アフィリエイト広告を利用しています
QRコード
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
2018公式戦(132)
2018交流戦(20)
コメント(219)
広告(4868)
選手(1127)
プロ野球(187)
その他(340)
球団ニュース(323)
侍ジャパン(81)
2017春季キャンプ(24)
2017練習試合(16)
2017オープン戦(24)
2017WBC(12)
2017公式戦(129)
2017交流戦(19)
2017クライマックスシリーズ(7)
2017ドラフト会議(9)
2017秋季キャンプ(8)
2018春季キャンプ(35)
2018練習試合(3)
2018オープン戦(16)
2018ドラフト会議(12)
2018クライマックスシリーズ(5)
2018日本シリーズ(11)
2018秋季キャンプ(7)
2019春季キャンプ(36)
2019練習試合(6)
2019オープン戦(18)
2019公式戦(127)
2019交流戦(20)
2019ドラフト会議(10)
2019プレミア12(16)
2019秋季キャンプ(14)
2020春季キャンプ(27)
2020練習試合(22)
2020オープン戦(14)
2020公式戦(127)
2020ドラフト会議(16)
2021公式戦(134)
2021春季キャンプ(29)
2021練習試合(9)
2021オープン戦(12)
2021交流戦(19)
2021エキシビションマッチ(9)
2021東京オリンピック(5)
2021ドラフト会議(11)
2021秋季練習(7)
2022オープン戦(17)
2022春季キャンプ(24)
2022練習試合(4)
2022公式戦(132)
2022交流戦(18)
2023WBC(12)
2022秋季練習(2)
2022ドラフト会議(23)
2022秋季キャンプ(10)
2023春季キャンプ(27)
2023練習試合(4)
2023オープン戦(17)
2023公式戦(126)
2023交流戦(18)
2023クライマックスシリーズ(5)
2023ドラフト会議(19)
2023秋季練習(4)
2023秋季キャンプ(5)
2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(4)
2024春季キャンプ(19)
2024練習試合(3)
2024オープン戦(19)
2024公式戦(65)
2024交流戦(18)
月別アーカイブ
2024年07月(26)
2024年06月(73)
2024年05月(66)
2024年04月(69)
2024年03月(86)
2024年02月(74)
2024年01月(81)
2023年12月(104)
2023年11月(94)
2023年10月(102)
2023年09月(76)
2023年08月(57)
2023年07月(70)
2023年06月(80)
2023年05月(92)
2023年04月(95)
2023年03月(111)
2023年02月(91)
2023年01月(96)
2022年12月(105)
2022年11月(117)
2022年10月(122)
2022年09月(93)
2022年08月(107)
2022年07月(112)
2022年06月(89)
2022年05月(85)
2022年04月(78)
2022年03月(109)
2022年02月(90)
2022年01月(111)
2021年12月(121)
2021年11月(110)
2021年10月(117)
2021年09月(91)
2021年08月(99)
2021年07月(102)
2021年06月(102)
2021年05月(117)
2021年04月(92)
2021年03月(100)
2021年02月(104)
2021年01月(100)
2020年12月(100)
2020年11月(113)
2020年10月(105)
2020年09月(93)
2020年08月(92)
2020年07月(94)
2020年06月(100)
2020年05月(121)
2020年04月(93)
2020年03月(105)
2020年02月(107)
2020年01月(111)
2019年12月(112)
2019年11月(123)
2019年10月(112)
2019年09月(106)
2019年08月(95)
2019年07月(98)
2019年06月(98)
2019年05月(93)
2019年04月(98)
2019年03月(110)
2019年02月(108)
2019年01月(103)
2018年12月(107)
2018年11月(126)
2018年10月(114)
2018年09月(101)
2018年08月(100)
2018年07月(103)
2018年06月(95)
2018年05月(102)
2018年04月(108)
2018年03月(120)
2018年02月(111)
2018年01月(126)
2017年12月(102)
2017年11月(110)
2017年10月(120)
2017年09月(110)
2017年08月(104)
2017年07月(83)
2017年06月(66)
2017年05月(70)
2017年04月(71)
2017年03月(109)
2017年02月(102)
2017年01月(53)
最新記事
検索
ワッピー

2024年07月11日

シャイナー選手は1軍で大化けするのか?

