アフィリエイト広告を利用しています
ファン
検索
<< 2023年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
逆流性食道炎、温活、高血圧さんの画像
逆流性食道炎、温活、高血圧
プロフィール
日別アーカイブ

2023年11月21日

温活のススメ

冷え性女性のための温活術!東洋医学のツボを駆使して入浴で冷え知らずに

どうも、冷え性の女性のみなさん、こんにちは!
最近、外はますます寒くなってきましたね。寒さが増すと、冷え性の女性にとっては辛い季節がやってきますよね。

冷え性って、本当につらいですよね。冷たい手や足、冷えた体がなかなか温まらない…。そんな状態でいると、体がだるくなったり、集中力がなくなったりしてしまいますよね。

でも、安心してください!対策はあるんです。今回は、冷え性の女性にぴったりの「温活」についてお話ししましょう。温活とは、体を温めるためのアクティビティや方法のことです。温活を取り入れることで、冷え性の症状を緩和させることができますよ!

温活には、様々な方法があります。たとえば、東洋医学に基づいたツボ押しや、入浴法などがあります。これらの方法を組み合わせて実践することで、体の内側から温かさを感じることができるんです。

さあ、この記事では、温活について詳しくお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!温かくて快適な冬を過ごすためのヒントがたくさん詰まっていますよ!それでは、早速本題に入りましょう

## 温活とは何か?
温活とは、体を温めるための活動や習慣のことを指します。冷え性の女性にとっては特に重要な要素であり、体を温めることで体調を整えることができます。

## ツボとは何か?
ツボは、東洋医学や鍼灸などで用いられる特定の点のことを指します。体のある部位に存在するツボを刺激することで、体のエネルギーの流れを調整し、健康を促す効果が期待されています。

### ツボの一例
- 足三里(あしさんり):膝の上から四指分上にあるツボで、体を温める効果があります。
IMG_20231121_100936.jpg
- 大椎(だいつい):首と肩の間にあるツボで、冷え性の改善に効果があります。
IMG_20231121_101041.jpg
- 内関(ないかん):足の内側くるぶしの骨の一寸上にあるツボで、体の冷えを改善する効果があります。
IMG_20231121_101157.jpg

## 東洋医学とは何か?
東洋医学は、中国を中心に発展した伝統的な医学の一つです。体のバランスやエネルギーの流れに着目し、病気や不調の原因を解明し、治療する手法があります。冷え性に対しても、東洋医学の視点からアプローチすることができます。

## 入浴の効果
入浴は、体を温めるための代表的な方法の一つです。温かいお湯に浸かることで、血行が促進され、体の芯から温まることができます。特に入浴後のぽかぽか感は、冷え性の女性にとっては嬉しい効果です。入浴時には、湯船に長く浸かるだけでなく、温かい飲み物を用意して内側からも温めると効果的です。ただし、入浴の際には適度な温度と時間に気をつけることが大切です。

以上が、温活、ツボ、東洋医学、入浴についての事前知識です。これらの要素を組み合わせて、冷え性の女性の体調改善に役立つ情報をお伝えしていき

## 温活の歴史
温活という言葉が使われるようになったのは比較的最近のことですが、温活自体は古くから行われてきました。古代中国や日本の東洋医学では、体を温めることが健康に良いと考えられていました。そのため、温活は東洋医学の一環として行われてきたのです。

### ツボと温活
温活を行う際には、ツボの活用が重要です。ツボとは体内に存在する特定のポイントで、東洋医学ではエネルギーの流れを調整する役割を持つとされています。温活では、特定のツボを刺激することで体を温める効果を期待します。例えば、足の裏にある「足三里」というツボは、体を温める効果がありますので、温活の際には重要なツボです。

## 入浴の歴史
入浴も温活の一つとして考えることができます。古代エジプトや古代ローマなど、多くの文明で入浴が行われていました。東洋医学では、入浴は体を温めるだけでなく、血行を促進する効果もあるとされています。特に温泉やお風呂に入ることで、体が芯から温まり、冷え性の改善に効果的です。

### 入浴のポイント
入浴を温活として取り入れる際には、いくつかのポイントに注意が必要です。まずはお湯の温度です。熱すぎず、寒すぎない程度の温度が最適です。また、入浴時間も長すぎず短すぎず、適度な時間を目安にしましょう。さらに、入浴後はしっかりと体を保温することも重要です。冷え性の人は特に、入浴後に冷えないように対策をすることが大切です。

