<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファン
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索

2019年11月17日

プレミア12のMVPに鈴木選手!ベストナインに菊池選手と鈴木選手が選出!

20191117-00000381-sph-000-0-thumb.jpg

【侍ジャパン】世界一奪取もベストナインは菊池、鈴木のみ…オリックスの台湾・張奕と米国・ディクソンも受賞
11/17(日) 23:19配信

MVPの鈴木誠也

◆プレミア12 決勝 日本5―3韓国(17日・東京ドーム)

 野球の国際大会「第2回プレミア12」で、侍ジャパンが韓国を破って、初制覇した。主要大会で世界一に立つのは2009年の第2回WBC以来10年ぶりとなった。

 試合終了後には最優秀選手とベストナインが発表。最優秀選手には鈴木誠也(日本)が輝いた。ただ、ベストナインに侍ジャパンから選出されたのは二塁手の菊池涼介(広島)、外野手の鈴木の2人だけだった。投手は、先発でオリックスの張奕(台湾)、中継ぎでディクソン(米国)も選出。国別では4位の米国から最多の4人が選出された。ベストナインは以下の通り。

 先発投手 張奕(台湾)

 中継ぎ投手 ディクソン(米国)

 捕手 クラツ(米国)

 一塁 ダルベック(米国)

 二塁 菊池涼(日本)

 三塁 王威晨(台湾)

 遊撃 金河成(韓国)

 外野 鈴木(広島)

    李政厚(韓国)

    ジョーンズ(メキシコ)

 DH ルッカー(米国)

鈴木選手のMVPは誰もが認めるところでしょう。大会4割越えの驚異的な打率と、勝負強いバッティング、果敢な走塁、守備では強肩ぶりを発揮して、チームへの貢献度は抜群ですね。鈴木選手もメジャーの球団が黙ってはいないでしょうね。

菊池選手は守備は華麗なさばきを見せてくれましたが、この大会では勝負強いバッティングをしてくれました。菊池選手も侍ジャパンへの貢献度は抜群ですね。

ドリヨシ的には會澤選手もベストナインに選ばれてもおかしくないと思います。日本の投手陣のいいところを引き出してくれた陰の立役者ですよ。

カープ3人衆は湯布院のリハビリキャンプに参加するんですかねー?是非温泉でゆっくりして欲しいですね。

2019世界野球WBSCプレミア12決勝@東京ドーム 日本5−3韓国 3点ビハインドから鈴木選手追撃のタイムリー!山田選手逆転3ラン!4年前の雪辱果たし、初優勝!

20191117-00609311-fullcount-000-1-view.jpg

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督、8度の胴上げ! 日韓決戦制して、涙の10年ぶり世界一
11/17(日) 22:23配信

2回に山田が逆転3ラン、7投手が決死のリレーでリードを守り抜く

胴上げで8度宙に舞った侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:荒川祐史】

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。歓喜の瞬間を迎えた瞬間に涙を流した稲葉篤紀監督は激戦をくぐり抜けて頂点へと立った選手たちの手で8度胴上げ。東京ドームで宙を舞った。

 初回に先発の山口が3失点。だが、その直後に4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時二塁打で1点を返すと、2回1死一、二塁の好機で山田が左翼スタンド中段に飛び込む3ランを放って逆転に成功。試合をひっくり返すと、2回からは中4日での登板となった高橋礼投手(ソフトバンク)が2イニングを無失点に封じるなど決死の継投でリードを守り、最後は守護神の山崎康晃投手が締めくくった。

Full-Count編集部

侍ジャパン10年ぶりの世界一、おめでとうございます!しかも、前回のプレミア12は準決勝で韓国に逆転負けを喫した屈辱を味わっただけに、今日の決勝で、まさにリベンジを果たす事が出来て良かったです。

先発山口投手がいきなり失点しました。初回、2ランとソロの2本のホームランを浴びて3失点と、厳しいスタートとなりました。今日の山口投手は制球がまとまらず、甘くなった球を痛打されました。

しかし、日韓戦はすんなりいきませんね。1回裏、四球で出塁した坂本選手を1塁に置き、侍の4番の鈴木選手がレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースを放ち、1−3としました。3失点した直後に1点返したのは大きいですね。

