検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P栃木県那須郡   64kW 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1060kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年03月09日

太陽光(FIT)はインフレに弱い?

どもども、連投アントレです〜!

ブログのコメント欄で、太陽光(FIT)はインフレに弱いですよね?という質問を頂きましたので、当方の見解を書いてみたいと思います。あくまで当方の個人的な見解ですので、細かい突込みはご容赦ください(笑)

で、見解ですが、実は過去にもチョイチョイ書いてきております。

まずは、以下の記事を見てみましょう。

太陽光投資はインフレに弱い??
2017年に書いた記事です。イヤー懐かしいぃ。で、何を書いたかというと、イロイロゴチャゴチャ書いてますがw、要はインフレで物価が上がれば電気代も上がるわけで、さっさとNon-Fitしちゃえばいいじゃん!というコトですね。

次、見てみましょう。

FIT法って? B
コチラはFIT法を3回にわたり分析した記事なんですが、実はFIT法の中にインフレ調整の文言がございます。
以下記事の抜粋です。

10 経済産業大臣は、物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要があると認めるときは、調達価格等を改定することができる。
→ココ、非常に重要です。FITはインフレに弱いと思っている方も一部いらっしゃるかと思いますが、物価変動にも適切に対応します。と言っています。つまり上述した4項と合わせると、発電家の適切な利潤を維持しながら、物価変動に応じて調達価格を改定すると取れるわけで、まさに国策たるゆえんのお話ですね。

ってことですねw

ですので、例え急激なインフレになっても、太陽光(FIT)は十分対応できる、と当方は理解しております。

ただ、一つ気を付けたいのが、ローンの部分です。
変動金利でローンを組んでいる場合、金利が上がっていくと収益圧迫要因になります(因みにジャプラスは基本固定金利です)。上述した2つのお話で、インカムも増えて問題なくなる可能性が高いとは考えてますが、金利が先に上昇してしまうなどしたら、そのタイムラグ部分は要注意ですね。ま、15年もすればローンアウトしますし、日本の超低金利政策がソンナ急に反転するとは考えづらいと個人的には考えてますが、ちょびっとだけ注意が必要ですかね。

ということで、総論としては、問題ナッシング、と考えております。

ご参考によろしくお願いします〜

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ
激安遠隔監視装置はココ
激安除草・メンテはココ


※編集後記※
上記の話は不動産投資にも当てはまりますが、不動産にはFITのようなミルク補給は無いので、よりシビアになろうかと思います。不動産価格が暴落して、金利が暴騰しちゃたら、当方の人生は試合終了でございます(笑)

ま、自己破産という最終奥義が炸裂するだけですが(笑)
この記事へのコメント
コメントありがとうございます〜!そうですね、マイナス的な後出しは少々怖いのですが、逆に言うと、プラス的な後出しとしては、ガースーの脱炭素宣言やエネルギー基本方針における再エネ比率の引上げ等がございます。もしかしたら数年後にFITからNon-Fitに乗換えた方がベターだよね的な時代が来るやもしれません。ということで、当方は引き続き太陽光ガチホでございます!
Posted by アントレ at 2021年04月03日 00:19
いつも有益な情報発信ありがとうございます。

低圧を4基もっているのですが、今後、発電側基本料金や廃棄費用の積み立てなど、後出しで不利なルールが作られそうな可能性があり、売却するか悩んでおります。

アントレさんはこのまま継続保有の方針でしょうか?
Posted by osaru at 2021年03月22日 08:50
ありがとうございます。いつも参考になってます!
Posted by T at 2021年03月11日 15:25
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10587975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック