プロフィール
ますこさんの画像
ますこ
1年間フランス・オルレアン大学語学留学 フランスに魅せられて2012年ワーキングホリデーにて再渡仏 その後フランス人パートナーとPACS そして2014年3月、Vie privée et familialeを取得。 2016年10月に結婚しました。 現在オーベルニュ地方在住、市役所関連機関にてCDDで働いてます。 ライティング業務はお休み中。 フランスでのリアルな生活やフランス旅行に役立つ情報 そして在宅ライティングに関することをご紹介します♪
プロフィール
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年11月30日

引っ越し初日












何とか無事に終わった引っ越し一日目。

朝一でやったのは、電気の取り付け作業から。



電気さえ確保しちゃえば、夜も作業できますからね。


パートナーと義父が二人がかりで作業にあたり、

私はキッチンの掃除。



といっても改装工事がまだ残っていて、

来週も作業員さんが来るので、流し台や棚の表面は放置。


棚の中をひたすら片付けたんですが、、、



午前中いっぱいかかりました。

脚立に乗ったり、床に這いつくばっていたので

今日は体がバッキバキ…



あっという間にお昼が過ぎ、私はバイトへ。


午後はパートナーの従兄弟と叔父さんが

ソファー&冷蔵庫、食器棚の搬入を手伝ってくれました。

なんだか申し訳ない…


19時にバイト先を出て、到着すると、

ソファーが一つ出来上がってました◎


ドアを通過させるのにもギリギリだったようで、

段ボールから全部出して搬入したそうな…


因みに冷蔵庫は、お店の手違いで違う色のが積み込まれてしまったらしく。。

あと2週間かかります(笑)
(備え付けの冷蔵庫があるんですが、冷凍スペースが一切ないので普通の冷蔵庫を買い足したのです)




ソファー2台組み立て終ったら今夜は終わりにしよう!という話になり、



結局終わったのは24時すぎ。



皆で義実家に戻り、

私はそこから洗濯機を回して就寝3時半。


睡眠時間は短いものの、

作業の進行が実感できるので嬉しかったです。





しっかし…眠っ!!!!





いつもご覧いただきまして有難うございます。
眠気に堪えながらバイト中ー。暖房が付かずに凍えています(笑)
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2014年11月28日

ひとりでできるもん!Maaf















ひとりでできるもん!って聞くと、

可愛い子供が一生懸命何かをしようとしている様子が目に浮かびますが、、、



すいません、アラサー女子の可愛くもなんともない「ひとりでできるもん」です。



引っ越しに伴って、住宅保険に入らなければならないため、

今朝、一人で大手保険会社、Maaf(マフ)に行ってきました。








しかもそんなに大げさなことは何にもなくって(笑)

11時の予約時間に行って、




部屋のサイズ(何m2か、何部屋あるか)を告げる。

あとはどういう保険内容が良いかを相談して決める。

以上!





一つだけ問題があったのですが、

この部屋のサイズ、持ち主も不動産会社もきちんとした大きさを把握しておらず…

朝からパートナーが問い合わせをしてくれ、返事待ちの状態でした。





ところが、Maafにつくと、なんと友人のお母さん、つまりアパート所有者に遭遇!!!


「部屋のサイズがわかんなくって…」と伝えると、

「そうなのよ!実は私たちも部屋のサイズ間違えてたから、今変更手続きにきたのよ!」と。






なんてラッキーなんだ私☆



しかも、手続き中は隣同士という偶然(笑)

所有者へ渡すためのアテスタシオン(保証書)も、私の担当の人が隣の別の社員の人に渡すという

なんだかおもしろい構図に(笑)







保険会社って楽しい←違








思えば保険会社に一人で来るのは初めて。

つーかパートナーも一人で来たことないんじゃないだろうか。。


いつも義父が手続き関係をやっているので

「もし間違えたら大変!」とついてきてくれます。





そのため一昨日くらいから、いつも通り義父が不安がっていて

「ついていこうか?」

「一人で大丈夫?もし一緒に来てほしいなら遠慮しないで言ってね」

とすごーーーーく気にかけてくれていたのです。



でも今日はそれを振り払って一人で行ってよかったー!

担当の女性も私の顔を覚えてくれてたし、

日本語でサインすると

「かっこいいよねー!」だって!




…日本人にはとても見せられない、というか解読できない程の殴り書きだったんだけどね(笑)





今頃はパートナーと義父で入居前チェックをしていることでしょう…
(書類のサインもあるので、保証人である義父は強制参加)



うふふ…今夜アパートを見に行くのが楽しみ♪







いつもご覧いただきまして有難うございます。
今後はアパートの写真がぞくぞく登場します。興味ない方、ごめんね(笑)
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2014年11月27日

引っ越しは金曜日!


















日本を代表するアーティスト、Dreams Come True、みなさんご存知ですよね?

