プロフィール

Elwood
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント



月別アーカイブ
2016年01月18日
「傷物語〈I 鉄血篇〉」見てきました
 姪っ子(長)のリクエストに応え(ほとんど予備知識が無いまま)土曜にこの映画を見てきましたが、やっぱ上映時間の短さ、ストーリー展開の遅さ、思い入れナシ…と、割高感はありましたが、3部作の1作目として捉えるとまずまずの内容だと思います。



 友達のいない主人公、阿良々木暦が同じ高校の優等生、羽川翼と仲良くなるが、彼女との他愛のない話の中で金髪美女のバンパイアの存在を聞く。夜、出歩くのは気を付けるように言われるも、深夜の地下鉄の駅で四肢を失ったそのバンパイアと出会ってしまう。

 それでは恒例の【感想:Start】〜【感想:End】に入ります。と、三部作の一作目なんで、どうしてもネタバレになりますんでご注意を。

【感想:Start】

 あらためてこの映画の上映時間について触れなければなりません。上映時間、たったの62分!

 大人料金で1500円、姪っ子の高校生で1500円ってちょっと高くない?と言うと、連れて行ってもらいたい一心の姪っ子は「アニメだからそんなもんだよ!!」と熱弁(笑)。ただ、序盤の展開から言って時間の配分に疑問が残る様なシーンの連続だったんで、(最後まで見ないと何とも言えないけど)前後編でまとめられるんじゃない?ってのが正直な感想。

 加えて(ここ、ネタバレ)主人公が吸血鬼になってしまい、人間に戻る術を探るなどの展開はこれと言って目新しいものでもないんですが、それでも人気があるって事はこの先にもっと引き込むような展開があるだろうか。一作目があっさりしすぎているんで、逆に期待させられます。

 他、内容について細かな点をいくつか。この話の時代設定がよくわからない。走っている車のデザインが昭和40年代くらいの古臭い型ばかりなのに、スマホを使ってた。あと、主人公が右手に腕時計をはめてて「?」ってなったけど、姪っ子曰く「主人公は左利き」とのこと。ここはしっかりしてたなぁ。あと、どさくさ紛れに横山まさみちの『やる気まんまん』のキャラが出てたけど、もちろん姪っ子は知らないだろうし解説もしなかった(笑)。


 とりあえず三部作なんで、ここで無駄な表現と思われたものが最後に効いてくるって事もあるんで何とも言えない所も残し、個人的には姪っ子の誘いが無けりゃ見なかっただろうなぁ…って作品。ゆえに、オススメとも言えないが、止めた方が良いとも言えない。

 すべての答えは完結編までお預けかな?

【感想:End】

 最後に。ちょっと気になった…で言えば、映画泥棒のCMについて。



 カップジュース男(?)がタブレットをスクロースさせてるけど、手袋は対応してるんだろうか?あのタイプの手袋ってあったっけ?



トラックバックなどの際、クリックしてもらうとありがたいです


人気ブログランキングへ



傷物語〈I鉄血篇〉@ぴあ映画生活


この記事のURL
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4634978
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント
>ヒール業界のカリスマさんアンタ何やってんの〜(笑)

劇画界の重鎮もハマってるんだから…
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1853001.html
Posted by:Elwood at 2016年01月26日(Tue) 00:25


オイも観に行ってきたっちゃばいー(笑)
物語シリーズに興味があるなら某N原氏のBOX強奪をオススメします。基本オカルト物で不思議系ですし。あと心霊詐欺師の話とか。

>たったの62分
私も時間60分でフルプライスかーで料金見たら1500円だったんで安いやんとか一瞬思った(笑)
劇場版製作って2009年に発表後、長々と音沙汰なしだったのでやっと上映できてよかったねー感が強いです。

>序盤の展開から言って時間の配分に疑問が残る様なシーンの連続
確かに。でも地上波本編がそういう演出なんで冗長な叙情的表現も味と言うしか。
モールス信号の表示と音声演出があこれS.O.Sだ!と観てる若人に通じたのかなー?ってちと不安に。

ツッコミの時代設定のほうは地上波本編がそういう演出(ry
と、いうか演出で名無しモブがほとんど登場しない作品です。
舞台の方は直江津が新潟の地名であるんで勝手にそっちの地方をイメージしてます。

ついでにレイトショウでガルパン劇場版も観てきたけど、こっちは王道中の王道のど真ん中を1mmも外さずにカッ飛んだ作品に仕上がってて関心しますた。
うんあれだ何を言いたいかと言うと、やっぱり山下たろ〜君は最高d(以下略)
てか、ガルパンに関連して一言。
ヒール業界のカリスマさんアンタ何やってんの〜(笑)
http://alfalfalfa.com/articles/142764.html
Posted by:埆形 at 2016年01月25日(Mon) 17:18