2019年06月04日

梶原氏館跡 (品川区)

つわものどもが夢の跡
小田原北条氏家臣の館跡と伝わる場所を訪ねました。

<目的地>
shirononagori340 (5).JPG
こちらが今回の目的地と定めた稲荷神社です。JR大井町駅から寄り道をしなければ徒歩10程度ですかね。


■梶原氏館■
梶原氏は小田原北条氏の家臣で、現在の品川区付近を領有したとされています。今回の訪問は品川区の梶原稲荷神社。この周辺が一族の拠点であったと考えられています。

<案内板>
shirononagori340 (1).JPG
やや道に迷いかけた時、この案内板に救われました。左下に梶原稲荷神社が紹介されています。更には、この付近が梶原氏ゆかりの地であることも。ちょっと気分が盛り上がります。

<稲荷神社入口付近>
shirononagori340 (10).JPG
目的地に到着です。

<細道>
shirononagori340ad.JPG
小さな神社ですが、住宅地のパワースポットのような空気が漂います。

<梶原稲荷神社>
shirononagori340 (3).JPG
源頼朝の命により梶原景時が創建したと伝わり、境内には梶原塚と呼ばれる塚が残されています。この画像だと、鳥居の左手です。

梶原景時といえば鎌倉幕府の御家人。小田原北条氏が台頭するのはもっとずっとずっと後の話になりますが、北条家臣とされる梶原氏とは、景時の末裔と考えて良いのでしょうか?ちょっと調べましたが分からず(私には)。

館跡はこの神社そのものというより、この付近にあったとされています。ということで、周辺を散策することに。遺構は無いと聞いているので、いつも通り地形を味わうことにします。

<犬坂>
shirononagori340 (6).JPG
梶原稲荷神社近くの坂です。犬坂?

<標識>
shirononagori340 (7).JPG
説明書きを読みましたが、坂の名の由来ははっきりしないそうですね。俗称は"へびだんだん"。かわいい呼び名です。

<地形>
shirononagori340 (8).JPG
shirononagori340 (9).JPG
犬坂付近で撮影しました。高低差、伝わりますでしょうか。館跡とされる場所はこの高台に位置しています。今は建物が多く実感が湧きませんが、低地に面した見晴らしの良い丘だったのでしょう。


ということで
遺構は無いものの、起伏に富んだ地形を充分に味わえたので、それなりに満足な散策となりました。

<大福生寺>
shirononagori340 (2).JPG
いい雰囲気のお寺とも出会いえました。変わった形の鳥居がありますが、お寺さんです。

-------■梶原氏館■-------
築城年:不明
築城者:梶原氏?
城 主:梶原氏
[東京都品川区東大井]3丁目


お城巡りランキング

posted by Isuke at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8862368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 永田陣屋 伊奈忠次が築いた陣屋跡
  3. 3. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  4. 4. 上州のおんな城主・妙印尼輝子(新田金山城)
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 難航不落 金山城のなごり
  7. 7. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  8. 8. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]