2019年12月14日

赤穂事件殉難追悼碑 上杉家にとっての赤穂事件

本日12月14日は赤穂浪士討ち入りの日

ということで
今回は米沢城本丸跡にある目立たない石碑をご紹介します。

shirononagori391 (2).JPG
誰も足を止めない石碑

場所は上杉家と関連する刀や甲冑が展示されている人気スポット・上杉神社稽照殿のすぐ近くです。

shirononagori391 (3).JPG
正直、現地ですらすらとは読めません。碑文の文字そのものは綺麗です。ただ光の関係で見えにくいのと、文そのものが難しい(私には)。キーワードを途切れ途切れに拾うと『元禄15年(1702)12月15日黎明・浅野内匠頭家臣数十人・吉良・本所邸・狼藉・急変不意・老中下知・上杉家の不幸後年に及ぶ・・・』などなどと。

吉良と上杉?
吉良上野介の正室は、米沢藩主の娘でした。そして赤穂浪士が実際に討ち入りの時には、上野介の実子が上杉家に養子入りして藩主となっていたのです。この石碑がどんなメッセージを込めて設けられたか分からないものの、赤穂事件について、上杉家側にもそうとう苦悩があったことは伝わってきますね。個人的には、吉良上野介の実子である上杉綱憲に対し、あまり良いイメージがありません。ただ、この人物を藩主として支えねばならなかった家臣団の苦悩、これはちょっと想像できます。碑文後半の『上杉家の不幸後年に及ぶ』が、全てを表しているような気がします。

shirononagori391 (1).JPG
当ブログがきっかけで、足を止めてくれる方がいたら嬉しいです。

■訪問:赤穂事件殉難追悼碑
[山形県米沢市丸の内]


お城巡りランキング


タグ:山形への旅
posted by Isuke at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9493780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  2. 2. 岡崎城のなごり
  3. 3. 難航不落 金山城のなごり
  4. 4. 米沢藩の礎 景勝と兼続
  5. 5. 道切りに込められた思い(蓮田市)伊豆島の大蛇
  6. 6. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  7. 7. 浜松城のなごり 家康が17年間居城とした城
  8. 8. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  10. 10. 大石内蔵助 終焉の地 細川家下屋敷跡
  11. 11. 関東一の山城 唐沢山城
  12. 12. 高天神城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]