1000003831.jpg

【広島】「勘ピューター」は吉と出るか? シャイナー昇格は新井監督の独断′定

東スポWEB によるストーリー

2回、三邪飛に倒れた広島・シャイナーコピーライトマーク 東スポWEB

広島は10日の巨人戦(マツダ)が4回途中に降雨のためノーゲームとなった。4連敗中の踏ん張りどころで、新井貴浩監督(47)はこれまでとは異なる手法を試みていた。

深刻な得点力不足の起爆剤として、指揮官がチョイスしたのはジェイク・シャイナー内野手(28)の昇格だった。開幕2戦目に右手中指を骨折して離脱して以降、二軍でも目立った結果を残せていなかった助っ人をあえて一軍に呼び寄せたのだ。シャイナーが実戦復帰したのは4月下旬。だが、その二軍でも打率1割7分1厘、2本塁打、7打点と苦しみ、昇格候補ですらなかったのが現実だ。

それでも今月に入ってチームが1勝6敗と下降線をたどる中、何らかのカンフル剤が必要と感じたからなのかもしれない。そこは新井監督も認めつつ「何か動かないといけない」と言い「外国人選手というのは、場所が変わって気持ちが上がってくることもある」と説明。これまで二軍からの推薦がなければ、認めていなかった昇格人事を自らの一存で決断したという。

一方で別の見立てもある。そもそも新助っ人のシャイナーはキャンプ前の時点では「4番候補」だった。二軍関係者はそんな経緯も踏まえた上で「下で成績は残せてなくても1回は上でチャンスをあげないと、と思っていたんじゃない? 外国人選手の場合は『ダメ』なら、その年限りとするしかないんだから」と指揮官の温情≠ェ働いた可能性もあると推察する。昨季は3Aで30本塁打、100打点を記録した長距離砲だけに、きっかけさえつかめれば…という思惑だ。

そのシャイナーはこの日「8番・一塁」で即スタメン出場。三邪飛に倒れた2回の1打席も幻となり、指揮官も「1打席じゃ何も言えんわな」と苦笑いで評価を先送りにした。

いずれにせよ、これまでとは異なるアプローチで刺激を注入した新井監督の勘ピューター≠ヘ吉と出るのか。






シーズン後半戦、大混戦のセ・リーグのチームから抜け出すのに、シャイナー選手の打撃にかかっていると言っても過言ではありません。

今季、シャイナー選手は開幕2戦目で守備の際に右手中指を突き指し、骨折が判明して、以来1軍には出場していません。ポジティブに考えれば、明日のヤクルト戦が開幕3戦目という事になるので、打撃力の可能性は無限大だと考えていいと思います。

本文にもありますが、昨年アメリカの3Aで30本塁打の100打点を記録した選手ですから、今シーズン後半はその片鱗を覗かせても不思議ではありません。

ドリヨシ的には、シャイナー選手にはシーズン後半は15本塁打の50打点目指して頑張って欲しいと思います。相手投手はおそらく変化球攻めをしてくるかと思います。インコース高めにストレート系で見せて、最後はアウトコース低めに逃げる球か落ちる球で空振りを誘う、オーソドックスな配球をしてくると思いますので、シャイナー選手がアウトコースの変化球をどれだけ見極める事が出来るかがカギになりそうです。

新井監督はこのシャイナー選手の1軍での起用は大きな賭けだと思います。シャイナー選手の成績が、チームの成績に直結するのは間違いないのではないでしょうか。シャイナー選手も「得点圏にランナーがいたら自分のバットで還す、そんな気持ちで1軍にやってきた」と気合い十分です。

明日からマツダスタジアムでヤクルトとの3連戦です。ヤクルトは3戦ともに左投手を先発させるようです。それだけに益々シャイナー選手が重要なピースとなりそうです。ここは思い切ってシャイナー選手を4番に置いてみてはどうでしょうか。

チームはリーグ戦再開後の16試合でチーム打率は.189、1試合平均2.19得点という超貧打で、7月に入って1勝6敗と大失速しています。シャイナー選手が救世主となれるか、まずは明日の試合に注目ですね。

