2022年11月26日

佐々成政ゆかりの神社(富山市)千歳神社

戦国武将の佐々成政ゆかりの神社を訪ねました。

<千歳神社>ちとせじんじゃ
chitose-jinja-toyama.JPG
富山市の千歳神社です。佐々成政が戦勝祈願をした神社と伝わります。

<説明板(御由緒)>
chitose-jinja-explanation-board.JPG
情報が少ないので、現地説明板(御由緒)を参考にさせて頂きます。下記に一部を転記させて頂きます。(『』内は原文の写し)
『天正九年(一五八一)佐々成政公が、越中五十四万石を領して富山城主となった時、敬神の念が厚かったので、この神明社を産土大神として崇め、城下町富山を東西に二分し、東は北の神明、西は南の神明と称し、それぞれ富山の守護神とした。』

佐々成政というと、勇猛果敢に戦うイメージが強いですが、他の名だたる戦国武将がそうであるように、神を尊び、うやまうことを大切にしていました。若い頃から織田信長に仕えて、徐々に頭角を現していった佐々成政が、ここ越中で一国を任されたのが40代の半ばのこと。越中54万石ですからね。凄いことです。そのまま何事なければ、更に飛躍できたのかもしれません。

しかし
主君が本能寺で討たれてしまいます。

状況は激しく変化。成政は時代の流れに激しく抵抗しますが、良い結果は得られませんでした。終わってみれば、越中を領してこの神社を保護した頃が出世のピークだったのかもしれません。

chitose-jinja-gata-toyama.JPG
勢いに乗っていた佐々成政が大切にした地元の神明社。現在の社殿は昭和になって再建されたものですが、富山の土地神として最も古いとされています。

ただ、最初からこの場所だったわけではないようです。説明文によれば『当神社は北の神明にあたり、当時は蛯町の地に鎮座していましたが、富山藩祖前田利次公が入城後、寛文年間城下の町割に際し現在地に移った。』とのこと。江戸時代になって移転したわけですね。

また、神明社が千坂神社と改称されたのは明治になってからとのこと。説明文には、越中富山藩の第10代藩主である前田利保が、富山城の出丸に隠居所として千歳御殿を造り、城の近くを流れる神通川の下流を千歳川と名づけたことが記されています。改称はこれに因んだようです。

citose-bridge.JPG
こちらは千歳神社近くの千歳橋を撮影。川はかつての神通川の流路とほぼ一致します。

ということで
富山市内の佐々成政ゆかりの神社を訪ねたというお話でした。拙ブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。

chitose-shrine-toyama.JPG

■訪問:千歳神社
[富山県富山市千歳町]2丁目

■参考及び抜粋
現地説明板(千歳神社由緒)



お城巡りランキング
posted by Isuke at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年07月09日

北条時宗夫人・覚山尼ゆかりの寺(上尾市)少林寺

今回は城跡巡りの途中で立ち寄った歴史ある寺院の話です。

<少林寺山門>
Ageo-Shorinji.JPG

<本堂>
Ageo-Shorinji-Hondo.JPG
臨済宗の寺院で、鎌倉の円覚寺の末寺です

上尾市のホームページには『同寺は江戸時代の初めに「門前村」という村名が生じたほどの大寺であり、鎌倉時代の正応元(1288)年創建という市域随一の古刹(こさつ)でもある。』とあります。同ページの情報によれば、開山は鎌倉の円覚寺第二世を務めた高僧・仏源禅師開基は鎌倉幕府執権・北条時宗夫人の覚山尼(かくざんに)とのこと。覚山尼は縁切寺としても知られる鎌倉の東慶寺の開基ともいわれています。武家政権の中心地である当時の鎌倉と、深い関りのあった寺院ということですね。

<境内の様子>
Ageo-Shorinji-Keidai- (3).JPG
Ageo-Shorinji-Keidai- (2).JPG
Ageo-Shorinji-Keidai- (1).JPG
Ageo-Shorinji-Keidai- (4).JPG

