉さんは選手一人一人の事から、チーム全体の事まで真剣に考えておられたのがわかります。いつからか、「古葉さんを胴上げしよう」と、チーム全体が一丸になってきました。

この古葉さんと選手の信頼関係が、強いカープを作り上げたのだと思います。
1979年、1980年、1984年とカープを3回日本一に導いています。日本一になった監督は古葉さんだけなんです。

来年3月にカープOBの試合がマツダスタジアムで開催されますが、古葉さんも「絶対に行く」と言われていたそうです。しかし、それが叶わず、残念です。
先月、11月12日にお亡くなりになりました。ドリヨシも訃報を聞いた時、しばらくは受け入れられませんでした。
慎んでご冥福をお祈りいたします。

2021年12月29日

石原選手がソフトバンクの甲斐選手と合同自主トレに参加!

ishihara.jpg

広島・石原 菊池涼の仲介でソフトB甲斐と合同自主トレ「まず捕手としてのこと」

12/29(水) 6:30
配信
デイリースポーツ

 “甲斐塾”入門が決まった石原

 広島の石原貴規捕手(23)が28日、来年1月にソフトバンク・甲斐と大分で合同自主トレすることを明かした。菊池涼を介して実現した初めての弟子入り。“甲斐キャノン”に代表される球界屈指の捕手から守備の極意を学び、来季の飛躍につなげていく。

 上向きの成長曲線を描くためのまたとないチャンスだ。来年1月にソフトバンク・甲斐との合同自主トレが実現した石原は、目を輝かせて力を込めた。技術、考え方、練習への取り組み方…。全てを学び取る構えを言葉に変えた。

 「キク(菊池涼)さんに紹介していただいた。まず捕手としてのことが一番。スローイング、ブロッキング、技術、リードなりを聞きたいです」

 2年目の今季にプロ初出場。終盤での“抑え捕手”など60試合に出場し、首脳陣からは守備力を評価された。

 甲斐は東京五輪で正捕手として悲願の金メダル獲得に貢献した。能力や経験値は球界屈指。自身の長所をさらに伸ばすために教えを請う。

 今季の守備率は10割。捕逸は1つながら決して満足していない。盗塁は企図14に対して2度しか刺せず、阻止率は・143にとどまった。一方、甲斐はリーグトップの・452。甲斐キャノンを武器に相手の攻撃を断ち、流れを呼び込んできた。

 「捕れるボールはちゃんと捕る。捕れないボールは止める。そこも聞けたらなと思う」。ワンバウンドを捕球する際のミットの出し方や、スローイングの正確性を高めるための投げ方などを学び、盗塁阻止率アップへつなげていく。

 打者を抑えるのは投手との共同作業。思いや考え方が一致しなければならない。「接し方じゃないですけど、立ち振る舞いとか、そういうところも見たり聞いたりしたい」。信頼関係を築くための心構えについても助言を求めていく。

 スタメン争いは激しい。今季、故障で2度戦線を離脱し、70試合出場にとどまった会沢は巻き返しを図る。坂倉はリーグ2位の打率・315を残し、来季の正捕手奪取に燃える。2人に負けじと存在感を示すには、攻守両面で大きなアピールが求められる。

 合同自主トレには自身のほかにソフトバンク・海野、ヤクルト・嶋、巨人・山瀬、楽天・石原彪と江川、DeNA・東妻の計8捕手が参加する。甲斐の故郷である大分で過ごす約3週間。実り多き時間にする。


ドリヨシは石原選手は特に期待しているキャッチャーです。守備の技術面では、キャッチングやスローイングが非常に上手いと思います。あとはピッチャーをいかに上手くリードするかが課題かなと思います。バッティングは思い切りのいいスイングは気持ちがいいですね。バッティングの確実性を上げていけば、レギュラーとして起用しても面白いと思います。

自主トレで「甲斐塾」に入門しますが、特に「甲斐キャノン」と言われているキャッチからスローイングへのあの素早さを習得して欲しいですね。

カープは正捕手争いがかなりし烈になっていますが、ドリヨシ的には會澤選手の後継者としては、石原選手を正捕手に推します。坂倉選手と中村奨成選手は他のポジションを務めながら、正捕手を補完する役割を果たしていけたらいいなと思います。

自主トレから帰って来た石原選手が楽しみです。
posted by ドリヨシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手

独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

┏ ★緊急告知★ ━━━━━━━━━━┓
┃   とにかく早い者勝ち!    ┃
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U7XM0+CIP6HM+50+2HENWZ   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



posted by ドリヨシ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