アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(220)
広告(4884)
選手(1129)
プロ野球(188)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(74)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(55)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2024年06月16日

3回戦@楽天モバイルパーク 広島3−5東北楽天 序盤痛恨の2失策で3失点。楽天鈴木大地選手に2ラン被弾。終盤追い上げるも及ばず。 

1000003711.jpg

【広島】交流戦ラストは後味の悪さ残る敗戦…ベテランの名手2人が痛恨のダブル失策

6/16(日) 16:06配信


スポーツ報知

3回無死一塁、鈴木大地(後方に)右越え2ラン本塁打を打たれたアドゥワ誠(カメラ・中島 傑)

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天5―3広島(16日・楽天モバイルパーク宮城)

 広島は、拙守と拙攻が響き、17年以来7年ぶりの勝ち越しに成功した交流戦最終戦を白星で飾れなかった。

 初回1死から連続四球で好機をもらいながら、4番・末包が遊ゴロ併殺打。2回は1安打1死球で1死一、二塁としたが、今度は堂林が投ゴロ併殺打に倒れた。立ち上がりから制球に苦しむ楽天右腕・松井を助ける形となり、主導権を握れなかった。

 攻撃の悪い流れは、守備の乱れにもつながった。2回1死一、二塁でゴロを処理した遊撃・矢野の二塁送球を名手・菊池がまさかの捕球ミス。“6―4―3”の併殺コースだったが、先制走者の生還を許した。なおも2死二、三塁から堂林が一塁線の打球を捕球できず、2者が生還した。菊池は今季初、堂林は5月4日の本拠DeNA戦で一塁けん制球を後逸して以来2度目の失策が記録された。

 序盤のチャンスを潰した打線は、5点ビハインドの8回に末包の適時打で1点を返すのが精いっぱい。同一カード3連勝でリーグ戦再開に弾みを付けたかったが、ミスが目立つ後味の悪い敗戦となった。

報知新聞社






今日もしっかり勝って、再びリーグ戦に臨みたかった我らが広島東洋カープでしたが、攻撃では2併殺、そして守備では失点に絡む2失策と散々な内容となってしまいました。選手の皆さんはかなり疲れていたのでしょうか?

スタメンは1番センター秋山選手、2番ショート矢野選手、3番サード小園選手、4番ライト末包選手、5番DH松山選手、6番キャッチャー坂倉選手、7番セカンド菊池選手、8番ファースト堂林選手、9番レフト二俣選手のオーダーを組みました。

楽天の先発松井投手に1回表1アウトから矢野選手と小園選手が連続四球も、末包選手はショートゴロ併殺打に倒れました。まんまと併殺網に引っかかってしまいました。末包選手ももう少し分析力と思考力を備えつつ、打席に入らないといけませんね。

先発のアドゥワ投手は今季10度目の登板で、試合前まで5勝1敗、防御率2.98。前回の6月9日のロッテ戦(マツダスタジアム)は6回を2安打無失点で勝ち負けつかず、自身3連勝中でした。

アドゥワ投手は1回裏1アウトから楽天村林選手にレフト前ヒットも辰己選手をセンターフライ、鈴木大地選手のファーストゴロを堂林選手が好捕しました。

2回表の攻撃で1アウトから坂倉選手が四球、菊池選手がレフト前ヒットで1アウト1、2塁も堂林選手はピッチャーゴロ併殺打に終わりました。ここでも末包選手と同様に、分析力と思考力を備えなくてはなりません。序盤の2併殺は痛かったですね。

アドゥワ投手は2回裏1アウトから楽天浅村選手と渡邉選手に連打され1、3塁に。続く太田のショートゴロで矢野選手の送球を菊池選手が落球し0−1と先制されました。これ、しっかり捕球していれば6−4−3の併殺が完成して、無失点で切り抜けていただけに、痛いミスですね。さらに2アウト2、3塁から楽天小郷選手のファーストゴロを堂林選手が失策し、2点を失い0−3となりました。負の連鎖は続くものですね。堂林選手がきっちり処理できていれば、1失点で終えていただけに、この失策も痛かったですね。

アドゥワ投手は3回裏、先頭の楽天辰己選手にライト前ヒット、続く鈴木大地選手にライトスタンドへ1号2ランを放り込まれ、0−5となりました。試合後にアドゥワ投手はこの2ランを悔やんでいました。「ホームランがなければ、多分(試合は)分かんない展開になっていた」とコメントしています。

4回から継投に入った楽天投手陣に4回表の攻撃で先頭の末包選手が2ベースも松山選手、坂倉選手、菊池選手は凡退に終わりました。

打線は5回表は2アウトから秋山選手が内野安打も矢野選手はショートゴロ。6回表は3者凡退に抑えられました。

アドゥワ投手は4回以降は四球を与えるもヒットは許さず6回を投げ111球、5安打3四球2奪三振の5失点(自責3)で降板しました。やはり痛恨の2失策が足を引っ張ってしまった感じがします。ゲームメイクは出来ていますので、次回登板も期待していいと思います。

7回表の攻撃も1アウトから菊池選手レフト前ヒットも堂林選手はサードゴロ、代打大盛選手は空振り三振に倒れました。

7回裏は2番手の遠藤投手が今季初登板。楽天村林選手をセカンドライナー、辰巳選手に四球で2盗を決められました。鈴木大地選手にも四球で1、2塁とされましたが、楽天フランコ選手をレフトフライ、浅村選手をセンターフライに打ち取りました。

8回表1アウトから矢野選手がレフト前ヒット、小園選手のファーストゴロで2アウト2塁から末包選手がレフトへタイムリーを運び、1−5としました。

遠藤投手は8回裏も続投し1安打を許すも無失点に抑えました。9回表の攻撃は楽天の守護神則本投手に1アウト2、3塁から大盛選手のセカンドゴロの間に1点、宇草選手のタイムリーで1点を返し、3−5と追い上げましたが、万事休すでした。

チームは3連勝で止まり、32勝25敗4分けの貯金7となりました。今季の交流戦は10勝8敗で終えて7年ぶりに勝ち越しました。鬼門と言われていた交流戦を勝ち越せたのはチームにとってはかなり大きいと思います。

セ・リーグは首位は広島で、3ゲーム差で2位に阪神と読売、さらにゲーム差なしの4位にDeNAと続いています。優勝争いはこれら4チームになって来つつあります。21日からリーグ戦が再開しますが、我らが広島東洋カープもタフな試合が続いていきます。選手の皆さんは明日から4日間試合がないので、しっかり休みつつ、準備を怠らないようにしてほしいと思います。

今夜は仙台で美味しいものを食べているのでしょうか…。

2024年06月15日

2回戦@楽天モバイルパーク 広島4−3東北楽天 3連勝で今季最多貯金8!交流戦7年ぶり勝ち越し確定!二俣選手先制タイムリー!堂林選手貴重なタイムリー&好守!玉村投手今季初勝利!

