アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(216)
広告(4838)
選手(1121)
プロ野球(186)
その他(339)
球団ニュース(320)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(48)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年06月(38)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2024年05月31日

1回戦@みずほPayPayドーム 広島1−2福岡ソフトバンク 終盤島内投手が決勝犠飛浴びて接戦落とす。大瀬良投手7回1失点熱投もフイ。得点は菊池選手のソロ弾のみ。

1000003593.jpg

広島・島内 プロ野球タイ記録の月間12ホールド逃す 8回にマウンドへ上がり痛恨失点…

5/31(金) 21:05配信


スポニチアネックス
広島・島内

 ◇交流戦 広島1ー2ソフトバンク(2024年5月31日 みずほペイペイ)

 広島の島内颯太郎投手(27)がプロ野球タイ記録となる月間12ホールドを逃した。

 31日のソフトバンク戦で同点の8回からマウンドへ。1死から山川、近藤に連打を浴び1死一、三塁のピンチを背負い、栗原に左犠飛を許して失点した。

 五十嵐亮太(ソフトバンク)が2014年7月に記録した数字に「1」及ばず、今月の「ラストチャンス」を生かせなかった。

 チームも1ー2で敗れた。






とても悔しい敗戦となりました。先発の大瀬良投手が必死に頑張っていただけに、なんとか勝ちたかった試合でした。

打線は1回表、ソフトバンク先発のモイネロ投手に対し、2アウトランナーなしから菊池選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち、幸先良く1点先制しました。昨日ドリヨシが期待した通り、1回表に1点以上得点できたので、勝機はあると思いました。

しかし、1回裏、カープ先発の大瀬良投手に対し、先頭のソフトバンク柳町選手が打ったセカンドゴロの当たりを菊池選手が捕球して1塁へ送球したのですが、ファーストの坂倉選手が捕球ミスを犯し、出塁を許してしまいました。坂倉選手の1、2塁間のゴロの打球判断を誤って、1塁ベースカバーがバタバタになってしまいました。非常に痛かったですね。そして続くソフトバンク今宮選手に右中間を破るタイムリー2ベースを浴びて、1−1の同点とされました。坂倉選手のミスがなかったらと思わざるを得ませんね。

試合は1−1の同点のままで進みました。カープ大瀬良投手、ソフトバンクモイネロ投手の投げ合いが続きました。大瀬良投手は本当に粘りのピッチングを見せてくれました。

6回表、先頭の羽月選手がセンター前ヒットで出塁し、2盗に成功してノーアウト2塁としました。秋山選手はセカンドゴロで1アウト3塁と、勝ち越しのチャンスを迎えました。しかし、矢野選手は浅いレフトフライ、菊池選手は空振り三振に倒れ、チャンスを潰しました。

7回表は先頭の小園選手のファースト内野安打をきっかけに2アウト2塁のチャンスでしたが、宇草選手はファーストゴロに倒れ、チャンスを潰しました。

そして8回表は會澤選手のショートへの内野安打をきっかけに2アウト満塁の大チャンスでしたが、小園選手はセンターフライに倒れ、チャンスを潰しました。

チャンスの後にはピンチがあるのは野球あるあるでして、運命の8回裏を迎えます。8回裏は島内投手が登板しましたが、1アウト後、ソフトバンク山川選手にヒットで出塁され、島内投手の暴投(ドリヨシ的にはキャッチャー坂倉選手のセーブミスだと思う)で1アウト2塁に。続くソフトバンク近藤選手にセンター前ヒットを打たれ1、3塁となり、続くソフトバンク栗原選手にレフトへ犠牲フライを許し、1−2と勝ち越されました。坂倉選手のミスがなかったら、無失点で切り抜けていたかもしれません。今まで何度も言ってますが、接戦の試合では、ミスをした方が負けてしまいます。今日の試合は坂倉選手のミスで落としたと言っても過言ではないと思います。