2024年07月10日

今日の広島−読売14回戦は4回表降雨ノーゲームとなりました。

1000003829.jpg

広島VS巨人 首位攻防第2ラウンドは降雨ノーゲーム 岸田と上本の打点は幻に

7/10(水) 19:29配信


スポニチアネックス

<広・巨(14)>4回途中、悪天候のため中断する(撮影・藤山 由理)

 ◇セ・リーグ 巨人―広島(2024年7月10日 マツダ)

 10日に行われた広島―巨人14回戦(マツダ)は試合前からの降雨が途中で激しくなり、1―1の4回表、巨人攻撃中に中断。結局そのまま再開されず、ノーゲームとなった。

 前日9日の2連戦初戦は巨人が5―3で勝利。巨人は“鬼門”マツダで今季7戦目にして初勝利を飾り、33日ぶりの単独首位に浮上した。

 首位と2位が入れ替わって迎えた、この日の首位攻防第2ラウンド。終日雨予報のなか、試合は午後6時の定刻に広島・九里、巨人・井上の投げ合いで始まった。

 巨人は初回、1死から吉川が右前打で出塁するもヘルナンデス、岡本和が連続三振して得点ならず。

 それでも2回には広島先発右腕・九里から大城卓、岸田と捕手登録2選手がともに右中間へ連続二塁打して先制に成功した。

 だが、広島は3回に巨人先発左腕・井上から秋山の左前打と野間の右中間二塁打で二、三塁とし、上本の右犠飛で1―1の同点。

 この流れで二走の野間は二、三塁間に挟まれ、巨人守備陣は9―2―5―6―2―4―6とボールがわたる長い挟殺プレーの末にタッチアウトとし、攻守交代となった。

 そして、1―1となって迎えた4回表、巨人は5番・大城卓からの攻撃だったが、九里がストライク、ボールと2球を投じたところで球審が試合中断をコール。選手たちはそれぞれのベンチに引き上げてグラウンドはシートに覆われ再開を待ったが、結局、天候は回復せず、ノーゲームとなった。

 試合が不成立となったため、巨人は吉川、大城卓、岸田、ヘルナンデス、広島は小園、秋山、野間の安打が幻に。岸田と上本の打点1も消滅した。

 なお、11日は巨人、広島とも試合なし。12日には巨人はDeNA戦(東京D)、広島はヤクルト戦(マツダ)が予定されている。






ドリヨシ的には、今日はノーゲームになって良かったと思いました。3回裏に上本選手のライトへの犠牲フライで1−1の同点に追いつきましたが、その後先発の九里投手が好調読売打線をしっかり抑える事が出来るかどうか、不安もありましたし、試合を続行したとしても、降雨コールドゲームが予想される中、早く得点しなくてはならないプレッシャーも感じなくてはならないので、カープにとっては不利な状況になったかなと思います。

今日、阪神もDeNAも勝利しましたので、1位は読売、2位は0.5ゲーム差で阪神、3位は同じく0.5ゲーム差でDeNA、そしてカープは首位から1ゲーム差で4位となりました。実に1ゲーム差の中に4チームが入る大混戦となりました。

カープは明日は試合がありません。あさってからはマツダスタジアムでヤクルトとの3連戦です。優勝争いに残るためには、ヤクルトには絶対に負けられません。できれば3タテしておきたいところです。

シャイナー選手が1軍合流!

1000003828.jpg

広島・シャイナーが1軍合流 ウエスタンで打率・171、2本塁打 4連敗中のチームを救う起爆剤となれるか

7/10(水) 13:50配信


デイリースポーツ

 1軍に合流し、挨拶を交わすシャイナ−

 「広島−巨人」(10日、マツダスタジアム)

 広島のジェイク・シャイナー内野手(28)が1軍に合流した。

 開幕から2戦連続でスタメン入りするも、3月30日・DeNA戦(横浜)での守備で飛び込んだ際に右手中指を突き指。PIP間接剝離骨折と診断され、同31日に出場選手登録を抹消されていた。

 4月下旬に実戦復帰。ウエスタンではここまで34試合に出場し、打率・171、2本塁打、7打点としていた。

 また、中村健が2軍に合流している。

 10日の試合後に新井監督がセットアッパー・島内の再調整を明言。打線も得点力不足に苦しんでおり、現在4連敗中。踏ん張りどころを迎えているチームの救世主となれるかに注目だ。






