2018年09月20日

LGBT人権講話

朝の会で、校長がLGBTに関する人権講話を行った。

聞けば、そうした人は、潜在的には7%程度いるという。これは、左利きの割合と同じだという。
その割合でいくと、クラスで数人は、対象者が隠れているということになる。

実は、私たち教員の何気ない一言で、生徒を傷つけている。
教員が、LGBTを、「気持ち悪い」とか、「信じられない」などと、不用意に発言することで、深く傷つく生徒もいるだろう。情けない話だが、私の学校でも、そうした事例があった。大変な失敗である。

「障害を持っている人に対して、異質の目で見ない」ということは、訓練すれば、ある程度できるようになるだろう。しかし、LGBTの場合、そう簡単にカミングアウトできないし、発達途上の思春期の生徒たちに、理解させることは、かなりの困難だろう。

だから、彼ら彼女らは、異なる個性を持っていると見るべきで、その『個性の違いを尊重する』ことが大切なのだという論理が必要だ。

私の学校でも、この春卒業したが、学校にトランスジェンダーの生徒がいた。
この生徒は、年度途中でカミングアウト。
彼は、女子の制服を着ることができなかったので、男子の制服を着ることを許した。
トイレも、通常の生徒とは別のトイレを使わせた。名前も別の通称を使い、男女別のクラスの名簿も、男子の中に入れた。
卒業式では、彼の希望する通称で呼名した。

このように周囲に告知し、周知される例は少ないだろう。
多くは、人に言えずに、悩み苦しんでいる。

「おまえホモだろう。ゲイだ。気持ち悪い…。」
と、ふざけ合っている男子生徒のそばで、その言葉に深く傷つき、ますます心を閉ざしている生徒がいるのだ。

まだまだ日本の社会での理解度は少ない。だからこそ、その縮図である学校でも、その指導は難しい。

今朝の講話で、中学二年生の多くは、
「個性として認めたい。」
「いままで不用意な発言をしていたので、これからを控えたい。」
という感想を述べていた。

まずは、学齢相応の理解度と言うべきか…。

ある生徒は、
「『性同一性障害』、という言い方が、障害という言葉を使っており、差別的だ」
と書いた。

『病気ではない。個性なのだ』、という論理ならば、当然の意見だろう。

2018年09月19日

僕じゃありません

O君の口癖は、「僕じゃありません。」。
ちょっとした出来事があって、生徒たちに尋ねる場面で、必ず、
「僕じゃありません。」、と答える。

本当に何か、いたずらや事件が発生したときも、決まってO君は、
「僕じゃありません。」、と言う。

「これは君がやったことだろう?」、と証拠を突きつけると、今度は、
「僕だけじゃありません。」、と言う。
たとえ、自分一人であっても、必ず誰かを巻き込み、その誰かのせいで、自分がこうなったのだと主張する。

「君は、いつも、他の人のせいにするよな。」
「だって、僕だけではありませんから…。」

「あっ、また他の人を巻き込んでるな。」
「だって、○○君が…」

という具合である。

O君の場合、おそらく幼児期か小学校時代に、そう答えざる得ない、何か事件があったのだろうと思う。「ぼくじゃありません。」と言うことで、自己防衛をしてきたのだろう。

「O君、落ちてるゴミ、ちょっと拾ってくれない?」
「落としたの、僕じゃありません。」
「知ってる、だから頼んでるんだ…。」
O君はしぶしぶゴミを拾った。
「ありがとう。でも、ゴミ拾って、って頼まれたとき、『僕じゃありません』というのは、言ってはいけない約束だったよね。みんなで使っているクラスだから、いつも綺麗にしておきたいから…。」
「でも、僕じゃないですから…」

O君との戦いは、まだまだ続きそうだ。

2018年09月18日

○○死ね死ねbot

授業の時、回収したプリントのName欄に、
『○○死ね死ねbot』
と書かれていたと、英語の先生がプリントを見せにきた。○○とはその英語の先生の名前である。

早速、本人を呼び出して問いただすと、
「名前を書かないで出したのは確かですが、私ではありません。」
と言う。
「それでは、回収しているときに、イタズラされて書かれたのかな。」