そして2回裏、2アウトランナーなしから、會澤選手が四球で出塁。続く菊池選手が内野安打でつなぎ、1、2塁のチャンスとなりました。そして山田選手が粘りに粘って8球目をフルスイング!打球はレフトスタンド中段に吸い込まれる逆転3ランを放ち、4−3と試合をひっくり返しました。ドリヨシは思わず叫んでしまいました。カープの2人がこの3ランのお膳立てをしたのも、カープファンとして嬉しいところです。

7回裏には、2アウト3塁から、浅村選手がライト前にタイムリーを放ち、5−3として、貴重な追加点を入れました。

2回以降は侍ジャパンの投手陣の必勝リレーでした。高橋投手、田口投手、中川投手、甲斐野投手、山本投手、そして抑えの山崎投手が無失点で抑え、5−3で逆転勝利!プレミア12初優勝を果たしました。

侍ジャパントップチームでは、2009年のWBC以来、10年ぶりの世界一を奪還しました。稲葉監督が、世界一の瞬間に感無量になったのを見て、ドリヨシもぐっと来てしまいました。

これで第2回のプレミア12は終わりました。しかし、侍ジャパンの戦いはまだ続きます。来年は東京オリンピック、そして再来年はWBCと大きな大会が続きます。再び世界一目指して頑張って欲しいと思います。カープ3人衆の菊池選手、鈴木選手、會澤選手、本当にお疲れ様でした。カープ球団にお願いです!これら3人衆の年俸をグッと上げてください!お願いします!あっ、菊池選手は…。

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━
      更新が簡単!カスタマイズも充実!ブログより凄い?
本格的な飲食店ホームページの作成が月額 1,000円(税抜)で実現します!
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TY1TP+FPLU8Q+348+1TJTPF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]



posted by ドリヨシ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

湯布院リハビリキャンプスタート!

20191116-00000116-sph-000-2-thumb.jpg

【広島】恒例の湯布院リハビリキャンプスタート 床田は39度の湯に「のぼせる」
11/16(土) 18:48配信

大分・湯布院温泉でリハビリキャンプを開始した(前列左から)大瀬良、野村、九里、松山、菊池保、(後列左から)石原、床田、中村恭、西川、田中広

 広島の主力組がシーズンの疲れを癒やす大分・湯布院温泉でのリハビリキャンプが16日、スタート。九里、大瀬良、野村、床田、菊池保、中村恭、石原、田中広、西川、長野、松山の11選手が参加し、極楽気分で露天風呂につかった。

 初参加は床田、菊池保、中村恭、西川の4人。菊池保は公称80キロながら実際は3ケタに届くか届かないかの“わがままボディー”を披露して「写っちゃいけないものが写っちゃうよ」とイジられていた。西川は明らかに体脂肪の少なそうなピキピキボディーを縮こまらせて「寒〜い」と震えていたが、湯に浸ればダブルピースを見せる極楽ぶりだった。

 床田は「温泉はのぼせるので…。きょうのお湯も熱かったぐらい」と39度の湯にも耐えられなかった様子。さらに「においが強かったり、ぬるぬるする温泉が苦手」と、温泉マニアに「そうじゃないだろ」と説教されそうな奔放な発言で報道陣を笑わせた。そして「ゴルフもヘタクソですし、何でここに来たんですかね。あ、でも練習するよりはいいか!」と、野球から離れられることこそが“極楽”と言いたげだった!?

毎年恒例の湯布院リハビリキャンプが始まりました。キャンプと言っても、シーズンを通して酷使したからだを休ませる、保養のキャンプになります。ドリヨシ的には、今プレミアで活躍している菊池涼介選手、鈴木選手、會澤選手が大会が終わるのを待って、一緒にリハビリキャンプに参加できるようにして欲しかったですね。

このリハビリキャンプに参加している選手の皆さんは、来季の活躍を期待されている選手です。しっかり体をケアして、シーズンオフに鍛え上げて、来春のキャンプに備えてもらいたいですね。
プロフィール
ドリヨシさんの画像
ドリヨシ
プロフィール
リンク集
通販サイトや店舗での決済をd払いにすると、 dポイントが貯まる&使えるお得で便利なドコモの決済サービス。 ドコモ回線ではない方も、アカウントを作れば利用可能です! 以下はd払い可能なサイトです。