<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

【顧客満足95%超】ワケナシ・納得品質認知度UPで再注文急増中の「かにまみれ」!リピート90日OK!

【かにまみれ】新鮮な4大蟹を中心に、北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送いたします。
・市場にあまり出回らない流通希少の業界最高水準「4特」ガニをチルド発送
・他店がやりたがらない未冷凍(チルド)は、浜茹での風味そのまま!
・過去に「安かろう悪かろう」で苦い経験をしたお客様からの支持多数!
今年は蟹の水揚げ量が去年の半分以下になっており、年末に向け市場の流通量が激減するため、
在庫切れする店舗が続出することが予想されます。
しかし当店では、独自ルートにより相当数の商品確保を行って参りますので、
比較的品切れによる失注の心配はございません。
【かにまみれ〜北の国から直送便】 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZRJRM+A9Q87U+2GN4+64RJ7



posted by ドリヨシ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

18回戦@ナゴヤドーム 広島1−4中日 大瀬良投手6回に炎上しKO。打線8安打で1得点のみ。3位転落。

15665651182271221890054.jpg

広島 逆転負けで3位転落…長野も不発で打線奮わず…大瀬良7敗目
8/23(金) 21:37配信

<中・広>6回裏、逆転を許しKOされ降板する大瀬良(中)(撮影・椎名 航)

 ◇セ・リーグ 広島1−4中日(2019年8月23日 ナゴヤドーム)

 広島が逆転負けでDeNAと入れ替わり3位に転落。先発の大瀬良が今季3戦3勝と全て完投勝利挙げていた中日相手に初黒星。5回2/3を8安打4失点で7敗目を喫した。

 大瀬良はこの日も5回までは無失点の好投。プロ初となる月間3度目の完投も期待されたが6回2死から突然崩れた。まずは福田にバックスクリーンギリギリに飛び込む13号同点ソロを浴びるとビシエド、高橋、阿部と3者連続の二塁打により3失点。代わった中村恭も藤井に適時二塁打を浴び計4失点。

 打線も2度の満塁の好機を生かせず1点のみと奮わず。1カ月半ぶりに出場選手登録された長野がいきなり「6番・左翼」でスタメン出場するも2度の好機で凡退するなど3打数無安打。7回からは野間に途中交代となった。

今日の試合は、広島が追加点を挙げていれば展開が違っていたと思います。今日も勝てた試合を落としてしまいました。

打線は3回表、力投する中日先発のロメロ投手を攻め、2アウトランナーなしから、鈴木選手がセンターフェンス直撃の2ベースで出塁すると、続く松山選手がセンター前にタイムリーを放ち、1−0と先制しました。

広島先発の大瀬良投手は今日も制球も球のキレも抜群のピッチングを展開し、中日打線を翻弄しました。6回裏2アウトまでは文句なしのピッチングをしてくれました。

しかし、6回裏2アウトランナーなしから、中日福田選手がバックスクリーンへソロホームランを放ち、1−1の同点に追い付かれました。フルカウントからの7球目、アウトコースに投げるはずのカットボールが真ん中に入ったところを痛打されました。続く中日ビシエド選手が左中間への2ベースで出塁します。これもアウトコースへのスライダーが真ん中に入ったところを打たれました。続く中日高橋選手に粘られて8球目を左中間へのタイムリー2ベースを浴びて1−2と逆転されました。これもインハイを狙ったストレートが真ん中高めに入ったところを打たれました。続く中日阿部選手にレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースを浴びて1−3とされました。これも2球目のフォークボールが真ん中高めに入ったところを痛打されました。大瀬良投手はここで降板しました。6回途中8安打3失点でした。6回2アウトまではほぼ完璧な内容だっただけに、その後の失投だらけのピッチングが信じられませんでした。
2番手に中村恭平投手が登板しましたが、続く中日藤井選手にレフトへのタイムリー2ベースを浴びて1−4とリードを広げられました。