歴史の古い少林寺ですが、幕末動乱期に火災で本堂他が焼失してしまいました。山門と鐘楼堂が難を免れ、いまに至るようです。

<四脚門>
Ageo-Shorinji-Gate.JPG
上尾市指定文化財に指定されています

<鐘楼堂>
Ageo-Shorinji-Temple-bell-tower.JPG
立派な佇まいです。嘉永年間に建立されたものを解体・修理して現在に至ります

ということで
幕府があった頃の鎌倉と深い関りのある少林寺のご紹介でした。拙ブログで魅力の全てはお伝えできませんが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

<県道沿い>
Ageo-Shorinji-Entrance.JPG
少林寺は県道上尾・久喜線沿いです。山門は少し奥まったところにあるため、こちらを目印にすると素通りせずにすみます。

Shorinji-Ageo.JPG
おじゃま致しました

■訪問:少林寺
[埼玉県上尾市西門前] 399

■参考及び出典■
境内説明板(少林寺)
上尾市教育委員会ホームページ
>上尾の寺社3少林寺(西門前)
 
https://www.city.ageo.lg.jp/site/iinkai/064110110106.html



お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年06月25日

源義経招魂碑(久喜市)

今回は埼玉県久喜市の源義経招魂碑の話です。

<源義経招魂碑>しょうこんひ
Minato-Yoshistune-Shokonhi.JPG
こちらです

埼玉県で義経?

ここ久喜市には『静御前墓所』があります。冒頭の画像はそちらで撮影しました。

<静御前墓所>しずかごぜんぼしょ
Shizuka-Gozen's -grave.JPG
義経の愛妾として有名な静御前の墓所です。義経を追って奥州平泉へ向かう途上で義経の死を知り、病に倒れて没したと伝わります。静御前終焉の地については諸説ありますが、ここもその候補地のひとつとなっています。

義経本人がこの地と深い関りがあったわけではありませんが、静御前が没し、そして眠る場所です。歴史にもしもは禁物ですが、もし義経が密かに生き延びていたなら、この地を訪ねたのではないでしょうか

Shokon-Stone monument-Yoshistune.JPG
招魂とは霊を招いてまつること。この地に義経の招魂碑が建てられていることには、感慨深いものがありますね。

ということで
静御前墓所の源義経招魂碑のご紹介でした。

<栗橋駅にて>
Panel-Yoshitsune- and-Shizuka.JPG
現地は栗橋駅から徒歩1分です。駅の改札を出たところにはこんなパネルも設置されていました。ちょっと私がイメージする義経よりオッサンっぽいですが、武芸に励み、武功で名を馳せた人ですから、これくらい男らしかったのかも知れませんね。

■訪問:源義経招魂碑
(静御前墓所)
[埼玉県久喜市栗橋中央]1-2-10


-----■過去記事のご紹介■-----
静御前墓所は二度目の訪問となりました。初回訪問時の記事を下記にご紹介させて頂きますので、良かったら覗いてみて下さい。
<栗橋駅構内>
shirononagori305 (1).jpg
投稿:2019年01月19日
タイトル:静御前ゆかりの地
→『記事へすすむ



お城巡りランキング
posted by Isuke at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年06月18日

畠山重忠ゆかりの観音堂(さいたま市)田島観音堂

畠山重忠ゆかりの地を訪ねました。
<参道>
Tajima-kannondo-Approach.JPG
さいたま市桜区田島の田島観音堂です

<庚申塔>
Tajima-Koshinto-Road-sign.JPG
参道わきの庚申塔です。ここは県道沿い。道標も兼ねたものですが、南・西といった漢字はわかるものの、崩し字のひらがなは読めませんでした(私には)

<カシワの木>
Tajima-kannondo- Kashiwa.JPG
境内でひときわ目をカシワの木は、さいたま市指定天然記念物となっています

<鐘楼>
Tajima-kannon-Bell-Tower.JPG

<境内石碑と六地蔵菩薩>
Tajima-kannondo- Ishibotoke.JPG

そして

<田島観音堂>
Tajima-kannondo.JPG
創建年代等は不詳です。ただ標柱の側面に刻まれた文字からして、鎌倉時代初期なのではないかと推定できます。

<標柱正面>
Tajima-kannondo-Stone- Pillar.JPG
正面には宝永山如意輪観世音の文字。田島観音の名で親しまれていますが如意輪観世音が正式な名のようです。こちらの観音様は足立坂東13番札所です。

