<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年10月13日

高橋昂也投手が術後初の投球練習!

15709771268191064104984.jpg
広島・高橋昂也、左肘手術後初、傾斜を使って投球練習「すごく気持ちが良かった」
10/13(日) 17:39配信

普段のマウンドより傾斜が半分になったハーフマウンドで投げる高橋昂

 広島の高橋昂也投手が13日、復活に向けまた一歩、階段を上った。廿日市市の大野練習場で、2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けて以降、初めて傾斜を使い投球練習した。

 普通のマウンドから半分の傾斜にした“ハーフマウンド”に上がると、沢崎3軍投手コーチを相手に8割の力で20球を投げた。「久しぶりだったので、すごく気持ちが良かった。思っていた以上に投げられた」と目尻を下げた。

 17年夏に、広島のトレーナーなどが見識を広めるためにトミー・ジョン手術の症例数が多い米国へ視察。平地から普通のマウンドに上がると肘への負担が大きいため一度、傾斜が緩やかなマウンドで投げるのがリハビリの一環だった。それにならい帰国後、大野練習場の屋外に新たに“ハーフマウンド”を新設。17年の同じく左肘にメスを入れ今季、復活した床田もこれを使って練習した。

 高橋昂は、ネットスローから7月中旬にキャッチボールを再開。徐々に投げる距離を伸ばしていき、ようやくハーフマウンドながら投球練習までこぎつけた。今後2週間は、週に2度のペースでこのマウンドで投げ、その後は試合で使うマウンドで投球練習するプランだ。

いよいよ高橋昂也投手が投球練習をスタートさせました。2月に肘の手術を行ってから約8ヶ月。ここまでこぎつけました。術後のリハビリは投げる事ができないストレスで大変だったと思いますが、投げる事が出来るようになり、高橋投手のモチベーションも上がって来ることでしょう。床田投手も同じ手術を受け、同じように苦しいリハビリをこなし、トレーニングを経て、今季は先発ローテーションの一角を担うほどになりました。高橋昂也投手も焦りがない訳ではないでしょうが、じっくり練習を積み重ねて、来季途中からでも1軍の舞台で快刀乱麻のピッチングを見せて欲しいですね。
posted by ドリヨシ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手

GMOインターネット株式会社【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB
WordPress専用高速サーバー Z.com WP



posted by ドリヨシ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。