打線はその後中日のリリーフ陣に抑えられ、結局1−4で敗れてしまいました。1回表に2アウト満塁のチャンスがありましたが、久しぶりに1軍即スタメンの長野選手がセカンドフライに倒れ、チャンスを潰しました。6回表にも2アウト満塁のチャンスがありましたが、西川選手がショートゴロに倒れ、チャンスを潰しました。初回に先制点が入り、6回に追加点が入っていれば、展開が変わっていただろうと思うだけに、非常に残念です。大瀬良投手で落としたのは、計り知れない痛みがありますね。

今日はDeNAが勝利していますので、広島は3位に転落しました。
それでも試合は続きますので、切り替えていくしかありません。明日はデーゲームです。広島先発は床田投手です。不甲斐ないピッチングが続いているだけに、明日は不安を払拭するような内容を期待しましょう。中日は柳投手です。前回ヤクルト戦では6回6失点で敗戦投手になっています。とにかく打ち崩していかなくてはなりません。打線の奮起を期待します。

2019年08月22日

20回戦@マツダ 広島4−8東京ヤクルト(7回裏降雨コールド) 中盤痛い5失点。終盤の追撃も雨に阻まれコールドに終わる。

15664766264262137795680.jpg

広島・松山が4番“1号” バティスタ余波から上昇の一発に「コンパクトに捉えられた」 
8/22(木) 20:50配信

<広・ヤ>6回1死二塁、松山は左越えに2点本塁打を放つ(撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2019年8月22日 マツダ)

 広島・松山竜平は、6点劣勢で迎えた6回1死二塁で小川の直球を弾丸ライナーで左翼席へ放り込んだ。

 5号2ランに「打ったのはストレート。コースに逆らわずにコンパクトに捉えることができました。まず2点返せてよかったです。次も頑張りばす」と反撃を誓った。

 ドーピング検査の陽性反応でバティスタが17日に抹消されてから、4番に起用されて5試合目での初打点。8月1日の巨人戦以来の一発で、4番に限れば昨季7月20日の巨人戦以来の11本塁打目。本来の長打力を取り戻す一発となった。

今日も試合展開によっては勝てていた試合だっただけに、非常に残念です。

先発山口投手はリベンジ登板に気合いが入っていましたが、空回りした感じがしました。2回表、先頭のヤクルト村上選手にバックスクリーン左へソロホームランを浴びて先制を許しました。この一発で浮き足立ってしまったのか、2アウトから3者連続四球を与え、2アウト満塁のピンチを招き、ヤクルト山田選手にレフト前へ2点タイムリーを浴びて0−3とリードを広げられました。結局山口投手は2回61球を投げて3安打4四球3失点で悔しい降板となりました。変化球の制球がままならず、苦し紛れに投じた甘い球を痛打されました。再びファームで、自身との戦いに打ち勝って欲しいと思います。

打線は3回裏、ヤクルト先発の小川投手を攻め、先頭のメヒア選手が四球で出塁。続く小園選手がライトへの2ベースでつなぎ2、3塁。1アウト後、西川選手がライト前へ2点タイムリーを放ち、2−3と1点差に追い上げました。

しかし、5回表に痛い失点をしてしまいました。2番手の塹江投手が捕まります。先頭のヤクルト山田選手がレフトオーバーの2ベースで出塁。バレンティン選手がライト前ヒットで1、3塁とされると、続くヤクルト雄平選手にライト前へタイムリーを浴びて2−4とされました。続くヤクルト村上選手に四球を与えて満塁とされました。1アウト後、ピッチャーは3番手の島内投手が登板しました。続くヤクルト廣岡選手を見逃し三振に打ち取り、2アウト満塁でバッターはヤクルト小川投手です。ここで抑えればこのイニング1失点で切り抜けるところでした。カウント0−2と追い込み、ピッチャー有利な状況の中の3球目。インコース甘く入ったストレートを痛打され、レフト線への走者一掃のタイムリー2ベースを浴びて、2−7とされました。バッターが小川投手で、カウントが有利だっただけに、非常に痛い失点になりました。島内投手の小川投手に対してインコース攻めに遠慮があったのでしょうか。さらにヤクルト太田選手にライト前へタイムリーを浴びて2−8とリードを広げられました。

