2019年09月22日

DQ10武器200スキルの評価考察など(悶絶全方打ち編)

今回は武器200スキルの評価考察などを書いていきたいと思います

今回はムチの200スキルの悶絶全方打ちです
160〜190セットで悶絶全方打ち1
200セットの時のみ悶絶全方打ち2ですね

悶絶全方打ち1だとチャージ150秒なので長すぎですが、悶絶全方打ち2でもチャージ100秒なんですよね
100秒でも長すぎです、1分40秒ですからねおかしいです
効果は範囲で周辺範囲なので使い勝手がよく、尚且つ守備力無視で更に無属性なのでどんな敵だろうが一定のダメージが期待できます、それだけに火力はさすがに他の範囲スキルと比べても低いですが、テンションとの相性は良いのでテンション消化用で上手く使えばどんな敵相手でも大ダメージも狙えます、敵に左右されないスキルなのでそこが強みです

チャージが長いのは明らかに調整不足ですね
と言うか現状が2までなのでこれは確実に3が後ででる前提の調整で萎えますね、3でチャージ50秒とかでも長いけど、明らかにそれを意識した長さですよね
チャージ時間が長いとまともに使えないですからね、早めに大幅に短くした方がよいです
この程度のスキルならチャージ30秒で良かったと思います

悶絶全方打ちの強化だと
160〜190セットで+2%
200セットの時のみ+5%ですね

これも実質+2%やろと言いたいですし駄目ですね、他のをセットした方がましです
この設定も明らかに今後更に上限解放する前提の設定にしか見えないですからね
今後上限解放されたら+5%セット出来るので+5%ならワンチャンあるかもぐらいでしょうかね
それでも微妙だけど

評価としてはやや高めです、もちろんアルテマソードよりは上ですし、大地裂断よりも無属性なので上ですし、守備力の影響を受ける範囲よりも上ですが、無属性で多段で悶絶全方打ちよりも火力も高いCTも他の200スキルよりは短めの超さみだれ突きよりはやや下です
ただし守備力無視で尚且つ無属性で周囲範囲という事もあり、難しい所ですがツメ初のアドバンテージはあるけどゴッドスマッシュよりは評価が若干上でもよいと思います
それぐらい守備力無視で無属性で周囲範囲はどこでも一定の使い勝手の良さがあるので高評価したいです
天獄のあの異様に守備力が高いやつ相手でもテンション乗せれば簡単に大ダメージ狙えますからね
それぐらいのポテンシャルがありますし、守備力が低くても属性耐性が異常に高い敵でも同じような事ですからね
もちろん守備力も属性耐性も両方が異様に高い敵でも同じです

現時点の評価順だと超さみだれ突き>悶絶全方打ち>ゴッドスマッシュ>豪雪氷結乱撃>ネメシスエッジ>おうぎ乱舞>大旋風斬り>大地裂断>アルテマソード>霊脈魔法陣>>越えられない壁>>スピリットゾーンですね
まあこんな感じですね、現時点では超さみだれ突きがトップです、やはり無属性はハイエンドでも確実に軽減されないのは大きいですからね、属性付きはハイエンドでの異常な属性耐性とかの影響を受ける可能性がある限り厳しいです

今後もネタが他に何も無い時にだけこのシリーズを引き続き書いていく予定です

これはDQ10に関係ないことなので追記的に軽くですけどFE風化雪月は買ってやってみたけど3D酔いがつらすぎて断念しました、もう少しそのあたりまで調べておくべきだったな、本当に今のゲームって3D酔いする人の事を全く考えてないごみゲーが多すぎるんだよな
昔が良かったな3D酔いなんて気にする必要がなかった時代のゲームの方が遥かに良かった

今回はここまでで終わります
質問等あればコメントしていただければ答えられる範囲で答えていきたいと思います





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
タグ:DQ10
posted by ドラクエ at 00:46| Comment(9) | TrackBack(0) | DQ10
ファン

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
ドラクエさんの画像
ドラクエ
プロフィール
リンク集