広告

posted by fanblog
2017年05月13日

簡単ウズベク風ヨーグルトサラダのレシピ

今回はウズベク人から習った暑い時にぴったりの簡単ヨーグルトサラダを紹介しよう。材料3つだけ、調味料不要、切って混ぜるだけのスーパー手抜きサラダだ。


ヨーグルトサラダ_レシピ_作り方_ウズベキスタン.JPG
ラディッシュ、きゅうりを使ったヨーグルトサラダ

このサラダはウズベク人夫婦に教わった。写真がその時に食べたサラダだ。


ウズベキスタン_食卓.JPG
左奥がヨーグルトサラダ

ヨーグルトサラダは湯呑になみなみに入った状態で食卓に出された。ウズベク人は結構当たり前のようにサラダやソースなどを湯呑に入れるが、日本人は湯呑をそのように使う発想がないので、はじめて見る人には斬新な湯呑の使い方かもしれない。いいね!と思ったら、ぜひご自宅でもやってみよう。汁気が多くて、たくさんの量を食べないサラダには湯呑がベスト。これから湯呑サラダブームが来るかも。豆皿レシピが流行るなら、ウズベク湯呑サラダも流行るはず!それではさっそくヨーグルトサラダの作り方をご紹介しよう。












ヨーグルトサラダのレシピ (4人分)




  • ラディッシュ 10個 (ミニトマトでもOK)
  • きゅうり 1本
  • ヨーグルト 400g


ラディッシュ.JPG


  1. @ ラディッシュときゅうりを輪切りにした後、細切りにする。(ミニトマトを使う場合は4等分にする)

  2. ラディッシュ_きゅうり_サラダ.JPG

  3. A @にヨーグルトを混ぜて完成。お好みで香草を添えても良い。


湯呑サラダ_ヨーグルトサラダ_レシピ_作り方_ウズベキスタン.JPG

味付けに塩を入れないの?とよく聞かれるが、塩も他の調味料も一切入れない。野菜そのものの味をヨーグルトが引き立ててくれるからだ。とてもさっぱりしているので、油っこい料理の口直しとして食べるとおいしい。


料理をしているとよく「なんか味にしまりがない、なんか足りない」と感じて、色々な調味料をあーでもない、こーでもないと足してしまいがちだが、このサラダの素晴らしさは引き算による旨味だと思う。色々なものを足して味に深みを出すことももちろん素晴らしいことだが、そうではなくて、あえて引いてみると意外とおいしいという気づきをこのサラダは与えてくれた。


作り方が簡単すぎるので、わざわざpdfのレシピをダウンロードしたいという人はいないとは思うが、下記ボタンから印刷用のレシピをダウンロードできる。
  ↓↓

ヨーグルト_サラダ_簡単_レシピ_作り方_湯呑サラダ

プロフにもヨーグルトサラダは合うと思うし、カレーとかにも合いそう。ぜひ作ってみてね。










【関連記事】

その他のウズベキスタンの簡単サラダはこちら↓

トマトときゅうりのサラダ「アチチュクサラダ」のレシピ

味付けそれだけ?ビーツのサラダのレシピ


この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6263215

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。