温活や入浴は、古くから体を温めるために行われてきた方法です。東洋医学の知恵を取り入れながら、冷え性の改善に取り組んでみて

## 体を温めることができる
冷え性の女性にとって、温活は体を温めるための重要な方法です。入浴やお風呂に入ることで、体温が上がり、血液の循環が促進されます。これにより、手足の冷えや冷たい体感を改善することができます。

### 入浴の効果
入浴は温活の代表的な方法の一つです。温かいお湯の中に浸かることで、全身の血行を良くし、体の中からじんわりと温まります。また、入浴にはリラックス効果もあり、心身ともにリフレッシュすることができます。

### 東洋医学の視点から
東洋医学では、体内のエネルギーの流れを整えることが重要とされています。冷え性の女性にとって特に重要なのは、「ツボ」と呼ばれる特定の部位を刺激することです。ツボを刺激することで体内のエネルギーの流れを促進し、冷え性の改善につながります。

## 免疫力を高めることができる
体が冷えていると免疫力が低下し、風邪などの病気にかかりやすくなります。温活を行うことで体温を上げることができるため、免疫力の向上につながります。

### 入浴後の温活
入浴後は体が温まっているため、温活の効果を高めることができます。入浴後にマッサージやストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐし、体温を一層上げることができます。

### 温活と代謝の関係
温活によって体温が上がると、代謝が活発になります。代謝が良くなると、体内の老廃物が排出されやすくなります。これにより、体内の血液やリンパの流れがスムーズになり、免疫力の向上につながります。

## ストレスを軽減することができる
冷え性の女性は、体が冷えることによってストレスを感じることがあります。温活を行うことで体温が上がり、心地よい温かさを感じることができます。これにより、ストレスを軽減する効果があります。

### 温活とリラックス効果
温かいお風呂や入浴は、リラックス効果があります。体が温まることで、疲労やストレスが解消され、心身ともにリフレッシュすることができます。また、温活中にはゆったりとした時間を過ごすことができるため、日常の忙しさから離れることができます。

### 東洋医学の考え方
東洋医学では、体の内側からの温活も重要視されています。食事による温かい食材の摂取や、体を温める効果のあるハーブティーの飲用など、食事や飲み物を通じて体を温めることが推奨されています。

温活、ツボ、東洋医学、入浴のメリットについてご紹介しました。体を温めることで冷え性の改善や免疫力の向上、ストレス軽減の効果が期待できます。ぜひ、温活を取り入れて、快適な生活を送りまし

## 温活のデメリット
温活は冷え性の改善に効果的な方法ですが、注意が必要な点もあります。まずは温活のデメリットについて見ていきましょう。

### 温活の手間と時間
温活には準備や実施に時間がかかることがあります。温まるためにはお風呂に入ったり、温かい飲み物を摂ったりする必要がありますが、これらを毎日行うのは大変な作業です。

### ツボの刺激方法の難しさ
東洋医学ではツボを刺激することで体のバランスを整えることができますが、ツボの場所や刺激の仕方を正確に把握するのは難しいです。間違った刺激をすると逆効果になる可能性もあるので、注意が必要です。

### 東洋医学の効果に個人差がある
東洋医学は体質や症状によって効果が異なることがあります。同じ方法でも人によっては効果を感じられない場合もあります。効果を実感するまでには時間がかかることもあるので、根気強く取り組む必要があります。

### 入浴の制約
入浴は冷え性の改善に効果的ですが、毎日お風呂に入ることが難しい場合もあります。時間の制約やお風呂のない場所に住んでいる場合は、入浴を利用した温活ができないこともあります。

冷え性を改善するためには温活やツボ、東洋医学、入浴を取り入れることが有効ですが、デメリットもあることを忘れずに取り組んでください。効果を最大限に引き出すためには、正しい方法を選び、自分に合ったペースで行うことが重要です。

## 温活の基本ルール

冷え性の女性にとって温活は重要な日常の一部です。温活を成功させるためにはいくつかの基本ルールを守る必要があります。

### ルール1: ツボを活用する

東洋医学では、体内のエネルギーポイントであるツボを刺激することで体温を上げる効果が期待できます。温活に取り組む際には、自分の冷え性に合ったツボを見つけて刺激しましょう。代表的なツボとしては、「足三里(あしのみとり)」や「関元(せきげん)」があります。

### ルール2: 東洋医学の知識を活かす

東洋医学は冷え性に効果的な方法を提供してくれます。温活に取り組む際には、東洋医学の知識を活かして体を温める方法を取り入れましょう。例えば、食事には体を温める効果のある生姜や唐辛子を取り入れることがおすすめです。

