2021年03月09日

旧江戸城大手門のなごり 増上寺大門

今回は増上寺表門である『大門』の話です。

城の話ではないのか?

まぁ今となってはそうなりますが、古い江戸城の城門と関係あると知ったら、多少は見え方が変わるかもしれません。そんな思いも込めてご紹介させて頂きます。

<大門>だいもん
Daimon-Gate.JPG
この付近の地名の由来にもなっている門です。浜松町方面から増上寺へ向かう途中にあります。鉄筋コンクリート製ですが、あまりそれを感じさせない出で立ちです。門の形でいうと高麗門ですね。

■江戸城からの移設■
かつて日比谷にあった増上寺は、江戸城の拡張工事に伴って芝へ移転しました。これが1598年(慶長3年)のお話。この時、旧江戸城の大手門だった高麗門が、徳川家康のはからいで増上寺表門として移設されたそうです。つまり、芝増上寺の大門の歴史は、江戸城からの移設から始まるということです。城門が寺院に転用される話はよく耳にしますよね。江戸城の大手門というあたりが、いかにも徳川家菩提寺に相応しいお話です。

<徳川家菩提寺の表門>
Shiba-Daimon.JPG
そういわれて見るとそう見えなくもない

残念ながらその当時の門はもう残っていません。老朽化に伴い大門が再建される際に、別な場所に移されていましたが、その後戦火で失われたそうです。一方、鉄筋に生まれ変わった大門は戦火にもめげず、いまも健在です。再建に際しては、もともとの大門の形状や色彩を充分に考慮したうえで、サイズを1.5倍にして造られたそうです(1937年)。鉄筋コンクリートでありながら、周囲と調和し、何となく昔の雰囲気が漂うのは、そういう工夫があってのことなのですね。

<増上寺所有の門>
ZOJOJI-GATE.JPG
ちなみに、諸事情で長らく東京都の所有となっていましたが、最近になって増上寺へ譲渡され、それを機に補修作業が施されたそうです。そういえば、何となく新しい。


<夜の大門>
Daimon-at-night.jpeg
江戸城の大手門から始まる増上寺の表門です。当ブログがきっかけで、城門をイメージしながら眺めてくれる人がいれば嬉しいです。

■訪問:増上寺大門
[東京都港区芝公園]


お城巡りランキング

-------追記-------
大門のすぐそばでこんなバネルを見かけましたので画像を貼っておきます。
<浮世絵>
DAI-Mon.JPG
広重の浮世絵です。タイトルは『東海道名所之内 芝増上寺』。増上寺を正面から描いた作品ですね

<拡大>
Shibadaimon.JPG
増上寺大門はこんな感じだったのですね

以上です

2021年02月27日

真間の手児奈(市川市)かつての入江に伝わる悲話

今回は市川市真間につたわる手児奈伝説の話です。

<手児奈霊神堂>
kakona-reido-ichikawa (1).JPG
手児奈の霊が祀られています

■手児奈の伝説■てこな
手児奈とは女性の名前です。姫様?ではなく里の娘です。身なりは粗末でありながら清く美しく、その噂は里にとどまらず国府の役人にまで響き渡っていました。当然のごとく言い寄る者が多かったものの、手児奈がこれに応じることはなく、思い患うものや、男同士の争いの種もなりました。このことに悩んでいだ手児奈は、自分さえいなければ、争い事もなくなると思い、真間の入り江に身を投げて亡くなりました。浜にうちあげられた手児奈のなきがらは、不憫に思った里の人たちにより手厚く葬られました。

もっと素敵な言い回しで語り継がれているお話ですが、大まかに説明するとそんな感じです。

<現地説明板>
kakona-reido-ichikawa (3).JPG
[市川市教育委員会]
こちらの説明文によれば、手児奈は万葉集にも登場するようですね。山部赤人の歌が紹介されています。ちょっと和歌にも歌人にも詳しくないの解説はしませんが、山部赤人といえば小倉百人一首の「田子の浦にうちいでてみれば」の歌人。真間の手児奈の言い伝えは、著名な歌人の心をもふるわせるお話ということですね。

説明文にもありますが、手児奈の伝説はいろいろと形を変えながら伝わったため、設定が異なるさまざまなものがあるようです。以下はそのうちの一つです。

手児奈は地方官職の娘で、近隣の国へ嫁いだものの国同士が争いとなり、仕方なく真間へ戻ることになった。手児奈は実家に戻れぬまま、我が子を育てながら静かに暮らしたが、再び手児奈を巡る争いが起きてしまう。これを憂いて、手児奈は真間の入り江に身を投げてしまった。

