<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年10月23日

ソフトバンクが3年連続日本一

1571838148412403230292.jpg

ソフトバンク日本一 日本シリーズでセ全球団に勝利
10/23(水) 21:50配信

日本一を果たし胴上げされるソフトバンクの工藤公康監督=東京ドームで2019年10月23日、梅村直承撮影

 ソフトバンクの工藤監督が宙を舞った。23日に東京ドームで行われたプロ野球の「SMBC日本シリーズ2019」第4戦で、パ・リーグ2位でクライマックスリーズ(CS)を突破し、今シリーズも王手をかけていたソフトバンクが巨人を4―3で降した。無傷の4勝で3年連続10回目の日本一に輝いた。

 ソフトバンクが3連覇を成し遂げたのは初めてで、4戦全勝での決着は2005年にロッテが阪神を破って以来、史上6度目。13年の楽天から7年連続でパの球団が日本シリーズを制した。

 また、05年に親会社がソフトバンクとなって以降、日本シリーズで11年に中日、14年に阪神、15年にヤクルト、17年にDeNA、18年に広島を破っており、今年の巨人でセ・リーグ全6球団に勝利となった。

 セを5年ぶりに制した巨人は6年ぶりに日本シリーズに進出したが、7年ぶり23回目の日本一を逃した。

 ◇○ソフトバンク4―3巨人●(23日・東京ドーム)=日本シリーズ第4戦

 ソフトバンクは四回にグラシアルが先制3ラン。七回は巨人内野陣の2失策に乗じて1点を加えた。先発の和田が5回1安打無失点と好投した。巨人は六回に岡本の2ラン、七回に丸の適時二塁打で反撃したものの好機を生かしきれず、菅野の力投も実らなかった。

 ソフトバンク・工藤監督 巨人も強く、勝ったのは本当に少しの差。プレッシャーの中、選手がよく点を取り、守ってくれた。CSファーストステージの最初で負けた後は10連勝。こんなに幸せ者(の監督)はいない。

福岡ソフトバンクホークスの選手の皆さん、ファンの皆さん、日本一おめでとうございます!

この日本シリーズはソフトバンクが圧倒的な強さで読売を寄せ付けませんでした。選手の層の厚さが違いました。読売は控え選手の力が弱いのに対し、ソフトバンクは控え選手もレギュラーを十分に張れる力を持っています。なので、ソフトバンクの工藤監督も選手を起用するのが楽しくて仕方ないのが本音だと思います。これでソフトバンクは日本シリーズ3連覇で、しかもセ・リーグの全球団から制覇するという快挙を成し遂げました。本当に強いです。

しかし、このままソフトバンクを走らせる訳にはいきません。来季、ソフトバンクを倒すのは我が広島東洋カープであります。今季残念ながら4位という成績でしたが、若い選手が力をつけてきてますし、伸びしろもあります。今年4位という悔しさもあるので、モチベーションが自然と上がってくると思います。読売を倒してリーグ優勝、そして王者ソフトバンクを叩いて日本一の栄冠を勝ち取ろうではありませんか!

鈴木選手とオリックス吉田選手で侍ジャパンの最強中軸コンビに!

15718372512031598247613.jpg

「セーヤ」と「マサさん」侍主軸コンビは相思相愛
10/23(水) 20:09配信

特打で吉田正(右)のバットを手にする鈴木(撮影・加藤哉)

“恋人”クリーンアップで打ちまくる! 23日、11月開催の「プレミア12」へ向けた侍ジャパンの強化合宿がサンマリンスタジアム宮崎で2日目を迎え、主軸候補のオリックス吉田正尚外野手(26)と広島鈴木誠也外野手(25)が特打で柵越えを連発。お互いの呼び名について吉田正が明かし「恋人みたい」と説明。相思相愛の最強“カップル”が打線を盛り上げる

   ◇   ◇   ◇

侍ジャパンの超強力“カップル”が世界を圧倒する。吉田正が鈴木との呼び名を「『セーヤ』です。向こうは『マサさん』。恋人みたいですよね」と明かせば、鈴木は吉田正に「素晴らしいバッター。右左で違いますけど、打席の入り方、実戦への対応力とか聞きたいと思っていた。歳も1つしか変わらないので、親しみやすく、いろんなことを教えてくれる。ありがたいです」と感謝する。まるで“恋人”のようだ。

そんな2人が、相乗効果で圧倒的なパワーを存分にみせつけた。同組で行った特打では両翼100メートル、中堅122メートルと広いサンマリンスタジアム宮崎で柵越えを連発。吉田正が「鈴木誠也がすごい打球を打っていたので刺激になった」と73スイングで2度の3連発を含む柵越え15本を放てば、鈴木は69スイングで4連発を含む同19本と暴れた。

侍ジャパンの4番筆頭候補の鈴木は今季チームでも4番を担い、打率3割3分5厘、28本塁打、87打点。セ・リーグの首位打者を獲得した。吉田正は中軸として打率3割2分2厘、29本塁打、85打点で、シーズン終盤には首位打者争いを演じた。稲葉監督は「確実性のある選手」として5番を打線のカギに掲げており、吉田正が候補に挙げられる。侍で結成された、両リーグを代表するスラッガーの強力タッグ。相乗効果で打線を引っ張り、世界一を目指す。【古財稜明】

<侍ジャパンの中軸コンビ>

◆06年WBC 4番に固定された松中を中心に、5番多村が奮起した。大会初戦の予選リーグ中国戦は、松中が四球で出塁、多村が2ランでとどめを刺し8回コールドで白星発進。松中は全8試合で本塁打0も、打率4割3分3厘。多村は6試合で3本塁打を放った。

◆08年北京五輪 新井と稲葉の「アライナ」コンビが4、5番で全9試合に出場。予選リーグの中国戦では新井が併殺打に倒れた直後、稲葉が適時二塁打で嫌なムードを断ち切った。2人とも打率は2割台も、新井は7打点でチームトップタイ、稲葉は6打点でチーム3位。

◆15年プレミア 平成生まれの筒香、山田は全8試合出場し、そろって3割超え。4、5番を務めた筒香は本塁打0ながら、3割8分5厘の驚異的な数字を残した。米国戦では3打点をマーク。山田は3番に固定され、3位決定戦のメキシコ戦では2打席連発。

この11月に開催される「プレミア12」の侍ジャパンの中軸となる鈴木誠也選手とオリックスの吉田選手が、圧倒的なパワーを見せつけているようです。打順は4番に鈴木選手、5番に吉田選手が入りそうですね。お互いにまだまだ伸びしろがあり、野球に対する取り組み方がひたむきで、野球小僧がそのまま大きくなったような感じです。「プレミア12」では共にポイントゲッターとして素晴らしい活躍を見せてくれるでしょう。そして、来年の東京オリンピックでも、中軸としての活躍が期待できそうです。とにかくケガをしないようにしっかり頑張って欲しいと思います。

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━
      更新が簡単!カスタマイズも充実!ブログより凄い?
本格的な飲食店ホームページの作成が月額 1,000円(税抜)で実現します!
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TY1TP+FPLU8Q+348+1TJTPF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]


posted by ドリヨシ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。