## 入浴の注意点

温活の中でも入浴は特に重要なポイントです。しかし、入浴の方法には注意が必要です。

### 注意点1: お風呂の温度を調整する

入浴は体を温めるための効果的な方法ですが、お湯の温度を適切に調整することが重要です。熱すぎるお湯は肌を乾燥させる原因になりますので、ぬるめのお湯を選ぶか、入浴後に保湿ケアを行いましょう。

### 注意点2: 入浴時間を守る

長時間の入浴は逆効果になることもあります。入浴をする際には、15分〜20分程度の入浴時間を守るようにしましょう。長時間の入浴は体を冷やす原因になりかねませんので注意が必要です。

## 初心者が気をつけるべきポイント

温活や東洋医学に初めて取り組む方は、以下のポイントに注意して取り組んでください。

### ポイント1: 無理は禁物

体を温めるために無理なことをするのは逆効果です。自分のペースや体に合わせて取り組むことが大切です。無理なく続けられる方法を選びましょう。

### ポイント2: 習慣化する

温活や東洋医学の効果を実感するためには、継続が必要です。初めは少しずつ取り組んでいき、徐々に習慣化していくことが重要です。

## まとめ

温活や東洋医学を上手に活用して冷え性を改善しましょう。ツボを刺激したり、体を温める食事を取り入れたりすることで、体温を上げる効果が期待できます。また、入浴の際には温度や時間に気をつけることも忘れずに。初めて取り組む方は無理をせず、自分に合った方法を見つけて続けていきましょう。冷え性の女性にとって、温活は健康を維持するために欠かせないものです。

## 温活とは?
温活は、体を温めるための活動や習慣のことを指します。冷え性の女性にとっては特に重要な要素です。温活にはさまざまな方法がありますが、今回は東洋医学の視点からツボと入浴に焦点を当ててご紹介します。

## 東洋医学のツボと温活
東洋医学では、体のエネルギーメリディアンに沿ってツボと呼ばれる特定のポイントが存在し、体調や健康に影響を与えると考えられています。温活においては、特に以下のツボを刺激することが効果的とされています。

### 1. 三陰交(さんいんこう)
三陰交は、足の内くるぶしの上、脛骨の内側にあるツボです。このツボを刺激すると、体を温める効果が期待できます。温活の際には、このツボをやさしくマッサージすると良いでしょう。

### 2. 太衝(たいしょう)
太衝は、足の親指の付け根の間にあるツボです。このツボを刺激すると、体の冷えを改善する効果があります。温活の一環として、このツボを指で押してみましょう。

## 入浴と温活
入浴も温活の重要な要素です。ただし、ただ湯船に浸かるだけではなく、適切な入浴法を取り入れることがポイントです。

### 温まる湯船の温度と時間
入浴の際には、体を温めるために湯船の温度と入浴時間に注意が必要です。湯船の温度は、体温と近いぬるめのお湯がおすすめです。また、長時間入浴すると逆に体が冷えてしまうことがあるため、15〜20分程度の入浴が理想的です。

### 入浴剤やハーブの活用
さらに効果的な温活のためには、入浴剤やハーブを活用することもおすすめです。例えば、ショウガやシナモンのエッセンシャルオイルを入れると体を温める効果があります。また、生姜湯や桂皮湯といった漢方の入浴剤も効果的です。

温活にはさまざまな方法がありますが、ツボと入浴を組み合わせることでより効果的に体を温めることができます。ぜひ、試してみてください。温かく快適な冬を過ごすために、温活を取り入れてみましょう!

さて、今回は冷え性についてのお話でしたが、いかがでしたか?寒い季節や冷え性の悩みは、女性にとって本当に辛いものですよね。

しかし、温活や東洋医学の知識を活用することで、冷え性の改善に一歩近づくことができます。例えば、ツボ押しや入浴法など、日常生活に取り入れやすい方法がたくさんありますよ。