美貌ゆえの気苦労と、優しさ故に真間の入江に身を沈めてしまうことは共通していますね。

<真間山弘法寺>ぐほうじ
Mama-Ichikawa-Guhouji-Gate.JPG
Mama-Ichikawa-Guhouji.JPG
こちらは市川市真間の弘法寺です。奈良時代に真間に立ち寄った行基が手児奈の話を聞き、その心情を哀れい、霊を慰めるために求法寺というお寺を建てたことに始まります(のちに弘法大師の尽力で真間山弘法寺となる)。

<真間山弘法寺の石段>
Mama-Ichikawa (8).JPG
弘法寺は高台にあります。この石段を降りた先がかつての真間の里。手児奈はそこに祀られています。

<手児奈霊神堂境内>
kakona-reido-ichikawa (4).JPG
手児奈霊神堂は安産・子育に霊験があるとされ、多くの人が訪れるそうです

ということで
真間の手児奈のお話でした。

コレ城跡ブログじゃないの?
そうでない時もございます

<真間川>ままがわ
mama-river.JPG
こちらは江戸川から分かれて東京湾に注ぐ真間川です。かつての入り江の跡とされています。そう、手児奈が身を沈めた真間の入り江です。いまではその面影はありませんが、低地と高台の高低差は昔も今も変わりません。地形とともに、昔の景色やそこで暮らした人たちに思いを馳せてみる。それってちょっと城跡の楽しみ方と似てませんかね?そんな感覚を共有できれば幸いです。

<真間山と真間の里>
Guhouji-Map.JPG
[出典:弘法寺説明板]

■訪問:
真間山弘法寺
手児奈霊~堂
[千葉県市川市真間]4丁目

■参考及び抜粋
Wikipedia:2021/2/27
現地説明板:市川市教育委員会

2021年01月17日

武蔵野の屋敷のなごり(清瀬市)旧森田家邸

今回は清瀬市下宿を散策中に出会った立派な茅葺きの屋敷のご紹介です。
<旧森田家邸>
Old-farmhouse.JPG
なんと重厚な屋根なんだ

門が閉ざされていたためこれ以上は進めませんでしたが、大きさに驚かされました。特に屋根ですかね。

<現地説明>
Old-folk-house.JPG
Floor-plan.JPG
約半分は土間なのか

この建物『旧森田家』は清瀬市指定有形文化財。もともと同市内の野塩にあった主屋がここ下宿に移築されたものとのこと。下宿も歴史のあるところなので、その富農の屋敷跡であろうと思いきや、ちょっと違ったようです。

Morita-house.JPG

説明によれば、これは江戸時代中期の『本百姓』の典型的な屋敷とのこと。なるほど。えっ、本百姓つまりは年貢を納めるお百姓さんの典型?こんな凄いのが?

私が昔の農村のシステムをあまり理解できていないせいですかね。『これで普通』かのように受け止め、現地でちょっと困惑してしました。

これは『普通』ではないでしょ?

現地で結論は出ませんでしたが、この画像をTwitterで紹介したところ、街探索でご一緒させて頂いている複数のお仲間から情報を頂き、やはり比較的豊かな層の『典型』と受け止めるに至りました。そうですよね。

決定的だったのは清瀬市のホームページです。以下に抜粋すると
『森田家のご先祖は、かつて墓碑銘(現円福寺)から推定して16世紀後半には野塩に定住し、幕末期には名主役をつとめた旧家です。』
とのことです。名主役、まぁいわゆる庄屋のことと受け止めました。それなりの財力がある家が多いですよね。

この日は、かつての村の入り口に設けられている『道切り』の大蛇を見るため、清瀬市下宿に足を運びました。その途中、予想もしていなかった文化遺産と出会うことになりました。管理人さんが常駐しているわけではないので、屋敷の内部の見学には事前の申し込みが必要なようです(詳しくは市のホームページを参照願います)。私はただの通りすがり。外観だけで充分満足しました。

<茅葺屋根>
Thatched-roof.JPG
不勉強なため理解も中途半端ですが、古き武蔵野の農村文化に触れられたような気がしました。

■訪問:旧森田家
[東京都清瀬市下宿]2丁目

■参考及び出典
[清瀬市ホームページ]

■当サイト内の参考画像
<清瀬市の道切り>
MichikiriKiyose (2).JPG

<円通寺>
sn508kiyose (2).JPG



お城巡りランキング

2020年10月31日

足の神様 与野の大国社(与野大権現)