そして側面

<畠山重忠建立>
Hatakeyama-and-Hojo.JPG
ちょっと見えにくいですが、「畠山重忠公建立 太田氏房候歸似」と刻まれています。鎌倉幕府の有力御家人だった畠山重忠が建立したということですね。つまり創建は鎌倉幕府が樹立された頃。それ以前かそれ以後かはともかく、だいたいその頃ということになります。太田氏房は岩槻城主だった戦国武将。帰依と読めますので、その信仰の対象でもあったということでしょう。

田島観音堂と畠山重忠の関係についてもう少し深く知りたいと思い調べたのですが、なかなか有効な情報がなく、今回もまた「猫の足あと」さんのお世話になります。『』内は抜粋です。
『真言宗寺院の田島観音堂は、かつて寳榮山如意輪寺と号す寺院址です。田島観音堂の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「如意輪寺 新義真言宗、輿野町圓乗院末にて寳榮山と號す、本尊は不動」とあります。足立坂東三十三ヶ所霊場13番、北足立八十八ヵ所霊場13番、武州足立百不動尊霊場49番です。』
田島観音は、標柱の文字にもあった如意輪寺という寺の跡ということのようです。そして、圓乗院との関りがうかがえます。

[参考:圓乗院(円乗院)]
temple_enjo-saitama.JPG
こちらが与野の圓乗院(円乗院)さんです。鎌倉時代初期に畠山重忠が現在のさいたま市桜区道場に創建した寺院で、戦国時代末期又は江戸時代初期にこの地に移転しました。旧与野市を代表する立派な寺院です。


<田島観音堂>
Tajima-kannon-do.JPG
私の調べ方が悪いせいもあって、田島観音堂と畠山重忠の関係がややぼやけたままですが、与野の圓乗院と関りがあるということで、なんとなく納得しました。

<畠山重忠建立>
Hatakeyama-Shigetada.JPG
かつて畠山重忠がこの付近を領したことは事実です

ということで
畠山重忠ゆかりの観音堂のご紹介でした。拙ブログにお付き合い頂きありがとうございます。

■訪問:田島観音堂
 (如意輪観世音)
[さいたま市南区田島]3丁目

■参考画像:円乗院
 (安養山西念寺)
[さいたま市中央区本町西]1丁目

■参考及び抜粋
猫の足あと
・田島観音堂

https://tesshow.jp/saitama/saitama/temple_sakra_tajima.html
・円乗院
https://tesshow.jp/saitama/saitama/temple_chuo_enjo.html


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年05月30日

兄に付き従う脇屋義助の像(太田市)太田駅前

(新田義貞像の追記です)
<新田兄弟の銅像>
Nitta-Yoshisada-Statue-Ota.JPG
兄である新田義貞に付き従うような姿勢の脇屋義助。通称は脇屋次郎。

<脇屋義助像>わきやよしすけ
Wakiya-Yoshisuke.JPG
兄同様に上野国新田郡(現在の群馬県太田市)の生まれです。居とした地名から名字を脇屋と称し、義貞とともに各地を転戦しました。鎌倉幕府を滅亡に追い込んだのち、新政府においては要職を任され、後醍醐天皇に対する足利尊氏の謀反にも立ち向かい、兄が戦死したのちも戦い続けました。最後は中国・四国方面の総大将となって実力を発揮しますが、伊予で病により亡くなりました。

Local-Hero-Nitta.JPG
新田氏当主の次男として生まれ、波乱の人生の末に異国で没した脇屋義助。長い旅路の始まりは、ここ群馬県太田市でした。

■訪問:
新田義貞公像・脇屋義助公像

[群馬県太田市東本町]
posted by Isuke at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

太田駅前の新田義貞像(太田市)

