アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(216)
広告(4838)
選手(1121)
プロ野球(186)
その他(339)
球団ニュース(320)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(48)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年06月(38)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

4回戦@マツダ 広島1−7阪神 床田投手制球乱れ6回3失点で2敗目。秋山選手の先頭打者弾も空砲。再び借金生活に。

1000003364.jpg

【広島】秋山翔吾が5年ぶり初回先頭弾も逆転負け…4番打者が本塁打ゼロのまま4月終了は球団9年ぶり


4/30(火) 21:02配信


スポーツ報知

4回、無死満塁のピンチに、床田(中央)の周りに集まる広島ナイン(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島1―7阪神(30日・マツダスタジアム)

 広島は、逆転負けで阪神戦の3連勝と4月4日以来の貯金生活を逃した。2引き分けを挟んで3連勝中だったマツダスタジアムでは、4月7日の中日戦以来の6戦ぶり敗戦で借金1に逆戻りした。

 昨季からポストシーズンを含めて4連敗中だった昨季のMVP右腕・村上に対し、秋山が西武時代の19年7月27日以来5年ぶり2度目の初回先頭打者初球本塁打を浴びせた。9日の敵地戦は7回2安打で1点も奪えていなかった。難敵右腕から幸先良く先取点を奪ったものの、結果的に完投勝利を許した。

 先発の床田は、制球に苦しんだ。2回1死からの四球を起点に同点に追い付かれ、4回と6回は、ともに先頭四球から勝ち越しと追加点を奪われた。今季は1試合2四球が最多だったが、この日は申告敬遠2つを含めて6四死球は、19年5月3日の巨人戦、同10日のDeNA戦の自己ワースト5四死球を更新。6回3失点で今季2敗目を喫し、試合前まで0・93だった防御率は1・54となり、リーグトップから陥落した。

 ビハインド場面で登板したリリーフ陣も踏ん張れず、2番手・益田は2/3回で2安打2四球で3失点。9回に登板した4番手・森浦は無四球だったが、3投手で計10四死球は19日の巨人戦の7四死球を上回る今季ワーストとなった。

 4月最終戦を白星で飾れず、借金1で首位・阪神まで3・5ゲーム差の4位で4月が終了。新井監督1年目の昨季は首位まで4・5差の3位で4月を終えていた。また開幕から24試合を終え、12球団で唯一、堂林が最多19試合で座った4番打者に本塁打が出ていない。球団では、主にグスマンと新井監督が座った2015年以来に4番打者が0本塁打という状況で4月を終えた。

報知新聞社






今日は床田投手を立てた試合なので、絶対に勝たなくてはならなかったのですが、その床田投手が制球を乱して落としてしまいました。非常に残念です。しかしながら、打線は情けないですね。

前日の雨天中止の大瀬良投手はスライドしませんでした。先発の床田投手は今季5度目の登板で、試合前まで2勝1敗、防御率0.93。今季の阪神戦は4月9日(甲子園)で7回を8安打、阪神近本選手に許したタイムリーの1失点(自責1)で負け投手になっていました。

床田投手は1回表、阪神近本選手をピッチャーゴロ、中野選手をレフトフライ、森下選手もレフトフライとわずか10球で抑えました。

スタメンは1番センター秋山選手、2番ライト野間選手、3番サード小園選手、4番ファースト松山選手、5番キャッチャー坂倉選手、6番レフト宇草選手、7番ショート矢野選手、8番セカンド菊池選手、9番ピッチャー床田投手と菊池選手以外、左打者を並べました。

阪神の先発の村上投手に1回裏、秋山選手が初球のストレートを叩き、右中間スタンドへ1号ソロを運び1−0と先制しました。秋山選手の先頭打者本塁打は西武時代の2019年8月4日のオリックス戦以来、5年ぶり自身22本目でプレーボール弾は2本目でした。

野間選手のセンター前ヒット、小園選手のセカンドゴロを阪神中野選手が失策しノーアウト1、2塁とするも松山選手はレフトフライ、坂倉選手は空振り三振、宇草選手はピッチャーゴロで追加点を奪えませんでした。ここが今日の試合のポイントだったと思います。ここでもう1、2点取れていたら、流れがカープにグッと来ていたはずです。