ということで、その列の他のメンバーのヒアリング。
すべてを総合すると、どうやら他の人は何もしていないらしい…。

家庭環境トラブルに加え、積もりに積もった先生への不満がたまり、無意識に書いてしまったか。

自分の行為を全く覚えていない、という生徒は、ときどきいる。
そういう生徒には、外堀を埋め、証拠を見せて、本人しかやりようがない、という状況にして、問いただして、初めて「はっ」、とする。「こんなこと自分はしていたのか…」、と。

もちろん、覚えていないのではなく、意図的に嘘をついている場合もある。

どう心に寄り添って話をするかで、本心を引き出せるかどうかが決まる。

担当の先生には、
「負けないでくださいね。」
と、励ました。心ない生徒の言葉をストレートに受けると、それは、鋭利な刃物で切り刻まれるように感じることがあるからだ。
「大丈夫ですけど、言葉がキツくて…。」
確かにその通りだろう。

「先生、あの子のノート、見て下さいよ。悪口だらけだから…。」
そう、言ってきた生徒もいた。
だんだん大ごとになってきた。本人も収拾がつかなくなりつつあるかも知れない。

「本当は自分で書いたんだろう?」
彼女の目に涙が溜まっていく…。

公開授業を終えて

今年も頼まれて今朝、中3の数学の授業の授業公開を行った。

このクラスは、なかなか授業のやりにくいクラスだ。
こちらから発問しても誰も答えない。ましてや手をあげるなどということはほぼない。個別で指名して当てなければ、答えてくれない。私を全員が注目しているが、授業中はずっと「しーん」としている。授業中は結構集中して聞いているが。聞いているくせに反応してくれないのだから、なんともいやらしい。

思えば中1の頃かこんな感じだったようにも思えるが、このクラスの公開授業を頼まれたときは、さすがに面食らった。

だからいつもの授業中は、なんとか場を和ませようと、それこそ役者に徹している。それでも彼らはニヤリとするくらいで、
「それって冷笑だろ…」
と、切り返すのがやっと…。
うーん、なかなか手ごわい。

今日の授業内容は、『三角比の拡張』(数学T)。直角三角形で定義した三角比を、単位円を使って角度が90°以上でも三角比を決められるようにするものだ。数学Tでは、180°までだが、せっかく単位円を紹介するのだから、360°まで、またはそれ以上、マイナスの角にも触れる。

今日のキーワードは『サインはy』。単位円においては、サインの値はy座標を見れば良い、ということが理解でき、徹底できればよい。だから、私は授業中に、何度も何度も『サインはy』と叫ぶ。

まずは、単位円の図を見ながら、サイン、コサインの値が出せればよい。次に、自分で図をかいて、ピンポイントで値を出せるようにする。そして最後は、頭の中で図を思い浮かべ、瞬時に値を求めるのだ、というプロセスも紹介。

終わって見れば、私が話し続けて終わった感がある。
「余計なことまで言い過ぎたかな…。」
習熟度の上位クラスだから、知的好奇心をくすぐることも欠かせないのだが、ちょっとしゃべりすぎたかも知れない。

確かに三角比は買い物では使わない。そんな分野の数学は多い。しかし、一度は聞いたことがないと、用語そのものがちんぷんかんぷんになり、ますます数学から遠ざかる。だから私は、「どこかで聞いたことがあるとか、少し内容を知っている」、というだけでもいいと思っている。本気で知りたければ、少し調べれば分かることだ。高等数学には、そうした一面がある。文系だからと、早めに数学から逃げるのではなく、教養の数学として、一度は学んでおきたい。だから、先生方も興味深く教えて欲しい。

「先生、今日の授業は雑談がなかったですね…」

「うん、準備していたんだけど、数学に関わりのある話にしようとしているうちに、時間になっちゃった。」

と、答えたかったが、ニコッと笑ってごまかした。

2018年09月17日

不登校になっちゃうかな…

近隣の先生の今朝の出来事。

出発時間直前のミーティングに遅れてきた生徒がいた。
申し訳なさそうにはしていたが、そのままミーティングに加わり、さぁ、出発という段になって、そのまま出掛けようとしたところ、先生に呼び止められる。

