2021年05月03日

砦があったとされる調布市柴崎の丘(柴崎陣屋)

つわものどもが夢の跡
かつて武士の砦があったと伝わる調布市の丘を訪ねました。
<柴崎稲荷神社>しばさき
Shrine-on-the-hill.JPG
最寄り駅は京王線の柴崎駅。徒歩圏内の住宅地の小高い丘に鎮座するこの稲荷神社周辺が、砦跡ではないかと言われています。

■現地訪問■
<柴崎稲荷神社参道>
Approach-Shibasakijinja.JPG
ここから入ります

<坂道>
ShibasakiJinya-Slope.JPG
左手側に見えている鳥居が今回の目的地。それにしとも右側の道はかなりの急こう配です。

<急こう配>
Steep-Slope.JPG
横からみるとこんな感じです。徒歩以外で登るのはちょっと厳しいですね。神社の境内がそのまま砦跡だと仮定すると、丘の中腹を造成して築かれた?そんな感じになりますかね

<鳥居>
Shibasaki-Shrine-Gate.JPG
砦跡のつもりで訪問していますが、当然一礼して潜らせて頂きました。旧柴崎村の鎮守です。よそ者がお邪魔致します。

<稲荷神社>
Shibasaki-Inari- Shrine.JPG
稲荷神社です。祭神は倉稲魂命ですね。高台に鎮座しています。

<拝殿>
Shibasaki-Inari- Shrine-Main.JPG
大きすぎず小さすぎず。綺麗に管理されていて、凛とした空気が漂います。創建年代は不詳ですが、小田原北条氏の時代に社地の寄進を受けていたとのこと(参考サイト『猫の足あと』)。つまり戦国時代には既に存在していたわけですね。では砦だったというお話は、それよりもっと以前ということでしょうか…

<周囲との高低差>
difference-of-elevation.JPG
まぁ砦であってもおかしくない地形ですが…なんとも言えません

現地に城に関する説明板などはありません。武蔵七党のひとつ、与野党の柴崎氏(地名のままですね)の砦跡、あるいは江戸氏一族で、太田道灌に追われて現在の世田谷区喜多見に逃れた木田見(喜多見)の砦跡ではないかと言われています。

調布市と言えば深大寺城が有名ですね。ここから比較的近いのですが、支城?だったとか、何となく関係がありそうですがはっきりしません。

<丘の麓>
Jinya-Shibasaki.JPG
鳥居の手前は一段と低くなっています

<暗渠>あんきょ
ShibasakiJinya-Ankyo.JPG
蓋をされていますが水路ですね。かつての堀のなごり?という期待を込めて眺めましたが、開発途上で造られた用水路のなごりですね(たぶん)。

通りから奥に入った場所ですが、思いのほか人目につきます。階段を登ったり降りたり、はたまた水路に入り込んだりと、どう考えても怪しい行動をしているので、早々に立ち去りました。

かつてこの丘に何らかの砦があったのだろう

確証はないのですが、地形だけは納得ししました。少なくとも、むかしは見晴らしが良く、低地を遠くまで見渡せる場所だったのでしょう。それを実感できただけで満足です。

------■ 柴崎陣屋 ■------
別 名:柴崎城・柴崎館
築城主:不明(柴崎氏?)
築城年:不明(柴崎氏?)
城 主:不明(柴崎氏?)
現 状:柴崎稲荷神社
[東京都調布市柴崎]2-11-4

■参考■
・Wikipedia:2021/5/3
・猫の足あと

https://tesshow.jp/tama/chofukomae/shrine_chofu_shibasaki.html


お城巡りランキング
posted by Isuke at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10703226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 難航不落 金山城のなごり
  2. 2. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  3. 3. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  6. 6. 高天神城のなごり
  7. 7. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  8. 8. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  9. 9. 太田道灌が植えた槇の木(荻窪八幡神社)
  10. 10. 岡崎城のなごり
  11. 11. 岩槻城のなごり
  12. 12. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]