今回は与野を探索中に『足の神様』と出会ったというお話です。
<大国社 >
sn490 (6).jpg

この日は畠山重忠ゆかりの地を訪ねるべく、与野公園へ足を運びました。その帰り道、こんな文字が目に飛び込んできました。

sn490 (4).jpg
足の神様?与野ごんげん

てくてくと歩いては、こんなブログをやっていますが、最近は足に自信がなく、何となく漠然とご利益を期待して立ち寄ることにしました。

sn490 (1).jpg
ここで良いのですね

sn490 (5).jpg
ちゃんと説明板があります

冒頭を抜粋させて頂きます。『明細帳に「本社は先に権現と称すと云」と記されているように当社は古くから「権現様」と呼ばれ、文政七年(一八二四)ごろに描かれた「与野町並絵図」(柏計助家所蔵)にも、当社の杜のところに「ごんげん」 の文字が書かれている。このことから考えると、「風土記稿」与野町の項に「蔵王権現社」として載る社が当社のことと思われる。』とのこと。古くから権現様と呼ばれていたのですね。説明の続きによれば、明治になって大国社と改められたようですが、いまだに権現様として親しまれているとのこと。なんかいいですね、そういうの。

そして後半部分です。『理由は定かではないが、昔から足の具合が悪い時は当社の拝殿の格子戸に草鞋を奉納して祈願すればよいといわれており、交通が便利になり、医療も進歩した今日に至っても、信仰を集めている。』とのこと。それで足の神様と呼ばれるわけですね。

sn490 (2).jpg
確かに、拝殿の格子戸にはワラジが掛けられています。

私も石段を登って拝殿の前で手を合わせました。ワラジには個人名が記されていますので撮影は遠慮しましたが、中には切実な願いが込められていると思われるものもありました。降りる時は神妙な面持ちになりました。

説明板にもありましたが、権現様として地元の人たちに親しまれているこの神社が、どういう経緯で足の神となったかは分かりません。ただ、旅の無事や健脚を願う方や、足を患い思い悩んでいる方の思いが、たくさんのワラジとなって奉納されているのです。足の神様はここにいらっしゃるに決まっていますね。

sn490 (3).jpg
軽い気持ちで来てしまいましたが、感謝する気持ちで家路につきました。

■訪問:大国社(与野大権現)
[さいたま市中央区与野本町西]

2020年10月04日

別所沼の曼珠沙華と長谷川かな女の歌碑

今回は浦和ゆかりの歌人のなごりです。
<長谷川かな女の歌碑>はせがわ かなじょ
sn483Besshonuma Park (2).jpg
女流俳句の先駆けである長谷川かな女の歌碑です。

<別所沼公園>
sn482Besshonuma Park (2).jpg
歌碑が設置されている場所はさいたま市(旧浦和市)の別所沼公園。沼は大宮台地からの湧水が低いところに溜まってできました。周辺を含めて公園として整備され、地元民の憩いの場となっています。歌碑はこの公園南側の入口を入ってすぐの管理事務所のそばです。

<説明板>
sn483Besshonuma Park (3).jpg

以下が歌碑に彫られた俳句です

曼珠沙華
あつまり丘を 浮かせけり


俳句に疎い私が解説するわけにはいきません。とりあえず言葉の通り、曼珠沙華(彼岸花)がまとまって生えている姿が、まるで丘を浮かせるかの如くだという意味に受け止めました(皆さんはもっと奥深く味わいましょう!)。歌碑がこの地に建てられている理由は、この句が別所沼付近を詠んだものと言われているからです。

長谷川かな女の生まれは東京ですが、諸々の経緯で浦和の岸町で過ごしました。1966年には紫綬褒章受章を授与され、浦和市の名誉市民になっています。

私も長らく浦和に住んでいますが、この歌碑に足を止めたのはつい最近のこと。別所沼公園は何度も来ていますので、ずっと素通りしていたわけですね。まぁずっと知らないままより、気付けて良かったです。

<曼珠沙華>マンジュシャゲ
sn483Besshonuma Park (5).jpg
sn483Besshonuma Park (8).jpg
別所沼公園の彼岸花です。今年(2020年)は例年より1週間くらい開花が遅かったような気がします。すみません、ちょっとだけ枯れ始めてますかね。これは仕事がなかった10月4日の撮影です。

sn483Besshonuma Park (1).jpg
こちらは9月29日の夜。仕事帰りに立ち寄って撮影しました。この日がピークだったかもしれません。

整備された公園の一角に過ぎませんが、長谷川かな女の句を参考にするなら、かつての別所沼の周りには、『丘を浮かせる』と形容されるほどの彼岸花が群生していたのでしょう。

