タグ / 暗渠

記事
庭園の池と海をつないでいた水の路(芝離宮)  [2022/06/19 21:50]
今回は芝離宮の敷地外にある水路の話です 水路の側面には昔の石垣が残されています。しっかりと積まれた石垣を活かした上で、コンクリートで補強しているようですね。これは芝離宮に海の水を引き込むための水路の跡です。庭園内の池はいまでこそ真水ですが、かつては江戸湾とつなげることで、潮の満ち引きによる変化を楽しめるようになっていました。 周囲の開発の都合で、芝離宮の池はいまは海から遮断されていますが、かつての「潮入りの池」のための施しが、庭園の外側にこうして残されてい..
水の道のなごり(神田上水跡)暗渠と城跡29 [2021/10/21 22:01]
文京区春日の徳川慶喜屋敷跡へ向かう途中で、自分の歩いている道がそのままかつての水路であることに気付きました。きっかけは通りに設置された説明板です。 <神田上水説明板> 神田上水?ここが? 神田川を通り越し、やや高い場所を歩いている感覚だったので、水の道が通っていることに一瞬戸惑い、よくよく考えて納得しました。水は低い方へ流れるだけ。人の暮らしを支えるために、台地の端を縫うように水路が築かれたわけですね。これなら高い場所にも生活水がいきわたります。 <金..
暗渠となった堀のなごり(法音寺城跡) 暗渠と城跡28  [2021/09/18 20:50]
本来そこにあったものの余韻が漂う。人がそれを感じ取るアンテナはたくさんあるかと思いますが、今回は舗装された道路の表面に感じる城のなごりの話です。訪ねたのは栃木県野木町の法音寺城跡です。 まずは一目瞭然の城のなごりから <土塁> 土塁跡です。手前側が城内で、土塁の向こう側、つまり外側には堀が設けられていました。 <土塁の向こう側> ちょっと分かりにくいですが堀跡です。 つづきまして <法音寺境内の堀跡> こちらは法音寺の境内(裏手)の竹林..
まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門(お勧め本) [2021/04/27 22:50]
<細長い児童公園> 今回はお勧め本のご紹介です。その名も「まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門」 2021年4月27日発売 著者:吉村生 著者:高山英男 まち歩きが楽しくなる 水路上観察入門 [ 吉村 生 ] まぁ内容そのものはタイトルのままですね。ただ「水路の上」には水面があるだけと思っている方に、ちょっとだけ補足させて頂きます。 <水路> この本で言うところの水路とはこういう道のことです。 <橋の跡> 進んで行くと橋の..
赤坂の谷底で川跡を探す(太刀洗川) [2020/10/18 22:10]
今回の主役は太刀洗川 血の付いた刀を洗った川 ? そんな想像をしてしまうインパクトのある名です。その川は赤坂を流れていたと知り、現地を訪問してみました。では早速。こちらです。 <太刀洗川>たちあらいがわ なにこれ? はい。また暗渠です。この見慣れない字は『あんきょ』と読みます。地下に埋設された川という意味でご理解下さい(毎回同じ)。言い方を変えると、地下に埋設されて姿は見えないけれど、川ということになります。 <高橋是清翁記念公園> ..
暗渠と城跡27 そこにあったもののなごり [2020/09/08 22:30]
今回は、城跡好きがなぜか暗渠に魅かれる理由(の一つ)をご紹介できればと思い、二つの画像を用意しました。 <護岸の跡> このコンクリの道はもともと水路でした。道の隅(左手)に残っているのは護岸の跡です。暗渠化工事の際に、構造上の理由から護岸はそのままにして水路が埋められため、こうして跡が残っています。 <見附跡> 川の側面に昔の石垣が残されています。かなり高い位置まで積まれていますね。これは江戸城の城門の跡です。痕跡からして『桝形門』という立派な構造だっ..

検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 三春城のなごり
  5. 5. 浜松城の野面積み
  6. 6. 忠臣蔵名シーンの舞台となった坂道(南部坂 雪の別れ)
  7. 7. 岡崎城のなごり
  8. 8. 刑場近くの橋のなごり 泪橋と思川
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  10. 10. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山(上) (人物文庫) [ 童門冬二 ]

小説上杉鷹山(下) (人物文庫) [ 童門冬二 ]