打線は6回裏、先頭の菊池涼介選手が左中間への2ベースで出塁すると、1アウト後、松山選手がレフトスタンドへ2ランを放ち、4−8としました。後半の広島の追撃が始まりました。

7回裏、ヤクルト2番手の近藤投手から、先頭のサンタナ選手がセンター前ヒットで出塁しました。さあ、広島劇場の始まりかと思われましたが、1アウト1塁で、バッター菊池涼介選手というところで雨がひどくなり、試合は中断しました。なんとか雨が止まないかと願っていましたが、残念ながら試合はゴールドゲームとなり、4−8で敗戦となりました。

やはり今日は5回の失点が痛かったですね。あのイニング1失点だったら、4−4の引き分けで終わっていただけに、残念でなりません。

しかし、今日は首位読売も、3位DeNAも敗れていますので、変動はありません。さあ、気持ちを切り替えて、明日からナゴヤドームで中日と3連戦です。広島はエース大瀬良投手です。前回DeNA戦では9回2失点完投勝利して、調子は上向きです。明日も素晴らしいピッチングを期待します。中日はロメロ投手です。とにかくいろいろな形で揺さぶって、早いイニングで降板させたいところです。中日戦も3タテ目指して頑張って欲しいですね。

独自ドメインの取得なら1円〜の【お名前.com】

□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『とにかく早い者勝ちっ!』  
  ドメイン取るならお名前.com  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U7XM0+CIP6HM+50+2HEVMR   
□□□□□□□□□□□□□□□□□


posted by ドリヨシ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

かに、カニ、蟹!「北国からの贈り物」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北海道グルメサイトで売上No.1☆蟹の事なら、カニ市場にお任せ下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆テレビ・雑誌でも話題の”訳あり蟹”ご自宅用にお得な人気商品です!!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZRJRM+AC3YMY+MBW+67C4J



posted by ドリヨシ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

19回戦@マツダ 広島5−4東京ヤクルト 安部選手値千金の決勝弾!遠藤投手プロ初勝利!チームは再び2位浮上!

15663923681371297785311.jpg

広島連夜の劇的勝利 代打安部が決勝7号ソロ 守護神復帰の中崎ピンチに踏ん張る
8/21(水) 21:39配信

8回、勝ち越しソロを放った安部(6)を迎える(右から)松山、遠藤、サンタナ(撮影・飯室逸平)

 「広島5−4ヤクルト」(21日、マツダスタジアム)

 前夜サヨナラ勝ちの広島がまたも終盤の強さを見せつけてヤクルトに連勝した。

 この日のヒーローは安部。4−4の同点で迎えた八回、先頭で代打として打席に入ると、この回から登板したヤクルトハフの初球を狙い打ちした。134キロのカーブをカープファンが待つ右翼スタンドに運ぶ7号決勝ソロ。

 リードされてもあきらめない。0−2の三回には前夜九回に起死回生の同点3ランを放った鈴木が2試合連続弾となる25号同点2ランで反撃開始。再び2点のリードを許した五回には、菊池涼と鈴木の連続タイムリーで試合を振り出しに戻した。

 八回を無失点の5番手・遠藤がプロ初勝利。九回は守護神に復帰した中崎がマウンドに上がった。連続安打などで1死満塁のピンチを迎えたが、踏ん張り1点を守った。

今日も点の取り合いのシーソーゲームでしたが、最後に広島が寄り切った形になりました。

広島先発の野村投手は、そんなに悪くはなかったと思いますが、勝負球が甘くなってしまいました。
1回表、2アウトからヤクルト山田選手のセカンドゴロを菊池涼介選手がエラーして出塁。すぐさま盗塁をして2塁てされると、ヤクルトバレンティン選手にセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースを浴びて、1点先制されました。エラーからの失点だけに、非常にもったいなかったですね。