「ミーティングに遅れてきたのだから、チームに対して何か一言あるべきではないか。」
もじもじしているので、
「みんなに謝るべきだろ。」
と言うと涙目になった。
そのまま送迎の車に乗って出発。

現地に到着しても、泣いてしまっていて、車から降りてこない。
送って下さった親御さんが尋ねてきた。
「遅れてすいません。…何が間違っていたのでしょうか。」

すでにミーティングしている最中に遅れてきたのだから、「すいません」の一言があっていい旨を伝えると、納得されていた。
だけど、本人は泣いていて、車からは降りてこなかった。

小一時間ほどして、親子でやってきて、「今日は帰ります。」と、帰宅して行った。

「不登校になっちゃうかな…」
と、その先生は心配されていた。

幸い親御さんがそばにいるので、指導の内容と叱られた理由が分かるのではないか、と思われた。

昨今は、“宿題をやっていないことを皆の前で攻められて不登校”になってしまうような時代。
叱られることに対する免疫力が弱くなっていることは事実だが、それ以前から、心に貯めているものがあることも事実。その中で、叱られたことが引き金にはなっているというわけだ。

教師側は、この生徒がストレスをため込んでいるようだな、と察知する観察眼を持ち、気づいたならば、そうしたストレスを、ときおり流してあげなければならないだろう。

これを、教育のプロの仕事として当然のことと見るか、面倒でストレスでしかない、と見るかは、教育者としての意識の差だ。

2018年09月16日

駅伝、出たくないです…

今年も駅伝のシーズンがやってきた。
私の学校では、毎年、駅伝に出る・出ないの一悶着があって、それから練習が始まるので、近隣の学校のように、夏休み前からの走り込みのような、用意周到さは一切ない。

もちろん、特設駅伝チームになるのだが、うちは、学校も、教員も、生徒も今ひとつの盛り上がりなので、なかなか思うように進まない。今年もいろいろな部活単位の参加で、ようやく練習がスタートした。

今年は英検とも重なったし、中間試験の数日前の大会もある。

ただでさえ、「できたら避けたい」と思っている駅伝、こうした環境下だと、ポツポツと不満分子が現れる。

「英検と重なっているので、駅伝に出場する人は、英検が受けられません。」
と発信しようものなら、すぐに、

「英検を優先させて下さい。」
と保護者からの一方が入る。

試験前になることを伝えると、
「うちの子には試験勉強に専念させて下さい。」
とくる。

人によって違う駅伝に対する思いが、部活単位でのチーム構成だから、顧問の先導で一律ならされてしまうわけで、当然、思いのレベルがバラバラになってしまう。

「駅伝に出るのは、学校の事情ですよね。でも、英検は個人の問題です。」

保護者の思いは、こんなところにあるようだ。

校長を始め、学校あげての一大行事という取り組みでない体勢も、こうした不協和音が出てくるの原因の一つであろう。

近隣の学校は全校態勢。応援も全校で行く。校長同士が順位を競い合う…。

一方で、我が校は、特設駅伝チームだけが参加して、他の人は学校で授業。これでは、学校代表という感覚は、他の生徒たちにもきわめて薄くなる。

「駅伝、参加したくないです…」

そう、連絡ノートに書いてきた生徒がいた。
練習も楽ではないし、走ることが好きな生徒も少ない。ましてや、学校としてもあまり協力的ではない中では、当然のことだろうが、何かが、間違っているような気がしてならない。

学校単位で参加することが義務づけられている駅伝は、もはや、参加したい人が出るイベントではなくなっている。

毎年、来年こそは変えていかねば…、と思いながらも、今年もまた、同じことの繰り返しだ。

2018年09月15日

ギリギリ生活同好会

「それって、教員以前に、社会人としてどうか、と思う」
遅刻した新人教員に、四年目の若手教員が諭す。今週三度目の遅刻である。

私も教員生活が長いが、時々「ありえない」方がおられる。実施、大会の引率に遅れたり、会議にいっしょに出かけようと時間を決めても、確信的に時間に遅れてくる若者である。

彼らに共通しているのは、「すいません。」とは言うものの、申し訳ないという思いが、ほとんど伝わってこないということだ。彼らは、時間に遅れることに対して罪悪感を持っていない、と思われる。ましてや、時間ぎりぎりの生活に対して、ぎりぎりで間に合うことに誇りすら覚えているように見える。