シャイナー選手が1軍の打線の救世主となれるかどうかですね。シャイナー選手はDeNAとの開幕2戦目で守備の際に右手中指を突き指して骨折が判明。戦線を離脱しました。4月下旬に2軍で実戦復帰しましたが、ウエスタン・リーグで打率が2割に満たない状態でくすぶっていました。

ある意味、賭けだと思います。シャイナー選手のアメリカでの実績を考えれば、こんなものではないと思います。彼のポテンシャルから見れば、1軍で大化けする可能性も秘めています。シャイナー選手は今日の読売戦でスタメンに入るとの事ですが、どのようなバッティングを見せてくれるか注目です。

オールスターが明けて、末包選手も1軍に復帰するだろうと言われていますが、シャイナー選手と末包選手がある程度活躍してくれれば、カープ打線もつながっていくだろうと思います。

まずはシャイナー選手がケガをしないように祈りつつ、応援したいと思います。
posted by ドリヨシ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手

2024年07月09日

13回戦@マツダ 広島3−5読売 終盤同点に追いつくも8回に島内投手が打たれ敗戦。今季3度目の4連敗で首位陥落。

1000003827.jpg

【広島】33日ぶり首位陥落…新井監督の“代打・上本”的中も“岡本勝負”が実らず 今季3度目4連敗


7/9(火) 21:06配信


スポーツ報知

8回に登板して勝ち越しを許した島内(カメラ・義村  治子)

◆JERAセ・リーグ 広島3―5巨人(9日・マツダスタジアム)

 広島が6月6日以来33日ぶりに首位から陥落した。0ゲーム差の2位に迫られていた巨人との直接対決2連戦の初戦。今季、マツダでの同カードは4勝2分けだったが、7戦目で初黒星を喫し、今季3度目の4連敗で首位を明け渡した。

 同点に追い付いた直後の8回、2番手・島内が連打で1死二、三塁のピンチを招き、4番・岡本和に勝ち越しの犠飛を許した。なおも2死三塁から門脇に右前打を浴び、リードを2点に広げられた。

 4回に逆転3ランを放っていた岡本和を打席に迎えた場面は一塁が空いている状況だった。申告敬遠ではなく、勝負を選択したが“強攻策”で乗り切ることはできなかった。

 1点ビハインドの7回は7回2死三塁から9番・森下の打席で“切り札”松山ではなく、直近22打席無安打だった上本を代打に送った。打席も5戦ぶりだったが、巨人2番手・ケラーに右前適時打を浴びせた。チームにとって34イニングぶりのタイムリー。新井監督の采配が的中する形で同点に追い付いたものの、勝利に結び付かなかった。

 先発の森下は7回3失点。7回を投げ終えた時点で1点リードを許していたが、自身の代打・上本が同点打。7連勝中だった巨人戦で21年8月24日の敵地戦以来の黒星は回避したものの、チームを勝利に導く投球とはならなかった。

報知新聞社






またしても島内投手が打たれて敗戦となりました。ドリヨシ的には、島内投手は肉体的にも、精神的にも限界になっている中で、引き続きタフな場面で登板させるのはあまりにも酷いと思います。一旦ファームで調整させるなどし、リフレッシュさせるべきだと考えます。

今日の試合、先制したのはカープでした。3回裏、読売山崎投手に対し、1アウト1塁から森下投手のショートゴロを読売泉口選手が後逸して1、3塁となり、秋山選手のレフトへの犠牲フライで1−0としました。秋山選手は満足げな表情でしたが、ドリヨシとしてはタイムリーでつないでほしかったですね。

しかし、4回表に森下投手が捕まりました。1アウトから連打を浴びて1、3塁とされると、読売岡本選手にライトスタンドへ3ランを浴びて1−3と逆転されました。アウトコースの球を狙い打ちされてしまいました。この失点はかなり痛かったですね。

でも、カープ打線が粘りを見せます。6回裏は小園選手のショートゴロの間に1点入れ2−3。7回裏は代打上本選手がライト前へタイムリーを放ち、3−3の同点に追いつきました。

