2022年09月03日

お稲荷さんの引越(新橋)仙台伊達藩屋敷跡の稲荷社

今回は街のオアシスのようだった稲荷神社の引越の話です。神社仏閣ブログのつもりはありませんが、仙台伊達藩の屋敷跡ということで、ちょっとだけ触れさせて頂きます。

場所は新橋5丁目の塩釜公園。仕事のついでに久しぶりに訪問してみて、異変に気付きました。

twitter-Isuke-Shiogama.jpg
あれ、工事中かな

この時は参道の修復工事であろうと思いました。

ところが
しばらく間をおいて訪問してみると

twitter-Isuke-Shiogama (2).jpg
鳥居もお稲荷さんもなくなっている!

少し焦りましたが、塩釜神社参道(画像右手の鳥居)の向こうに移されていました

twitterIsuke-220623-Shiogama.jpg
こちらに避難か、土台のコンクリがかなり重厚になったなぁ

twitter-Isuke-2206-Shiogama-inari.jpg
これは仮のお姿なのだろう

そうと思い、現地を去りました。

それからしばらくはお邪魔する機会もなく、数ヶ月が経過。そして真夏の暑い日に近くを通ったついでに訪れてみると

Shiogama-jinja-parking.JPG
あれ?お稲荷さんの敷地が舗装されている

実は、それ以前も稲荷神社の手前は駐車場でした。どうやら、今回の工事は駐車場拡張のためだったようです。

で、お稲荷さんはどうなったのか?

Shiogama-jinja-New.JPG
ここが、そのまま移転先か

私が仮と思った場所が、どうやらお稲荷さんの引越先だったようです。これからはここに鎮座…ですか。むかしを知るだけに、ちょっと寂しい感じがします。

まぁだからと言ってどうこう言える立場ではありません。せめて、いままで何度もお世話になったことに感謝して、その画像を記録として残したいと思います。以下は工事前の様子です

<鹽竈神社>しおがま
shirononagori281 (1).JPG
shirononagori281 (2).JPG
塩釜公園の顔とも言うべき神社です。伊達正宗のひ孫・綱村(四代藩主)が、伊達領内の本社から分霊を迎え祀ったのがはじまりとされています。当初は伊達家屋敷内の神社でしたが、のちに庶民に開かれた神社となりました。

そして
<鹽竈神社のお隣>
shirononagori281 (4).JPG
今回お引越となった稲荷神社です

<公園の説明板>
shirononagori281 (7).JPG
Shiogama-jinja-Shrine-Premises-Sendai.JPG
明治時代と思われる鹽竈神社の左手には稲荷社。昔からそういう位置関係だったわけですね。今後の移転で、今後は参道の右手となります


<街のオアシス>
twitter-Isuke-Shiogama-oasisinthecity.jpg
塩釜神社隣りの稲荷社は、まさに街のオアシスでした。実際にはビルに囲まれています。しかし木々の緑で外部から遮断され、何とも美しい空間でした。素通りしないで立ち寄りたく雰囲気、多少は伝わると思います。まぁ場所が場所だけに、いままでが贅沢過ぎたのかもしれません。

ということで
伊達家屋敷跡のお稲荷さんの引越のお話でした。これも時の流れと受け止めるべきなのでしょうね。拙ブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。

■訪問:塩釜公園
(仙台伊達藩屋敷跡)
[港区新橋]五丁目19-7



お城巡りランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11572433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  3. 3. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  6. 6. 北条氏康初陣の軌跡(川崎市)小沢原の戦い
  7. 7. 敗軍の将 終焉の地(川越市)大道寺政繁供養塔
  8. 8. 内匠頭御預かりの田村家のルーツ(田村右京太夫屋敷跡)
  9. 9. 刑場近くの橋のなごり 泪橋と思川
  10. 10. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山(上) (人物文庫) [ 童門冬二 ]

小説上杉鷹山(下) (人物文庫) [ 童門冬二 ]