さらに2回表には、先頭のヤクルト村上選手に右中間スタンドへソロホームランを浴びて、2−0とリードを広げられました。

打線はヤクルト先発石川投手の前に2回まで無得点でした。今日は石川投手の巧みな投球術にはまってしまうのかと思った直後の3回裏、四球で出塁した西川選手を1塁に置き、鈴木選手が初球を打って、バックスクリーンへ2ランを放ち、2−2の同点に追い付きました。試合の流れを一気に変える主砲の一発はやはり魅力的ですね。

しかし、野村投手がピリッとしません。4回表、2アウト2、3塁のピンチで、ヤクルト大引選手を申告敬遠して満塁として、次のバッターのヤクルト石川投手との勝負を選択しました。この策は守備側からすれば当然でした。が、しかし、石川投手に2球目を打ち、レフト前への2点タイムリーを浴びて、2−4と再びリードされました。アウトコースのスライダーをうまく当てられました。ドリヨシ的にはインコースを思い切り突いて詰まらせる配球が良かったのではないかと思いました。結局野村投手は4回87球を投げて4安打4失点の内容でした。少し不運なところもありましたが、ここで降板は仕方ないでしょうか。

打線は5回裏にヤクルト石川投手を捕らえます。1アウト後、西川選手がレフト前へ技ありのヒットで出塁すると、菊池涼介選手が左中間へのタイムリー2ベースで3−4とし、さらに鈴木選手がレフト前にタイムリーを放ち、4−4の同点に追い付きました。

リリーフ陣は5回は島内投手、6回は中村恭平投手、7回は菊池保則投手、8回は遠藤投手が、それぞれ無失点に抑える粘りのピッチングを見せてくれました。

そして8回裏を迎えました。ヤクルトは5番手にハフ投手が登板しました。広島サイドとしては昨日の事がありますので、今日もいけるとポジティブにとらえたのではないでしょうか。先頭の代打安部選手が初球を叩き、右中間スタンドへソロホームランを放ち、ついに5−4と勝ち越しに成功しました。安部選手にはこれがあるんですよねー。安部選手にはパンチ力があります。あなどれませんね。

さて、こうなると9回表は抑えのポジションに復帰した中崎投手が登板することになります。しかし、またもや「中崎劇場」が開演します。ヒット3本などで1アウト満塁の、一打逆転の大ピンチを招きました。そして続くバッターはヤクルト青木選手です。カウント2−0と苦しくなり、投じた3球目は真ん中低めのスライダーでしたが、青木選手がうまくすくい上げましたが、打球はセカンド菊池涼介選手の正面を突き、セカンドライナーで2アウト2位なりました。低めに投げた分だけ、打球が上がらずに済みました。ラッキーです。しかし、続くバッターはヤクルト山田選手です。山田選手にもカウント3−1と、ボール球が投げられない中投じた5球目。真ん中低めのストレートを打ち上げ、ライトへのファールフライで3アウト。「中崎劇場」は広島の勝利で終演となりました。中崎投手も苦しかったと思いますが、よく粘ったと思います。そして、8回に登板した遠藤投手がプロ初勝利を挙げました。おめでとうございます。

これで広島は4カードぶりのカード勝ち越しを決めました。そして、今日はDeNAが敗れていますので、広島は再び2位に浮上しました。しかし、あくまで広島東洋カープは頂点を目指します!とにかく勝ち続けましょう。

明日の先発は山口投手です。今日の遠藤投手の初勝利がいい刺激になると思いますので、明日は小気味良いピッチングでヤクルト打線を翻弄してくれるでしょう。ヤクルトは小川投手です。最近は失点が多く、らしくないピッチングが続いているので、明日は打線が序盤から得点を重ねていきたいですね。明日も一戦必勝です!

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービス【wpX】

┏━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
 ─────────────────────────────────
 ・最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
 ・大容量30GB、月額1,000円(税抜)〜
 ・リバースプロキシによるキャッシュなど、専用の高速システムを採用
 ・専用の管理ツールから簡単セットアップ
 ・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
 ・独自ドメイン対応 & 1契約につき10個のWordPress運用が可能
 ─────────────────────────────────
  https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TADQC+A9Q87U+CO4+ZR2VN
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


posted by ドリヨシ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。