さあ、ここからと仕切り直しになった直後の8回表、カープ2番手に島内投手が登板しました。「えっ?ホントに?」と多くのカープファンは思ったのではないでしょうか。島内投手は連打で1アウト2、3塁のピンチとなり、続く読売岡本選手にライトへ犠牲フライを打たれ、3−4と勝ち越しを許しました。さらに2アウト3塁から読売門脇選手にライト前タイムリーを浴びて3−5とされ、そのまま試合は終わりました。

試合後、新井監督は島内投手をリフレッシュさせることを目的に、1軍登録から抹消する措置を決断しました。対応が遅いと思います。しかし、島内投手の力は必要なので、完璧な状態になった暁には、再びセットアッパーとして活躍して欲しいです。

チームは今季3度目の4連敗で、首位から陥落しました。首位読売に1ゲーム差の2位となりました。

いよいよカープも正念場に入りました。明日のカープの先発は九里投手です。読売戦は防御率が悪いのが気になりますが、連敗ストップは九里投手の右腕にかかっています。頑張ってください!読売は井上投手です。井上投手も広島に対しての防御率は5.40となっています。明日は右打者を並べるでしょうが、ドリヨシは石原選手に期待します。ある程度点の取り合いになるかもしれませんが、粘り強く攻めていって欲しいです。

「ムームードメイン」独自ドメイン

★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+EDDQ8Q+348+1BQBKJ



posted by ドリヨシ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

オールスターゲームに監督推薦でカープから6選手が選出!

1000003826.jpg

マイナビオールスターゲーム2024、監督推薦でカープから6選手が選出。投打それぞれ3名が球宴へ

7/8(月) 16:12配信


アスリートマガジンWEB

オールスター2024に、監督推薦で選出された6選手。

 カープは8日、『マイナビオールスターゲーム2024』の監督推薦で、6選手が選出されたと発表した。

 セ・リーグは阪神・岡田彰布監督が指揮を執る。監督推薦は、大瀬良大地、床田寛樹、栗林良吏、秋山翔吾、坂倉将吾、小園海斗の6選手が選ばれた。

 2019年以来の選出となった大瀬良は「監督推薦というかたちで選んでいただけてうれしく思います。(6選手が選ばれたことについては)監督から見ても、良い選手がたくさんいるということなのかなと感じました。普段接することのできない他球団の選手たちとコミュニケーションをとる良い機会でもありますし、色々なものを吸収できれば良いなと思っています」とコメント。

 昨年に続いての選出となった秋山は、「毎年素晴らしい選手が選ばれるなか、監督推薦という形で選んでいただけたことはすごくうれしいです。パ・リーグの投手と(交流戦以外で)改めて対戦する機会があるというのは、自分にとってはプラス。後半戦に向けて弾みがつくような良い時間にしたい」と、チームの垣根を超えた交流に期待を寄せた。前回は三塁手として参加した坂倉は、今回は捕手として選出。「投手はリーグ全体でレベルがすごく高い。どの投手の球を受けても勉強になると思いますし、せっかく選んでいただいたので、思い切って、やることをしっかりやりたいと思います」と意気込んだ。

『マイナビオールスターゲーム2024』は7月23日(火)にエスコンフィールドHOKKAIDOで、24日(水)に神宮球場で開催される。

広島アスリートマガジン編集部






ドリヨシの本音としては、オールスターゲームにカープからは野手1、2人くらいが出場して、ほとんどの選手は休んで欲しいなと思っていたのですが、監督推薦で投手3人、野手3人が選ばれました。阪神岡田監督の密かな思惑があるのでしょうか?

6選手の写真を見て心配だったのが、栗林投手の表情が冴えていない事です。昨日のサヨナラ負けを悔やんでいるのでしょうか。早く気持ちを切り替えて、臨戦体制を整えて欲しいと思います。

今年のオールスターゲームは23日にエスコンフィールドで、24日には神宮球場で開催されますが、カープの選手の皆さんにはとにかくケガをしないようにして欲しいですね。移動距離も長い事から、疲れをためないように気をつけて欲しいと思います。そして、出場するからには、MVPを目指して頑張ってください!

