<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年07月20日

14回戦@マツダ 広島10−9読売(延長10回サヨナラ) 下水流選手土壇場で逆転サヨナラ2ラン!被災地に勝利届ける!

15320941821761234042701.jpg

【試合結果】広島・下水流が劇的サヨナラ逆転2ラン 
7/20(金) 22:33配信

 (セ・リーグ、広島10x−9巨人=延長十回、14回戦、広島10勝4敗、20日、マツダ)広島は1点を追う延長十回二死一塁、途中出場の下水流がマシソンから右翼ポール際にサヨナラ逆転2ランを放ち、乱打戦を制した。巨人は一時7点差をつけられながら逆転したが、痛い黒星。連勝は7で止まった。

 広島は野村、巨人は山口俊が先発したマツダの夜。広島は一回二死一、二塁と好機を作ると、野間の左前適時打で先制。さらに二死一、二塁で安部が右越え2号3ランを放ち、4−0とした。広島は二回二死二塁、丸の右翼線適時打で追加点を加えると、さらに二死二塁から松山が右中間スタンドへ9号2ランを放ち、7−0とした。

 巨人は四回一死一、二塁で陽岱鋼が左中間スタンドへ5号3ランを放ち、3点を返した。さらに巨人は五回、マギーの左越え11号3ランで1点差に詰め寄った。

 広島は、六回一死三塁で、丸が中前適時打を放ち、8−6とリードを広げた。巨人は粘る。七回無死二、三塁と好機を作ると、吉川尚が中前2点打を放ち、ついに同点に追いついた。

 同点の七回、巨人・上原が3番手として登板。1回10球を投げ、1安打無失点に抑え、日米通算100ホールドを達成。上原はこれで日米通算134勝、100ホールド、128セーブとなり、日本球界初となる「100勝&100ホールド&100セーブ」の「トリプル100」を達成した。

 試合は8−8のまま、延長に突入。巨人は十回、先頭の岡本がこの回からマウンドに上がった6番手・ジャクソンから左翼ポール際に17号勝ち越しソロを放ったが、十回に登板したマシソンが痛恨の一発を浴びた。

すごい展開の試合になりました。今日の試合は今季のベストゲームの一つになるくらい、劇的な試合でした。

初回、広島は読売先発の山口投手を攻め、野間選手がレフト前に先制のタイムリーで1−0。さらに安部選手がライトスタンドへ3ランホームランで4−0とします。

さらに2回、丸選手がライト線へタイムリー2ベースで5−0。続く松山選手がライトスタンドへ2ランで7−0とし、完全に広島ペースになりました。

と思いましたが、広島先発の野村投手がピリッとしません。4回、読売陽選手に3ランを浴びて7−3とされ、さらに5回には読売マギー選手に3ランを浴び、7−6と1点差に詰め寄られました。陽選手のホームランは初球の甘い球で、マギー選手のホームランも初球の甘い球でした。あまりにも、あまりにも不用意な1球でした。野村投手のクラスならば、これらの不用意な1球は投げてはいけません。エースと呼ばれないのはこういうところにあると思います。

打線は6回裏、丸選手がセンター前へタイムリーで8−6とリードを広げます。

しかし、7回表、3番手のフランスア投手から、読売吉川尚輝選手がセンター前へ2点タイムリーを放ち、8−8の同点に追い付かれました。痛かったのはこの前、読売長野選手のセカンドゴロの当たりを菊池選手が送球エラーをして、ノーアウト2、3塁とピンチを広げてしまったところでした。菊池選手はこれが今季初の失策になりました。しかし、いつも素晴らしい守備で助けてもらっているので、仕方ないですね。

試合はこのまま延長戦に入り、10回表、広島6番手ジャクソン投手から、読売岡本選手にレフトスタンドへソロホームランを浴びて、8−9とリードされました。岡本選手はアウトコースの球に合っていない状態があるなかで、カウント3−1から真ん中インコース寄りのストレートを痛打されてしまいました。完全に配球ミスだったと思います。

敗色濃厚かと思われた10回裏、1アウト後、菊池選手が四球で出塁しました。しかし、続く丸選手はショートフライで2アウトになり、打席には途中出場の下水流選手が入りました。ドリヨシ的にはここはもうホームランしかないと思っていましたが、カウント0−1からの2球目をコンパクトにスイング。打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ飛びこみました。劇的な逆転サヨナラ2ランとなりました。ドリヨシは思わず飛び上がりました。今日の試合展開から、もし落とすような事があれば、ショックは大きいし、読売にさらに勢いがついて、明日以降の試合がヤバいことになるところを下水流選手が全部救ってくれました。下水流選手、ありがとう!被災地へ元気と勇気をありがとう!