さらに
ここからはちょっと想像の世界です。

別所沼は台地と台地の間にできた侵食谷に位置しています。下記は沼からみて西側。台地が沼を取り囲む壁のような状態になっています。

<大戸>おおと
sn483b.jpg
さいたま市南区別所の別所沼公園の西側は中央区大戸。大戸は大宮大地が南側へ突き出た部分、つまり丘の上にあります。別所沼を訪れた長谷川かな女は、大宮台地の斜面に群生する曼珠沙華を見て、『丘を浮かせる』と詠んだのかもしれませんね。

勝手に想像して楽しむ。
そのヒントとなる有難い歌碑でした。

sn483Besshonuma Park (6).jpg

■訪問:別所沼公園
[さいたま市南区別所]4丁目

歌人に関する知識は皆無です。今回もWikiさんのお世話になりました
[参考:Wikipedia2020/10/4]

浦和別所沼のヒアシンスハウス 建築家・立原道造の夢の跡

今年(2020年)はコロナの影響もあり、城跡巡りどころか、そもそも遠出をしていません。家に引きこもるのもなんなんで、土日は地元さいたま市をプラプラと。今回は良く行く公園に設置されている小さな家をご紹介します。

<ヒヤシンスハウス>
sn482Besshonuma Park (4).jpg
詩人で建築家の立原道造ゆかりの建造物

■立原道造■たちはらみちぞう
以下Wikiさんから抜粋させて頂きます。
立原道造は『1914年(大正3年)7月30日 - 1939年(昭和14年)3月29日)は、昭和初期に活動し24歳で急逝した詩人。また建築家としても足跡を残している。』とのこと。東京帝国大学工学部建築学科卒業で、1学年下にはあの丹下健三さんも在籍していたとのこと。学生時代に建築に関わる賞も取っていたようです。
[出典元・Wikipedia]

歌人として名を馳せますが、建築家としても将来を嘱望される方だったようですね。その立原道造、自分のためのワンルームの別荘を建てる構想を持っており、場所として想定されていたのが浦和の別所沼だったそうです。

<別所沼公園>
sn482Besshonuma Park (2).jpg
sn482BesshonumaPhoto (4).jpg
sn482BesshonumaPhoto (1).jpg
sn482Besshonuma Park (1).jpg

しかし
結核のため、24歳の若さでこの世を去り、夢は実現しませんでした。構想はスケッチとして残され、それを具体化したのがこのヒアシンスハウスなのです。

<室内>
sn482Besshonuma Park (3).jpg
小さな部屋にデスクと椅子。奥にはベッド。これに対して窓はかなり大きめです。全開にすると、半分外にいるような気分になります。景色は当時の別所沼です。いまでも緑が豊かですが、当時は別荘地のような景色だったのかもしれませんね。こんな書斎があったらいいですね。

いま以上に『自分の部屋』をもつことは贅沢な夢だったことでしょう。歌人として功績を残した立原道造の『建築家』としての夢のなごりということですね。ここはそれを感じることができる場所。実現に向けて尽力されたみなさんに感謝したいと思います。

shirononagori482.jpg

■訪問:別所沼公園
[さいたま市南区別所]4丁目

■参考資料
私は立原道造さんに関する予備知識がなく、今回もまたWikiさんのお世話になりました。
[参考:Wikipedia2020/10/4]

-------画像を追記-------
立原道造さんが別荘を夢見た別所沼の画像を追加しておきます。

<初夏の別所沼>
482Besshonuma (2).jpg

<霧の別所沼>
482Besshonuma (3).jpg

<晩秋の別所沼>
482Besshonuma (1).jpg

<雪の別所沼>
2020snow (3).jpg



2020年08月18日

城下町に響いた鐘の音(岩槻)時の鐘 

時の鐘と聞くと川越を思い出す方が多いのではないでしょうか?でも岩槻にも時の鐘があります。「にも」と言っては岩槻の皆さんに怒られそうです、歴史はこちらの方が古いのですから。
<時の鐘>
shirononagori470 (1).jpg
名の通り時刻を知らせる鐘です。城下町岩槻の象徴的な存在です。

<入口>
shirononagori470 (2).jpg
こちらが入口。説明板が設けられています。

<説明板>
shirononagori470 (4).jpg
以下『』内はさいたま市岩槻区教育委員会さんの表現をそのまま転記させて頂きます。
こちらの説明によれば『寛文11年(1671)、城主阿部正春の命令で鋳造されました。渋江口に設置された鐘の音は、城内や城下の人々に時を知らせていました。』とのこと。そうですね、私は城下の領民ばかり意識していましたが、城内にも鳴り響いていたわけです。やがて鐘にひびが入り(1720年)、当時の『城主永井直信が改鋳した物が現在の鐘』とのこと。貴重な鐘ですね。さいたま市指定有形文化財に指定されています。