結局1−2で惜敗でした。昨日の試合も、今日の試合も勝てた試合だっただけに、残念でなりません。

さて、明日あさってはデーゲームです。明日のカープの先発は玉村投手です。前回25日のDeNA戦では、久しぶりの1軍登板で気負ってしまったのか、3回5失点でした。明日は玉村投手らしいピッチングを期待します。ソフトバンクは大津投手です。防御率1.63で、打線はタフになりそうです。玉村投手が2点以内に抑えてくれれば、勝機はあると思います。

2024年05月30日

3回戦@マツダ 広島2−8オリックス 終盤リリーフ陣乱調で逆転負け。九里投手6回無失点粘投もフイ。連勝は5でストップ。

1000003591.jpg

広島 アンラッキー7…ブルペン陣の乱調で、まさかの5失点 連勝は5で止まる

5/30(木) 21:41配信


スポニチアネックス

<広・オ>7回途中に登板するも、制球が定まらず、四球を連発した広島・塹江 (撮影・奥 調)

 ◇交流戦 広島2ー8オリックス(2024年5月30日 マツダ)

 広島の連勝が5で止まった。

 2点リードの7回守備が分岐点だった。この回からマウンドへ上がった2番手・矢崎が3本の安打を許し、1点差に迫られた1死一、二塁で左腕の塹江がマウンドへ。しかしサウスポーはまるで制球が定まらず、西川に四球を与えたフルベースから、太田に右前適時打を浴びた。悪送球も重なり、瞬く間に3失点…。なおも森、紅林と歩かせ、満塁のピンチで後を継いだ黒原が2死満塁から押し出し四球で、さらに1点を失った。

 打線は8回裏に1死満塁とチャンスを築いたものの、代打攻勢をかけた野間、そして松山が倒れ、オリックス戦3連勝を逃した。






一言で言えば情けない試合となりました。九里投手が勝ちたい思いをピッチングに、そしてバッティングにも込めていたのですが、リリーフ投手陣の乱調で九里投手の勝ちが消えてしまいました。他のカープの選手の皆さんは一体どう思っていたのでしょうか。九里投手が不憫でなりません。

 先発の九里投手が、9番打者として2打点を挙げ、“本業”では6回無失点と粘投しながら、今季2勝目を逃しました。

 2点リードでバトンを渡した自慢の救援陣が崩れました。7回表に2番手の矢崎投手が2安打で1アウト1、3塁とされ、オリックス福田選手にライト前タイムリーを浴び、2−1に。昨季までのチームメイトのオリックス西川選手を迎えたところで3番手の塹江投手が登板しました。しかし、ストレートの四球で歩かせ、1アウト満塁からオリックス太田選手の2点タイムリーで逆転を許し、中継の乱れもあり1塁ランナーのオリックス西川選手も生還し2−4と逆転されました。なお1アウト満塁で登板した黒原投手も、2アウトから押し出し四球を与えるなど、この回は救援3投手で大量5失点しました。

 九里投手は、投打にわたって奮闘しました。2回裏1アウト1、3塁で迎えた打席の初球にセーフティースクイズ成功(記録は犠打野選と失策)で先取点を奪いました。さらに1―0の4回裏1アウト3塁からライトへの犠牲フライで貴重な追加点を奪いました。2018年と2020年にそれぞれ1打点をマークして以来の今季初打点になりました。プロ通算2打点を1試合でたたきだした形でしたが、勝利に結び付きませんでした。

 今季9戦目で待望の初勝利を手にした5月18日の読売戦(マツダ)以来、中11日のマウンドでした。1回表は1安打1失策で1アウト1、2塁としましたが、オリックス森選手、紅林選手を連続三振。2点リードとなった4回表は先頭から連打と四球でノーアウト満塁のピンチを背負いましたが、オリックス横山選手を「3―2―3」のファーストゴロ併殺打に仕留め、最後は9番のオリックス斎藤投手を空振り三振に仕留めました。6回108球を投げ、3安打3四球6奪三振で無失点という内容でした。