最近は、できるだけ腹を立てないように努めているのだが、学校現場では、たいてい生徒がかかわっているので、遅刻などの行動を繰り返してしまうと、教員のみならず、生徒からの信用もなくなってしまうのだ。私の一言で、信頼を失わせてしまうのは、申し訳ないという思いもあり、と言って、生徒に、「どうして○○先生来ないのですか」と聞かれると、返答に困る。

彼らは、もしかしたら、中高生のときにも、そうしたぎりぎり生活を送っていたのではないだろうか。私も検証はしたことがないが、時間にルーズな性格は、どうも先天性の部分があるらしい。

学校生活でも、時間ぎりぎり、もしくは毎回少し、遅れてしまう生徒がいる。たいだいが、特定メンバー、率にして数パーセントというところか。彼らが成長して、社会に出たとき、恥ずかしい思いをしないようにと、老婆心ながら、厳しく接するようにしているのだが、本人の自覚の目覚め、というか、変わっていこうという思いがなければ、成長しても同じなのかもしれない。いや、それでも、時間を守る大切さについては、指導し続けなければ…。

「セーフ」
チャイムがなっている最中に、汗だくになりながら、ぎりぎりに教室に走りこんできた生徒が、大声で叫びながら席に着いた。

彼の姿が、時間を守れない大人の姿とオーバーラップする。

「時間ぎりぎりに行動する、『ギリギリ生活同好会』はやめなさい! 社会に出るとね…」

「実際、社会に出て、痛い目を経験してみなければ、なかなか分からないかなぁ」、と思いながらの説教が教室に空しく響く…。

2018年09月14日

手を挙げずに発言することは「ヤジ」か

過日紹介した書籍の姉妹本絶対に学級崩壊させない! 先手必勝「決めゼリフ」 機先を制するクラスづくり

『「当てられないのに勝手にしゃべるのはどんなに素晴らしい発言であっても「ヤジ」と同じです。』

とあった。

私としては、ちょっと過激に感じたので、小学校経験の先生に尋ねてみたところ、
「そのとおりですよ。」
と、あっけらかん。
「もちろん、最初に約束事を決めての話ですよね。」
と、たたみかけると、
「そりゃそうですよ。」
と即答された。

授業を担当し始める、4月当初、授業時の約束事を徹底させる。その際に、『発言の時は、手を挙げなさい。さらに、手を挙げた人で、当てられた人に、発言の権利があります。』などと、徹底されていれば、こうした主張はその通りだろう。大勢の勝手に発言されたのでは、なかなか授業を進められない。授業は一対多の一斉形式だから、それなりの約束事がいる。

学校全体の方針、学年としての方針、クラス、担当授業としての方針など、いろいろ決めておけば、より高いレベルの授業がしやすいはずだ。

一方で、何も約束事がないのも困りものだ。年度途中で、授業が崩壊する先生の授業は、たいていは、この約束事がない。

私は、小中学校の授業ならば、皆が挙手をするムードの授業が理想的ではないかな、と思っている。挙手して発言することで、生徒たちも授業に参加している感が得られるだろうし、とにかく、授業に参加できていなければ、挙手はできない。

私の担当している中3のクラスで、挙手なし、発言なしの極めて奇妙な授業がある。
私が生徒たちに何を促しても、誰もしゃべらない。相変わらずシーンとしている。私が個別に生徒を指名しなければ、一切の発言は得られない、まことに授業に手を焼く不思議なクラスなのである。
私が一生懸命楽しい話をして、やっと彼らの笑顔が出る。
「それって、冷笑でしょ…」
などと、突っ込んでやっとのことで、笑いが出る。
いつも、そうなってからの授業スタートだ。

一方で、何度注意しても、大声で先生に声をかけてくる生徒のいるクラスもある。
「先生、わかりません。」
「先生、答えが合いません。」
と、皆が問題を解いているときはもちろん、私が説明している最中であっても、関係なく発言する。
「では、教科書の○○ページを解いて下さい」
と言った次の瞬間に、
「先生、どこやるんですか。」
という具合である。

