2021年12月07日

街の中の土塁跡 山形城三ノ丸のなごり

今回は山形市の市街地に取り残された城のなごりの話です。
<土塁>
Sannomaru-Earthworks.JPG
立派な土塁です。それにしても、山形城址である霞城公園からはかなり遠いところです。出城の土塁でしょうか?

<三の丸土塁跡>
Yamagata-Castle-Earthworks.JPG
三の丸?こんなところまで城の内側だったということですね

あまり知られていませんが、山形城は全国でも屈指の広さを誇る平城でした。基本構造は本丸・二ノ丸・三ノ丸と外へ向かって広がる輪郭式。縄張りそのものは複雑ではありませんが、スケールが違います。三ノ丸は東西が約1.5q、南北約2qもの広さだったそうです。広々とした三ノ丸には、武家屋敷が立ち並んでいたようです。しかし明治の廃城令により城は取り壊され、堀も大半が埋められました。特にもっとも外側の曲輪となる三ノ丸は市街地化のため姿を消しました。

そんな状況でありながら
土塁がこうして残っている

街に埋もれながらも
取り除かれることなく今日まで残っている

素晴らしいですね!

山形城といえば、私にとっては最上義光の居城です。三ノ丸を含めた城の拡張は最上義光の時代になされました。そして最上家改易後、山形へ入った鳥居忠政らの手で近代城郭となりました。復原工事によるものではなく、そのなごりが形となって残っているわけです。

<つわものどもが夢の跡>
Earthworks-Yamagata-Castle.JPG


■訪問:
山形城三ノ丸土塁跡

[山形県山形市十日町]


お城巡りランキング
タグ:山形への旅
posted by Isuke at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11138613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 梶原景時子孫の城跡(犬山市)羽黒城のなごり
  3. 3. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 犬山城のなごり
  6. 6. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  7. 7. 木ノ下城のなごり(犬山市)織田一族ゆかりの城
  8. 8. 北条五代の夢の跡 (小田原城)
  9. 9. 北条氏康初陣の軌跡(川崎市)小沢原の戦い
  10. 10. 伊奈一族と玉川上水
  11. 11. 岡崎城のなごり
  12. 12. 忠臣蔵名シーンの舞台となった坂道(南部坂 雪の別れ)
  13. 13. 義経の正室として生きた豪族の娘 郷御前 (河越重頼・源義経・郷御前供養塔)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]