これからも冷え性との戦いは続くかもしれませんが、あきらめずに取り組んでいきましょう。自分自身の体温を大切にして、快適な生活を送るために、温活を続けてくださいね。

いつか冷え性の悩みから解放され、ポカポカと温かい体を感じる日が訪れることを願っています。冷え性の女性の皆さん、頑張りましょう

2022年02月01日

コロナ禍での運動不足とその弊害について





最近私は、『ヒデキとモリヨのお悩み相談』というyoutubeを見ています。
IMG_20220201_113514.jpg

https://youtu.be/lE7Tid8l38Y

最近のテレビで報道されていることは、コロナがこわいと煽り立てることばかりして、検査やワクチン接種をどんどんすすめることばかりしてうんざりしています。

現在は、大多数の都道府県でまん延防止になっていて、とくにお年寄りの方たちは家にこもって運動しなくなってきているみたいです。

その弊害で運動機能の低下により寝たきりになったりボケが進んだりしてる人がコロナ前より増えていると思います。

体を動かさない、運動不足が
続くと
■ふくらはぎの
大きな筋肉

ふくらはぎの裏面
にある下腿三頭筋
大きな筋肉で収縮
することで、心臓
から送り出されて
下半身に到達した
血液を心臓に戻そう
と働く

ふくらはぎは第二
の心臓といわれて
いる

現代人の多くは
運動不足が慢性化
し、ふくらはぎ
の筋肉が衰えたり
硬くなったりして
いる
要するに、血液を
心臓に戻そうと
する力が弱っている

ということで、血液の循環が悪くなり、冷え症の原因になり様々な病気になりやすくなります。

適度な運動
冷え解消、筋力維持

高齢者→筋力衰えは健康寿命を脅かす
筋力弱る→体重支えられなくなる→転倒、寝たきりの原因


健康長寿のカギを握るのは筋肉

運動→マイオカインという物質が分泌

マイオカイン→マクロファジーや
NK細胞といった免疫細胞の活性化や血糖値や血圧の低下、がん細胞の増殖の抑制する!️

●ウォーキングはいいことづくめ
1️⃣生活習慣病の予防改善
全筋肉の7割が存在し大きな筋肉も集中する下半身
下半身を動かすことで、脂肪と糖が効率よく燃焼し血流の改善により血圧も下がる

2️⃣ストレスが解消される


3️⃣脳が活性化される


4️⃣内臓や器官の働きが高まる


※特に高齢者にはウォーキングがオススメ
ウォーキング→呼吸機能、肺活量を高める→誤嚥性肺炎(飲み込む力が衰えた高齢者に発生しやすい) のリスク下がる

長引くコロナ禍で外出機会減少
下矢印2️
高齢者のフレイル(要介護一歩手前の状態)が増加

フレイル予防にウォーキングが有効


★運動によって筋肉が強化される
筋肉の7割は下半身

下半身を鍛えれば、熱を生産する力も高まる

ふくらはぎ→第二の心臓

ふくらはぎは心臓と同じく血液を送り出すポンプのような働き(ミルキングアクション)もしている

ウォーキング→ふくらはぎを中心とした筋肉が弛緩と収縮を繰り返すことで下半身の血液はスムーズに心臓に戻る


全身の血流改善→心臓循環器系の負担軽減

コロナがこわいかしれませんが、なるべく人が少ない時間帯や人が少ない場所を選んで外出してウォーキングをして、陽の光を浴びて気分転換することをオススメします!

2022年01月22日

体を温める食べ物の見分け方(温活)





体を温める食べ物の見分け方

■体を温める食品と冷やす食品がある
体が熱を産むためには、食事は欠かせない。
とはいえ、闇雲に何でも食べればいいというわけではない。

食材選びは重要

どのような食品を選べばよいか?

食品は野菜や果物、肉、魚といった種類別や主要な栄養素ごとに分類できる

それとは別に、東洋医学でははるか昔から、体を温める食品(陽性食品)、
体を冷やす食品(陰性食品)という分類かある

冷えを予防するには、なるべく体を温める陽性食品を選び、陰性食品は避ければよい

どのように両者を見分けるか?

例えば、食品の原産地から判断できる
もともと、暑い地域では体を冷やす食品、寒い地域では体を温める食品がとられてきた

バナナやパイナップルといった南でとれる食材は、暑い地域で暮らす人々が食べてきたもの

暑さが和らぐが、体を冷やす


果物ならばリンゴやさくらんぼといった、北でとれる食材を選ぶとよい


夏か旬の食材も同様に、夏場に食べる分にはよいが、体を温めるには不適格である

反対に、冬が旬の食材は体を温める


また、東北地方では冬の寒さをしのぐために、漬物をはじめとする塩分豊富な保存食を食する習慣があった


『体を温めるために、塩が重要な役割を果たしてきた』

塩分の量 もチェックすると良い


食材の色や硬さも判断基準になる

体を温めるために好ましいのは赤やオレンジといった暖色系のもの


柔らかい食材には水が多く含まれ体を冷やす

『体を温めるのは、しっかりとした歯ごたえがある硬い食材である』

もちろん、体を冷やすからといって陰性食品を絶対にとってはいけないというわけではない

陰性食品には、加熱や発酵といった加工を施すことで陽性食品へうまれかわるものもある

■温め効果抜群の野菜、果物
日頃から積極的にとりたいのが野菜
野菜の中では硬くて歯ごたえがある根菜がオススメ

また、生姜の効能は温め効果だけでなく多岐にわたる
『天然の万能薬』といっても過言ではない
IMG_20220123_063730.jpg
IMG_20220123_063828.jpg
IMG_20220123_063951.jpg
IMG_20220123_064028.jpg


