2017年11月24日

城用語 山城(やまじろ)平城(ひらじろ)

<唐沢山城の縄張り図>山城
karsawayama nawabari.jpg
[現地の説明板を撮影]

先日「暗渠」のイベントに参加させて頂き、きっと「城にはあまり関心が無いだろうなぁ」という人を想定した上で「城」の説明をさせてもらいました。今回はその一部、山城と平城について投稿させてもらいます。当ブログにお越しいただく方の大半にとっては「釈迦に説法」。でもどんな趣味の世界にもビギナーはいます。勿論私も最初はそうでした。お役に立てれば幸いです。

城の分類
当ブログでは分かり安いように「山城」と「平城」の2分類にしています。ただ城好きの人たちは山城と平城に加えて「平山城」という言葉を使います。城用語としてはこの3分類が主流。江戸時代の軍学者による分類です。

分類の基準
城の地勢による分類。そういうと難しいですが、要するに「どこに築かれたか」を基準に分類する方法です。

<図解>
ankyo&shiro11.jpg
素人っぽい図解ですみません。私の手作り。イベントで使用しました(挿入している絵図はそれぞれの城の現地説明板を撮影したものです)。

山城(やまじろ)
名の通り山に築かれた城です。戦国時代に多く築城された「戦闘用」の軍事拠点。高さと山の地形を最大限に生かした縄張りで「地の利」を得る。これが強み。反面、戦うこと以外では何かと不便という弱点もあります。山城も時代とともに進化しますが、初期においては「生活は城の外、戦の時は城に籠る」といった感じですね。

平山城(ひらやまじろ)
真っ平らなところにポツンとある山。いわゆる独立峰ですね。ここに築かれるのが平山城です。まぁ山城なんですが、構造的に山の麓は堀で囲んだり土塁を設けたりと、平城とやや似たところもあります。一概に言えませんが、武器の進化とともに飛び道具の割合が増えてくると、平地に陣取るしかない敵を高所から攻撃できるため有利だった言えますね。

平城(ひらじろ)
平地に建てられる城です。山城ほどの地の利はありませんが、湿地や川を利用し、更に堀などで人工的に「地の利」を創り、守りを固めます。沼地の城などもこの分類に属します。山城とは逆に、平地なので何かと便利。軍事拠点という側面のほかに、統治の拠点としても活躍。争いの世が終わると、平城が増え始めます。

■実 例■
⇒まず上の図解にある城は長谷堂城米沢城です。

<長谷堂城>平山城
SironoNagori  hasedojo (9).jpg
<長谷堂城からの眺め>
SN hasedojo.JPG
[山形市]上は秋 下は夏の訪問

<米沢城本丸跡>平城
sirononsgori yonezawajo10 (3).JPG
<本丸の水堀>
sirononsgori yonezawajo S.jpg
[米沢市]


⇒山城は遠くから撮影のものが手元になく、こんな画像でご容赦下さい。冒頭の縄張り図の実物です。

<唐沢山城からの眺め>山城
SN sano karasawayama (3).jpg
<唐沢山の登山道>
shirononagori karasawayama130 (2).jpg
[佐野市]

いかかでしょうか?知ってしまえば簡単ですね。山・独立峰・平地。この3つだけ。それぞれ「山城」「平山城」「平城」です。

ただ、こんな説明をしておきながらなんですが、当ブログは今後とも山城と平城の2分類で通します。初めて読んでくれた方が分かりやすいように。


お城巡りランキング
タグ:城用語
posted by Isuke at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7004604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]