2018年04月28日

巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地

ここは巣鴨駅のすぐそば。徳川慶喜巣鴨屋敷跡です。

<石碑>
sirinonsgori224 (1).JPG
十五代将軍の屋敷が巣鴨?ではなく、将軍職を辞した後の話。しかも、駿府での長い長い謹慎生活の後の話です。

<説明板>
sirinonsgori224 (3).JPG
庭に梅が植えられ、町の人たちからは「ケイキさんの梅屋敷」と呼ばれていたそうです。将軍職であったらあり得ない場所、あり得ない親しまれ方ですね。説明板には「梅の木は故郷の水戸に因んだ」と記されています。

<地図拡大>
sirinonsgori224 (2).JPG
赤丸〇は私が筆をいれました。石碑の位置です。これによると、このヘン一帯が屋敷だったようです。現在の白山通りに面して門があったのですね。石碑付近のお店もその奥も、徳川慶喜屋敷跡ということですね。結構広いです。

<江戸切絵図>
sirinonsgori224 (4).JPG
図の下半分の黄色い線が中山道。つまり白山通りです。街道沿いですが、昔はもっと静かでのどかな場所だったのでしょう。

■慶喜61歳■
以前徳川慶喜の墓所を訪ね、大政奉還後の慶喜について多少ブログに掲載させて頂きました。宜しければ覗いてみて下さい。
記事へ→「最後の将軍
慶喜は1837年生まれで、将軍辞職が1867年。まだ30歳でした。当時の30歳ですから、現代人とは成熟度合いも違うでしょうし、特別な教育も受けていたわけですから覚悟も違う(と思われます)。それでも若いですよね。駿府(静岡)では政治とは無縁の生活をおくり、巣鴨へ移り住んだ時には61歳。1897年(明治30年)のことでした。約30年もの時を経て、再び江戸に、まぁもう既に東京ですね、居を構えたわけです。その後、慶喜は公爵に叙せられ、貴族院議員にも就いています。

陰では、元幕臣の勝海舟の働きかけがあったとのこと。勝海舟は徳川幕府の幕引き、そして徳川家の存続に尽力しました。勝家は旗本ながら知行はわずか41石。身分がものを言う組織では、到底抜擢されない家柄です。秩序が流動化したこと、そして将軍が慶喜だったからこそ、働きの場を得られたのだと思います。新たな時代への過渡期に活躍した人物ですから、徳川慶喜、そして仕えた勝海舟も、人によって評価がバラバラですね。どんな立ち位置で見るかによって、全く違う評価になります。個人的には、好意の目で見ています。

<石碑と説明板>
sirinonsgori224 (5).JPG
屋敷のそばを鉄道が通ることになり、慶喜はこれを嫌ってこの地を去りました。転居先は文京区小日向(現在の文京区春日2丁目)。ここ巣鴨での暮らしは、約4年間でした。

人も車も電車も通る賑やかな巣鴨駅の近く。石碑を見かけたら、ちょっと足を止めてみては如何でしょうか。徳川慶喜ゆかりの地です。

[豊島区巣鴨1丁目]


お城巡りランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7599345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  5. 5. 村を開いた豪族の館を探す(柏崎氏館)
  6. 6. 岡崎城のなごり
  7. 7. 土呂陣屋跡 旗本となった武田家臣・初鹿野信昌の足跡
  8. 8. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  9. 9. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  10. 10. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  11. 11. 騎西城のなごり
  12. 12. 高天神城のなごり
  13. 13. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]