果物は、総じて体を冷やす傾向があり、リンゴやぶどう、さくらんぼなど北でとれるものを選ぶとよい





2022年01月06日

とろみと泡の不思議な入浴剤 【快眠入浴剤 トトノエラボ バスケア】

とろみと泡の不思議な入浴剤 【快眠入浴剤 トトノエラボ バスケア】

IMG_20220106_141125.jpg


快眠のために、ぬるいお風呂でもポカポカになる
とろみと泡の不思議な入浴剤
快眠入浴剤 トトノエラボ バスケア

■からだぽかぽか!トトノエラボ 3つの納得Point

クリーミーなとろみと小さな泡で、ぬるめでも湯上がりぽっかぽか、不思議な入浴剤


納得Point1
お肌トトノウ整肌成分「硫酸ナトリウム」配合
トトノエラボは優しくクリーミーな温泉ミネラル成分配合。
美人の湯で知られているアルカリ泉成分ですので、お肌も喜びつややかに。
IMG_20220106_141722.jpg

メディア露出1,300媒体の睡眠グッズ専門会社が開発トトノエラボ バスケア


納得Point2
天然由来うるおい成分
ラベンダーエキス*、ホホバ種子油*、コーン油*を贅沢配合。
「とろん」とした白いにごり湯に肩まで浸かると、お肌はしっとり、心もゆったり。
不快な乾燥肌にうるおいを与えて、潤いベールに包まれたままお休み支度をすることで、朝までぐっすり。
*保湿成分
IMG_20220106_141704.jpg

トトノエラボ バスケアの詳細を見る


納得Point3
ふんわり香って芳香浴 ベルガモット、オレンジ、シトロネラ精油配合(香料ブレンド)
ベルガモットxオレンジの香り
お休み前に癒やされる、最適な香りをブレンドしました。
刺激を与えすぎないよう、ほんのり優しく香ります。
考え事や心配事などでぐるぐると頭を駆け巡るような日は、たまったモヤモヤを芳香浴でケアしましょう。
IMG_20220106_141805.jpg







ウルトラ生姜で話題の発酵黒生姜使用。女子のおまもりサプリ「ショウガオール」

ウルトラ生姜で話題の発酵黒生姜使用。女子のおまもりサプリ「ショウガオール」
https://youtu.be/GR80z0JV3O0

IMG_20220106_064155.jpg







生姜の10大健康効果
@血液の循環を良くする
A免疫力が上がる
B代謝をあげて発汗を促す
C消化、吸収の機能を高める
D殺菌、抗菌作用
E消臭効果
F抗酸化作用
G血中コレステロール値を下げる
H体内の毒素の排出を促す
I気の巡りを良くする

IMG_20220106_062643.jpg




生の生姜には『ジンゲロール』という成分が多く含まれ、殺菌力があり、末梢血管を拡張して手足を温める効果があります。

カツオのたたきなど、刺身に生の生姜を添えるのは生臭さを消すだけでなく、殺菌によって食中毒を予防するという意味もあります。

また、加熱した生姜には、ショウガオール』という成分が多く含まれ、発汗や新陳代謝を促進し、体を芯から温めてくれます。
かぜ予防や月経痛の軽減などの効果も期待できます。





IMG_20220106_062814.jpg

IMG_20220106_063006.jpg








タグ:温活

2021年12月27日

ananカラダにいいもの大賞受賞!今注目の温活【アルポカ】ヒートスムージー

ヒートスムージーは、血の巡りをよくし、体を温めることを目指した、レモンジンジャー味の「温活シロップ」です。

体を温める成分、血流をよくする成分に加え、血液のもととなる鉄分も配合。
冷えに悩む女性のために【アルポカヒートスムージー】


女性の健康をサポートします。
preview.png


有機生姜・高麗人参・ホーリーバジル・シャタバリなどをベースに、10種の植物抽出エキスを配合。

  1.血をつくり →2.体を温め →3.血を巡らせて →4.心身ともに整える
という、4つの効果で冷えの改善をサポートいたします。

◆商品内容◆
10g×30本入り(30日分)
1箱 19.6cm x 27cm
preview(1).png

◆使用方法◆
そのまま飲む。

お湯・牛乳・紅茶など、飲み物に溶かして飲む。

砂糖代わりに料理に使う。(酢豚・キムチ鍋・生姜焼き…など)

