アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(220)
広告(4884)
選手(1129)
プロ野球(188)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(74)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(55)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

4回戦@マツダ 広島1−7阪神 床田投手制球乱れ6回3失点で2敗目。秋山選手の先頭打者弾も空砲。再び借金生活に。

1000003364.jpg

【広島】秋山翔吾が5年ぶり初回先頭弾も逆転負け…4番打者が本塁打ゼロのまま4月終了は球団9年ぶり


4/30(火) 21:02配信


スポーツ報知

4回、無死満塁のピンチに、床田(中央)の周りに集まる広島ナイン(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島1―7阪神(30日・マツダスタジアム)

 広島は、逆転負けで阪神戦の3連勝と4月4日以来の貯金生活を逃した。2引き分けを挟んで3連勝中だったマツダスタジアムでは、4月7日の中日戦以来の6戦ぶり敗戦で借金1に逆戻りした。

 昨季からポストシーズンを含めて4連敗中だった昨季のMVP右腕・村上に対し、秋山が西武時代の19年7月27日以来5年ぶり2度目の初回先頭打者初球本塁打を浴びせた。9日の敵地戦は7回2安打で1点も奪えていなかった。難敵右腕から幸先良く先取点を奪ったものの、結果的に完投勝利を許した。

 先発の床田は、制球に苦しんだ。2回1死からの四球を起点に同点に追い付かれ、4回と6回は、ともに先頭四球から勝ち越しと追加点を奪われた。今季は1試合2四球が最多だったが、この日は申告敬遠2つを含めて6四死球は、19年5月3日の巨人戦、同10日のDeNA戦の自己ワースト5四死球を更新。6回3失点で今季2敗目を喫し、試合前まで0・93だった防御率は1・54となり、リーグトップから陥落した。

 ビハインド場面で登板したリリーフ陣も踏ん張れず、2番手・益田は2/3回で2安打2四球で3失点。9回に登板した4番手・森浦は無四球だったが、3投手で計10四死球は19日の巨人戦の7四死球を上回る今季ワーストとなった。

 4月最終戦を白星で飾れず、借金1で首位・阪神まで3・5ゲーム差の4位で4月が終了。新井監督1年目の昨季は首位まで4・5差の3位で4月を終えていた。また開幕から24試合を終え、12球団で唯一、堂林が最多19試合で座った4番打者に本塁打が出ていない。球団では、主にグスマンと新井監督が座った2015年以来に4番打者が0本塁打という状況で4月を終えた。

報知新聞社






今日は床田投手を立てた試合なので、絶対に勝たなくてはならなかったのですが、その床田投手が制球を乱して落としてしまいました。非常に残念です。しかしながら、打線は情けないですね。

前日の雨天中止の大瀬良投手はスライドしませんでした。先発の床田投手は今季5度目の登板で、試合前まで2勝1敗、防御率0.93。今季の阪神戦は4月9日(甲子園)で7回を8安打、阪神近本選手に許したタイムリーの1失点(自責1)で負け投手になっていました。

床田投手は1回表、阪神近本選手をピッチャーゴロ、中野選手をレフトフライ、森下選手もレフトフライとわずか10球で抑えました。

スタメンは1番センター秋山選手、2番ライト野間選手、3番サード小園選手、4番ファースト松山選手、5番キャッチャー坂倉選手、6番レフト宇草選手、7番ショート矢野選手、8番セカンド菊池選手、9番ピッチャー床田投手と菊池選手以外、左打者を並べました。

阪神の先発の村上投手に1回裏、秋山選手が初球のストレートを叩き、右中間スタンドへ1号ソロを運び1−0と先制しました。秋山選手の先頭打者本塁打は西武時代の2019年8月4日のオリックス戦以来、5年ぶり自身22本目でプレーボール弾は2本目でした。

野間選手のセンター前ヒット、小園選手のセカンドゴロを阪神中野選手が失策しノーアウト1、2塁とするも松山選手はレフトフライ、坂倉選手は空振り三振、宇草選手はピッチャーゴロで追加点を奪えませんでした。ここが今日の試合のポイントだったと思います。ここでもう1、2点取れていたら、流れがカープにグッと来ていたはずです。

