アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(220)
広告(4884)
選手(1129)
プロ野球(188)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(74)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(55)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2019年12月31日

今年一年「真っ赤なドリヨシ」をご愛読いただき、ありがとうございました。

20191123-00000170-spnannex-000-8-view.jpg

2019年も、「真っ赤なドリヨシ」をご愛読いただき、ありがとうございました。今年の広島東洋カープは残念ながらリーグ4位という成績に終わってしまいました。今年も「1勝」の重みをまざまざと感じたシーズンでもありました。

来季は佐々岡監督の下、コーチ、選手、スタッフ一丸で戦ってくれるものと期待しています。ドリヨシは来年2020年も広島東洋カープを追いかけ、応援していきますので、どうか変わらねご愛読をよろしくお願いいたします。皆様、良いお年をお迎えください。

2019年広島東洋カープ10大ニュース!

20191230-00649599-fullcount-000-1-view.jpg

4年ぶりBクラス、鈴木&大瀬良が活躍、ドーピング騒動も… 2019年の広島10大ニュース
12/30(月) 20:00配信

鈴木誠也は2冠、オフには結婚を発表と公私ともに充実の1年に

広島・大瀬良大地(左)と鈴木誠也【写真:荒川祐史】

 昨季までセ・リーグ3連覇を果たしていた広島。4年連続Vを狙った今季は4シーズンぶりのBクラスと悔しい結果に終わった。振り返れば、悪い事だけでなく、良かった時期や活躍した選手も多かった。5シーズンを率いた緒方孝市監督の最後のシーズンはどんな1年間になったのか。2019年の広島10大ニュースを振り返る。

○4連覇逃し、4シーズンぶりBクラス転落

 5月は11日のDeNA戦から11連勝、さらに28日のヤクルト戦から再び連勝し、月間20勝3敗1分と驚異の数字を残した。月間20勝以上は2002年8月の西武以来、プロ野球8度目、セ・リーグ5度目だった。だが、交流戦は5勝12敗で最下位となり、失速。丸佳浩外野手の移籍や田中広輔内野手、松山竜平外野手、中崎翔太投手らの不振もあり、4シーズンぶりのBクラスに沈んだ。

○鈴木誠也、首位打者&最高出塁率&通算100本塁打

 オフには野球日本代表「侍ジャパン」の4番として世界一になった鈴木。広島の4番としては140試合に出場し、打率.335、28本塁打87打点、167安打、25盗塁とキャリアハイを更新する活躍を見せた。首位打者に加え、最高出塁率.453を記録した。オフには結婚も発表し、公私共に充実の1年となった。

○大瀬良が6完投&3年連続2桁勝利

 今季はリーグ最多の6完投、同2位の173回1/3を投げ、11勝9敗、防御率3.53の好成績を残した。2桁勝利は3年連続。またヤクルト戦ではプロ入り1年目から無傷の12連勝まで伸ばし、リーグ記録を更新した。大瀬良も1月に結婚を発表しており、オフには結婚式を行った。

○バティスタがドーピング違反で出場停止

 8月17日にドーピング検査で陽性となったことを球団が発表、処分は6か月間の出場停止となった。今季は103試合に出場し、打率.269、26本塁打64打点、100安打といずれもキャリアハイの成績を残していたこともあり、終盤戦に大きな戦力ダウンとなった。

○西川龍馬が27試合連続安打

 27試合連続は球団2位の記録。また7月には21日の巨人戦、24日の中日戦、27日の中日戦、31日の巨人戦で初回先頭打者本塁打を放った。4カード連続で初回先頭弾が出るのはプロ野球史上初の記録。

永川と赤松が引退、緒方監督が退任し佐々岡新監督に

○永川勝浩投手と赤松真人外野手が引退、ともにコーチに就任

 通算165セーブを挙げるなど守護神として活躍した永川と、2017年に胃がんの手術を受け、昨年実戦復帰を果たした赤松が現役を引退。来季からはコーチとしてカープをバックアップしていく。永川は2002年に自由枠で入団し通算527試合に登板し38勝42敗、165セーブ79ホールド、防御率3.46をマーク。赤松は2004年にドラフト6巡目で阪神に入団。2008年1月にFA移籍した新井の人的補償としてカープに移籍。通算868試合に出場し打率.249、21本塁打、144打点、136盗塁をマーク。2010年にはゴールデングラブ賞を獲得した。

○田中広輔内野手の連続フルイニング出場試合記録が止まる

 リードオフマンとしてチームをけん引してきた田中が打撃不振で、6月20日のロッテ戦でスタメン落ち。2015年4月1日のDeNA戦から続けてきたフルイニング出場が、635試合で途絶えた。代打で出場し連続試合出場は継続したが、21日のオリックス戦に欠場し、そちらも636試合でストップ。2軍落ちもあり、ルーキーの小園海斗内野手が遊撃のポジションに就くことも多かった。

