2018年03月28日

コンクリ渓谷を行く 前田家下屋敷跡

<石神井川の桜>
shirononagori214 (3).JPG
咲き誇る桜を眺めながらの石神井川散歩。板橋から王子まで歩くコースのスタート地点として、この場所を選びました。住所は板橋区加賀。加賀?そうです、あの加賀百万石の加賀です。このあたり一帯は加賀藩前田家の下屋敷があった場所です。

<加賀公園>
shirononagori214 (1).JPG
この公園が目印。屋敷内にあった築山とその周辺が公園となっています。

<公園内>
shirononagori214 (7).JPG
全体を撮影したかったのですが、この日は花見の人達で一杯。地味に傾斜だけ撮影しました。

<別の日に撮影した画像>
shirononagori214 (9).jpg
これは桜が咲く前に撮影した石神井川と加賀公園。まぁこんな感じです。この川が屋敷の天然堀の役割を果たしていたのだろう。初めはそう思いましたが、ちょっと違うようです。

<説明板>
shirononagori214 (5).JPG
現地で撮影。これが下屋敷の全体図です。なんと、敷地の中に石神井川が流れています。

<コンクリ渓谷>
shirononagori214a (1).jpg
すみません。こちらも桜が咲く前に撮影したものです。ご覧の通り、現在の石神井川はしっかりとコンクリで固められています。かなり深い谷だとうこと、伝わりますでしょうか。

この付近、川が激しく蛇行する渓谷でした。その天然川を内包する屋敷とは、どれだけ大きかったのでしょうね。約21万7千坪とのこと。加賀百万石はスケールが違いますね。

前田家の場合、上屋敷は本郷、中屋敷は本駒込、そして下屋敷がここ板橋に設けられました。そもそも上中下ってなに?まぁ位置的には、江戸城に近い順で上屋敷・中屋敷・下屋敷と思って間違いありません。ただ、どこの家でも必ず3つあるというわけではありません。

そもそも江戸の屋敷は、石高に応じて場所や広さが考慮され、幕府から与えられるものです(あげるのではなく貸すだけ)。あてがわれた屋敷で事が足りる場合は、屋敷は一か所だけです。まずこれが基本。実際にそういうケースもあります。ただ、大きな所帯だとなかなかそれでは納まりきらず、別宅として郊外に大きめの屋敷を構えたりします。これが下屋敷。そして、これに加えて更に中屋敷を設ける場合もありますので、ようするに家の事情によってまちまちです。

前田家といえば外様屈指の大大名。今回訪問の下屋敷跡は、前田家にとって、江戸におけるいわば別荘のようなところ。それなりに広く、贅沢で当然かもしれませんね。ちなみに、前田家の上屋敷跡は東京大学になっています。あの有名な赤門は、もともと前田家の屋敷の門でした。


<軍事利用>
shirononagori214 (4).JPG
ここが前田家の屋敷跡ということに間違いはありませんが、のちの時代、明治から終戦まで、火薬の製造所(東京第二陸軍造兵廠板橋製造所)として使われていたようです。

城跡でも時々あることですが、まとまった敷地があることから、軍やそれに関連する組織に利用されたということですね。それぞれの時代で事情があることですから特にコメントしませんが、もしかしたらその時の造成により、屋敷らしいなごりは一掃されてしまったのかもしれませんね。

<石碑>
shirononagori214 (6).JPG
ただまぁこうして石碑もあるし。遺構うんぬんより、歴史がはっきりしているだけで満足です。

<屋敷跡付近の桜>
shirononagori214 (2).JPG
ということで、なんとなく納得の訪問となりました。

この付近の桜は見事です。また来年来ますかね

[東京都板橋区加賀]


-------おまけ画像-------

ちょっと蛇足かも知れませんが・・・
<新板橋駅>
shirononagori214AD.JPG
最寄駅の都営三田線・新板橋です。

ホームの壁面、なんとなく武家屋敷を象っているようにも見えますね。これは調べてないので確証はありません。前田家の屋敷をイメージしているのだろう。個人的にはそう思っています。
posted by Isuke at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7489183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]