東武太田駅の北口を出ると新田義貞が出迎えてくれます

<新田義貞>にったよしさだ
Nitta-Yoshisada-Ota-Station.JPG
駅前ロータリーに設置されている新田義貞の銅像です。鎌倉幕府を滅亡に追い込んだことで知られる武将ですね。ここ群馬県太田市は新田義貞の故郷であり、清和源氏新田氏と深い関りのある場所です。

隣に控えているのは家臣?そうとも言えますが、義貞の弟の新田義助です。現在の太田市にも残る地名から脇屋氏を名乗りました。挙兵した兄に従い、幕府軍と戦いました。

太田市は新田荘があった場所(旧新田町)。源義家の孫にあたる義重が、浅間山噴火の影響で荒廃していた土地に荘園を開墾し、本拠としました。新田氏の祖となった義重は、足利氏の祖となった義康の異母兄でもあります。

新田義貞は7代当主・朝氏の嫡男として生まれました。その頃になると、足利氏に差をつけられていた新田氏ですが、8代当主・義貞が鎌倉幕府討滅の中心人物となったことで、後世に長く語り継がれることとなります。


Nitta-Yoshisada-Statue-Ota.JPG
当初は別な場所に設置されていましたが、2009年に駅前に移されました。後ろに見えているSUBSRUとともに太田市の顔を言えますね

ということで
太田駅前の銅像と、太田市民、いや、群馬県民にとっては当たり前の「歴史に名高い新田義貞」のお話でした。

■訪問:新田義貞公像
(太田駅北口ロータリー)
[群馬県太田市東本町]

■参考
Wikipedia:2022/5/30
上毛かるたで群馬県ガイド

https://joumoukaruta.com/ra/rekishi.html



お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年05月22日

分倍河原駅前の新田義貞像(府中市)

古戦場を訪ねるべく分倍河原駅で下車しました

<新田義貞公之像>
Nitta-Yoshisada-Statue.JPG
駅前ロータリー設置された新田義貞公像

勇ましい姿ですね。この像は『新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけて火花を散らした分倍河原合戦を題材に、武士の情熱と夢をモチーフとして制作したものである。』とのこと。

『』内はこちらに記されている府中市による説明文をそのまま抜粋させて頂きました。
Description-Nitta-Yoshisada.JPG
分倍河原での合戦についても詳しく記されていますので、抜粋しながらご紹介させて頂きます。

『元弘三年(一三三三)五月八日、上州生品神社(群馬県新田町)の社前で鎌倉倒幕の旗を上げた新田義貞は、越後・甲斐・信濃の同族軍等を糾合、翌九日には利根川を渡って武蔵国へ入り、千寿王(後の足利義詮)と合流し一路鎌倉を目指して南下した。一方、幕府軍は入間川で新田軍を阻止するため北上、同月十一日、両軍は小手指原(所沢市)で遭遇し合戦となった。合戦の勝敗は容易に決しないまま十二日の久米川の合戦につづき新田軍有利の中で、幕府軍は陣立てのため急ぎ府中の分倍河原まで退いた。』
群馬県新田町は現在は同県太田市に吸収されています。そこで挙兵し、南下する新田義貞に続々と諸勢力が合流したということですね。そして、ここへ到着する以前に、既に鎌倉幕府軍との戦いは始まっていました。

Nitta-Yoshisada-Bubaigawara.JPG
続きをご紹介します
『同月十五日未明、新田軍は多摩川突破を目指して武蔵国府中を攻め分倍河原において大いに戦ったが、泰家率いる幕府軍の逆襲にあって大敗を喫し、堀兼(狭山市)まで敗走した。この時、新田軍の手によって武蔵国分寺の伽藍は灰燼に帰してしまったといわれている。』

勝ち続けたわけではなく、苦戦も強いられている様子が伺えます。しかし、ここにきて三浦義勝ら相模の国人衆すらも味方となり、新田軍は再び分倍河原に攻め入り大勝利をおさめます。文中の表現をお借りすると
『前日の勝利におごり油断していた幕府軍は、武具を整える間もなく総崩れとなり、鎌倉の最後の防衛線である多摩川は一気に破られ分倍河原合戦は新田軍の大勝利に終わった。』
とのこと。ここでの勝敗がの後に大きく影響したことは言うまでもありません。