他の選手の皆さんは22日から25日までオールスター休みになりますので、ゆっくり休んで、26日からのリーグ後半戦の戦いに臨んで欲しいと思います。

「ロリポップ!」レンタルサーバー

充実のサポート体制で初心者でも安心!月額99円(税抜)から始められる。レンタルサーバーなら【ロリポップ!】https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQD+2DRYY+348+61C2R



posted by ドリヨシ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

13回戦@バンテリンドーム 広島1−2中日(9回サヨナラ) 中盤同点に追いつくも、9回栗林投手がサヨナラ打を浴びる。玉村投手6回1失点粘投もフイ。今季4度目の同一カード3連敗。

1000003825.jpg

広島 リーグワーストタイ5度目サヨナラ負けで3タテ食らう 貧打極まり3戦連続1得点以下 守護神が轟沈

7/7(日) 15:54配信


デイリースポーツ

 9回、板山にサヨナラ打を許した栗林(撮影・市尻達拡)

 「中日2−1広島」(7日、バンテリンドーム)

 広島が貧打脱却ならずに3連敗を喫し、今季4度目の同一カード3連敗となった。今季5度目のサヨナラ負けはリーグワーストタイ。中日戦は今季3勝9敗1分けで、全て1得点以下の敗戦となった。

 九回、守護神の栗林が誤算だった。2四球とバッテリーエラー、敬遠などで1死満塁のピンチを背負い、最後は代打・板山にサヨナラのタイムリーを浴びた。

 先発・玉村は初回2死一、二塁からカリステに右前適時打を浴びて先制を許すも、二回以降は緩急を駆使して安定した投球を披露した。結局、6回3安打1失点で試合をつくったが、打線からの援護が乏しく、2勝目は次回登板以降にお預けとなった。

 打線は、この日も序盤から音沙汰なし。相手先発・松葉に苦戦していたが、五回先頭で小園が右翼への二塁打で出塁。石原が犠打で送り、堂林が左翼への犠飛を放ち、手堅く同点に追いついた。

 しかし九回終了時点で小園のマルチ、菊池の内野安打1本の3安打。1−1の七回は小園の安打から2死二塁の勝ち越し機を迎えるが、石原が空振り三振に倒れた。






あまりにも打てなさ過ぎます。今日もヒットは3本のみです。小園選手のマルチと菊池選手の内野安打では、勝てるはずがありません。朝山打撃コーチの責任は重大です。これでは、優勝どころか、Aクラスも難しいのではないでしょうか。

先発の玉村投手は1回裏、ヒットと四球などで2アウト1、2塁から中日カリステ選手にセンター前タイムリーを浴びて0−1と先制されました。しかし、玉村投手は尻上がりに調子を上げて、2回以降は0を重ねて、6回3安打1失点の粘りのピッチングで先発投手としての役割は果たしました。

打線は中日先発の松葉投手の前に4回まで1人のランナーも出せずにパーフェクトに抑えられました。0−1で迎えた5回表は、先頭の小園選手がチーム初安打となるライト線への2ベースで出塁。石原選手の送りバントで1アウト3塁とし、続く堂林選手のレフトへの犠牲フライで、1−1の同点に追いつきました。

しかし、6回以降は追加点を奪えず、散発3安打の1得点でした。

1−1のまま迎えた9回裏、守護神の栗林投手が申告敬遠を含む3四球で1アウト満塁のピンチを招いたあと、代打の中日板山選手にライト前にサヨナラ打を浴びて敗戦。栗林投手は今季3敗目を喫してしまいました。先頭の中日田中選手に与えた四球が計算を狂わせてしまいました。

チームは今季中日に2度目の同一カード3連敗を喫してしまいました。屈辱です。これで直近7試合は1勝6敗となり、6月29日の時点で今季最大9つあった貯金は4となりました。

ドリヨシ的には、一度首位の座を他のチームに譲って、2位、3位あたりで粘り強く戦い、オールスター明けに一気に勝負をかけて、再び首位を奪還する形がベターではないかと思います。その時には、末包選手や、新外国人のシャイナー選手が1軍に復帰するでしょうから、打線に刺激を与える事が出来ると信じています。

さて、あさってからはマツダスタジアムで読売との2連戦です。気持ちを切り替えて頑張って欲しいと思います。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
リンク集

ネットショッピングのポイントが実質3倍になる方法!?
すでに600万人以上が得をしているポイントサイト「ECナビ」をはじめるべき5つの理由!

