<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年04月24日

4回戦@横浜 広島7−2横浜DeNA 中村祐太投手9回途中1失点の好投で2勝目!再び首位浮上!

1524575235749-1045425813.jpg

広島中村祐太、完投逃し悔し涙も衣笠氏へ勝利届けた
4/24(火) 22:03配信

<DeNA2−7広島>◇24日◇横浜

 広島中村祐太投手(22)が、今季2勝目を挙げた。

 力強い直球を中心に、強力なDeNA打線を封じ込めた。2回には3四死球で1死満塁のピンチを招いたが、三振と一飛で無失点に切り抜けた。

 9回もマウンドに上がったものの、1死満塁で降板。初の完投勝利を逃し、ベンチに戻ると悔し涙をタオルでぬぐった。5回までは無安打の投球だったが「(無安打は)意識していなかった。四球が多かったし、連打も打たれた。逆転される雰囲気をつくってしまった。内容は反省点です」と淡々と話した。

 快勝で再び首位に立ち、23日に死去していた元広島の衣笠祥雄氏に、勝利を届けた。「(衣笠氏への)そういう思いもあって、自分としては結果を出さないといけないと思っていました」と話した。

今日の試合は中村祐太投手の試合でした。5回までDeNA打線を無安打に抑える好投でした。2回は2死球と四球で1アウト満塁のピンチを背負いました。ここでの2つの死球ですが、中村投手の制球が乱れた訳ではなく、DeNAロペス選手と嶺井選手が当たりに行った感じのする死球でした。当たりに行った場合は球審も勇気を持って「ボール」と判定してもらいたいです。しかし、中村投手は動揺することなく、今永投手を三振、倉本選手をファーストフライに打ち取り、点を与えませんでした。
6回裏は3本のヒットでノーアウト満塁の大ピンチを迎えましたが、DeNAロペス選手をサードゴロ併殺(この間に1点失う)と、宮崎選手をファーストライナーに打ち取りました。
間違いなく今日の試合は完投ペースで進んでいました。9回もマウンドに上がり、先頭のDeNA宮崎選手を ショートゴロに打ち取り、あと2人というところで、戸柱選手にヒット、梶谷選手、代打中川選手に四球を与えてしまい、残念ながらここで降板となり、中崎投手に交代しました。中村投手がすごく悔しんでいる姿が印象的でした。ベンチに下がった後もタオルで涙をぬぐうシーンがありました。ドリヨシとしてもなんとか完投して欲しいと願っていましたが、仕方ないでしょうね。でも、チームが3連敗中で、プレッシャーもかかる試合でしたが、ナイスピッチングでした。

打線は初回からDeNA先発の今永投手を攻めて、丸選手のタイムリー2ベースとバティスタ選手のタイムリーで2点を先制しました。
4回は會澤選手のソロホームランで3−0とし、5回は鈴木選手の犠牲フライとDeNAセンターの神里選手の落球で4点追加して7−0とし、試合を決めました。

がっちり投打の噛み合った、久しぶりにスッキリしたゲームになりました。亡くなられた衣笠氏も、天国できっと喜んでいることでしょう。広島は3連敗でストップ。再び首位浮上になりました。今年の秋にはリーグ3連覇と日本一の報告を衣笠氏に出来るよう、頑張って欲しいです。

明日は岡田投手が先発です。前回ヤクルト戦では4回4失点とピリッとしませんでしたので、持ち味のストレートでビシビシ決めて欲しいです。DeNAは京山投手です。今まで3試合、16回1/3を投げて失点はわずか2です。正直言って広島は部が悪いと思います。しかし、何が起こるかわからないのが野球です。明日のキーマンは鈴木誠也選手だと思います。

「鉄人」衣笠祥雄氏死去。享年71歳。

15245595398741536978187.jpg

山本浩二氏 衣笠氏急死に悲痛「衣がいたからやってこれた…つらい」
4/24(火) 14:29配信

 元プロ野球広島で、「鉄人」と呼ばれ、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄氏が死去したことが24日、分かった。71歳だった。ともに主軸を打ち、1975年の広島の初優勝に貢献した山本浩二氏(71)は24日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に電話で生出演。訃報に「ビックリしたというか、まだ早いというか…先日の星野(仙一)といい、つらいですね」と1月に亡くなった星野仙一氏(享年70)に続き、盟友を失った悲しみを語った。

 訃報には自宅で接した。先週、テレビで野球解説した姿を見ていたそうで、「声にちょっと元気がないなあ、と感じましたね」と明かし、「まさか…ね」と絶句した。衣笠氏は19日のDeNA−巨人戦でも解説を務めていたばかりだった。

 体調不良は3年ぐらい前から聞いていたといい、「それから何度か会っていたんですけど…ね」と述懐。衣笠氏に捧げる言葉を聞かれると、「『ありがとう』ですかね。お互い成績を残せたのは、お互い負けたくない、って張り合ってたから。本当にありがとう…です」と語った。