7回表の守備は、ちょっとした綻びから大量失点につながりました。先頭のオリックス頓宮選手のサードゴロの当たりを小園選手が処理しましたが、1塁への送球がバウンドして結果内野安打となりました。この内野安打が痛かったですね。小園選手がもっとチャージをして1塁へ送球するべきでしたね。ここをアウトにしていれば、その後の結果は変わっていたはずです。

そして、オリックス太田選手にライト前に2点タイムリーを浴びた際に、ライトの末包選手からの本塁返球をファーストの坂倉選手がカットして3塁へ送球したのですが、小園選手がプレーを見ていなかったため、送球を後逸して1塁ランナーのオリックス西川選手も生還させてしまいました。明らかに小園選手の凡ミスです。小園選手は1回表にも失策しており、ドリヨシは失望しました。あまりにも酷いですね。今日の試合は小園選手で負けたと言っても過言ではありません。

さて、明日からは福岡でソフトバンクとの3連戦です。明日のカープの先発は大瀬良投手、ソフトバンクはモイネロ投手です。2人共に防御率1点台なので、タフな投手戦が予想されます。大瀬良投手にはまず先取点を与えない事と、打線は1回表に1点以上を得点出来れば、勝機はあると思います。

今日嫌な負け方をしただけに、明日は絶対勝たなくてはなりません。

2回戦@マツダ 広島14−0オリックス 打線爆発19安打14得点!森下投手7回無失点で4勝目&タイムリー含む2安打の二刀流の活躍!5連勝で首位キープ!

1000003590.jpg

前夜セ首位に立った広島がオリックスに大勝し5連勝!! 森下は打席でも活躍し今季4勝目

5/29(水) 21:08配信


スポニチアネックス

<広・オ>6回、矢野の犠飛で生還した森下(背番18)は広島ナインに迎えられる(撮影・奥 調)

 ◇交流戦 広島14−0オリックス(2024年5月29日 マツダ)

 広島が5連勝でセ・リーグ首位を堅持した。

 交流戦2試合目はオリックスに大勝した。前夜と同じく初回から得点。1死二、三塁から小園の遊ゴロの間に先制した。接戦を制した前夜とはここからが違う。3回に末包の2ランなどで4点を加え、6回は先発投手の森下も適時打を放つなど9人攻撃で5得点。終盤も得点を重ね、勢いが止まらなかった。

 先発マウンドで森下は3回以降ヒットを許さず7回3安打無失点。今季4勝目を挙げた。



 


毎年交流戦ではオリックスに勝てなかったのですが、昨日、今日と連勝出来たのはとても大きいですね。それも、天敵だったオリックス田嶋投手をKOしたのも大きかったですね。

 1回裏はバント2つの小技を絡める攻撃で1アウト2、3塁で4番小園選手のショートゴロの間に1点を先制しました。ラジオ中継の解説の山崎隆造さんは、この先制点を評価していました。

3回裏は先頭の9番森下投手のライト前ヒットを起点に、1アウト1塁から矢野選手がプロ初のタイムリー3ベースで1点を追加し2−0。オリックス田嶋投手の暴投で矢野選手が本塁に生還し3−0、さらに末包選手が2アウト1塁でチーム単独最多の4号2ランをレフトスタンドへ運び5−0に。その後もたたみかけるように猛攻を繰り広げました。

 交流戦の14得点は、交流戦初年度の2005年5月15日の敵地オリックス戦で16得点を奪って以来、19年ぶりの大量得点でした。19安打は2015年6月13日に21安打した敵地ソフトバンク戦以来でした。

 先発の森下投手は、2回まで3安打1四球というやや不安定な立ち上がりでしたが、打線の大量援護でリズムを取り戻し、3回以降は降板する7回までノーヒットのピッチングでした。7回108球を投げ、3安打1四球4奪三振で無失点。直近2戦2敗と白星に恵まれていませんでしたが、5月4日の本拠DeNA戦以来の4勝目となりました。防御率1.36はチームメートでリーグトップ1.27の床田投手に迫る好成績となりました。

