2018年05月01日

DQ10バージョン4の邪神の宮殿の占い師デッキ(昏き悪夢の衝撃編)

について今回は書いていきたいと思います

ちょうど邪神の宮殿の昏き悪夢の衝撃が来た後なので
それ用の占い師のデッキを今回は書いていきたいと思います

今回は他に優先して書く記事が多かったので若干遅れましたが新組み合わせの時は占い師のデッキもしっかり書いておきます

占い師なので当然ながら4獄を想定しています、1獄と4獄以外ならアイテム支給分の葉があるので運命は無くして良いです

SSSカード
バラモスブロス審判
バラモスゾンビ死神
キングヒドラ運命
デュラン罪人
SSカード
エンゼルスライム審判、皇帝
メカバーン隠者、塔
プラチナキング隠者、塔
ネクロバルサ罪人、死神
Sカード
ミケまどう隠者、塔
マッドスミス隠者、塔
Aカード
リビングデッド運命、世界
ダークペルシャ世界、教皇

まずSSSカードですが、審判の繰り返し利用とオーラ死神連発狙いは変わらないですが
オーラ死神狙いで基本的にオーラで打つことが無いキングヒドラに運命を入れる事にしています
デュランで罪人2連続狙いで火力も確保します

次にSSカードですが、エンゼルスライムは安定の審判とCT大幅増の対策に皇帝です、オーラ皇帝を最速で使う事で多少でもCTの周りをよくして弱体前に少しでも近づけます
2回目以降のCTきた時にすでに自分がオーラ皇帝状態なら耐性しっかりしてる人にオーラ皇帝使うのも良いです
効果時間は長いですが死んだら終わるのと、使用者の生存率が大事になるのでしっかりと装備やアクセや料理や温泉などで生存率を上げておきましょう
メカバーンとプラチナキングを入れてるのも生存率アップの為です
ネクロバルサは低下した火力の引き上げに入れていますので(弱体化の影響で2枚枠が開いてるので2枚でオーラになるSSカードにしています)新しく有用なSSカードが出たらここは変わる可能性が高い場所でもあります

そしてSカードですが枚数が少なくなったけど当然必須のみけまどうとマッドスミスです
アルカナはとりあえず分散で

最後に弱体化の影響でAカードも入ります
リビングデッドとダークペルシャです、特に審判はかなり範囲狭いと感じるので多少でも範囲広くした方が良いです
この組み合わせの場合は魔法対策が重要なので世界は2枚は必要になると思います
その上で補助として1枚入れておくと良い教皇を入れておきます
これでバランスも良くて安定します

現状だとこんな感じですね、運命2枚(うち1枚はCTで持って来れる)なので安定します、手札に蘇生タロット無い時にリセットベールしただけでも審判か運命のどちらかを引く可能性が高くなっているのが良いです
今の邪神の質の低下+占い師の大幅弱体を考えると全滅を防ぐ為にこれぐらいはしておいた方が良いです
実際に使っていて運命は大活躍します、耐性無いワンパンが多ければ多いほど活躍します

とにかく邪神の宮殿(アイテム支給も無い4獄)は蘇生は1枚は常にあるように動くのが大事です、これを全員が心がけていれば全滅は占い師が大幅弱体化された今でもありえないレベルだと思います

確率関連で要望があったのを記録を取りはじめてからのを毎日書いておきます
聖守護者赤箱、48回中、メダル3個15回、メダル5個12回、メダル7個12回、紫水晶の羽根1個9回

今回はここまでで終わります
質問等あればコメントしていただければ答えられる範囲で答えていきたいと思います





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
タグ:DQ10
ファン

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
検索
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
廃プレイヤーさんの画像
廃プレイヤー
プロフィール
リンク集