1000003710.jpg

広島・堂林が復活の一打 35打席ぶり安打が貴重なタイムリー 9日の1軍再昇格後初安打「ちょっとは貢献できたかな」

6/15(土) 19:19配信


デイリースポーツ

 6回、堂林は中前適時打を放つ(撮影・佐藤厚)

 「楽天3−4広島」(15日、楽天モバイルパーク)

 広島の堂林翔太内野手(32)が4月20日・巨人戦以来、35打席ぶりの安打をマーク。9日の1軍昇格後初安打で存在感を示し「ちょっとは貢献できたかな」と汗を拭った。

 2点リードの六回。坂倉が適時打を放ち、なおも1死一、二塁の場面で打席へ。2球目に二走・小園が三盗に成功し余裕が生まれた。「内野ゴロの詰まったのでも、何でも良いと思っていた。結構気楽に打席に立てた」と古謝の直球を中前にはじき返し、貴重な追加点をもたらした。適時打は4月12日・巨人戦以来、61打席ぶりだった。

 一塁の守備でも魅せた。1点リードの八回2死一塁。渡辺佳が放った一、二塁間の打球を横っ跳びで好捕。ベースカバーに入った島内へトスし、この回無失点。「まずは守備からしっかり。そういったのが僕らの野球だと思う」と胸を張った。

 チームは4カード連続勝ち越しで、2014年以来7年ぶりの交流戦勝ち越しを決めた。さらなる勢いの加速には、堂林の力は必ず必要だ。「今日こうやってチャンスいただいたので、また次しっかり準備したいと思います」。頼もしい背番号7が1軍に帰ってきた。






今日の試合も、カープの各選手がそれぞれの役割を果たしながら、ひたむきにがむしゃらにプレーをして、交流戦首位の楽天に勝利しました。チームはまだ荒削りなところはありますが、試合毎に確実に強くなっているのを実感しています。

野間選手が3試合連続でベンチ外に。スタメンは1番センター秋山選手、2番ショート矢野選手、3番セカンド菊池選手、4番ライト末包選手、5番サード小園選手、6番キャッチャー坂倉選手、7番ファースト堂林選手、8番DH佐藤選手、9番レフト二俣選手のオーダーを組みました。

楽天の先発古謝投手はドラフト1位ルーキー左腕です。1回表、秋山選手はショート内野安打、矢野選手はバント失敗のピッチャーフライ、菊池選手はサードライナー、末包選手はライトフライに倒れました。

先発の玉村投手は今季4度目の登板で、試合前まで0勝2敗、防御率3.21。前回の6月8日のロッテ戦(マツダスタジアム)は佐々木朗希投手と投げ合い、5回を4安打2失点(自責0)で負け投手になっています。

玉村投手は1回裏、楽天小郷選手と村林選手を連続空振り三振、辰己選手をファーストゴロに打ち取る順調な立ち上がりを見せました。

2回表の攻撃で先頭の小園選手がセンター前ヒット、坂倉選手は空振り三振、堂林選手はライトフライ、佐藤選手は四球で2アウト1、2塁に。続く二俣選手がライト前にタイムリーを放ち1−0と先制しました。なんとかしたいという二俣選手の気迫あふれるバッティングでした。続く秋山選手はセンター前にタイムリーを連続で運び2−0としました。

玉村投手は2回裏、先頭の楽天鈴木大地選手とフランコ選手に連打を浴びるも、浅村選手をセンターフライ、渡邉選手をピッチャーゴロ併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けました。

玉村投手は3回裏1アウトから楽天小深田選手にライト前ヒット、小郷選手に四球で1、2塁とされるも楽天村林選手をレフトフライ、辰己選手をセンターフライに抑えました。4回裏は楽天鈴木大地選手をセカンドゴロ、フランコ選手もセカンドゴロ、浅村選手をセカンドフライと3人で退けました。

玉村投手は5回裏、先頭の楽天渡邉選手にセンター前ヒットを浴びるも楽天太田選手を空振り三振、小深田選手をライトフライ、小郷選手をセンターフライと後続をしっかり抑えました。

6回表の攻撃で菊池選手と末包選手の連打、小園選手のファーストゴロで1アウト1、3塁から坂倉選手がセンター前にタイムリーを弾き返し、3−0。さらに2塁ランナーの小園選手が3盗を決めて1アウト1、3塁とすると、堂林選手がセンター前にタイムリーを放ち、4−0としました。堂林選手は実に35打席ぶりのヒットで、1軍昇格後初ヒットとなりました。堂林選手自身、すごく喜んだと思います。

玉村投手は6回裏、先頭の楽天村林選手にショート内野安打、辰己選手に送りバントを決められ、1アウト2塁とされましたが、楽天鈴木大地選手をファーストゴロ、フランコ選手をショートゴロに仕留めました。

玉村投手は7回裏、楽天浅村選手と渡邉選手に連打されノーアウト1、3塁とされ、続く楽天太田選手に左中間に2点タイムリー3ベースを飛ばされ、4−2となり玉村投手は降板。代わったハーン投手が楽天小深田選手にレフトへ犠牲フライを打たれ、4−3と1点差に迫られました。

さらに楽天小郷選手に四球を出すと2盗を決められました。しかし、1アウト2塁から楽天村林選手を見逃し三振、辰己選手をセンターフライに打ち取りました。玉村投手は6回0/3を90球、8安打1四球3奪三振の3失点(自責3)で今季初白星を挙げました。玉村投手は序盤はランナーを背負いながらのピッチングでしたが、粘り強く投げたと思います。今日玉村投手が楽天打線を無失点に抑えたならば、交流戦期間中の防御率が0.00となり、大瀬良投手に次ぐ快挙になるところでしたが、残念です。7回はスタミナ的に限界が来たような感じでしたね。玉村投手の後を受けて登板したハーン投手ですが、今日こそ制球に苦労はしましたが、安定したピッチングだったので、明日以降も勝ちパターンや勝負所での登板が増えそうです。

8回表の攻撃で1アウトから小園選手がセーフティーバントを決めましたが2盗に失敗しチャンスを作れませんでした。

8回裏は3番手の島内投手が楽天鈴木大地選手をセカンドゴロ、フランコ選手を空振り三振、浅村選手にサード内野安打を許しましたが、楽天渡邉選手のファーストゴロを堂林選手が好捕しピンチを切り抜けました。堂林選手は攻守にわたって素晴らしいプレーをしており、ドリヨシはとても恐縮ですが、今日の試合は堂林選手にMVPを贈りたいと思います。

9回裏は4番手の守護神の栗林投手が楽天太田選手を空振り三振、小深田選手をレフトフライ、小郷選手を空振り三振と3人でキッチリと締めて19セーブ目をマークしました。

楽天の追い上げをかわし、1点差で勝利しました。4カード連続で勝ち越し、今季7度目の3連勝で32勝24敗4分けの今季最多貯金8としました。さらに交流戦も10勝7敗とし、7年ぶりの勝ち越しも決めました。セ・リーグでは2位読売に3.5ゲーム差をつけての首位を固めています。

さて、明日はいよいよ交流戦のラストゲームです。カープの先発はアドゥワ投手です。前回9日のロッテ戦は6回2安打無失点と好投しています。明日は最終戦なので、立ち上がりからどんどん飛ばして欲しいと思います。楽天は松井投手です。楽天は交流戦優勝がかかっていますので、明日は投手陣総動員で来ると予想します。カープ打線はとにかく立ち遅れないように、積極的な打撃に期待します。

1回戦@楽天モバイルパーク 広島1−0東北楽天(延長11回) 羽月選手気合いの3盗から矢野選手の決勝犠飛で接戦を制す!大瀬良投手7回無失点粘投!リリーフ陣も気迫の無失点リレー!