この時を告げる鐘ですが、説明文によれば『鐘は1日3回撞かれたとも言われますが、江戸後期には1日12回撞かれていたようです』とのこと。1年々人がせっかちに暮らさないとならないようになったのでしょうかね(勝手に言ってます)。また鐘楼は、『嘉永6年(1853)に岩槻藩より改建され』たものとのこと。岩槻藩主が大岡忠恕の時に建て替えられたようです。
[主な参考:現地説明板]

時の鐘は埼玉県が誇る立派な史跡です

ところで
<撮影しにくい>
shirononagori470 (3).jpg
過去にも何度かここへお邪魔していますが、いつも逆光になってしまい、鐘そのものが上手く撮れません(訪問する時間が悪いようです)。鐘楼で雰囲気は伝わると思いますが、せっかく当ブログを訪問して頂いた方のために、模型の画像を貼っておきます。

<模型>
shirononagori470 (5).jpg
[撮影:岩槻本丸公民館]
鐘楼と鐘の大きさのバランスだけ参考にして下さい

かつて「岩槻に過ぎたるものが2つある 児玉南珂と時の鐘」と評されたそうです。 児玉南珂(こだまなんか)は岩槻藩士にして儒学者であり、藩内の教育に尽力した人物です。そして今回ご紹介の時を告げる鐘。「過ぎたるものが二つ」というのはよく使われる言い回しですが、ここでは純粋に誉め言葉ですね。

shirononagori470 b.jpg
城下町岩槻の歴史を感じる場所です

■訪問:時の鐘
[さいたま市岩槻区本町]6-2


お城巡りランキング

2020年08月17日

私塾から始まった藩校(岩槻)裏小路の遷喬館

今回は岩槻藩の藩校の話です

<岩槻藩遷喬館>
shirononagori468 (6).jpg

■遷喬館■せんきょうかん
<入口>
shirononagori468 (1).jpg
ひっそりと佇む建物。実は一回通り過ぎてしまい、戻ってきました。私が訪問した日は休館日だったので、門が開かれていれば、もうちょっと印象が違ったのかもしれません。

<説明板>
shirononagori468 (4).jpg
冒頭を抜粋すると『江戸時代後期の寛政11年(1799年)に岩槻藩の学者児玉南柯(こだまなんか)が青少年の教育のために創設した家塾で、後に藩校となりました』とのこと。私塾から始まり、藩公認の学校となったわけですね。説明文によれば、藩校は最盛期にはかなりの広さだったようです。

shirononagori468 (5).jpg
こちらの建物は、創始者である児玉南柯が私塾として始めた当時の姿に復元されたものとのこと。

藩校となってからは、岩槻藩の武士の子弟が勉学や武芸に励みました。明治になって藩校は廃止となりますが、建物は民家として使用され、昭和になってから埼玉県の史跡に指定され、解体修理や復原を経て現在に至ります。藩校の建物として現存するのは、埼玉県内ではここだけとのこと。大きな建物ではありませんが、とても貴重な史跡ですね。

ちなみに
遷喬館という名称は、中国の詩に由来します。詩経の「出自幽谷 遷于喬木(幽谷より出でて喬木に遷る[=登る])」という一節から、鳥が明るい所を求めて暗い谷から高い木に飛び移る姿に例えて、この学び舎が学問を欲し友を求めるところであることを意味しているそうです。

ということで
私塾から始まった岩槻藩の藩校のご紹介でした。私はたまたま取れた休暇が月曜日で、遷喬館は閉館中でした。違う日がお勧めです。

shirononagori468 (7).jpg
遷喬館は武家屋敷が建ち並んでいた『裏小路』沿いです。この道を北へ進むとかつての岩槻城の大手門。そういう場所です。

■訪問:岩槻藩遷喬館
[さいたま市岩槻区本町]4-8-9


お城巡りランキング
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 高天神城のなごり
  2. 2. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  3. 3. 岡崎城のなごり
  4. 4. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  5. 5. 太田道灌が植えた槇の木(荻窪八幡神社)
  6. 6. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  7. 7. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  8. 8. 浜松城の野面積み
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 北条氏勝と山中城
  11. 11. 柘榴坂の仇討 現場巡り
  12. 12. 岩槻城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]