 そして「衣(きぬ)がいたから、私はやってこれた。(彼が休まないから私も)休みたくても休めない。いいお手本でしたね。良きライバルで、腹を割って話せる人でした」と感謝と尊敬の思いを伝えた。

 衣笠氏が達成した2215試合連続出場は歴代日本1位で、世界でも歴代2位の大偉業で、「鉄人」と呼ばれた。

正直びっくりしたのと同時にショックです。ガンだったそうですね。衣笠さんはドリヨシが幼少の頃、カープ黄金期の中で活躍された方です。山本浩二氏と共にその黄金期を支えた選手でした。2215試合連続試合出場の世界第2位の記録を持っているのは、我々カープファンの誇りです。衣笠さんには様々なエピソードがあります。入団当初は契約金の半分をスポーツカーの購入や夜の繁華街で使い方果たしたとか、「江夏の21球」で、苛立つ江夏投手をなだめた話とかありました。カープのレジェンドが一人、この世を去ったのはとても悲しく、そしてあまりにも早い死だったと思います。慎んでご冥福をお祈りします。

「ロリポップ!」レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!

ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…

これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!

マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。

これだけついてるのに月額100円(税抜)〜ととってもお得。

もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。


▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら
posted by ドリヨシ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2018年04月23日

中村祐太投手がDeNA戦に意気込み!

1524472366660-1581826868.jpg

広島中村祐「前に走者出さない」DeNA主軸を警戒
4/23(月) 17:18配信

 広島中村祐太投手(22)が23日、明日24日DeNA戦に向け、横浜スタジアムのマウンドで40球を投げた。

 今季初登板初勝利を挙げた前回18日ヤクルト戦(マツダスタジアム)から中5日での登板となる。「前回も(2軍戦から)中5日だったので、調整も普通通りにできている。いかに3、4、5番の前に走者を出さないか。そこを注意しながら投げたい」。筒香、ロペス、宮崎が並ぶ強力なクリーンアップを警戒。特に筒香には昨季6打数4安打1本塁打と打たれているだけに「本塁打が入りやすい球場なので、高さに注意したい。コースに投げ切ることが、いい投球につながると思う」と話した。

 0・5ゲーム差で追う首位DeNAとの3連戦は中村祐、岡田、野村がそれぞれ中5日で先発することが予想される。

前回18日の中村祐太投手のピッチングは素晴らしかったですね。先発ローテーション入りに一発回答しました。しかし、明日のピッチングこそ真価を問われることになります。敵地横浜スタジアムでDeNAとの対戦です。DeNAのクリーンアップの筒香選手、ロペス選手、宮崎選手をいかに封じ込めるかも大事ですが、ドリヨシが警戒するのは今や切り込み隊長としての働きをしている神里選手です。彼を出塁させないのも非常に重要です。チームは3連敗中でもあるので、明日の中村祐太投手にはプレッシャーがかかるでしょうが、前回同様、自信を持って投げて欲しいと思います。

25日は岡田投手、26日は野村投手が先発予定です。正直言うと、投げてみないとわからない投手だと思いますので、明日は中村祐太投手で是非勝って欲しいです。
posted by ドリヨシ at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

アドゥワ投手、開幕から好投を続ける!

1524472277438-1971881217.jpg

アドゥワ満塁斬り シビれた!誠の魂 畝コーチ「大したもの」評価急上昇
4/23(月) 6:01配信

 「中日3−2広島」(22日、ナゴヤドーム)

 今季初の同一カード3連戦3連敗を喫した中で、高卒2年目右腕が明日につながる光を放った。3番手で登板した広島・アドゥワ誠投手(19)が、七回無死満塁のピンチをしのぐ快投。2回をパーフェクト投球で、4日のプロ初登板から9試合連続無失点とした。首脳陣の評価も右肩上がり。若鯉が日増しに存在感を高めている。

 3連敗の中でも、明るい材料があった。アドゥワが無死満塁と絶体絶命の場面を抑え込むなど2回を無失点。ピンチ脱出を「たまたまです」と謙遜した右腕は「低めに投げればゲッツーの確率も上がるので、そこだけ意識した。今日は低めに投げられたと思う」と納得の表情を浮かべた。

 冷静に、196センチの長身から磯村のミット目掛けて腕を振った。出番は1点ビハインドの七回無死満塁。動く直球を使いながら、京田を低めチェンジアップで空振り三振に斬ると、続くアルモンテも外角低めチェンジアップで二ゴロ併殺。「それだけは自信がある」という変化球を決め球に窮地をしのいだ。竜党のため息を背に、ナインからねぎらわれベンチへと戻った。