1000003705.jpg

【広島】羽月の“神三盗”から矢野がV犠飛で延長戦を制す 7年ぶりの交流戦勝ち越しに王手

6/14(金) 21:32配信


スポーツ報知

4勝目は逃したものの、7回無失点と好投した大瀬良(カメラ・頓所 美代子)

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天0―1広島=延長11回=(14日・楽天モバイルパーク宮城)

 広島は、延長戦の末に交流戦首位の楽天を制した。0―0の延長11回1死二塁から代走出場していた羽月が三盗を成功させた。続く矢野がきっちり右犠飛を放ち、これが決勝点となった。

 それまで打線は、楽天左腕・早川に対し、延長10回まで4安打で11三振と完璧に抑え込まれていた。延長11回は、先頭・二俣が2番手・宋家豪からしぶとく右前に運び、秋山が犠打で得点圏に走者を進めていた。

 投手陣は、先発の大瀬良が7回無失点。7日の本拠ロッテ戦でプロ野球90人目(102度目)の無安打無得点を達成してから中6日のマウンドでも好投。4勝目は逃したが、22イニング連続無失点で交流戦は3戦で自責0(1失点)という内容でリーグトップの防御率は0・96にまで上昇した。救援陣も、延長10回に塹江と森浦が2死満塁のピンチを招いたが、サヨナラは許さなかった。

 交流戦は3カード連続の初戦白星。17年以来7年ぶりの交流戦勝ち越しに王手となった。

報知新聞社




 


今日の試合の流れは、楽天がずっと押し気味な感じで、カープ側からしてみると、終始ハラハラな展開でした。楽天に流れを渡さなかったのは、やはり大瀬良投手のピッチングですね。

先発の大瀬良投手は、1回からランナーを背負うも、粘りのピッチングを展開しました。3回裏は1アウトから3連打を浴びて、満塁のピンチを招きましたが、楽天渡辺選手をファーストゴロ。続く浅村選手に対してはギアを全力にして147キロのストレートで見逃し三振に仕留め、ピンチを脱しました。

連打を浴びても、ランナーを背負っても慌てることなく、自分の出来るベストピッチングをする大瀬良投手は素晴らしいと思います。精神的に大きく成長した大瀬良投手に、ドリヨシも感動しております。

今日の大瀬良投手は7回7安打無失点の粘投でした。勝ちこそつきませんでしたが、今日の勝利に大きく貢献しました。他の若手の投手の皆さんや、野手の皆さんも刺激を受けていると思います。

大瀬良投手は交流戦の3試合で計23イニングを自責点0で投げぬき、規定投球回到達者では球団初となる防御率0.00で交流戦を終えました。今日の試合前まで1.07だったシーズン防御率は0.96まで良くなりました。リーグ戦が再開後も先発投手陣の柱としての活躍が期待されます。
 
大瀬良投手からバトンを受け継いだリリーフ陣も奮闘しました。8回裏は島内投手が登板し、2アウト満塁の大ピンチを背負いましたが、楽天代打の茂木選手をキャッチャーファウルフライに仕留め、ピンチを脱しました。

9回裏は栗林投手が登板し、3者凡退に抑えました。

延長10回裏は塹江投手が登板しましたが、先頭の楽天辰己選手に死球を与えるなどし、1アウト2塁となったところで森浦投手にスイッチしました。しかし、2アウト満塁のサヨナラの大ピンチを招きましたが、楽天石原選手をセカンドゴロに仕留め、ここもピンチを脱しました。

今日の打線は、楽天先発の早川投手の前に手も足も出ない状態で、延長10回まで4安打の11三振で、ほぼ完璧に抑えられていました。しかし、11回表、楽天は2番手の宋家豪投手に代わりました。ドリヨシ的には、投手が代わって、打線はいけるのではないかと思いました。それが現実となります。先頭の二俣選手がライト前ヒットで出塁し、羽月選手が代走となりました。秋山選手は送りバントを決めて1アウト2塁とします。ここからが我らが広島東洋カープの真骨頂です。続く矢野選手の打席で、羽月選手が3盗を決めて1アウト3塁としました。昨年のクライマックスシリーズファーストステージのDeNA戦で、羽月選手が3盗を決めたシーンを思い出しました。今日も完璧な盗塁でした。そして矢野選手がライトへ犠牲フライを放ち、羽月選手が生還して、1−0としました。矢野選手も打撃が勝負強くなってきましたね。リーグ戦再開後も楽しみです。

11回裏はハーン投手が登板し、3者凡退に抑えて試合が終わりました。ハーン投手は制球力がいいですね。速くて重いストレートに、キレのある変化球を持っているだけに、今後は勝ちパターンでの起用が増えそうです。

チームは2連勝で、31勝24敗4分けの貯金7とし、セ・リーグでは2位阪神に3ゲーム差としました。また、今日の勝ちで、今季交流戦の5割以上が確定しました。

さて、明日あさってはデーゲームです。カープの先発は玉村投手です。ピッチング内容は良いのですが、バックの守備の乱れで黒星がついています。明日はしっかり守ってほしいと思います。楽天は古謝投手です。前回8日の中日戦では6回9安打されながら2失点で勝ち投手となっています。試合をしっかり作るタイプみたいなので、カープ打線としては、序盤に2、3点入れて、優位に進めたいところですね。

2024年06月13日

3回戦@ベルーナドーム 広島5−0埼玉西武 九里投手2安打完封で3勝目!矢野選手先制タイムリー!松山選手追加点のタイムリー!大盛選手ダメ押しタイムリー!

1000003672.jpg

広島が3カード連続勝ち越しで阪神と並んでリーグ30勝到達一番乗り 球団1万試合目を快勝で飾る 130球熱投の九里が2安打完封で3勝目 矢野が先制2点適時打

6/13(木) 21:18配信


デイリースポーツ

 力投する九里(撮影・園田高夫)

 「西武0−5広島」(13日、ベルーナドーム)

 広島が前夜の完封負けから一転して、2桁安打で快勝した。3カード連続で勝ち越しに成功し、30勝にリーグ一番乗り。球団通算1万試合目を快勝で飾った。

 均衡を破ったのは汚名返上に燃える矢野のバットだった。0−0の四回2死満塁でのフルカウントから、ボー・タカハシのチェンジアップを捉えて中前への先制2点適時打。初回の二塁守備で失策を記録していた背番号61は、塁上で雄たけびをあげながら気合を爆発させた。

 その後も、七回に今季3度目のスタメン起用となったベテラン・松山が左前への2点適時二塁打。さらに途中出場の大盛にも適時打が生まれた。

 先発・九里は、低めを丁寧に突く右腕らしい投球を披露。最後まで、西武打線を寄せ付けず、130球熱投で2安打完封で今季初完投。完封は23年8月22日のDeNA戦以来10カ月ぶりとなった。自身3連勝となる今季3勝目を手にした。






九里投手の130球の熱投には感動しました。今季の開幕投手を務めたものの、勝ち星になかなか恵まれず、苦しいマウンドが続いていました。5月18日の読売戦で今季初勝利を挙げて、今日は2安打完封で3勝目を挙げました。

スタメンは菊池選手がベンチ。1番センター秋山選手、2番レフト宇草選手、3番ショート小園選手、4番ライト末包選手、5番DH松山選手、6番サード田中選手、7番キャッチャー坂倉選手、8番ファースト佐藤選手、9番セカンド矢野選手のオーダーを組みました。