学生時代から大好きなんですが、代表曲の一つ、「決戦は金曜日」ってありましたよね。

タイトル付けてたら無性にドリカムが聴きたくなって

朝4時からイヤホン付けてノリノリです。



そう、昨日パートナーが不動産会社に電話を入れて

金曜日にEtat des lieux、入居前の最終チェックができると確認してくれました!


手続き関係がめっっっちゃ遅いフランスでは、珍しいことなんだとか。

それもこれも、友人にお願いした甲斐あってのこと。

友人のご両親、不動産会社の担当の方ともに「なるべく早く入居できるように」と配慮してくれたんだとか。





残念ながら金曜日、私は14時〜19時までバイトの為、

15時半の書類記入&入居前チェックには立ち会えません。

保証人となる義父とパートナー二人でいくとのこと。



ただ、月曜日に私が不動産会社に行って書類にサインしなければなりません。

※PACSで滞在許可証を持っている人にとっては良く知られた事実ですが、
 アパートの契約書や電気、電話、銀行口座など可能な限りパートナーとの連名にしておく必要があります。
 私の場合、次回は「更新」になるので審査は厳しくない筈ですが、念には念を。



仕事をしながらEDF(電気会社)に電話を入れたり不動産会社と打ち合わせしているパートナー。
(なんだかまかせっきりで申し訳ない…)
当然のごとく、業務が進まず、そのうえ今週、来週とたーーーーーっぷりスケジュールが埋まっている彼。
朝3時45分にアラームをかけて、現在せっせと自宅で仕事しています。

それに私も便乗して起き、一仕事。



いやーーーーーー進む進む!!


今朝はやたらと目が冴えていて、仕事の効率もいつもよりも良い。

やっぱり朝活って、いいのかもね。









さて、鍵を貰える金曜日ですが、

パートナーは仕事を抜けて契約書サイン&入居前チェックをします。

その後会議があるので、帰宅は20時頃。

私は19時にバイトを終えて歩いて帰るので、19時半。


金曜日は実質何もしないことになりそうですが、

少しくらい物を運び出そうか、という話になっています。


本格的な引っ越しは、土曜日の午後。

ソファーを購入したComforamaのレンタルトラック(トラックというか、でかめのワンボックスというか…)予約済み。

ついでに義両親が昔使っていた大きな食器棚やら、購入した本棚や冷蔵庫、洗濯機なども移動する作戦。


土曜の午後も私はバイトなので、完全に男性陣にまかせっきりの引っ越し。。

何だか申し訳ない気持ちでいっぱいですが、

月曜日からは私がひたすら一人で小物類やら食器を片づけることに。




そこで頑張ろう、うん。





さ、皆が起きる前にもうひと仕事、片づけちゃいます♪





いつもご覧いただきまして有難うございます。
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

2014年11月26日

【引っ越し準備】持っていくものが既に決められてしまっている現実














【大半が愚痴です、すみません】



さて、引っ越しがもうすぐ(仮)ということで、

義両親のテンションがあがりまくっています。


私のバイトは午後からで、午前中は家でライティング業務をあたふたとやっているのですが…


これが、進まない進まない(笑)




今朝からシーツやら手拭きや食器拭きなどを義両親が出して洗濯し、準備しています。



えーっと。


「この食器拭きはキレイだし、洗って準備しておこう」
「シーツ洗っておけば、引っ越してすぐ使えるしね」





えーっと。

いや、有難いんですよ。

準備の手間も省けるし、買い物も減るし。

(ちなみにシーツはもう荷造り済み。でもお構いなし。タオル類も一式あります。義両親の前で荷造りしたはずなんだけどなー。)




「コレさ、毎回旅行の度に購入してた手拭き、一回も使ってないし持ってくでしょ?きれいだし」


と言われたら、「そうだね、有難う」としか言えませんがな…

買おうと思って下見してた手拭きがあったなんて、口が裂けても言えない(笑)


「このテーブルクロス、どう思う?キレイでしょう!」

「この食器拭きは好き?持ってく?私は好きじゃないから使ってないんだけど、必要だったら持ってっていいよ」




朝からずっとこんな感じで…

仕事が進まないので、ブログに逃げてきました(笑)





最近は午前中、ほとんど仕事ができないので

ライティングの作業は朝5時に起きて早朝にやるか、

夜中までかかってやるかのどちらかに…。



問題は、こうなるってことがわかっていながら、うまくやりくりできない私。

段取り8割とは良く言ったもので、早朝さくっと記事書いて、

午前中に集中力の必要ない片づけやら準備をやれば良いものを…

いやーでも皆が起きてる時間に準備してると、気になって手伝いにくるし

「あれは?」「これは?」の質問攻めだしなー。迷うところです。




で、結局、納期ぎりぎりになりそうで午前から仕事をし、進まず、追い込まれる(笑)




しかも、

こうなることは百も承知だったのに最近は起きるのも6時とか7時だし

夜も12時すぎには眠くなってしまうという。。


先のことがわかっていながら、うまくやりくりできない。

これは問題ですな。






あっ。今度は手ぬぐいが出てきましたよ!(笑)