 「『ランナーがいないと思って投げろ』と周りからも言われていたので、開き直れた。自信になります」

 八回もモヤ、平田、亀沢を三者凡退。4日のプロ初登板からこの日で9試合目。計10回2/3を防御率0・00と無失点投球を続けている。日に日に存在感を際立たせる高卒2年目。緒方監督は「よく頑張ってくれた」と称賛し、畝投手コーチも「ストライク先行で投げて、よく切り抜けてくれた。大したものだ」と高い評価を口にした。

 1年目の昨季は1軍経験がなかったが、今春キャンプは1軍スタート。「体が前に突っ込みがち。そこを意識して、極端に言うとたたきつけるイメージで」と角度を生かすことや、制球力を得るためにテークバックをコンパクトにするなどフォーム固めに尽力してきた。キャンプ最終日には監督賞を受け、オープン戦でも結果も残し開幕1軍。ここまでたどり着いた。

 現在は全てビハインド時の登板。快投を続けることで信頼度を上昇させ、リリーフ陣の中での序列も上げていきたい。「(点を)取られる時は来ると思うけど、やることは変わらない。低めに投げきることを徹底してやっていきたい」と決意を新たにした右腕。惑うことなく、結果を残し続ける。

アドゥワ投手が頑張っていますね。最初は敗戦処理的な立場から、大事なところでの登板が増えています。昨日の試合では7回裏ノーアウト満塁という絶体絶命の大ピンチで、中日京田選手を三振、続くアルモンテ選手をセカンドゴロ併殺に打ち取るナイスピッチングを展開しました。先日の19日のヤクルト戦では9回に登板し、満塁のピンチを招きましたが、無失点に抑えました。数々の修羅場を凌いで、アドゥワ投手も自信がついたと思います。動くストレートと低めの変化球で打たせて取るピッチングが冴えています。ドリヨシもアドゥワ投手がここまで活躍するとは思いませんでした。今度は勝ちパターンの中でのピッチングが見たいものです。カープOBの安仁屋さんも言われていましたが、もっと体重を増やして体を作れば、素晴らしい投手になる予感がします。ただ、登板過多にならないように首脳陣は気をつけて欲しいものです。
posted by ドリヨシ at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

2018年04月22日

6回戦@ナゴヤドーム 広島2−3中日 守備のミスで今日も競り負ける。同一カード3連敗。

1524394936052-246417715.jpg

【広島】守備のミス相次ぎ昨年8月以来の同一カード3連敗
4/22(日) 16:56配信

◆中日3―2広島(22日・ナゴヤドーム)

 広島が守備のミスから失点し、昨年8月22〜24日のDeNA戦(横浜)以来の同一カード3連敗を喫した。ナゴヤDで3タテされるのは、昨年5月19〜21日以来となった。

 両チーム無得点で迎えた2回、福田の左越え二塁打で先制を許すと、続く大野奨の左翼後方の打球をバティスタが目測を誤り、捕球できず。失策はつかなかったが、痛恨の追加点を許した。

 さらに3回にも2死一塁からモヤの左前安打をバティスタが後逸し、3点目を献上。バティスタは4回に2試合連続となるソロアーチを放ち「しっかり振り切ることができた。いい感触だった」と手応えを口にしていたが、守備の不安を残した。

今日の試合は守備のミスが全てでした。
2回裏、中日福田選手のタイムリー2ベースの後、大野選手のレフト後方への打球をバティスタ選手が目測を誤り捕球できず、2点目のタイムリーを許しました。
さらに3回裏、2アウト1塁から、中日モヤ選手のレフト前のヒットの打球を後逸し、決勝点の3点目を献上しました。本当に情けない限りです。

打線は4回にバティスタ選手のソロホームランとエルドレッド選手のタイムリー2ベースで2点を入れました。

中日先発のガルシア投手は7回を投げて2失点で抑えましたが、大瀬良投手も6回を投げて3失点と、よく投げたと思います。それだけにバティスタ選手の守備のミスは響きました。

7回に登板した薮田投手がかなり心配です。先頭の中日大野選手から3者連続四球を与えました。薮田投手に何かあったのでしょうか。今季の薮田投手にはあまり期待しない方がいいのかもしれません。一度ファームで調整した方がいいと思います。その後交代したアドゥワ投手が三振と併殺に打ち取り、事なきを得ています。

広島は昨年8月、DeNAに3戦連続サヨナラ負けして以来の同一カード3連敗を喫してしまいました。開幕3連戦3連勝の借りを見事に返されました。ナゴヤドームは鬼門なんですかねえ…。戦い方次第では3連勝していても不思議ではなかったです。継投の失敗、拙攻、守備のミスで見事に勝ちを逃しました。こんな戦い方をしていては強いカープにはなれません。選手の皆さんは心して戦って欲しいと思います。

あさってからは横浜に乗り込んで苦手のDeNAとの首位攻防戦です。最悪の状態でDeNAと戦わなくてはなりません。最低でも一つは絶対勝って欲しいです。選手の皆さんには慢心することなく、真剣に戦って欲しいと思います。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集