西武の先発ボー・タカハシ投手に1回表、秋山選手が四球、宇草選手はセンターフライ、小園選手はセカンドゴロ併殺打で3人で終わりました。

先発の九里投手は今季11度目の登板で、試合前まで2勝4敗、防御率2.95。前回の6月6日・日本ハム戦(マツダスタジアム)は7回を4安打1失点(自責1)で勝ち投手、自身2連勝中でした。

九里投手は1回裏1アウトから西武西川選手のセカンドゴロを矢野選手がファンブル、栗山選手に四球で1アウト1、2塁に。中村選手を空振り三振、陽川選手をセンターフライに打ち取りました。

2回表の攻撃で先頭の末包選手が死球、松山選手がファーストゴロ、田中選手はサードフライ、坂倉選手がライト前ヒットで2アウト1、3塁とするも佐藤選手は空振り三振で先制できませんでした。

九里投手は2回裏1アウトから西武源田選手にレフト前ヒット、古賀選手の送りバントで2アウト2塁から滝澤選手をライトフライに打ち取り得点を与えませんでした。

打線は4回表、先頭の末包選手がセカンド内野安打、松山選手が四球、田中選手の3塁前のバントが内野安打となりノーアウト満塁満塁の絶好のチャンスとなりました。坂倉選手は空振り三振、佐藤選手はファーストゴロ、2アウト満塁となりましたが、矢野選手がフルカウントからセンターへ2点タイムリーを弾き返し2−0と先制しました。もしここで無得点に終わっていたら、試合の流れは西武に傾いていたかもしれません。それだけに、矢野選手の2点タイムリーはチームにとってかなり大きかったと思います。

九里投手は3、4回をともに3者凡退に抑えました。5回表の攻撃で1アウトから小園選手がレフト前ヒット、末包選手は空振り三振、松山選手はセンター前ヒットで2アウト1、2塁から田中選手は見逃し三振で追加点は挙げられませんでした。

九里投手は5回裏、西武源田選手をファーストライナー(佐藤選手の好プレー)、古賀選手をサードゴロ、滝澤選手に四球も長谷川選手をショートゴロに打ち取りました。5回まで1安打ピッチングの素晴らしい内容です。

6回表の攻撃で先頭の坂倉選手が2ベース、佐藤選手のピッチャー前バントが内野安打、矢野選手が送りバントを決め1アウト2、3塁に。秋山選手は浅いレフトフライ、代打の菊池選手がショートゴロで好機を活かせませんでした。

九里投手は6回裏2アウトから西武中村選手にレフト前ヒットも陽川選手をサードゴロに打ち取りました。

打線は7回表に小園選手が内野安打に2盗、末包選手がライト前ヒットでノーアウト1、3塁から松山選手がレフト線に2点タイムリーツーベースを運び、4−0としました。さらに途中出場の大盛選手がライトへタイムリーを飛ばし、5−0とリードを広げました。

九里投手は7回裏も西武元山選手、源田選手、代打の山野辺選手を3人で退け、8回裏は西武滝澤選手をセカンドゴロ、長谷川選手をサードライナー、代打の鈴木選手をセカンドゴロに打ち取りました。

九里投手は9回裏も西武栗山選手、中村選手、陽川選手と3人で抑え完封勝利で3勝目を挙げました。九里投手は9回を130球、2安打2四球6奪三振の無失点で今季初、自身6度目の完封勝利を挙げました。今日の九里投手は多彩な変化球を低めに集める丁寧なピッチングをしていました。危なげないピッチングに現地のカープファンの皆さんも安心して観れたのではないかと思います。

チームは今季8度目の完封勝ちとなり、3カード連続の勝ち越しで30勝24敗4分けの貯金6としました。交流戦も8勝7敗で5位タイです。

さて、交流戦もいよいよ最終カードになります。明日からは仙台で楽天との3連戦です。カープが1つ勝てば、交流戦5割以上が確定します。交流戦絶好調の楽天との試合は、3戦ともにかなりタフな試合になりそうです。明日のカープの先発は大瀬良投手です。前回7日のロッテ戦ではノーヒットノーランを達成しました。が、大瀬良投手の真価が問われるのは、明日の試合です。気持ちだけは守りに入らないように、終始攻めの姿勢を崩さないように頑張って欲しいです。楽天は早川投手です。前回7日の中日戦では7回無失点の好投で4勝目を挙げています。カギになるのは右バッターです。菊池選手、末包選手、會澤選手、堂林選手、二俣選手などの右バッターが楽天早川投手にどうアジャストしてくるか注目です。

2024年06月12日

2回戦@ベルーナドーム 広島0−5埼玉西武 森下投手5回に炎上5失点で3敗目。打線はわずか4安打で西武隅田投手にマダックスを献上。早くも11度目の完封負け。

1000003671.jpg

【広島】森下暢仁が今季ワースト5回5失点「点取られたところでもう少し粘り強く投げられたら」

6/12(水) 22:03配信


日刊スポーツ

西武対広島 5回裏に5失点しベンチで浮かない表情の広島先発の森下(撮影・滝沢徹郎)

<日本生命セ・パ交流戦:西武5−0広島>◇12日◇ベルーナドーム

 連続無失点投球を続けていた広島先発の森下暢仁投手(26)が、今季ワーストの5回5失点で3敗目を喫した。

 4回まで1安打投球も、5回に暗転。2死三塁から元山に先制打を許すと、さらに3本の適時打を含む4安打を浴びた。24イニングぶりに喫した失点は大量5失点。ビッグイニングに「点を取られたところでもう少し粘り強く投げられたら」と猛省した。打線は西武隅田の前に4安打無得点。今季11度目のゼロ封負けとなった。

 ▽広島新井監督(マダックスを許した打線に)「こちらも森下で先制点をというプランで入ったけど、いい投手にいい投球をされた」






森下投手を責める訳にはいきませんね。序盤に得点圏にランナーを送り込みながらも、あと1本が出なかった打線に責任がありますね。

スタメンは1番センター秋山選手、2番セカンド菊池選手、3番ライト野間選手、4番サード小園選手、5番レフト末包選手、6番DH坂倉選手、7番ファースト佐藤選手、8番ショート矢野選手、9番キャッチャー會澤選手のオーダーを組みました。

西武の先発隅田投手に1回表、秋山選手は四球、菊池選手が送りバントで1アウト2塁も野間選手はセカンドゴロ、小園選手はレフトフライで先制できませんでした。

先発の森下投手は今季9度目の登板で、試合前まで5勝2敗、防御率1.16。前回の6月5日の日本ハム戦(マツダスタジアム)は8回を5安打無四死球の無失点で勝ち投手となり、自身2連勝中でした。

森下投手は1回裏、西武長谷川選手をピッチャーゴロ、西川選手をライトフライ。栗山選手をセカンドゴロとわずか9球で抑える立ち上がりでした。

2回表の攻撃で先頭の末包選手が四球、西武隅田投手の牽制悪送球で1アウト2塁となりましたが、佐藤選手はショートライナー、矢野選手の打席で末包選手が2塁で牽制に刺され、チャンスを潰しました。

森下投手は2回裏1アウトから西武陽川選手に死球、佐藤選手をセンターフライ、源田選手にセンター前ヒットで2アウト1、2塁から古賀選手を空振り三振に取り得点を与えませんでした。