○緒方孝市監督が退任&佐々岡真司監督就任

 4位に沈んだ今季終了後、緒方監督から退団を申し入れ受理された。緒方監督は1986年にドラフト3位で広島に入団し、2009年まで23年間、広島一筋でプレー。引退後も球団に残ってコーチを務め、2015年から監督に就任。球団史上初の3連覇を達成するなど、4年間の通算成績は715試合で398勝303敗14分、勝率.568。今季投手コーチの佐々岡氏が新監督に就任している。

○菊池涼介内野手が米挑戦も断念、広島と再契約

 ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を表明していた菊池だが、期限を待たず、広島残留を表明した。今季は138試合に出場し、打率.261、13本塁打48打点をマーク。7度目のゴールデングラブ賞を受賞しており、広島にとっては来季の大きな“補強”となった。

○明治大・森下暢仁投手をドラフト1位で獲得

 大分・大分商時代からU-18高校日本代表に選ばれた逸材で、大学4年春のリーグ戦を5季ぶりに制し、全日本大学野球選手権では38年ぶりとなる優勝を成し遂げた、最速154キロの大学NO1右腕。リーグ戦通算39試合登板し、15勝11敗、防御率2.49。当初は競合も予想されていたが、広島が一本釣りに成功。その完成度の高さから即戦力を期待されている。

Full-Count編集部

今季のカープは、攻撃力はまずまずだったと思いますが、リリーフ投手陣の不安定さが露呈されて、先攻逃げ切りという試合が出来なかったのが大きかったと思います。

昨年まではリリーフ投手陣の踏ん張りで試合後半に打線が奮起し、「逆転のカープ」と言われるほど、逆転勝ちが多かったのですが、今季は逆転負けが多かった印象があります。1試合でも勝ちを積み重ねていれば、クライマックスシリーズ進出が決定していただけに、今季4位に終わった事は、選手の皆さんにとっても、我々ファンにとってもとても悔しいシーズンになりました。

戦力的にはセ・リーグでは1番だと思います。投手陣の整備が出来れば、再びダントツでリーグ優勝可能かと思います。今年の悔しさをバネに、来季はリーグ優勝奪還と、悲願の日本一を目指して頑張って欲しいと思います。

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ



posted by ドリヨシ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年12月30日

今季オフのカープへの加入選手、退団選手。

20191230-00213778-baseballk-000-3-view.jpg

覇権奪還へ!確実に補強を進めた赤ヘル軍団 広島・2019年内の「IN/OUT」まとめ
12/30(月) 15:00配信

(写真)南アフリカ出身のスコットはNPB初のアフリカ出身選手に

◆ 助っ投を入れ替え

 リーグ4連覇を目指した今季は、丸佳浩が移籍した巨人の後塵を拝した広島。最後の最後でCS進出も逃し、緒方孝市監督が責任をとる形で辞任した。来季は佐々岡真司新監督のもと巻き返しを図る。

 セ・リーグでは巨人以外で初の3連覇を成し遂げ、“黄金時代”到来とも言われていたカープ。そのチームを支えてきた男たちに今季も退団の可能性があったが、国内FA権を取得していた會澤翼と、メジャー移籍を目指していた菊池涼介がともに残留決定。レギュラークラスで大きな戦力ダウンは免れた。

 ストーブリーグで動いたのは外国人投手の入れ替え。不振に終わったローレンス、ヘルウェグに加え、前半戦で好投を見せていた左腕・レグナルトも退団。代わりに迎えたのがメジャー経験のあるDJ・ジョンソン、テイラー・スコットという2人のパワーピッチャーだ。ともに身長190センチ以上で最速150キロオーバーの速球を投げ込む巨漢のリリーバー。課題のブルペン強化を的確に進めた。

 ドラフトでは大学球界ナンバーワンとの呼び声高かった森下暢仁(明治大)を一巡目で一本釣り。三巡目以降で高卒選手の有望株を獲得し、ドラフトでも計画的に新戦力確保を実行した。

 また、補強ではないが、不振に喘いだ田中広輔は8月に右ひざの手術に踏み切り、早々に2019年シーズンを終了。これも来季の開幕へ向けた準備と、前向きにとらえたい。屈辱の2019年シーズンを経て覇権奪還へ、来季は新生・赤ヘル軍団に注目だ。


◆ 2019年内のIN/OUTまとめ

【IN】

▼ 補強
<投手>
DJ・ジョンソン
テイラー・スコット

<外野手>
ホセ・ピレラ

▼ ドラフト
<投手>
森下暢仁(1位/明治大)
鈴木寛人(3位/霞ケ浦高)
玉村昇悟(6位/丹生高)
畝 章真(育3位/香川オリーブガイナーズ)