床田投手は2回表1アウトから阪神ノイジー選手に四球、佐藤選手にファーストゴロで2アウト2塁から阪神坂本選手にセンター前へタイムリーを運ばれ、1−1の同点に追いつかれました。阪神ノイジー選手に与えたムダな四球が痛かったですね。

床田投手は4回表、先頭の阪神大山選手に四球、ノイジー選手にレフト前ヒット、佐藤選手に死球でノーアウト満塁満塁の大ピンチを招きました。続く阪神坂本選手のセカンドゴロ併殺打間に1−2と勝ち越されました。ここでも先頭の阪神大山選手へのムダな四球が痛かったですね。

打線は5回裏、先頭の床田投手がレフト前ヒットも秋山選手はライトフライ、野間選手はセカンドゴロ併殺打とつながりを欠きました。床田投手は6回表、先頭の大山選手に再び四球、ノイジー選手にセンター前ヒット、佐藤選手のセカンドゴロで1アウト1、3塁に。続く阪神坂本選手にライトへ犠牲フライを打たれ1−3となり、四球が全て失点につなががりました。

床田投手は6回を109球、4安打6四死球1奪三振の3失点(自責3)で2敗目(2勝)でした。床田投手らしくない、ムダな四球が目立ちました。ドリヨシ的には、床田投手だけの問題ではないように思います。坂倉選手のリードにも責任があるように感じます。今日の試合、阪神が村上投手だっただけに、守備力重視でスタメンを組むべきだったのではないでしょうか。その観点からいくと、キャッチャーは會澤選手がベストだったように思いました、

7回表は2番手の益田投手が1アウトから阪神中野選手にツーベース、森下選手に死球、大山選手に四球で1アウト満塁とすると阪神ノイジー選手にレフトへタイムリーを弾き返され、1−4。なお1アウト満塁で阪神佐藤選手のファーストゴロの間に1点を失い1−5、代わった黒原投手は阪神坂本選手にレフトへタイムリーを打ち返され、1−6と大量リードを奪われました。益田投手は素晴らしい球を持っていながら、十分に生かす事が出来ていません。キャッチャーのリードにも問題がありますし、益田投手自身、肝がすわっているかどうかにも問題がありそうです。先日の中日戦でもありましたが、独り相撲を取って、自ら自身を苦しめる形になっています。

9回表は4番手の森浦投手が阪神ノイジー選手、佐藤選手に連打され1アウト1、3塁から阪神木浪選手のセカンドゴロの間に1点を失い1−7となりました。

打線は6回以降は散発3安打に終わりました。

結局阪神村上投手に完投を許してしまいました。もう左打者をズラリと並べるのはやめましょう。まず、坂倉選手の5番スタメンには疑問があります。打率が2割に満たない打者が5番を張っても恐ろしくはありません。また、打撃が不振であるが故に、リード面やセービングの面がしっかり出来ていません。坂倉選手は1度ファームで調整すべきだと思います。代わりに磯村選手を昇格させた方がいいでしょう。

また、松山選手はスタメンで起用すべきではありません。代打の切り札として起用する方が、相手チームにとっては脅威だと思います。そして、菊池選手はやはり2番で起用すべきです。その方が菊池選手のモチベーションが上がりますし、役割がハッキリしていて、菊池選手が次の打者へつなぐのに必死になると思われます。

あとは、チーム内の厳しさがないように感じます。プロの世界ですから、アメとムチをしっかり使わないと、チーム内に良い緊張感がなくなるような気がします。今はアメとアメのような気がしてなりません。

今日の敗戦でチームは10勝11敗3分けで、再び借金生活に突入しました。阪神が1つ抜け出しかけていますので、何としてもストップをかけなくてはなりません。明日のカープの先発は大瀬良投手です。前回読売戦では降雨コールドとなった試合でしたが、5回無失点の好投でした。阪神は伊藤投手です。また天敵です。大瀬良投手がどれだけ我慢できるかがカギになりそうです。