3回表の攻撃は2アウトから秋山選手がレフトフェンス直撃の2ベースも、菊池選手はファーストファウルフライでまたも先制できませんでした。

打線は4回表、先頭の野間選手がファースト内野安打、小園選手が空振り三振、末包選手はセンターフライ、坂倉選手の打席で野間が2盗死で3人で終わりました。

森下投手は4回裏、西武栗山選手、中村選手、陽川選手のクリーンアップを3者凡退に抑えました。

しかし、森下投手は5回裏、先頭の代打の西武滝澤選手にレフト前ヒット、源田選手に送りバントで1アウト2塁に。古賀選手をファーストゴロも2アウトから西武元山選手にセンターへタイムリーを運ばれ、0−1と先制されました。森下投手は24イニングぶりの失点になりました。

さらに西武長谷川選手にセンター前ヒットで1、2塁とすると西川選手に右中間に2点タイムリー3ベースを弾き返され、0−3となりました。続く西武栗山選手に四球、中村選手にタイムリー内野安打、続く陽川選手にセンターへタイムリーを打ち返され、この回に6安打を集中され5点を失いました。

森下投手は今季最短5回を98球、7安打2四死球5奪三振の今季ワースト5失点(自責5)で3敗目を喫してしまいました。今日の森下投手は全体的に球が高めに浮いていたように感じました。なので、いつかは西武打線に捕まるのではと、ハラハラしながら観ていました。

6回裏は2番手黒原投手が西武源田選手、古賀選手、元山選手を3者凡退に抑えました。打線は西武隅田投手の前に6、7回はともランナーを出せませんでした。

7回裏は3番手の河野投手が西武長谷川選手、西川選手、奥村選手を3人で退けましたが8回表の攻撃も西武隅田投手に坂倉選手がライトフライ、代打の堂林選手がショートゴロ、矢野選手はセンターフライに終わりました。

8回裏は4番手の矢崎投手が西武中村選手をレフトフライ、陽川選手をサードゴロ、滝澤選手をショートゴロと3人で抑えました。

9回表の攻撃は會澤選手がセカンドフライ、秋山選手がセンター前ヒット、菊池選手はレフトフライ、野間選手がヒットも小園選手が凡退し試合が終わりました。

西武隅田投手にはマダックスを献上し、早くも今季11度目の完封負けとなりました。西武隅田投手の武器であるチェンジアップに完全に翻弄されました。野手の皆さんは本気で隅田投手対策をしっかり練ったのか、疑問が残ります。チームは29勝24敗4分けの貯金5となりました。

今日の試合、坂倉選手を6番DHで起用しましたが、坂倉選手はバッティングフォームを完全に崩しているので、ドリヨシ的には反対でした。坂倉選手は一旦ファームでリフレッシュしてもらった方が得策かと思います。坂倉選手のファンの皆さんには申し訳ないですが、彼は現在は1軍レベルではないと思います。

今日のポジれる点は、6回からリリーフ登板した黒原投手、河野投手、矢崎投手が無失点リレーをしたところでしょうか。それだけに、森下投手の5回裏のピッチングは悔やまれますね。

さて、明日はカード勝ち越しをかけての試合になります。カープの先発は九里投手です。前回日本ハム戦は7回1失点で勝ち投手になっています。明日も打たせて取るピッチングをして、西武打線を翻弄して欲しいですね。西武はボー・タカハシ投手です。前回読売戦では5回途中7安打3失点で敗戦投手になっています。カープ打線から見ると、苦手なタイプではないと思いますので、序盤からどんどん攻めていって欲しいと思います。

2024年06月11日

1回戦@ベルーナドーム 広島2−1埼玉西武 床田投手8回1失点好投でリーグトップタイの7勝目!菊池選手先制ソロ!松山選手貴重な犠飛!

1000003651.jpg

【広島】床田寛樹8回1失点好投、リーグトップタイ7勝目「本当に素晴らしい」新井監督称賛

6/11(火) 22:07配信


日刊スポーツ

西武対広島 試合後、今季7勝目の「7」のポーズを決める広島床田(撮影・滝沢徹郎)

<日本生命セ・パ交流戦:西武1−2広島>◇11日◇ベルーナドーム

 広島床田寛樹投手(29)が8回1失点の好投でリーグトップタイの7勝目を挙げた。

 自身今季最長タイの投球回にも、開口一番「悔しいです」と唇をかんだ。1、4、6回と3度1イニングに球数20球を超え、2点リードの8回にはソロを浴びて1点差に迫られた。「打たれた瞬間にこの回までだと思った。ここでズルズルいったら途中で代わると思ったので、もう1回気合を入れ直して投げました」。7回まで三塁を踏ませず、1点を失った8回も後続を切って流れを渡さなかった。新井監督も「本当に素晴らしいピッチングだった」とたたえた。






今日の試合はある程度投手戦になるだろうと予想していましたが、軍配が上がったのは床田投手でした。バックも好守連発で床田投手をもり立てて、まさに守り勝った試合でした。

打線はパ・リーグを代表する右腕、西武今井投手に対し、2回表2アウトから今日8番セカンドでスタメン出場した菊池選手が4球目のスライダーを振り抜き、打球はレフトスタンドへ。4号ソロホームランで1−0と先制しました。菊池選手はこれがあるんです。小技も出来ますが、パンチ力もあります。

1−0で迎えた7回表は先頭の矢野選手がライトフェンス直撃の2ベースで出塁。その後1アウト3塁となり、代打の切り札の松山選手があと少しでスタンドインというライトへの犠牲フライを放ち、2−0とリードを広げました。松山選手の打撃が再び良くなってきましたね。

7日に支配下登録された佐藤選手は7番ファーストで2戦連続スタメン出場しました。4回表2アウト1塁で、西武今井投手の甘く入った変化球を完璧に捉え、強烈なライト前ヒットを放ち、プロ初ヒットをマークしました。佐藤選手、おめでとうございます。ドリヨシ的には佐藤選手は1軍での打線の軸となる可能性は高いと思っています。まずは今日、プロとしての第一歩を踏み出しました。是非頑張って欲しいですね。

先発の床田投手は、安定感抜群のピッチングを披露しました。昨年の登板でも、5安打完封に封じた西武打線を今日もほぼ完璧に抑え、リーグトップタイの7勝目を挙げました。床田投手は今季一体何勝するのか楽しみですね。15勝は行くのではないでしょうか。

これでチームは連勝で、29勝23敗4分けで貯金を6とし、2位阪神に2ゲーム差の首位をキープしています。交流戦は7勝6敗で5位につけています。

さて、明日のカープの先発は森下投手です。前回登板の日本ハム戦では8回無失点で今季5勝目をマークしており、現在19イニング連続無失点を継続中です。明日も無双のピッチングを期待しましょう。西武は隅田投手です。前回ヤクルト戦は6回途中5安打4失点で敗戦投手になっています。防御率も3.65と、絶対的に良いとは言えません。つけ入る隙はあると思います。

2024年06月09日

3回戦@マツダ 広島4−1千葉ロッテ 松山選手決勝タイムリー!秋山選手ダメ押しタイムリー!アドゥワ投手6回無失点好投!セ・リーグ首位キープ!