<捕手>
石原貴規(5位/天理大)
持丸泰輝(育1位/旭川大高)

<内野手>
韮澤雄也(4位/花咲徳栄高)

<外野手>
宇草孔基(2位/法政大)
木下元秀(育2位/敦賀気比高)


【OUT】

▼ 現役引退
永川勝浩
赤松真人

▼ 自由契約
<投手>
横山弘樹 ⇒ 現役引退
飯田哲矢 ⇒ 現役引退
カイル・レグナルト
ジョニー・ヘルウェグ
長井良太
ケーシー・ローレンス

<捕手>
船越涼太

<内野手>
庄司隼人 ⇒ 現役引退
フアン・サンタナ

<外野手>
岩本貴裕 ⇒ 現役引退

BASEBALL KING

加入選手では、やはり助っ人外国人に注目ですね。投手ではDJ・ジョンソン投手とスコット投手ですね。中崎投手やフランスア投手との兼ね合いもありますが、両投手共にセットアッパーまたは抑えに起用出来る実力があるようです。少なくとも、6回以降のリリーフ投手陣は充実するのは間違いないですね。

外国人野手ではピレラ選手が加入します。メジャー時代の打撃の動画を見ましたが、中距離ヒッターという印象があります。非常にシャープなバッティングで、右に左に打ち分けています。日本の変化球多彩なピッチャーに対応出来れば、ある程度の率を残せるのではないかと期待しています。

ドラフトでは、何と言っても1位の森下投手ですね。キレのいいストレートと、鋭い変化球で相手バッターを打ち取るピッチングは魅力的です。順調にいけば来季の先発ローテーションの一角を担える逸材です。森下投手がブレイクすれば、来季の先発投手陣はかなり充実してきます。リリーフ陣との連繋がしっかりすれば、12球団トップの防御率も夢ではないと思います。今年のドラフトも、ポテンシャルの高い選手をうまく獲得できたので、数年後の戦力も楽しみです。

いずれにせよ、来季リーグ優勝を奪還するため、さらには悲願の日本一に輝く為には、いい感じで補強できたのではないでしょうか。野村投手、會澤選手、菊池涼介選手もカープに残留してくれたのもかなり大きいと感じています。

2月1日のキャンプインが楽しみでなりません。

独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
   世界にたった1つ、あなただけのドメインを登録しよう!   
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U7XM0+CIP6HM+50+2HF3CJ
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



posted by ドリヨシ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2019年12月29日

菊池涼介選手のメジャー断念をアメリカメディアが分析。

20191229-00648093-fullcount-000-5-view.jpg

広島菊池涼の米移籍断念を米メディア分析「MLBレベルの守備力を持っているが…」

12/29(日) 11:02配信

米メディア「ブリーチャー・ネーション」が広島菊池涼のカープ残留を紹介した

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

 ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手のカープ残留が決まった。米メディア「ブリーチャー・ネーション」は、今オフの移籍市場を紹介する中で菊池がメジャー移籍を断念したことについても言及している。

 菊池涼は2011年ドラフト2位で広島入りし、13年にレギュラーに定着。同年から今季まで7年連続でゴールデングラブ賞を受賞するなど、球界を代表する二塁手として16年からのリーグ3連覇に貢献した。また、17年WBC、19年プレミア12に出場するなど国際経験も豊富。来夏の東京五輪でも主力として期待される。 

 守備力の高さは認められていたが、打撃を課題視され、FA市場にはブライアン・ドジャー、スターリン・カストロら二塁手が多かった。同メディアは「キクチは明らかに二塁手としてメジャーリーグレベルの守備力を持っているが、打撃はNPBでも大きく平均を下回っていた。つまり、MLBではせいぜい守備専門のベンチ要員であり、そのようなタイプの選手の需要は、特にメジャー契約(+ポスティング費用)では、ほぼ存在しない」と厳しく指摘した。

Full-Count編集部

やはりメジャーの目は厳しいようですね。菊池涼介選手の守備は十分メジャークラスではあっても、打撃に問題ありと分析しています。ドリヨシは、菊池選手のバッティングはこんなものではないと考えています。2016年、カープが25年ぶりのリーグ優勝をした年は、菊池選手はリーグ最多安打と最多犠打を記録しました。あのシーズンは特に右方向へ押っつけるバッティングが素晴らしく、ヒットを広角に放っていました。あの頃のバッティングが復活すれば、打者としての菊池涼介選手が光り輝くのではないかと思います。

メジャーの夢は叶わなかったですが、我々カープファンがついています。36年成し遂げていない、日本シリーズを制覇しての日本一という栄冠を勝ち取るために、菊池涼介選手はさらに光り輝くと期待しています。
posted by ドリヨシ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