「ロリポップ!」レンタルサーバー

充実のサポート体制で初心者でも安心!月額99円(税抜)から始められる。レンタルサーバーなら【ロリポップ!】https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQD+2DRYY+348+61C2R



posted by ドリヨシ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

今日の広島−阪神4回戦は雨天中止となりました。

mazda.jpg

更新日:2024.04.29

4月29日(月・祝)阪神戦 雨天中止のお知らせ

本日4月29日(月・祝)、マツダ スタジアムで開催を予定しておりました対阪神戦は、雨天のため中止となりました。

入場券の払戻しは、本日より5月6日(月・休)まで球場入場券売場にて行います。

なお、この試合の振替試合は未定です。決定次第お知らせいたします。






今日、マツダスタジアムで予定されていた広島−阪神4回戦は雨天中止となりました。これで今季中止は3試合目となり、ヤクルト戦2試合、阪神戦1試合が流れた事になります。

明日以降の日程は、明日あさってはマツダスタジアムで阪神との2連戦、1日置いて5月3日からマツダスタジアムでDeNAとの3連戦、そして移動日なしで6日から甲子園で阪神との3連戦です。この期間、8試合のうち阪神戦が5試合あります。この5試合の戦い方でカープが上位へ食い込めるかどうかかなりカギになりそうです。明日あさっては何としても連勝し、敵地甲子園で2勝1敗でクリアできれば、首位も伺えるのではないかと思います。

シーズン序盤の大事なGWのカープの戦いに、目が離せませんね。

2024年04月28日

5回戦@バンテリンドーム 広島0−0中日(延長12回規定により引き分け) 九里投手7回無失点好投も援護なく今季初勝利ならず。リリーフ陣が最終盤に再三のサヨナラのピンチをしのぐ。

1000003362.jpg

広島 リリーフ陣が再三のサヨナラのピンチを切り抜ける 延長10回は2死満塁、11回は1死満塁を無失点


4/28(日) 21:10配信


スポニチアネックス

<中・広>4番手で力投する矢崎(撮影・椎名 航)

 ◇セ・リーグ 広島0―0中日(2024年4月28日 バンテリンD)

 プロ野球史上初となる月間3度目の0―0引き分け。広島は救援陣が粘りに粘って中日打線に得点を許さなかった。

 延長10回に登板した4番手の矢崎は先頭の村松にいきなりストレートの四球。さらに代打・石川昂の左前打で無死一、二塁とされた。相手の送りバント失敗などもあり、最後は2死満塁で代打・宇佐見を二ゴロに抑えてピンチを脱出。「どうせやられたら終わりなので、普通に打者と勝負する感じだった」と振り返った。

 続く延長11回は森原がマウンドに上がるも、味方失策も絡んで1死満塁と再びサヨナラのピンチ。ここで石川昂を二飛、岡林を二ゴロと踏ん張り「1点取られたら負け。開き直って腕を振った」と胸を張った。






7回まで広島九里投手、中日高橋宏斗投手の投げ合いで、スコアボードにゼロを並べる好投を見せました。

九里投手は2回裏、先頭の中日中田選手を四球で歩かせましたが、中日細川選手を併殺打に打ち取りました。3回裏は2アウト2塁のピンチを招きましたが、中日田中選手をショートゴロに抑えました。

5回裏は先頭の中日上林選手にこの日2つ目の四球を与え、1アウト2塁としましたが、後続を断ちました。

6回裏、7回裏も得点圏にランナーを背負いましたが、あと1本を許さない粘りのピッチングで試合を作りました。8回表の打席で代打の田村選手か送られ、降板となりました。

今季は九里投手は自身初の開幕投手を務めましたが、未だに勝ちがありません。今日も好投しましたが、白星をつかむことは出来ませんでした。九里投手は相手チームの先発投手がエース級なので、なかなか打線の援護がありません。