さて、明日はエース対決です。広島先発は大瀬良投手です。前回読売戦では6回3安打2失点ながらも敗戦投手となりました。読売菅野投手との投げ合いで、読売坂本選手に痛い2ランを浴びてしまいました。明日はリベンジに燃えているに違いありません。炎の投球を期待しています。読売は菅野投手です。ドリヨシ的には、なんとかマツダスタジアムでの連敗を止めるべく、かなりのプレッシャーを感じながらのピッチングになると思うので、打線は漬け入る隙はあると思います。明日も勝って、カード勝ち越しを決めましょう。

2018年07月19日

投手指名練習に野村投手、大瀬良投手、高橋昂也投手らが参加!

1531992443922154017749.jpg

広島投手陣が練習 西日本豪雨以降初の本拠地試合に向け倉敷出身・野村も気合
7/19(木) 13:10配信

巨人戦へ向け調整する広島・野村祐輔=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

 広島は19日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。野村、大瀬良、高橋昂らが参加し、20日・巨人戦に向けてキャッチボールなどで汗を流した。

 20日からの巨人3連戦(マツダ)は西日本豪雨の影響を受けた広島で試合再開となり、試合前には募金活動も行われる。同じく被害を受けた岡山県倉敷市出身の野村は1戦目に先発予定。「梅雨が明けて気温が高くなってきたけど、それはみんな同じなので。一生懸命頑張ります」と力を込めた。

さあ、いよいよ明日から首位攻防の読売との3連戦です。シーズン後半戦の行方を占う大一番です。広島としては最低でも2勝1敗で乗り切って欲しいです。

明日の先発は野村投手です。前回の読売戦では7回5安打無失点で4勝目を挙げました。前回同様に明日もコントロールの冴え渡る素晴らしいピッチングを期待します。読売は山口投手です。前回ヤクルト戦では6回8安打3失点で7勝目を挙げました。広島打線としてはやはり粘りのバッティングで山口投手に球数を多く投げさせて、スタミナを消耗させていけば攻略可能かと思います。

21日は広島大瀬良投手、読売菅野投手のエース対決になりそうです。前回は大瀬良投手が投げ負けていますので、リベンジに燃えていることでしょう。

22日は広島高橋昂也投手、読売今村投手の左腕対決になりそうです。高橋投手の気迫あふれるピッチングに期待します。打線も大量援護で高橋投手に2勝目をもたらして欲しいですね。

明日からの広島と読売の3連戦は今年のセ・リーグの行方を占う大事なカードになります。素晴らしい試合になることを期待します。
posted by ドリヨシ at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

2018年07月18日

15回戦@ナゴヤドーム 広島0−5中日 中日ガルシア投手の前に1安打。今季5度目の完封負け。

15319205171321166033305.jpg

広島・緒方監督、1安打完封負けも切り替え「地元でまた一戦一戦」
7/18(水) 22:12配信

中日に1安打完封負け。鈴木(右から2人目)ら広島ナインはガックリと引き揚げる=ナゴヤドーム(撮影・坂部計介)
 「中日5−0広島」(18日、ナゴヤドーム)

 広島が中日ガルシアに1安打に封じられ、今季5度目の完封負けを喫した。

 試合後、緒方監督は「なかなか打てなかったね。また切り替えてやるだけ」と話した。七回途中まで好投した先発・岡田については「低めにしっかり投げ込めていたと思う」と評価した。

 20日からは西日本大豪雨の被害を受けた広島で試合が再開される。指揮官は「地元でまた一戦一戦、戦っていく」と力を込めた。

今日は中日先発のガルシア投手に完璧に封じ込まれてしまいました。7回まで無安打で経過し、屈辱のノーヒットノーランがあるのかとネガティブに考え始めた8回表、先頭の會澤選手が詰まりながらも気迫でライト前にヒットを放ち、なんとか免れました。
中日先発のガルシア投手に対しては、立ち上がりの初回が全てでした。2アウトランナーなしから丸選手が四球。続くバティスタ選手がピッチャーのエラーでつなぎ、続く下水流選手が四球で満塁のチャンスになりました。しかし、続く野間選手がファーストゴロに倒れ、結局無得点に終わりました。ガルシア投手を攻略するチャンスはここしかなかったです。

投げては先発岡田投手も6回まで3安打無失点の素晴らしい内容でした。
しかし、7回裏、先頭の中日ビシエド選手に四球を与えました。これが岡田投手の悪い癖です。続くアルモンテ選手にヒットでつながれ、送りバントと敬遠で1アウト満塁の大ピンチです。ここでバッターは松井選手です。ドリヨシ的には松井選手は広島戦ではいいところで打たれてる印象があっただけに、まともに行ったら打たれると思っていたのですが、まともに行って、タイムリーを打たれてしまいました。0−1と先制されました。岡田投手はこれに気落ちしたか、続くガルシア投手にもタイムリーを許し0−2とされます。ここで岡田投手は降板となり、2番手に飯田投手が出ましたが、中日京田選手に2点タイムリーを許し0−4とされました。
8回裏は4番手のアドゥワ投手が中日堂上選手にタイムリーを打たれ、0−5とほぼ試合が決まりました。

岡田投手にとっては、今日の試合はいい経験になったと思います。相手投手が完璧な内容の中で、どんなピッチングをすればいいのか。どんな駆け引きをしたらいいのか、良く分かったと思います。まあ、今日は中日ガルシア投手にノーヒットノーランをやられなくて良かったとホッとしているのが正直なところです。

さあ、気持ちを切り替えてあさってからマツダスタジアムで首位攻防の読売戦です。今日も読売が勝ってますので、ゲーム差が5になりました。広島としては最低でも2勝1敗で行って欲しいですね。金曜日の初戦、広島大瀬良投手、読売菅野投手の投げ合いになるでしょうが、この試合を絶対取らないといけません。我々ファンも全力で応援しましょう!