1000003647.jpg

【広島】松山竜平が代打V打で堅首 約1か月ぶりタイムリー ロッテ戦勝ち越しは7年ぶり

6/9(日) 16:43配信


スポーツ報知

8回1死一、二塁、勝ち越しの左中間適時二塁打を放つ松山竜平(カメラ・岩田大補)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島4―1ロッテ(9日・マツダスタジアム)

 広島は、接戦を制して首位をキープした。

 1―1同点の8回1死一、二塁から、代打・松山竜平外野手が、左中間に決勝の適時二塁打。なおも1死二、三塁から、秋山が3安打目となる2点適時打で続いた。一挙3得点を奪い、ロッテを突き放した。

 ベテラン・松山は5月10日の中日戦で適時打を放って以降、13打数1安打。約1か月ぶりのタイムリーが決勝点となった。

 打線は、試合前まで防御率リーグトップ1・45のロッテ・メルセデス相手に毎回走者を出しながら、決定打を欠いた。0―0で迎えた5回は秋山、野間の連打で1死一、三塁とし、菊池のスクイズで1点を奪った。だが、その後なかなか追加点を奪えなかった。

 投手陣は先発・アドゥワが6回無失点と好投。チームトップの床田に並ぶ6勝目の権利は手にしたが、7回1死一塁でバトンを受けた3番手・矢崎が連続四球と代打・岡の左犠飛で同点に追い付かれた。8回は島内も2四球で2死一、三塁のピンチを招いたが、勝ち越しは許さず。9回は栗林が締めくくった。

 今カードは、初戦の7日に大瀬良がプロ野球90人目(102度目)の無安打無得点の偉業を達成。前日は好投手・佐々木の前に沈んだが、2勝1敗で2カード連続の勝ち越しに成功。ロッテ戦は17年以来7年ぶりの勝ち越しとなった。

報知新聞社






今日はアドゥワ投手に勝ちがつかなかったのが残念でした。しかし、チームは2カード連続の勝ち越しを決め、交流戦は6勝6敗の5割に戻しました。ソフトバンクに3タテを食らった時は、今年の交流戦はダメかなと思いましたが、再び這い上がって来ました。チームは確実に強くなって来ています。
 
まずは先発のアドゥワ投手ですね。3戦連続で2回までに失点を許していたアドゥワ投手ですが、今日は3回までパーフェクトピッチングでした。4回表はロッテ友杉選手にヒットを浴びましたが、得点は許しませんでした。5回表は先頭のロッテ角中選手の右中間への2ベースから1アウト3塁のピンチを背負いましたが、無失点で切り抜けました。アドゥワ投手は6回94球を投げて、2安打1四球4奪三振で無失点という内容でした。今日のアドゥワ投手は低めに球を集め、打たせて取る本来のピッチングがしっかり出来ていたと思います。5回は球が甘いコースに集まりかけていましたが、なんとか踏ん張りました。今日は比較的安定した内容だったと思います。

打線はロッテ先発のメルセデス投手の前に毎回ランナーを出しながら、あと1本が出ませんでした。5回裏、秋山選手、野間選手の連打で1アウト1、3塁とし、続く菊池選手のスクイズで1−0と先制しました。秋山選手を1塁に置いて、続く野間選手の初球にヒットエンドランを決めて1、3塁としたのは大きかったですね。また、菊池選手のスクイズバントですが、インコース低めの難しい球に対して空振りせず、見事にインフィールドに転がしました。まさに技ありのスクイズでした。

試合終盤は逃げ切りを図るべく、7回からリリーフ陣を投入しました。7回表頭からは塹江投手が登板しましたが、先頭のロッテ角中選手に執念のショート内野安打で出塁。続く佐藤選手が送りバント失敗で1アウト1塁となってところで矢崎投手にスイッチしました。しかし、矢崎投手がピリッとしません。代打のロッテ中村選手、さらに小川選手に連続四球を与え、1アウト満塁の大ピンチを招いてしまいました。勝ちパターンのリリーフ投手が連続四球を与えたのはかなり痛かったですね。矢崎投手がどれだけ準備が出来ていたのか、少し疑問です。続く代打のロッテ岡選手にレフトへ犠牲フライを許し、1−1の同点とされました。この1失点はもったいなかったですね。

しかし、カープの底力はここから発揮されます。8回裏、1アウトから石原選手がレフト前ヒットで出塁。続く矢野選手が絶妙なセーフティーバントを成功させ、内野安打となり1、2塁としました。ここで代打の切り札の松山選手が登場。松山選手は左中間へタイムリー2ベースを放ち、2−1と勝ち越しました。さらに2アウト2、3塁から秋山選手がセンター前へ2点タイムリーを放ち、4−1と一気にリードを広げました。今日のカープの得点は、全てベテラン選手の一打で絡んでいます。

9回表は守護神の栗林投手が登板し、3者凡退に抑え、試合が終わりました。

チームはソフトバンクに3タテを食らった後、2カード連続の勝ち越しを決めました。交流戦は6勝6敗の5割とし、5位タイとなりました。また、セ・リーグでは28勝23敗4分けの貯金5とし、2位阪神に1ゲーム離しての首位をキープしています。

さて、あさってからはビジター6連戦です。11日からはベルーナドームで西武との3連戦、14日からは楽天モバイルパークで楽天との3連戦です。なんとか4勝2敗で乗り切って欲しいと思います。

2024年06月08日

2回戦@マツダ 広島1−3千葉ロッテ 相手の守備ミスで先制も、味方の守備ミスで失点し逆転負け。玉村投手5回2失点で2敗目。味方の失策に泣く。

1000003626.jpg

広島・先発の玉村昇悟、同学年の佐々木朗希と投げ合い0並べたが…味方の失策に泣く

6/8(土) 17:16配信

読売新聞オンライン

広島・玉村昇悟

 ロッテ3―1広島(交流戦=8日)――今季3度目の先発となった広島の先発玉村が5回2失点。同学年の好投手・佐々木との投げ合いにも「特に意識することなく、打者との勝負に集中したい」と臨み、140キロ台中盤の直球にキレのあるスライダーやカーブをコーナーに集め、四回までスコアボードに0を並べた。五回に味方の失策で2点を失って降板したが、先発の役割は果たした。






ドリヨシは何度も口を酸っぱくして言ってますが、接戦ではミスをした方が負けると何度も言っています。今日の試合、守備のミスがなければ、勝てていたかもしれません。今日、チームは2つの失策をしていますが、どちらも失点に絡んでいます。ファンとしてはがっかりです。

玉村投手は今季3度目の登板で、試合前まで0勝1敗、防御率5.00。前回の6月1日のソフトバンク戦(みずほPayPayドーム)は6回を6安打2失点(自責0)で負け投手になりました。マツダスタジアムでは今季初登板で、2022年4月7日の読売戦からこの球場で5連勝中でした。

玉村投手は1回表1アウトからロッテ友杉選手と部選手に連打され1、2塁となるもソト選手をショートゴロ併殺打に仕留めました。

ロッテの先発の佐々木朗希投手に対するスタメンは、1番センター秋山選手、2番サード羽月選手、3番ライト野間選手、4番ショート小園選手、5番レフト末包選手、6番ファースト坂倉選手、7番セカンド矢野選手、8番キャッチャー石原選手、9番ピッチャー玉村投手のオーダーを組んだ。

1回2アウトから野間選手が死球、小園選手がセンター前ヒットで1、2塁としましたが、末包選手はセカンドゴロで先制できませんでした。

2回裏の攻撃で1アウトから矢野選手が三振振り逃げで出塁、石原選手はセンター前ヒットで1、2塁に。玉村投手のピッチャー前の送りバントをロッテ佐々木朗希投手が1塁に悪送球する間に矢野選手が一気に2塁から帰還し1−0と先制しました。矢野選手は好走塁でしたね。カープらしい、泥臭い点の取り方だったと思います。