九里投手にはこれに腐ることなく、淡々とレベルアップを図り、相手チームに恐れることなく、頑張って欲しいと思います。

試合は延長戦に入りましたが、両チーム決定打に欠き、スコアレスドローとなりました。

10回裏はノーアウト1、2塁とされましたが、相手の送りバント失敗にも助けられて、ピンチを脱しました。

11回裏は森浦投手がマウンドに上がりました。小園選手の失策も絡んで1アウト満塁とサヨナラのピンチを招きましたが、中日石川選手をセカンドフライ、岡林選手をセカンドゴロと踏ん張り、ピンチを脱しました。

延長戦での中日の勢いを考えると、サヨナラ負けやむなしかと思われましたが、リリーフ陣が驚異的な踏ん張りを見せて、なんとかドローに持ち込む事が出来ました。ドリヨシ的には価値ある引き分けだったと思います。

チームは10勝10敗3分けの4位で、首位阪神と2.5ゲーム差です。明日からはマツダスタジアムでその首位阪神との3連戦です。明日のカープの先発は大瀬良投手です。前回読売戦では5回無失点の粘投でした。明日は是非今季初勝利を挙げたいところです。阪神は西勇輝投手です。前回読売戦では8回1失点と好投しています。明日は大瀬良投手の出来如何で試合が決まると言っていいと思います。先制点を与えないように、どこまで我慢できるかですね。

2024年04月27日

4回戦@バンテリンドーム 広島6−4中日 宇草選手先制2ラン!小園選手3打点!森下投手7回1失点で2勝目!チームは5割復帰で3位浮上!

1000003361.jpg

広島が快勝で勝率5割復帰!絶好調の宇草がまた打った!3号決勝2ラン 森下が7回5安打1失点の好投

4/27(土) 17:25配信

デイリースポーツ

 2回、右越え2ランを放った宇草は森下らと笑顔でタッチを交わす(撮影・市尻達拡)

 「中日4−6広島」(27日、バンテリンドーム)

 広島が快勝し、勝率を5割に戻した。

 打線は二回1死一塁から、宇草が右翼席最前列に飛び込む3号2ランを放ち、先制に成功。22年にマークしたキャリアハイの4本塁打にはやくもあと1本に迫った。

 四回は1死満塁で、矢野が中前に落ちる打球を放ち(二塁走者が三塁でアウトになり、記録は中ゴロ)、1点を追加。七回には2死満塁から小園が2点適時右前打を放ち、リードをさらに広げた。

 先発の森下は2点リードの二回、上林にソロを浴びるも、その後は安定感のある投球を披露。七回は1死一、三塁のピンチを招くも、村松、福永を連続空振り三振。グラブを大きくたたくガッツポーズを見せた。ここで降板となった森下は7回5安打1失点の好投。今季2勝目を手にした。






今日は投打ががっちり噛み合い、鬼門のバンテリンドームで中日に勝ちました。前回のカード、マツダスタジアムで3タテされているので、今回はそのリベンジを果たさなければなりませんが、まずは勝てて良かったです。

スタメンは坂倉選手が4番ファーストで堂林選手はベンチ、宇草選手が6番レフト、キャッチャーは會澤選手で8番に入りました。

1回表、中日の先発の梅津投手に秋山選手がレフト前ヒットも菊池選手がショートゴロ併殺打でチャンスを広げれられませんでした。

先発の森下投手は今季3度目の登板で、試合前まで1勝0敗、防御率2.19。今季中日戦は初登板で、昨年の中日戦は4試合に先発し2勝2敗、防御率2.48でした。

森下投手は1回裏、中日岡林選手をショートゴロ、田中選手をセカンドゴロ、カリステ選手にライト前ヒットも中田選手を空振り三振に仕留めました。

2回表の攻撃で先頭の坂倉選手が四球、1アウト後に宇草選手がライトスタンドへ3号2ランを放り込み2−0と先制しました。宇草選手の打撃は確かに昨年とは違いますね。スイングが波打たなくなり、最短距離でボールとコンタクト出来ています。全くムダがありません。この宇草選手の好調な打撃は偶然ではありません。今季もしかしたらカープがリーグ優勝する上でのキーマンになるかもしれません。

