広告

posted by fanblog
2014年05月04日

本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ

今回は、ウズベク人留学生から教わった
「本格的なプロフの作り方」
を紹介する。プロフはウズベキスタン料理の代表と言える料理だ。



プロフ




プロフの材料 (6人分)





  • 牛肉(シチュー用)250g
  • 玉ねぎ 大 1個
  • にんじん 大 3~4本(約450g)…米と同じ重さ
  • 米 3合
  • サラダ油 100cc
  • 塩 5cc×2回
  • クミン 小さじ1/2強×2回
  • 水 400~500cc

にんじんはかなり多いと感じるが、米と同じ重さ分を使うのが普通。
油もかなりの量だが、減らすと焦げやすくなるので、注意。
肉は羊肉を使うことも多い。
クミンは粉ではなく、シード(種)を使用する。
クミンシードはアマゾンで購入可能。



マスコット クミンシード 30g

新品価格
¥339から
(2014/5/4 13:54時点)



クミンがないと味が決まらないため、必ず使う。










プロフの下準備




にんじんを斜めにスライスし、2mm程度の千切りにする。
玉ねぎを半分にし、2mm程度にスライスする。
牛肉を洗い、2〜3cmの角切りにする。


にんじんの切り方
<にんじんの切り方>
にんじんはご飯に馴染むように、細かく切る。




プロフの作り方





  1. @ 油を中華鍋に入れ、あたためる。

  2. 電気コンロだと火力が弱いため、プロフを作る時はガスコンロを使用する。


  3. A 牛肉を強火で約10分間炒める。

  4. 牛肉

    牛肉が焦げないように注意する。


  5. B 玉ねぎを中華鍋に入れ、中火にし、約5分間炒める。

  6. C にんじん、クミン(小さじ1/2強)と塩(5cc)を中華鍋に加え、約5分間炒める。

  7. プロフの作り方

  8. D 水(400〜500cc)を入れ、塩(5cc)を加え、約15分間煮る。

  9. E 必要な場合、塩を加え、味を強めに整える。クミン(小さじ1/2強)を加える。

  10. F 洗った米(3合)を中華鍋に加え、米がひたひたになる位まで水(分量外)を足す。

  11. ※水はおよそ400〜500cc。


    プロフの作り方

  12. G 煮立ったら、中華鍋の中央に具が山になるよう木べらで寄せる。

  13. プロフの作り方

  14. H 蓋をして、水分がなくなるまで強火で約20分間炊く。

  15. 蓋があまい場合は、アルミで覆い、蒸気が漏れないようにする。
    水分が多い時は、山になったご飯に木べらで数か所穴をあけて、水分を飛ばす。



☆完成☆

プロフ
<出来たてのプロフ>


ふっくらとご飯が炊きあがり、上出来だ。
クミンのほのかな香りが食欲をそそる。




PDF版レシピは、以下Google Driveからダウンロード可能。


  ↓↓↓
ウズベキスタンのプロフのレシピ









【関連記事】
簡単!失敗なし!炊飯器で作るプロフのレシピ
プロフに合うトマトサラダ―アチチュク(アチク・チュチュク)サラダのレシピ

タグ:プロフ

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2397577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。