2019年02月08日

市ヶ谷駅 江戸歴史散歩コーナー

今回は駅の構内で見られる石垣のお話。場所は東京メトロ南北線市ヶ谷駅です。

■石垣■
shirononagori310 (3).JPG
迫力ある石垣が出迎えてくれます。ここは博物館ではなく、あくまで駅の中です。

地下通路だけに「都市開発で地下に取り残された江戸城の石垣か?」と勘違いしてしまいそうですが、あくまで復元です。ただし見事な復元。石垣は実際に江戸城で使われていた石材です。南北線建設に伴う発掘調査で発見されたとのこと。パネルによる丁寧な説明と合わせて、ちょっとしたお城の学習コーナーになっています。

<石垣>
shirononagori310 (4).JPG
実物!表面の穴は石を割る時のためのもの。矢穴といって、クサビを打込むためです。これと関連して、石垣を割る技法が紹介されています。具体的には「打ち込みハギ」という技法。石の角や面をたたいて平たくし、石垣の隙間を減らす方法です。自然の石をそのまま積むのが、よく耳にする野面積み(のづらづみ)ですね。技術的には「打ち込みハギ」の方が高く、これによるメリットは、野面積みより高くて急勾配の石垣が造れることですかね。

■治水について■
石垣だけではなく、治水についても興味深い説明がなされています。
<展示パネル>
shirononagori310 (7).JPG
shirononagori310 (8).JPG
shirononagori310 (9).JPG
江戸が町として機能するのに重要な役割を担った玉川上水。多摩川の水を羽村から取水し、約43qもの道のりを100m以下の高低差しかない傾斜で繋いだ水路です。この説明だと、その水を更に繋ぐため、四谷の外堀には土橋に沿って樋が掛けられていたようですね。石樋や木樋による配水管をあちらこちらに整備することで、江戸の町は潤っていたわけですね。

博物館のような丁寧さ。
図解なので、私のような素人にも実感がわきます。


■江戸の町■
<絵地図>
shirononagori310 (5).JPG
床の絵地図も参考になります。

shirononagori310 (6).JPG
あの大物があんなところに・・・
敷地の広さの比較に加えて、どこに屋敷を構えていたかが興味深いですね。

<屏風絵>
shirononagori310 (1).JPG
暮らしの雰囲気が伝わってきます。


ということで
ちょっとラフですが、だいだいこんな感じです。

さてさて
私はこの石垣を見るためだけに改札を通りました。とりあえずホームに向かい、ここからどこへ行こうか考え込むことに。まぁ私のようにわざわざ訪問とまでは言いませんので、南北線を利用することがあったら、是非思い出して欲しいですね。

<市ヶ谷の外堀跡>
shirononagori310 (2).JPG

■訪問
江戸歴史散歩コーナー
南北線:市ヶ谷駅(改札の中です)
[千代田区・新宿区]


お城巡りランキング

posted by Isuke at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8541793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 難航不落 金山城のなごり
  2. 2. 武士たちから始まる茶畑
  3. 3. 山上道及と唐沢山城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  7. 7. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  8. 8. 消えた見沼の浮き城 寿能城
  9. 9. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]