森下投手はバッティングでも活躍し、適時打を含む今季2度目の複数安打を放ちました。6回裏のヒットで今季は16打数6安打、打率.375になりました。

 1−0で迎えた3回裏先頭での1打席はオリックス田嶋投手に対して、フルカウントからライト前へはじき返す一打。このヒットをきっかけに、このイニングは4得点を挙げました。さらに7−0で迎えた6回ノーアウト1、3塁の3打席目はオリックス井口投手のスライダーを拾い、ライト前へのタイムリー。今季初打点とし、右拳を握りしめてガッツポーズをつくりながら一塁へと走りました。

チームは5連勝でセ・リーグ首位をキープしました。2位と健闘した昨季は4月と7月に首位に浮上しましたが、2度とも翌戦に敗れて“一日天下”でした。ここから一気に首位快走を目指します。

明日のカープの先発は九里投手です。ドリヨシ的には九里投手は交流戦に強いイメージがあります。18日の読売戦で待望の今季初勝利を挙げて、九里投手もモチベーションを上げてきていると思います。オリックスは齋藤投手です。先発の台所事情が苦しいオリックスです。実際に投げてみないとわからないピッチャーだと思いますので、カープ打線としてはつけ入る隙は十分あると思います。今日のように九里投手に大量援護をお願いします。

2024年05月28日

1回戦@マツダ 広島2−1オリックス 末包選手決勝2点タイムリー!床田投手7回1失点粘投で6勝目!今季3度目の4連勝でセ・リーグ単独首位浮上!

1000003589.jpg

【広島】昨年7月以来の首位浮上!17年以来の交流戦初戦の白星 今季3度目の4連勝で貯金6

5/28(火) 20:36配信


スポーツ報知

5回、力投する床田寛樹(カメラ・義村 治子)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島2―1オリックス(28日・マツダスタジアム)

 広島は“鬼門”交流戦の初戦を白星で飾り、5月2度目で今季3度目の4連勝。今季最多更新の貯金6とし、昨年7月27日以来となる首位に浮上した。

 初回、前日が28歳の誕生日だった末包が2死二、三塁から2点適時打。オリックスの先発エスピノーザに簡単に2球で追い込まれながら、粘って6球目の外角カーブに食らい付き、バットの先で右前に運び、これが決勝点となった。

 先発・床田は毎回走者を背負いながら踏ん張った。2点リードの4回1死一、三塁から頓宮の犠飛で1失点。だが、5回1死一、二塁、7回1死二塁のピンチも得点は与えなかった。今季ワーストタイの8安打を浴びながら、7回1失点で両リーグ単独最多6勝目。防御率1・27でリーグ2冠をキープした。

 1点リードの8回は島内が3者凡退。9回は、26日のDeNA戦(横浜)で日本人最速タイの178試合目で通算100セーブを達成した栗林が締めくくり、今季リーグ最多15セーブ目を手にした。

 交流戦は昨季まで12球団ワーストの通算166勝227敗15分け。19〜22年の開催3年連続(20年は中止)を含む6度の最下位も12球団ワーストと苦手とする。新井監督1年目の昨季こそ勝率5割で乗り切り、6年ぶりに負け越しは回避。交流戦初戦は1分けを挟んで4連敗中だったが、17年以来の白星となった。同年以来の勝ち越しに向け、幸先いいスタートとなった。

報知新聞社







交流戦の初戦を白星スタート出来たのは大きいですね。今日は床田投手の粘りのピッチングが勝利をもたらしました。床田投手はカープの左腕、いやカープのエースですね。

先発の床田投手は今季9度目の登板で、試合前までリーグトップタイ5勝2敗、リーグ1位の防御率1.27。前回の5月21日の阪神戦は7回1/3を6安打2失点(自責1)で勝ち投手でした。オリックス戦はプロ初登板になります。