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

--------------------------------------------------------

1. ECナビはポイント還元率業界トップクラス!
ネットショッピングが圧倒的にお得に!

普段のお買い物でも、購入金額に応じてお店のポイントがもらえたりしますよね。よりたくさんのポイントがもらえるよう、ポイントアップキャンペーンなどの日を狙って買い物する、という人も多いんじゃないでしょうか?

実はECナビを経由してネットショッピングをすると、ショップポイント(お店のポイント)とは別にECナビポイントももらえます!つまりポイントの2重取りが可能!

●例えばポイント還元率1%のお店の場合
ショップポイント1% + ECナビポイント1% =実質ポイント2倍!

●さらに支払いにポイント還元率1%のクレジットカードを使うと・・・
ショップポイント1% + ECナビポイント1% + クレジットカードポイント1% =実質ポイント3倍!

それぞれのポイント還元率はショップや時期によっても変わってきますが、毎回のショッピングでポイントの2重取り、3重取りが可能!

ECナビはポイント還元率が業界トップクラス!
いつものネットショッピングもECナビから行うだけで、劇的にお得に!!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

2. ECナビならカード発行の特典も2重取り!
大量ポイント案件で一気にポイントを貯めよう!

ECナビは、カード発行などでのポイント還元も業界トップクラスなことで有名です。

ECナビからカード発行をすれば、カード会社の特典に加えて、ECナビポイントももらえます。キャンペーンで1万円以上相当のポイントがもらえることも!

ほかにも、ECナビには大量ポイントがもらえる案件がたくさん。
お得なキャンペーンも多くあるので、要チェックです!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

3. ECナビポイントをマイルに交換すれば月間20,000マイルも夢じゃない!?知る人ぞ知る毎年タダで海外旅行に行く方法とは

ECナビポイントは現金をはじめさまざまな交換先が用意されていますが、最終的には航空会社のマイルにも交換することが可能です。

飛行機にまったく搭乗せずに年間30万マイル貯める人も!?

ポイントをたくさん貯めてマイルに交換、ビジネスクラスでのリッチな海外旅行を目指そう!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

4. 「カード発行とかハードルが高すぎ・・・」でも大丈夫!
ECナビなら毎日ポイントが貯まるコンテンツがいっぱい!
実質無料の飲食モニターや商品モニターも!

ECナビにはショッピングやカード発行以外にも手軽にポイントが貯まるコンテンツがたくさんあります。

たとえば・・・

●簡単なアンケートに回答するだけ
企業から届く簡単なアンケートに回答するだけでポイントがもらえます。
あなたの回答が企業のマーケティングに反映されるかも!?
また、座談会形式のアンケートは報酬が高額なのでガッツリ稼げます。

●簡単なミニゲームに参加するだけ
楽しい釣りやクレーンゲームなど、簡単に遊んでポイントがもらえます。

●アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ
スマホのアプリをダウンロードしたり、無料会員登録や資料請求をするだけでポイントがもらえます。

●モニター体験でも
飲食店をはじめビューティー、お買い物など様々なモニター体験でポイントがもらえます。100%還元の案件なら実質無料!?

その他にもさまざまなコンテンツでどんどんポイントが貯まります!

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

5. 「そんなうまい話あるわけない・・・あやしいんじゃないの?」
ECナビは600万人以上が利用する運営実績10年以上の超優良ポイントサイトの一つです!

「ポイントサイトっていろいろあるけど、怪しくない?」
「なんか面倒くさそう」
そんなイメージを持っていませんか?

ECナビは運営実績10年以上、上場企業の100%子会社が運営する超優良ポイントサイトの一つです。
プライバシーマークも取得しているので安心安全にポイントが貯められます。

▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=djqpo&ref=61

--------------------------------------------------------

★さらに、いまなら・・・★

記事内リンクからの会員登録と本人認証完了で、「ECナビポイント500ポイント」をもれなくプレゼント!

いろいろなペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪

▼登録無料!まずは登録してみよう!▼

毎日貯まるポイントサイト ECナビ Jobtribes 吉宝