2022年02月04日

閉ざされた枡形門 コロナ第6波の浜離宮

<浜離宮>
Hamarikyu-Closing-Gate.jpg
門が閉ざされているのを初めて見ました。考えようによっては貴重な経験です。

2021年の年末には1日数百だった新型コロナウイルスの新規感染者数が、あっという間に10万人を突破しました。オミクロン株は、それ以前とは比較にならない感染力のようです。猛威を振るう第6波はいつまで続くのでしょうか。

<お知らせ>
Hamarikyu-Park-Notice.jpg
浜離宮はコロナの感染拡大防止のため臨時休園。期間は1月11日から『当面の間』とのこと

当面の間…

はい
趣旨は理解できております。

<浜離宮恩賜庭園>
Hamarikyu-Ote-Bridge.jpg
徳川将軍家の庭園だったことで有名な浜離宮。正面入り口は城門そのものです。実際に江戸城の出城的な性格も有していたと考えられています。

<大手門橋>
Hamarikyu-Bridge-over-thesea.jpg
海に架かるこの大手門橋を渡ると、待ち構えているのは石垣に囲まれた方形の区画。かつての枡形門です。今は石垣だけですが、昔は櫓門が設けられていました。

<石垣>
Hamarikyu-Ishigaki.jpg
立派な隅石です。これだけでも見る価値があります。さぞ立派な枡形門だったのでしょうね

<閉門>
Shut-Out-HamarikyuGate.JPG
まぁもともと来るものを拒むための施設です。その役割を存分に果たしているというわけですね。ただ、閉ざされる理由が理由だけに寂しい光景です。

ということで
防ぎ手の激しい抵抗にあうわけでもなく、見えない敵のせいで退散となりました。

<帰路>
Artificial-island-Hamarikyu.jpg
江戸時代に海を埋め立てて造った人工の島です。護岸の石垣を横目に帰路につきました

<裏門>
Hamarikyu-backgate.jpg
当然ですが、こちらも閉ざされていました

<護岸工事中>
Hamarikyu-Construction.jpg
いま防潮堤を改良工事しているとのこと。海水がここで堰き止められていました。白鷺の姿が見えます。田舎で育ったので見慣れていますが、なんだか少し物悲しく映ります。

<海面を飛ぶ白鷺>
Hamarikyu-Egret.jpg
ちょっと近寄りすぎたのか、白鷺は去っていきました

白鷺が飛ぶ姿を見るのは
幸運の兆し

そんな話を思い出しました。
本当にそうなりますように。

2022年(令和4年)2月

■訪問:浜離宮恩賜庭園
[中央区浜離宮庭園]1-1


お城巡りランキング


--------追 記--------
浜離宮については別途投稿させて頂いております。古い記事ですがよかったら覗いてみて下さい。
【画像】
shirononagori hamarikyu (1).JPG
shirononagori hamarikyu (7).JPG
【投稿】2017年11月15日
【タイトル】
海の出城・親子二代の夢の跡
→『記事へすすむ
posted by Isuke at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11249685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 岡崎城のなごり
  6. 6. 浜松城の野面積み
  7. 7. 若き家康が生涯の教えを得た大樹寺(岡崎市)松平家菩提寺
  8. 8. 北条早雲騎馬像(小田原駅西口)早雲の「火牛の計」
  9. 9. 内匠頭御預かりの田村家のルーツ(田村右京太夫屋敷跡)
  10. 10. 犬山城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]