2022年06月26日

関所番士屋敷跡(日光街道)栗橋関所の番人たち

(栗橋関所址の追記です)
<関所番士屋敷跡>せきしょばんしやしきあと
Sekisyobanshiyashikiato.JPG
Explanation- board-Sekisyobanshiyashikiato.JPG
栗橋関所の番人たちが住んだ屋敷に関する説明板です。文面によれば、関所の番人は4名による交代制であったようです。

栗橋の関は伊奈忠次の管轄でした。関東の治水事業他で徳川幕府を下支えした家康の家臣ですね。のちに老中の管轄下となったあと、忠次の子で、幕府内での役割を継承した伊奈忠治が支配することとなりました。

実は、正式に幕府の「関所」となった時期は不明です。ただこの説明板にもある通り、1624年に関東郡代である伊奈忠治が番人4名を召し抱えたことだけははっきりしています。根拠が明らかなことから、関所創設をこの時と定義する文献も見受けられます。

Kurihashi-Sekisyo-Banshi-Yashikiato.JPG
実際の屋敷跡はここより更に利根川の堤防よりのようですが、この付近であったことは間違いなさそうです。

当時は画像のようなダイナミックな堤防はありません。川に近い番屋敷は何度も水の被害にあったようです。冒頭の説明板から抜粋させて頂くと『各家敷地とも高く盛土』されていたとのこと。屋敷跡はもう残されていませんが、発掘調査で明らかになっています。

伊奈忠治の召し抱えた冨田・新井・佐々木・森の4家から始まり、基本的には家が役割を代々継承しました。江戸時代は長いので交代などもあり、明治になって関所が廃止された時点では、冨田家・島田家・足立家・加藤家が番人を勤めていました。

江戸時代を通じて、日光街道の役割はどんどん大きくなり、人や物資の通行量はあきらかに増えたと思いますが、4名体制は変わらなかったのですね。

仕事が増えたんだから人増やせ!

私ならいいそうですが、言わなかったのでしょうね。それどころか、幕末になって政情が不安定になると、関所番の4家では剣術を習い始める人もいたそうです。己の役割を全うしようという心意気のようなものが伝わってくるようです。

ということで
栗橋関所の番人たちと、その屋敷跡のご紹介でした。わかりやすく番人と言わせて頂きましたが、最後に江戸の北を守った「関所番士」と呼ばせて頂きます。

■訪問:関所番士屋敷跡
(2022年5月現在)
[埼玉県久喜市栗橋北]

■参考
現地説明板(久喜市教育委員会)
久喜市ホームページ
・関所番士と神道無念流

https://www.city.kuki.lg.jp/smph/miryoku/rekishi_bunkazai/rekishi_dayori/dai121kai.html

■関所番士に関するお勧めサイト
久喜市図書館
(久喜市デジタルアーカイブ)
・島田家文書

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11E0/WJJS06U/1123215100/1123215100200010/ht000010


お城巡りランキング
タグ:日光街道
posted by Isuke at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道・古道
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11475541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 畠山重忠ゆかりの地(旧与野市)武州与野銭洗弁天
  6. 6. 刑場近くの橋のなごり 泪橋と思川
  7. 7. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  8. 8. 北条氏康初陣の軌跡(川崎市)小沢原の戦い
  9. 9. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山(上) (人物文庫) [ 童門冬二 ]

小説上杉鷹山(下) (人物文庫) [ 童門冬二 ]