私の場合、こんな授業が、毎日交互にやってくる…。

あの先生、嫌いです

「うるせぇ、くそばばぁ。」
周りに聞こえるように、悪態をつく。
相手は二十代のA先生。

中高生ともなると、時折こんな場面が見られる。

しかし、私には、「クソじじい。」とは言わない。
心の中では叫んでいるだろうが、少なくとも面と向かっては言わない。
信頼関係があるから、という訳でもない。
おそらく、勇気がなくて、「これを直接言ったらまずいな。」という思いが働くのか、それとも、私を怖がっているだけか…。

私は、その生徒を呼んで話をしてみることにした。
「むかつくことがあったとしても、口に出していうのは、どうかな。」
「…」
「冷静に考えれば、してはいけないことではないかな。」
「はい…」
「嫌な思いをしたことを思い出して、むっとしたのだろうけど、百歩譲って、心の中でそう思ったとしても、口に出してはいけないし、ましてや皆に聞こえるように言ってはいけない。本当は、心で思ってもいけないんだけど、それはまだまだ修行が必要だから。」
「…」
「本当は、A先生が嫌いなんじゃない。」
「いいえ。」
「いや、本当はA先生が嫌いなんだろう?。」
「…はい。A先生は嫌いです…」
「好きになれとは言わないが、社会はいろいろないろいろな人がいる。どうしても会わない人だっている。しかも、その中で、お互いが傷つき、傷つけ合いながら生きている。それが、この世の修行だ。だから、そのようなものと思って、自分の思いを変えてみたらどうだ。」
「はい。」
「人間、面と向かって悪口、言われると、傷つくよ。たとえ君は今は反抗期でもね。」
「はい。」

彼はからは一切の言い訳はなかった。

私は、何があったかをすべて知っていた上で、彼と話をしたのだ。
陰で「クソじじい」と言われることを知っていながら…。

2018年09月11日

「どうぞ」と「ありがとう」

教室でプリントを配るとき、座席の先頭の人にその列人数分のプリントを渡して、順次後ろに回してもらうことになることが一般的だ。

そんなときに、先頭の生徒に
「お願いします」
と言うと、たいていは、
「はい。ありがとうございます。」
と、お互い気持ちよくプリントの受け渡しができる。

生徒が入学したてで、まだ初々しい頃は、ちょこんと頭を下げてプリントを手に取るような生徒もいて、かわいらしさと共に、なんだかこちらが恐縮してしまう。

さて、そのプリントだが、後ろの座席に配るときに、自分は振り返ることもなく、ただ頭の後ろに手を伸ばし、後ろの人に手を伸ばしてに取らせるような生徒もいる。中には、後ろの生徒がなかなかプリントを取ってもらえず、「う゛ー、う゛ー」、と言葉にならない声で、後ろの座席の人に、「早く受け取れよ」とばかりプリント促している。相手のことを考えられない自己中態度の発生である。

そんな悲劇を起こさないためにも、「どうぞ」と「ありがとう」を定着させたい。

プリントを後ろの人に回す時は、後ろを向いて「どうぞ」と言う。
受け取った側は、丁寧に渡されたのだから、「ありがとう」と言って受け取る。
次に、その後ろの人に、「どうぞ」と言って渡す。
その後ろの人は、「ありがとう」と言って受け取る。
これを繰り返すことで、教室に「どうぞ」と「ありがとう」の連鎖が生まれる。

声を出してはいけないような定期試験時には黙って渡さなければならないだろうが、普段のプリント配布は、クラス内のコミュニケーション高めるには、とてもよい方法だと思う。ほんの一言の声かけが、知らない間に絆を深めていく。

相手のことを考えての行動は、『当たり前』ではない。だから、『ありがとう』なのだ。

『ありがとう』が連発されている教室は、明るく輝いたクラスになるだろう。
活気ある授業作りのために、是非おすすめしたい。

もちろん、教師が配布する際の「お願いします」という言葉は、絶対に忘れてはならない…。

追記
この方法は、絶対に学級崩壊させない! ここ一番の「決めゼリフ」 <生き方>に迫る深いいクラスづくり(土作 彰著 明治図書)にも紹介されています。他にも、面白いアイデアが満載です。
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