食事やおやつにかけて食べる。(ヨーグルト・パンケーキ)



2021年12月26日

温活まとめ




■日本人の平均体温は下がり続けている

1957年
日本人の平均体温
36.89度

近年の
日本人の平均体温
35.8〜36.2度

体温が1度低下すると、基礎代謝が12%
免疫力は30%もダウンするといわれている

●冷えの要因については
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/188/0

https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/214/0

●冷えによる不調や病気については
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/189/0

●冷えの対処法
★体を温める食べ物については
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/190/0
◎ショウガみそ汁◎
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/217/0
★体を温める生活習慣
プチ断食のやり方など
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/192/0
★空腹はなぜいいのか
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/191/0
★体を温めるための入浴方法
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/193/0
★運動で体温上げる
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/194/0
◎ ふるえ合掌◎
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/218/0
◎手足ブラブラ体操◎
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/221/0

★ 体を温めるファッション
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/195/0
★ 湯たんぽで体をあたためる
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/215/0
★体を温める呼吸方法
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/216/0
★使い捨てカイロは貼って冷えや冷えに伴う不調を解消
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/222/0
★1日一分うつぶせになるだけで冷えが解消
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/223/0

冷えは病気ではない
しかし、冷えをほっておくと
あらゆる不調、病気をまねいて
しまう。
● 4大冷えのタイプ別解消術
https://fanblogs.jp/gyakuryuseikaizen/archive/213/0



























首を温めると、頭皮の血流が促進され白髪の予防、改善につながる!️と研究者さんも期待️




白髪になる原因
最も代表的な理由はやはり『加齢』『老化』また『紫外線』も大きな理由と考えられている

また、『喫煙』や『ストレス』なども血流が滞り、細胞に必要な栄養が届かなくなることで『白髪』の要因になるといわれている

『白髪』は特にフェイスラインにできやすいが、これは化粧品による科学的な刺激を受けやすいからという論文もある

『遺伝的』な要因も含めてこれらのリスクファクターが複雑に絡み合うので、『白髪』の現れ方も個人差が大きい

白髪の研究でわかってきたこと
幹細胞を守るNICHE(ニッチ)という環境がダメージを受けることで色素細胞が生み出せなることがわかってきた

NICHI(ニッチ)を正常化するいくつかの天然由来成分が見つかっている

それらの成分を動物に経口投与ないし塗布することで、毛一本で黒くなる効果がある一方、肌の色素細胞には作用しないところまで確認されている

■温かい土地に住む人種は白髪になりにくい、
なるべくNICHI(ニッチ)がダメージを受けることを防ぐ方法は、日常生活でもある

『首を温める』というのも一つの方法である
首には頭皮に血液をおくる頸動脈がある
ストレスや冷えなどで血流が滞ると、色素細胞やNICHI(ニッチ)にも必要な栄養が届きにくくなり、これが『白髪』の増加につながることも考えられる

『首を温める』ことで、血行を促進し、代謝や体温が上がれば『頭皮環境』や『体循環』などに好適に作用し、細胞活性も上がる

結果として髪の色素幹細胞を活性化させ、NICHI(ニッチ)をダメージから守る作用も期待できる

地球上に住む人類では、比較的寒冷な地域に住むコーカソイド(白人人種)が最も白髪になりやすく、次いでモンゴロイド(黄色人種)、
暖かい地域に住むネグロイド(黒色人種)
は、最も白髪になりにくいという研究データがある

このデータも体温が高いほうが白髪に、なりにくいという話につながる

首を温めるには首にホットタオルを巻くのも有効、カイロを貼ったり、マフラーなどの暖かい布を巻いたりするのもよい
IMG_20211226_092917.jpg
IMG_20211226_093021.jpg
※温め過ぎてのぼせないように注意

血管を収縮させ、血流を悪くする喫煙は髪の毛のためにはやめたほうがよい

深酒や睡眠不足なども極力避ける

また、紫外線は頭皮や髪にダメージを与えることが、わかっている
四季を通して紫外線をおこなうことも大切