2022年10月02日

太田道灌騎馬像(日暮里駅前広場)鷹狩りをする若き道灌の姿

今回は日暮里駅前の太田道灌像の話です。

<太田道灌騎馬像>
doukan-equestrian-statue.JPG
道灌が馬で駆け抜けようとしている勇ましい姿です

<鷹狩り>
equestrian-statue-outa-doukan.JPG
戦ではなく鷹狩りをしている姿です

その鷹狩りの最中の逸話として語り継がれているのが「山吹の里伝説」。文武両道で知られる道灌が、まだ若い頃の話です。

<説明板>
explanation-yamabukidensetu.JPG
荒川区による説明が記されていますので、前半を抜粋してご紹介させて頂きます。

『太田道灌 山吹の里伝説
鷹狩りの途中で道灌が急な雨に遭遇し、路傍の農家に立ち寄り、蓑を借りようと声をかけると、一人の娘が出てきて、黙って一枝の山吹を捧げた。
「七重八重花は咲けども山吹の
 実の一つだになきぞ悲しき」
(後拾遺和歌集・兼明親王)
 「山吹」の意を得ずに、憤り帰った道灌は、家臣から「山吹」の意を告げられる。娘が古歌に託して「実の」に「蓑」をかけ「お貸しできる蓑もございません」と詫びていたことを知った道灌は、この後、和歌の道に精進するようになったと言われている。』


歌人としても知られる太田道灌ですが、最初から文武両道だったわけではなく、若いころの決意を起点に、そうなっていったと受け止めました。

山吹の里は道灌の逸話として有名ですが、候補地がたくさんあのます。史跡は高田馬場や埼玉県越生市他ほか複数存在しています。ここ荒川区もその候補地のひとつということになります。説明文の中盤には
『荒川区周辺は、道灌の鷹狩りの場であり、花の木(現在の荒川六丁目)辺りに住んでいた高畠三左衛門の娘が、山吹の枝を差し出したと伝える』と記されています。

doukan-yamabukidensetu.JPG
こちらは山吹の一枝を道灌に捧げた娘の像です。現地説明をそのまま引用すると『高畠三左衛門の娘』です。

yamabuki.JPG
一枝の山吹。お貸しできる蓑もなく、これが精一杯の返答だったのでしょう

ということで
山吹の里伝説をイメージした太田道灌の騎馬像のご紹介でした。

Tokyo-Arakawaku-Doukan.JPG

■訪問:太田道灌騎馬像
 (日暮里駅前広場)
[東京荒川区西日暮里]2丁目

■参考及び抜粋
現地説明板(荒川区)



お城巡りランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11615507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 岡崎城のなごり
  6. 6. 浜松城の野面積み
  7. 7. 若き家康が生涯の教えを得た大樹寺(岡崎市)松平家菩提寺
  8. 8. 北条早雲騎馬像(小田原駅西口)早雲の「火牛の計」
  9. 9. 内匠頭御預かりの田村家のルーツ(田村右京太夫屋敷跡)
  10. 10. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]