2017年03月22日

四ツ谷門のなごり

<四谷見附跡>
fan34yotsu (4).jpg
見附は見張り番を置いている場所のことです。よく江戸城三十六見附と言われますが、四谷見附もそのうちの一つ。まぁ実際には城の出入り口は三十六以上あったようですがね。とにかく、ここ四谷も重要な城門が設置されていた場所です。

工事を担当したのは毛利家。輝元の長男秀就(ひでなり)のお仕事です。関ケ原では徳川を敵に回した毛利家ですが、徐々に関係を修復。秀就の正室は、家康の次男・結城秀康の娘です。

四ツ谷門の痕跡はこの石垣のみ。いわゆる枡形(ますがた)になっていた当時を勝手に想像し、そのなごりを勝手に楽しみます。

これだけを見に来たのか?いやいや、江戸城の遺構は見附の石垣だけではありません。周辺を含めて、城のなごりが漂っています。ではちょっと散歩してみますかね。

<土塁の上>
fan34yotsu (5).jpg
ここは見附跡北側の土塁の上。散歩道になっています。街から隔離され、いかにも城跡っぽい雰囲気です。

<土塁跡>
fan34yotsu (6).jpg
ここは冒頭の見附跡付近から南側へ向かう道。上智大学沿いの通り(ソフィア通り)です。土塁の向こう側はもう外濠で、この道は濠の内側なので千代田区紀尾井町。濠の向こう側は新宿区四谷になります。

<真田濠> 四谷濠
fan34yotsu (1).jpg
江戸城の外濠跡です。ここは真田濠と呼ばれています。濠などの整備は、全国の有力大名に割り振られましたが、工事を請け負った家の名が、そのまま濠の名となっているのはここだけです。真田幸村の兄である信之(と仲間達)のお仕事の跡。埋め立てられ、現在は上智大学のグラウンドです。今でも見ごたえがありますが、かつてはもっともっと深い濠でした。

昔と違って、最近では雑誌やネット等で古地図が簡単に入手できます。参考にしながら、外濠沿いを散策するのも結構面白いものです。更に南へ進めば今度は弁慶堀も楽しめますが、今回はここまで。この付近は桜の名所でもあります。その頃また来ますかね。

四谷見附
[場所:千代田区六番町]
四ッ谷駅のすぐそば。駅そのものが区境


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6082169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  4. 4. 難航不落 金山城のなごり
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 豊島一族の城跡 練馬城
  7. 7. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  8. 8. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  9. 9. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]