玉村投手は3回表を3者凡退に抑えると4回表はロッテ部選手をセンターフライ、ソト選手を空振り三振、岡選手をレフトフライとクリーンアップを3人で退けました。

玉村投手は5回表、先頭のロッテ佐藤選手にセンターヒット、中村選手にライト前ヒット、小川選手に送りバントを決められ1アウト2、3塁に。佐々木朗希投手を空振り三振もロッテ萩野選手のサードゴロを羽月選手が後逸し、2人の走者が還り1−2と逆転されました。真正面のゴロを後逸するとは言語道断です。羽月選手は猛省しなくてはなりません。納得するまで特守を受けるべきです。玉村投手は5回を72球、4安打1四球4奪三振に2失点(自責0)で降板しました。玉村投手自信、納得のいかない降板だったと思います。羽月選手の失策がなかったら、おそらく続投したはずです。

直後、5回裏の攻撃は石原選手が空振り三振、代打の宇草選手はサードファウルフライ、秋山選手は空振り三振に終わりました。

6回表は2番手の森浦投手が先頭のロッテ部選手にファースト内野安打で出塁を許しました。このプレー、ファーストの坂倉選手から1塁ベースカバーに入った森浦投手にトスをしたのですが、森浦投手が捕球し損ない、セーフとなりました。記録はヒットになりましたが、ドリヨシは失策だと思います。続くロッテソト選手をセカンドフライ、岡選手にショートゴロで2アウト2塁となるとロッテ佐藤選手にセンターへタイムリーを弾き返され、1−3となりました。この1点はカープにとって重い1点にならましたね。

さらにロッテ中村選手に四球、小川選手のショートゴロを小園選手が失策し2アウト満塁から佐々木朗希投手を空振り三振に取りました。

6回浦和の攻撃でロッテ佐々木朗希投手に羽月選手と野間選手が連続三振、2アウトから小園選手がセンター前ヒットも末包選手はセンターフライに倒れました。

7回表は3番手のハーン投手がロッテ萩野選手、友杉選手、部選手を3者凡退に抑えました。ハーン投手はめっちゃ速いストレートとキレのある変化球もさることながら、コントロールもかなりいいので、勝ちパターンで登板させても大丈夫ではないかと思います。

ロッテ2番手の坂本投手に7回裏、坂倉選手はショートゴロ、矢野選手は四球、石原選手はレフトフライ、代打の二俣選手はファーストライナーに終わりました。

8回表は4番手の黒原投手がロッテ佐藤選手にヒットを打たれるが無失点に抑えました。

8回裏の攻撃はロッテの3番手の鈴木投手に秋山選手はレフトフライ、羽月選手は見逃し三振、野間選手は四球も小園選手はレフトフライに打ち取られました。

9回表は5番手の塹江投手が1アウトから代打のロッテ愛斗選手にレフトでヒット、萩野選手にもレフト前ヒットで1アウト1、2塁からロッテ友杉選手をショートゴロ、部選手を空振り三振に取りました。

9回裏の攻撃はロッテ守護神の益田投手に末包選手はサードゴロ、坂倉選手はピッチャーゴロ、代打の松山選手はレフトフライと無得点に抑えられました。打線は3安打で、ロッテ投手陣に10三振に倒れました。

昨日、大瀬良投手がノーヒットノーランの偉業を成し遂げて、チームは乗っていかないといけない中で、今日みたいなブザマな試合をしたのでは、非常に情けないと感じざるを得ません。

今日は坂倉選手をファーストスタメンで起用していましたが、坂倉選手はもはや1軍レベルではありません。ファームでしばらくリフレッシュさせるべきです。ファーストは田中選手じゃダメなんですか?
また、羽月選手をサードスタメンで起用しましたが、結果は散々たるものでした。打撃は4打数4三振で、守備では痛恨の2点タイムリーエラーをしてしまいました。個人的には羽月選手を応援していますが、今は羽月選手は代走要員として頑張ってもらうのが妥当かと思います。

正直、今日の試合は羽月選手で負けたと言っても過言ではありません。

読者の皆さん、誤解しないでくださいね。ドリヨシは選手個人を攻撃している訳ではありません。叱咤激励の思いを込めて、厳しい言葉を書いています。

さて、明日はマツダスタジアム今季最後の交流戦です。明日のカープの先発はアドゥワ投手です。とにかく立ち上がりが課題なので、序盤を無失点で切り抜ける事が出来れば、長いイニングをいけると思います。ロッテは過言読売にもいたメルセデス投手です。カープ打線はそんなに苦手意識はないと思いますので、足で揺さぶりながら攻撃出来ればいけると思います。

2024年06月07日

1回戦@マツダ 広島4−0千葉ロッテ 大瀬良投手がNPB史上90人目、球団では5人目、7度目のノーヒットノーラン達成!チームは3連勝で首位浮上!

1000003624.jpg

広島が首位浮上 大瀬良がノーノー快挙で3連勝 交流戦も勝率5割に復帰 野間が67イニングぶり適時打

6/7(金) 20:59配信

デイリースポーツ

 ノーヒットノーランを達成し、ナインから祝福される大瀬良(撮影・市尻達拡)

 「広島4−0ロッテ」(7日、マツダスタジアム)

 広島が3連勝。巨人が敗れたため、1日以来の首位に浮上した。

 打線は二、三回と2死満塁で無得点。しかし、四回2死一、三塁から2番・野間が美馬から右中間を破る先制の2点適時三塁打を放った。チームにとって67イニングぶりの適時打が飛び出して試合の主導権を握った。六回はこの日誕生日の小園が2点適時三塁打で追加点を挙げた。

 投げては先発・大瀬良が序盤から圧巻の投球を披露。ロッテ打線に粘られる場面もあったが、相手に的を絞らせずに堂々たる好投を見せた。






大瀬良投手、ノーヒットノーラン達成おめでとうございます。球団としては2012年4月6日に前田健太投手がDeNA戦で達成して以来、5人目となりました。9回表の大瀬良投手のピッチングには、ドリヨシもドキドキしながらテレビで観戦していました。最後の打者、ロッテポランコ選手をライトフライに抑えた瞬間は、胸が熱くなりました。

先発の大瀬良投手は今季9度目の登板で、試合前まで2勝0敗、防御率1.27。前回の5月31日のソフトバンク戦(みずほPayPayドーム)は7回を4安打1失点(自責0)で勝ち負けつきませんでした。

大瀬良投手は1回表、ロッテ友杉選手をサードゴロ、角中選手をファーストゴロ、部選手をレフトフライとわずか11球で3人を抑える立ち上がりでした。

スタメンはキャッチャーに會澤選手が入った以外に変更はなく、小園選手が3番サード、末包選手が4番レフト、田中選手が5番ファースト、菊池選手が6番、矢野選手が7番に名を連ねました。

ロッテの先発美馬投手に1回裏、秋山選手がライト前ヒット、野間選手のファーストゴロで1アウト2塁、小園選手のセカンドライナーに2塁ランナーの秋山選手が帰塁できず併殺に終わりました。