床田投手は2回表1アウトから阪神ノイジー選手に四球、佐藤選手にファーストゴロで2アウト2塁から阪神坂本選手にセンター前へタイムリーを運ばれ、1−1の同点に追いつかれました。阪神ノイジー選手に与えたムダな四球が痛かったですね。

床田投手は4回表、先頭の阪神大山選手に四球、ノイジー選手にレフト前ヒット、佐藤選手に死球でノーアウト満塁満塁の大ピンチを招きました。続く阪神坂本選手のセカンドゴロ併殺打間に1−2と勝ち越されました。ここでも先頭の阪神大山選手へのムダな四球が痛かったですね。

打線は5回裏、先頭の床田投手がレフト前ヒットも秋山選手はライトフライ、野間選手はセカンドゴロ併殺打とつながりを欠きました。床田投手は6回表、先頭の大山選手に再び四球、ノイジー選手にセンター前ヒット、佐藤選手のセカンドゴロで1アウト1、3塁に。続く阪神坂本選手にライトへ犠牲フライを打たれ1−3となり、四球が全て失点につなががりました。

床田投手は6回を109球、4安打6四死球1奪三振の3失点(自責3)で2敗目(2勝)でした。床田投手らしくない、ムダな四球が目立ちました。ドリヨシ的には、床田投手だけの問題ではないように思います。坂倉選手のリードにも責任があるように感じます。今日の試合、阪神が村上投手だっただけに、守備力重視でスタメンを組むべきだったのではないでしょうか。その観点からいくと、キャッチャーは會澤選手がベストだったように思いました、

7回表は2番手の益田投手が1アウトから阪神中野選手にツーベース、森下選手に死球、大山選手に四球で1アウト満塁とすると阪神ノイジー選手にレフトへタイムリーを弾き返され、1−4。なお1アウト満塁で阪神佐藤選手のファーストゴロの間に1点を失い1−5、代わった黒原投手は阪神坂本選手にレフトへタイムリーを打ち返され、1−6と大量リードを奪われました。益田投手は素晴らしい球を持っていながら、十分に生かす事が出来ていません。キャッチャーのリードにも問題がありますし、益田投手自身、肝がすわっているかどうかにも問題がありそうです。先日の中日戦でもありましたが、独り相撲を取って、自ら自身を苦しめる形になっています。

9回表は4番手の森浦投手が阪神ノイジー選手、佐藤選手に連打され1アウト1、3塁から阪神木浪選手のセカンドゴロの間に1点を失い1−7となりました。

打線は6回以降は散発3安打に終わりました。

結局阪神村上投手に完投を許してしまいました。もう左打者をズラリと並べるのはやめましょう。まず、坂倉選手の5番スタメンには疑問があります。打率が2割に満たない打者が5番を張っても恐ろしくはありません。また、打撃が不振であるが故に、リード面やセービングの面がしっかり出来ていません。坂倉選手は1度ファームで調整すべきだと思います。代わりに磯村選手を昇格させた方がいいでしょう。

また、松山選手はスタメンで起用すべきではありません。代打の切り札として起用する方が、相手チームにとっては脅威だと思います。そして、菊池選手はやはり2番で起用すべきです。その方が菊池選手のモチベーションが上がりますし、役割がハッキリしていて、菊池選手が次の打者へつなぐのに必死になると思われます。

あとは、チーム内の厳しさがないように感じます。プロの世界ですから、アメとムチをしっかり使わないと、チーム内に良い緊張感がなくなるような気がします。今はアメとアメのような気がしてなりません。

今日の敗戦でチームは10勝11敗3分けで、再び借金生活に突入しました。阪神が1つ抜け出しかけていますので、何としてもストップをかけなくてはなりません。明日のカープの先発は大瀬良投手です。前回読売戦では降雨コールドとなった試合でしたが、5回無失点の好投でした。阪神は伊藤投手です。また天敵です。大瀬良投手がどれだけ我慢できるかがカギになりそうです。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