しかし、森下投手は2回裏1アウトから中日上林選手に移籍初の1号ソロをライトスタンドへ運ばれ、2−1と1点差に迫られました。

4回表の攻撃で坂倉選手のレフト前ヒット、小園選手の四球、宇草選手は空振り三振、會澤選手のレフト前ヒットで1アウト満塁の追加点のチャンスで矢野選手がセンター前に落とし、3−1としました。この矢野選手のタイムリー(記録上はセンターゴロ)は貴重でしたね。

森下投手は4回裏に先頭の中日中田選手に内野安打も細川選手を見逃し三振、上林選手をサードゴロ、木下選手をセンターフライに打ち取り、5回裏は中日村松選手、代打の石川選手、岡林選手を三者凡退に抑えました。

打線は6回表に小園選手のヒット、宇草選手の死球でノーアウト1、2塁とするも會澤選手がライトフライ、タッチアップで3塁を狙った小園選手が憤死し、チャンスを潰しました。

しかし、7回表の攻撃で2アウトから菊池選手のサードゴロを中日カリステ選手が悪送球、野間選手のライト前ヒット、坂倉選手の四球で満塁とすると小園選手がライトへ2点タイムリーを弾き返し、5−1とリードを広げました。相手のミスに乗じて点を取る野球はまさにカープの真骨頂ですね。

森下投手は7回裏、中日細川選手に四球、上林選手にヒットでノーアウト1、2塁から中日木下選手をライトフライ、村松選手を三振、代打の福永選手を空振り三振に取りました。森下投手は7回を投げ5安打1四球6奪三振の1失点(自責1)で2勝目を挙げました。ドリヨシが昨日予想した通り、1失点で中日打線を抑えた事で、カープに勝機がグンと高くなりました。森下投手も右肘の状態も問題なさそうなので、今季もしっかり先発ローテーションの柱の1人として活躍してくれそうです。

8回裏は2番手の益田投手が2アウトから中日カリステ選手にレフトスタンドへ2号ソロを運ばれ、中田選手にヒット、さらに細川選手にリーグトップタイの5号2ランを逆方向のライトスタンドへ飛ばされ5−4と1点差に迫られました。ドリヨシ的には、このイニングの2本のホームランは出会い頭の事故みたいなものだと思いますので、益田投手には気持ちを切り替えて次の登板に向けて準備をして欲しいと思います。強いて言うならば、球が少し高かったかなというところでしょうか。

ここで島内投手に代わり、中日上林選手をセカンドフライに打ち取りました。

直後の9回表の攻撃で2アウトから坂倉選手が四球で代走に羽月選手が入りました。続く小園選手がライト線にタイムリー2ベースを飛ばし貴重な加点で6−4としました。この攻撃も鮮やかでした。羽月選手の俊足がフルに生かされた得点で、これもカープの真骨頂ですね。

9回裏は前回登板でヤクルトサンタナ選手にサヨナラホームランを浴びた栗林投手が登板し、代打の中日大島選手をピッチャーゴロ、村松選手をショートフライ、代打の宇佐見選手を見逃し三振の3人で締めて6セーブ目をマークしました。島内投手も栗林投手もおとといのヤクルト戦で失点していただけに、今日無失点で抑えてまずは落ち着きを取り戻したと思います。

チームは10勝10敗2分けの勝率5割に戻し、中日と同率の3位タイに浮上しました。さあ、鯉のぼりの季節になってきましたので、これから連勝街道を爆進しましょう。

明日も中日戦です。明日のカープの先発は九里投手です。前回の読売戦では6回2安打無失点の好投を見せています。前回の中日戦では8回1失点ながら敗戦投手となっているだけに、明日はリベンジに燃えていると思います。中日は高橋宏斗投手です。今季初登板になります。2軍では4試合に登板して防御率0.93をマークしています。明日はロースコアのタフな試合になりそうですが、カープの泥臭い野球で勝利を挙げて広島に帰ってきて欲しいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