2回裏の攻撃で先頭の末包選手のショートゴロをロッテ友杉選手が失策、末包選手がプロ初盗塁の2盗を決めノーアウト2塁に。田中選手は空振り三振、菊池選手のサードゴロをロッテ中村選手が失策し1アウト1、2塁から矢野選手はファーストゴロ。ランナーが入れ代わり1塁ランナーの矢野選手が2盗を決め、會澤選手が申告敬遠で2アウト満塁とするも大瀬良投手はライトフライに倒れ先制できませんでした。

大瀬良投手は3回までロッテ中村選手への四球のみでノーヒットに抑えました。3回裏の攻撃で1アウトから野間選手のサードゴロをロッテ中村選手が後逸、小園選手のファーストゴロをロッテ安田選手がファンブル。1アウト1、2塁も末包選手は空振り三振、田中選手は四球で2アウト満塁から菊池選手も空振り三振で先制できませんでした。

大瀬良投手は4回表、ロッテ角中選手をレフトフライ、部選手をショートフライ、ポランコ選手をライトフライに打ち取りました。

打線は4回裏、先頭の矢野選手が四球、會澤選手のレフト前ヒットでノーアウト1、3塁に。大瀬良投手のバント姿勢に3塁ランナーの矢野選手が飛び出してしまい挟殺。大瀬良投手も空振り三振、2アウト2塁から秋山選手がレフト前ヒットで1、3塁から野間選手が右中間にタイムリー3ベースを弾き返し2−0と先制しました。チームは67イニングぶりのタイムリーとなりました。再三のチャンスがありながら、なかなか得点が出来ていなかっただけに、この回にタイムリーが出て、流れをロッテに行かせなかったのは良かったですね。今日は野間選手がチームの嫌な流れを払拭してくれました。

大瀬良投手は5回表もロッテ佐藤選手と中村選手をともにセンターフライ、安田選手を空振り三振に取りました。その裏の攻撃では末包選手がライト前ヒット、田中選手のファーストゴロで1アウト2塁から菊池選手はショートゴロ、矢野選手は見逃し三振に終わりました。

大瀬良投手は6回表1アウトから代打のロッテ池田選手に四球も友杉選手をショートゴロ併殺打に打ち取りました。6回裏の攻撃は先頭の會澤選手が四球、大瀬良投手の送りバント、秋山選手はセカンドゴロで2アウト3塁から野間選手は四球を選び、小園選手がレフトへ2点タイムリー3ベースを運び、4−0としました。

大瀬良投手は7回表はロッテ角中選手、部選手、ポランコ選手を全て内野ゴロに打ち取りました。8回表はロッテ佐藤選手をショートゴロ、中村選手に四球、代打の岡選手をサードフライ、小川選手をピッチャーゴロに打ち取りました。

大瀬良投手は9回表、先頭の代打のロッテソト選手をショートゴロ、友杉選手を空振り三振、角中選手にフルカウントから四球、部選手にはストレートで四球を出し1、2塁としましたが最後はロッテポランコ選手を平凡なライトフライに打ち取り、ノーヒットノーランの偉業を達成しました。

あらためて、大瀬良投手ノーヒットノーランおめでとうございます!昨シーズンは大瀬良投手にとっては屈辱的なシーズンだっただけに、今季にかける思いは強いと思います。今季の開幕投手を九里投手に譲った悔しさもあったと思います。カープのエースはやはり大瀬良投手ですね。

チームは今季6度目の3連勝で、読売が敗れたため首位に立ちました。

さて、明日あさってはデーゲームです。明日のカープの先発は玉村投手です。前回ソフトバンク戦では6回2失点の好投でした。前回同様のピッチングをすれば、1失点以内にまとめてくれると思います。ロッテは佐々木朗希投手です。カープの打撃陣はとにかくブランド負けしない事が大切です。受け身にならずに積極姿勢で臨んで欲しいですね。

2024年06月06日

3回戦@マツダ 広島3−1北海道日本ハム 末包選手決勝2ラン!九里投手7回1失点好投で2勝目!首位読売に0.5差でピタリとつける!

1000003605.jpg

広島 末包の初体験「4番弾」で新庄日本ハム連破 九里も「熱投」2勝目

6/6(木) 20:35配信


スポニチアネックス

<広・日>初回2死二塁、先制の2点本塁打を放ち、広島・野間(右)とタッチをかわす末包(撮影・北條 貴史)

 ◇交流戦 広島3ー1日本ハム(2024年6月6日 マツダ)

 広島が序盤のリードを守り抜き、日本ハムに連勝した。

 初回2死二塁の好機に、末包が初球を左翼席へ先制2ラン。自身にとって初体験となる「4番弾&打点」でリードを奪うと、投げては先発の九里が気合いの入った投球で凡打の山を築く。

 九里は7回を投げて被安打4、1失点。最後は栗林が締めた。投打の歯車がかみ合い、貯金を4に戻した。






今日は序盤の得点を先発九里投手、島内投手、栗林投手の必勝リレーで守り、日本ハムにカード勝ち越しを決めました。

 1回裏、4番末包選手が一振りで勝負を決めました。2アウト2塁から、5月29日のオリックス戦以来7戦ぶりの5号2ランをレフトスタンドへ運びました。前夜5日には秋山選手が初回先頭打者初球本塁打を放ちました。日本ハム先発の鈴木投手の投げたインコース寄りの球を上手くさばきました。2戦連続で初回の一発が決勝点となりました。末包選手が今季、本塁打を放った試合は5戦5勝です。

 打線は2回裏にも秋山選手の犠牲フライで3点目を奪いました。ただ、快勝はしましたが、今季最多14得点した5月29日の本拠オリックス戦の8回以降、本塁打以外のタイムリーなしが続いています。この日まで7戦15得点は、本塁打4本で7得点、犠牲フライで4得点、犠打野選、敵失、押し出し四球、暴投でそれぞれ1得点したものでした。このタイムリーなしが少し気になりますね。

 先発の九里投手は、7回4安打無四球で1失点の好投で2勝目を挙げました。前夜に8回無失点でチームの5連敗ストップに導いた森下投手に続き、先発投手が2戦連続の無四球投球となりました。九里投手は昨年から交流戦は5戦負けなしの3連勝で、その間はこの日を含めて防御率0.79の好成績を残しています。

しかし、この日本ハムとの3連戦ですが、日本ハムの各打者がすごく振れているなと感じました。カープの投手陣も、コーナーで揺さぶったり、奥行きのある攻めをしても、カットしてついてきたり、難しい球をヒットゾーンへ飛ばしたりと、かなりレベルの高い打撃を見せています。シーズン後半にパ・リーグ首位のソフトバンクを脅かす存在になる可能性は十分ありそうです。

カープは5連敗の後の連勝で、26勝22敗4分けの貯金4とし、首位読売に0.5ゲーム差でピタリとつけています。交流戦は前半を終えて4勝5敗の7位タイとなっています。ソフトバンク戦で3タテを食らったのが響いていますが、後半はロッテになんとか勝ち越せば、あとは西武と楽天なので、交流戦勝ち越しも見えてきます。

さて、明日からはマツダスタジアムでロッテとの3連戦です。明日のカープの先発は大瀬良投手です。前回ソフトバンク戦は7回1失点の好投も、勝ちがつきませんでした。しかし、防御率は1.27と得点はほとんど与えていません。明日も好投を期待しましょう。ロッテは美馬投手です。主戦級のピッチャーですが、今季の防御率は8.68です。攻略の糸口はありそうです。明日こそタイムリーで得点を重ねて欲しいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