Nitta-Yoshisada-Statue-Fuchu-City.JPG
140年余り続いた鎌倉幕府を滅亡させる直前の雄姿ということですね

ということで
分倍河原駅前の新田義貞像のご紹介でした。

もし私と同じように分倍河原駅で下車して古戦場へ向かう方は、現地の高低差なども意識してみると良いかもしれません。駅の改札は台地の隅に位置しています。

■訪問:新田義貞公之像
(分倍河原駅前ロータリー)
[東京都府中市片町]3丁目

■参考
現地説明文(府中市)
Wikipedia:2022/5/22



お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地

2022年05月18日

進軍途上の新田義貞が馬をつないだ松の木(狭山市)新田八幡・駒繋の松

鎌倉幕府討伐途上の新田義貞が、戦勝祈願をしたと伝わる八幡神社を訪ねました。

<石段>
Hacimanjinja-Shrine.JPG

<鳥居>
Nitta-Haciman-tori.JPG

<拝殿>
Haciman-Shrine-Irumagawa.JPG
場所は埼玉県狭山市です。上野国新田荘(現在の群馬県太田市)を出て鎌倉へ向かって南下する新田義貞は、入間川を渡ったところでこの地に立ち寄りました。

<入間川>
Iruma-River.JPG
一級河川の入間川です。当時の正確な流路はわかりませんが、この川によって造られた広い低地が広がっていたのでしょう。鎌倉幕府軍は、新田義貞がこの川を渡る前に迎え撃つ目論見だったようです。しかし新田軍の動きは速く、激突は更に南の小手指ヶ原(現在の埼玉県所沢市)となりました。

<台地>
Hachiman-jinja-hiii.JPG
八幡神社は入間川に近い台地の上に祀られています。入間川を渡った義貞は、幕府軍との戦いを前に、高台で戦勝祈願をしました。境内には、この時に義貞が馬をつないだとされる松の木が残されています。

<本殿東側>
Nitta-Haciman- (1).JPG
彫刻が見事に本殿(画像奥)の東側です。階段を上った先に新田義貞ゆかりの松の木があります。

<駒繋の松>こまつなぎのまつ
Komatsunagi-no-matsu.JPG
少し分かりにくいですが、中央の若い松ではなく、両脇の老木です。

Komatsunaginomatsu-Nitta-Yoshisada.JPG
かなり疲れていますが、こちらは根元付近がまだ残されています。

Decayed-Tree-Nittahachiman.JPG
こちらはほぼ朽ちていますが、同じ松の木と思われます

新田義貞の挙兵は1333年(元弘3年)のことですので、700年近く前の話です。松は他の木と比べて長生きと言われていますが、さすがに風雪にさらされ続ければ、朽ちていて当然ですね。こうして形として残っているだけでもありがたいことです。

更に南下する新田義貞は、行く先々で幕府軍と戦い続け、最後は鎌倉へ攻め込んで北条氏を滅ぼすことになります。上野国で挙兵し、ここで戦勝祈願した時はどのような気持ちだったのでしょうね。

ということで
新田義貞ゆかりの神社と、境内の松のご紹介でした。八幡神社には、文化財に指定されている社宝、そして数々の境内社がありますが、新田義貞ゆかりの松に焦点を絞ってご紹介させて頂きました。拙ブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。

<八幡神社>
Hachiman-jinja-Irumagawa.JPG
新田八幡とも称される神社です

■訪問:八幡神社 [入間川]
(新田八幡・新田の八幡宮)
[埼玉県狭山市入間川] 3丁目

■参考
現地説明板
Wikipedia:2022/5/18



お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  3. 3. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  6. 6. 北条氏康初陣の軌跡(川崎市)小沢原の戦い
  7. 7. 敗軍の将 終焉の地(川越市)大道寺政繁供養塔
  8. 8. 内匠頭御預かりの田村家のルーツ(田村右京太夫屋敷跡)
  9. 9. 刑場近くの橋のなごり 泪橋と思川
  10. 10. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山(上) (人物文庫) [ 童門冬二 ]

小説上杉鷹山(下) (人物文庫) [ 童門冬二 ]