<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2018年11月28日

大瀬良投手、来季に向けてさらなる高みへ!

15433981272761328986870.jpg

カープ大瀬良、打倒菅野!最多勝&勝率1位2冠も慢心なし
11/28(水) 9:00配信

 セ・リーグの投手2冠に輝き、心境を語る大瀬良。右は菅野(撮影・出月俊成)

 「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が27日、東京都内で開かれ、広島の大瀬良大地投手(27)が最多勝と勝率第1位の表彰を受けた。球団初のリーグ3連覇に貢献した右腕は、来季以降さらなる高みを目指すと誓った。

 スーパースターだけが集う舞台に、大瀬良が戻ってきた。最多勝と勝率第1位(13勝以上が対象)の2冠に輝き、14年の新人王以来4年ぶりに表彰式に出席。「1年間頑張ったご褒美で呼んでもらったと思う。新人の時とは違った立ち位置で来ることができている。少しは成長できたかなと思う」と感慨に浸った。

 大躍進を遂げた1年だった。開幕から安定した投球を続け、前半戦だけで10勝を記録。初の球宴出場も果たした。後半こそ「良かったと思える試合がなかった。調子が悪い中で何とか試合を作れた」と振り返るが、トータルで27試合に登板し、15勝7敗、防御率2・62の好成績。投手陣の軸として、リーグ3連覇の原動力となった。

 シーズン最終盤には「日本を代表する投手」と尊敬のまなざしを向ける巨人・菅野とタイトル争いを繰り広げた。今季は3度投げ合い、1勝1敗。エースの称号を視界に捉えた今、来季以降も最大のライバルとなる。

 「これからもしっかりと争いができる選手になりたい。1人のプロ野球選手として高みを目指すのは当然のこと。シーズンはチームのために戦いながら、その中でもっともっと実績を積み重ねていって(菅野に)勝っていける選手になりたい」

 打倒菅野−。4連覇とともに、エース対決へ闘志を燃やした。

今季の大瀬良投手はマウンドで風格を感じました。まさにエースの風格ですね。今季は春のキャンプのブルペンから違ってました。ピッチャーの2段モーションが認められ、大瀬良投手のピッチングフォームも2段モーションになり、ストレートの威力が増して、その分カットボールやスライダーのキレが良くなりました。シーズン前半だけで10勝を挙げるという、素晴らしいペースで勝ちを重ねて来ました。最終的には読売菅野投手と並んで15勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得し、さらに単独で最高勝率のタイトルを手にしました。

来季は大瀬良投手の真価が問われるシーズンになります。やはりライバルは読売の菅野投手ですね。直接対決が何回かあるでしょうが、是非投げ勝って欲しいですね。そして、リーグ4連覇と悲願の日本一の原動力になることを期待します。
posted by ドリヨシ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

2018年11月27日

セ・リーグMVPに丸選手が受賞!

1543312383567196897357.jpg

広島丸佳浩がセMVP受賞 2年連続は球団史上初
11/27(火) 18:41配信

丸佳浩(2018年9月6日撮影)

<NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD>◇27日

セパ両リーグの最優秀選手が発表され、セ・リーグは広島の丸佳浩外野手(29)が選出された。 今季は125試合に出場し、打率3割6厘、39本塁打、97打点の活躍でリーグ3連覇に貢献した。

最優秀選手は昨年に続いて2度目の受賞となり、2年連続は球団史上初。

まあ、大方の予想通りかなと思います。丸選手の活躍は広島をリーグ3連覇に貢献したのは間違いないですね。一番印象に残っているのは、8月のマツダスタジアムのヤクルト戦で、9回裏土壇場で同点3ランを打った場面でしょうか。勝負強さを見せつけたシーンでした。後の鈴木選手のサヨナラホームランを呼び込んだ一打でした。

丸選手についてはドリヨシはあえて触れないようにしていますが、広島残留か、他球団へ移籍か落ち着かない日々が続いています。広島も球団として精一杯の条件を提示していますが、読売の5年35億とも言われる大型提示には叶いません。金額で移籍なのか、「男気」で残留なのか…。ドリヨシは後者であることを祈っています。仮に他球団へ移籍したら、しばらくはその姿をまともには見られないような気がします。まあ、選手に与えられた権利ですから、仕方ない事ではあるのですが…。

我々広島東洋カープファンは吉報を待っています。
posted by ドリヨシ at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手

12月4日午後9時から故・衣笠祥雄氏の番組を放送!〜NHKBSプレミアム

1543306754186214371181.jpg

NHKのBSプレミアムで、12月4日(火)の午後9時からの「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」で、今年4月に亡くなられた広島東洋カープのレジェンド「鉄人」衣笠祥雄氏の特集を放送します。
衣笠さんはドリヨシが少年の頃、広島の黄金時代を支える活躍を見せてくれた親しみのある選手でした。当時私の地元であった野球教室に衣笠さんが来られて、握手をしていただいた思い出があります。
その衣笠さんが亡くなられたという知らせを聞いた時は「ウソだろ?」と、受け入れられませんでした。
この番組を見て、改めて衣笠さんの偉大さを噛みしめたいと思います。全国のカープファンのみならず、野球ファンの皆さんも是非ご覧下さい。

アナザーストーリーズ 運命の分岐点 衣笠祥雄ラストインタビュー〜鉄人 最後のメッセージ〜
NHKBSプレミアム 12月4日(火)午後9時〜10時

最高級今治タオルの取扱店【伊織】

***********************************************************
全国16店舗! 最高級今治タオルだけのタオル取扱店「伊織」
お歳暮に、出産のお祝いに、こだわりのタオルギフトをどうぞ
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPFRG+8UIY6Y+357K+6AJV7


posted by ドリヨシ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2018年11月26日

天谷氏がRCCの野球解説者に!

15432367862311448847102.jpg

元広島・天谷氏がRCC野球解説者に 「現役に近い立場で魅力伝える」
11/26(月) 20:28配信

引退会見での天谷氏=10月4日

 RCC中国放送は26日、今季限りで現役を引退した元広島外野手の天谷宗一郎氏(35)が来季から同局の野球解説者になると発表した。天谷氏は「現役選手に近い立場でカープと野球の魅力を元気よく伝えていきたい」とコメントした。

 天谷氏は福井商から01年度のドラフト9位で広島に入団。2010年の横浜戦でホームラン性の打球を、フェンスを駆け上がって捕球したプレーは今もファンの間で語り草となっている。カープ一筋17年、通算成績は844試合に出場し、493安打、27本塁打、159打点、打率・255を記録した。

なんか、楽しみですね。天谷さんは明るく、真面目な性格なので、解説という仕事はぴったりではないかと思います。RCCの野球解説者は今季は安仁屋宗八さん、山崎隆造さん、横山竜二さんの3人が務めており、1人欠員だったとドリヨシは認識しています。天谷さんが加入する事で、RCCの解説陣は勢ぞろいになります。

天谷さんの解説がどんなものになるのか、今から楽しみです。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。