床田投手は1回表2アウトからオリックス中川選手に四球を出すも森選手をピッチャーゴロに打ち取りました。

スタメンは菊池選手が3番で復帰。矢野選手が7番ショート、林選手が8番ファースト、キャッチャーには坂倉選手が入りました。

オリックスの先発のエスピノーザ投手に1回裏1アウトから野間選手と菊池選手が連続四球、小園選手のセカンドゴロなどで2アウト2、3塁とすると末包選手がライト前へ2点タイムリーを運び先制しました。追い込まれながらも、アウトコースへ逃げていく球にたいし、軽打でバットの先にうまく引っ掛けてライト前に運びました。技ありのバッティングでした。結果的にこれが決勝点になりました。

床田投手は2回表、先頭のオリックス紅林選手に左レフト前ヒット、FA移籍した西川選手をセンターフライ、頓宮選手にライトフライ、宗選手にレフト前ヒットで2アウト1、3塁とするもエスピノーザ投手を空振り三振に取りました。

しかし床田投手は4回表、先頭のオリックス森選手にレフト前ヒット、1アウト後に西川選手にレフト前ヒットで1、3塁になるとオリックス頓宮選手にセンターへ犠牲フライを打たれ、2−1となりました。

床田投手は5回1アウトからオリックス太田選手に四球、福田選手にセーフティーバントを決められ1、2塁となりましたがオリックス中川選手をショートゴロ、森選手をセカンドゴロに打ち取りました。

打線はオリックスエスピノーザ投手の前に2回以降は5回まで出塁は野間選手の1安打のみでした。床田投手は6回表1アウトから西川選手にセンター前ヒットも、頓宮選手をピッチャーライナーに打ち取り1塁ランナーの西川選手は帰塁できず併殺を完成させました。

6回裏の攻撃で1アウトから野間選手がレフトへ2ベースも菊池選手、小園選手は連続空振り三振に倒れ追加点を奪えませんでした。

床田投手は7回表、先頭のオリックス宗選手にレフト前ヒット、エスピノーザ投手の代打の西野選手に送りバントで1アウト2塁とされましたが、オリックス太田選手をサードゴロ、福田選手を空振り三振に斬って取りました。

床田投手は7回を99球、8安打2四球4奪三振の1失点(自責1)で降板し6勝目(2敗)を挙げました。今日の床田投手は制球にやや苦しむシーンもありましたが、要所をしっかり抑えて、8安打浴びるも1失点に抑えました。

8回表は2番手の島内投手がオリックス中川選手、森選手、紅林選手を3者凡退に抑えました。9回表は栗林投手がオリックス西川選手を空振り三振、頓宮選手をファーストファウルフライ、宗選手をセンターフライで締め、リーグ単独トップの15セーブ目をマークしました。

7回までリードしていれば、あとは島内投手、栗林投手の必勝リレーなので安泰ですね。

しかし、パ・リーグの打線は強力だなという印象がやはりありますね。今季はセ・リーグのピッチャーの質がかなり良いので、今季の交流戦ではセ・リーグのピッチャーがパ・リーグの強力打線をどう抑えるかが注目ですね。

チームは今季3度目の4連勝で、23勝17敗4分けの今季最多の貯金6としました。雨天中止で試合のなかった阪神を勝率で上回り、ゲーム差なしで昨年7月27日以来の単独首位に立ちました。当分の間は首位は入れ替わりが続きそうなので、あまり気にしないようにしましょう。

明日のカープの先発は森下投手です。チームの勢いに乗って快投を期待しましょう。オリックスは田嶋投手です。調子の良いときの安定感はあまりなさそうなので、つけいる隙はありそうです。明日も勝ちましょう!

2024年05月27日

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ



posted by ドリヨシ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

明日からのオリックス戦は床田投手、森下投手、九里投手で3連勝を狙う!ドリヨシの交流戦展望!