2018年07月17日

14回戦@ナゴヤドーム 広島5−1中日 九里投手7回途中1失点で4勝目!鈴木選手欠くも下水流選手、バティスタ選手タイムリー!

15318310188971146383219.jpg

広島が今季最大貯金13 鈴木欠場も下水流タイムリー 先発九里が4勝目
7/17(火) 21:25配信

4回、野間の適時打で、一走・下水流は一気にホームを狙う

 「中日1−5広島」(17日、ナゴヤドーム)

 広島が後半戦2連勝でこの3連戦カード勝ち越しを決め、貯金も今季最大の13となった。

 打線は四回1死一、二塁から、自打球の影響でベンチを外れた鈴木に代わって「5番・左翼」で先発した下水流が右前適時打を放つと、前日4安打の6番・野間が左越え2点二塁打で続き、3点を先制した。

 投げては先発した九里が6回1/3を7安打1失点と踏ん張り、その後はフランスア、一岡、中崎が無失点リレー。九里が4勝目(2敗)を挙げた。九里は「バッターに向かっていけた。目の前のアウトをしっかりひとつひとつ取るだけだった。七回は投げきりたい気持ちもあったが、もっと練習したいと思う」

 中日は先発の笠原が5回5安打3失点で3敗目(0勝)。打線は広島の9安打を上回る11安打を放ったが、五回に松井雅の適時打による1点に終わった。

今日の試合も粘り勝ちでした。打線は昨日と違って、チャンスを確実にモノにしました。

4回表、中日先発の笠原投手を攻め、1アウト後、丸選手がセンター前ヒットで出塁。続くバティスタ選手が四球を選び1アウト1、2塁のチャンスが訪れます。ここで鈴木選手に代わってスタメンの下水流選手がライト前へ先制のタイムリーで1−0とします。この下水流選手のタイムリーは大きかったですね。彼も一軍生き残りに必死ですが、その必死さが伝わってきます。さらに野間選手が左中間へ2点タイムリー2ベースを放ち、3−0とします。

5回に中日に1点返されますが、8回表 1アウト後、中日3番手岡田投手から菊池選手がライトへ2ベースで出塁。 中日4番手祖父江投手に代わった後、バティスタ選手がセンター前へタイムリーを放ち4−1とリードを広げました。

9回表は中日5番手の福谷投手から、1アウト後、會澤選手がヒットで出塁。2アウト後代打松山選手が左中間へタイムリー2ベースを打ち、5−1とほぼ試合を決めました。今日はいつも控えの下水流選手やバティスタ選手。そして代打で入った松山選手がそれぞれタイムリーを放ち、広島の選手層の厚さを見せつけました。ここが広島の強さの一つですね。

投げては先発九里投手が7回途中7安打1失点の粘りのピッチングでした。低めの変化球が冴え渡り、中日のバッターはタイミングが合っていませんでした。それでもじわじわと中日から攻められましたが、5回裏、2アウト1、2塁のピンチで、中日松井選手にタイムリーを浴びて1点を失いました。が、この1点でしのいだのも大きかったです。

そして、今日のポイントになったのが7回裏です。中日先頭のアルモンテ選手が2ベースで出塁。1アウト後、中日福田選手に死球を与えたところで、2番手フランスア投手に代わりました。2アウト満塁までピンチが広がりました。そして打席は中日大島選手です。フルカウントまでいきましたが、最後はなんとアウトコースのスライダーで見逃し三振に打ち取りました。ドリヨシは間違いなくストレートだと思ったのですが、スライダーでした。大島選手も予想外だったと思います。フランスア投手はかなりスライダーに自信を持っているようですね。

8回は一岡投手、9回は打球を足に受けて心配しましたが、中崎投手が締めました。

鬼門のナゴヤドームでカード勝ち越しは大きいですね。これで対中日の対戦成績が7勝7敗の五分になりました。貯金も今季最多の13になりました。明日の先発は岡田投手です。前回は読売戦で4回9安打6失点の無惨な成績でした。明日はそのリベンジに燃えていると思います。気迫あるピッチングを期待したいですね。中日はガルシア投手です。前回ヤクルト戦で7回3安打無失点で勝ち投手になっています。正直、難敵です。おそらく今日と同じオーダーで広島は臨むでしょうから、下水流選手やバティスタ選手の活躍が期待されます。2位読売が追いかけて着てますので、明日も勝って、金曜日からの直接対決を迎えたいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集