1000003588.jpg

【広島】床田寛樹がオリ西川との対戦へ「全部カーブ投げる?」「死球当たったらごめんなさい」

5/27(月) 18:05配信


日刊スポーツ

投手指名練習中、笑顔をみせる広島床田(左)と森下(撮影・加藤孝規)

 広島床田寛樹投手(29)が交流戦を翌日に控えた27日、マツダスタジアムに隣接された屋内練習場で調整を行った。

 交流戦“開幕投手”を務める左腕は昨季までチームメートで同学年のオリックス西川との対戦に胸を高鳴らせた。「そこは楽しみ。できればランナーいないところで思い切り勝負できれば」。思わずほおを緩めた。

 西川とは同学年で、広島時代は毎オフに同学年会を行っていた。登板試合には援護してくれる頼もしい存在も、対戦相手となれば抑えるのも難しい。それでも「龍馬とは思い切りやりたい。あえて全部カーブ投げるとか? あいつ自身、マツダ(スタジアム)に来るのを楽しみにしていると思う。デッドボール当たったらごめんなさいで、いい対戦ができたらいい」。抑えるイメージを膨らませながら挑んでいく。

 床田自身、昨季は交流戦で2勝1敗と苦手としなかった。「特に変えるつもりはない。相手の出方次第で柔軟に変えていければ。しっかり腕を振って緩い球を投げながら、押すところはしっかり押して。高さだけ間違えないようにできればいいかなと思う」。オリックス3連戦は2戦目以降、森下、九里が続く。先発4本柱の3投手をぶつける交流戦最初のカード。リーグトップタイの5勝と防御率のリーグ2冠左腕が、交流戦前3連勝のチームの勢いを加速させる投球を誓う。







いよいよ我らが広島東洋カープにとって「鬼門」と言われるセ・パ交流戦がスタートします。まずは明日からはマツダスタジアムでオリックスとの3連戦です。カープの先発投手は明日は床田投手が予告されており、29日は森下投手、30日は九里投手と、主戦級のピッチャーを注ぎ込む予定です。

今季オリックスはパ・リーグ4位に低迷しており、リーグ連覇していた頃の勢いはないかなと思っています。ただ、オリックスには今季からカープからFAで移籍した西川選手がいます。西川選手は今季打撃不振に陥っているものの、交流戦はセ・リーグの投手相手なので、一気に調子を上げる可能性があります。なので、カープ投手陣は全力で西川選手を抑えなくてはなりません。

オリックス戦の次は福岡でソフトバンクとの3連戦です。先発投手の予想は、31日は大瀬良投手、6月1日はハッチ投手か黒原投手または玉村投手、2日はアドゥワ投手となりそうです。パ・リーグダントツ首位を走るソフトバンクですから、タフな試合になるのは間違いなさそうです。カープ投手陣が強力ソフトバンク打線をどのように抑えるか注目です。ドリヨシ的には1勝は絶対にしておきたいというのが本音です。

その次はマツダスタジアムで日本ハムと3連戦&ロッテと3連戦です。日本ハムは今季大躍進と好調をキープしており、パ・リーグ2位につけています。今季は打撃力、守備力とも向上しており、カープに似た感じがします。接戦になるかと思いますが、カープの泥臭い野球で勝ち切りたいところです。ロッテはここに来てチーム状態を上げてきており、交流戦直前まで8連勝しています。ロッテは超積極的な攻撃を仕掛けてくる印象があるので、カープとしては受け身にならないようにする事が大事かと思います。

最後の6連戦はビジターになりますが、ベルーナドームで西武と3連戦、そして仙台で楽天との3連戦です。西武、楽天ともにチーム状態が今一つなので、取りこぼす事のないよう、確実に勝って欲しいと思います。

カープは交流戦直前のセ・リーグでは一番チーム状態が良いと思います。なのでパ・リーグの各チームは阪神と並んで広島東洋カープを警戒するのではないかと思います。交流戦全18試合、楽な試合はないと思いますが、今季のカープは戦うたびに強くなっている印象がありますので、選手の皆さんは自信を持って試合に臨んで欲しいですね。

スバリ、ドリヨシの交流戦成績予想は、10勝8敗以上で、交流戦勝ち越しを決めてくれると思います。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