えーっと。


私がお土産で買ってきたやつ(笑)(笑)

使わないから持ってく?と(笑)(笑)(笑)


そこには触れずに、「私は使わないけど、パートナーは手ぬぐい好きだから聞いてみて」と華麗にスルー。


このパターンにも慣れました。








「新しいアパートに行ったら抗菌スプレーも欲しいよねー」

「ウエットティッシュは?」

「あと、お風呂場掃除する用のスプレーと…」








いやいや、自分たちで買いますがな…(笑)

リスティングしてるし(笑)(笑)

つーか私も既にリスティングしてから、かぶるし(笑)(笑)(笑)







いちいち気にしていたらきりがないので、とりあえず放置。


この調子じゃ、洗剤から調味料まで全部用意しちゃうんじゃないだろうか。

早めに準備したい気持ちはわかるんですが、、、、、、

君たちのアパートじゃないんですよーーーーーーよーーーーー。





パートナーが3年以上前に一人暮らしで使ってたやつも、物置に眠ってるし、

まずそれをうちらが使いきらないといけないんですが。。。
(というか使って問題ないのだろうか…開封済みの掃除用洗剤、食器用や洗濯用の洗剤、柔軟剤やらなにやら、全て放置してあります。
ま、私はあまり気にしない人ですが。パートナーは結構神経質なので、どうなのかしら。)



と、ちょっとイラッとしてしまったので愚痴になってしまいました(笑)


フランス人の義家族と住んで思ったのは、

「全て私たちの為に、私たちの準備が楽になるように」を基準に動いてくれている事を、しっかりと認識しなければ

同居は成り立ちません。
(と言ってもフランスで義両親との同居はかなり珍しいですが。)

「○○たちのために〜をしてあげたのよー」
「○○たちが楽になるように、準備しておいてあげたからね〜」


ある程度大人になったら、本人たちに任せるという感覚が私たち日本人にはありますが、

彼らにとってはその感覚は皆無。




口出しできることはする。

良いと思えることは前もって勝手に準備する。



だって、全て「私たちのために」やってくれているのですから。


何年も前から、食器や、タオル類、小物、コーヒーマシン、アイロンなど全てを少しずつ用意し

引っ越したらすぐに使えるようにと地下の物置に置いてある。


全部が使える状態ではないものの(笑)、結果的に引っ越しにかかる費用は確かに浮いたし、

準備も楽。




普段からもそうで、服が安く売ってたら、勝手に買って私たちのタンスに勝手に入れる。

「いらなかったら正直に言って!」と言われますが、言えませんがな…

だって、「これはちょっと好みじゃないし着ないと思う」とか言うと、

「そう?可愛いと思うしこれからの季節絶対必要になるって」って言われちゃうし。

思えばフランスに来てから一度も自分で服を買ったことはありません。



全然好みじゃなくても、買ってくれた好意を無駄にはしたくないので、着る。
(それでも半分以上は返品して貰ってるんですよ。あるネット通販では郵送で無料試着できるため)






過干渉になれていない私にとっては少し辛いものもありますが、

「これも親心」と心の中でつぶやくようにしています。





なんだか近年、日本では「毒親」なんて言って、子供に干渉しすぎる親が取り上げられていますが、

ぶっちゃけフランスって毒親じゃない人の方が少数派なんじゃないだろうか。


大きく「フランス」で括ってしまいましたが、結局は人それぞれですけどね。




と、散々愚痴を吐き出しておきながら、

「もうちょっと大人にならないとなー」と実感。



いつになったら愚痴らずにうまくやっていけるようになるのだろうか。


とりあえず、目標は「引っ越しで問題を起こさずうまく振る舞うこと」


何とかなってくれーーーーーーーー。




いつもご覧いただきまして有難うございます。
誰か、私に「大人になる方法」を指導して下さい…
ランキングに参加していますので、もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


2014年11月25日

【遂に引っ越し!?】金曜日にカギを貰う…予定。





















当初の引っ越し予定、12月頭が刻々と迫る中、

ついに昨日、アパート所有者の娘である友人からパートナーの元に電話が!!




「今週の金曜日の午前で作業が全て終わる予定だから、金曜の夜には鍵貰えるはずだよ♡」

だってー!!!!





いよいよ…鍵を貰える日が…!!!


しかしココで油断してはいけないのがフランス。





私たちはまだ、不動産会社に書類を提出していません。

書類リストは先週末に友人からもらっていたのですが、

その中に「雇用証明書」が含まれていたのです。

担当者に書類を書いてもらわなければならないのですが、

フランスの行政はめっっっちゃ遅い。


しかし幸いなことに、私は短期契約のため不要(らしい。エージェントによっては欲しいって言われるかも)

パートナーは公的機関で働いていますが、小さな部署のため、上司に頼んですぐサインをもらえました。






それを持って昨日の夜、不動産会社へ。


今回の不動産会社は、ORPIというフランスでも良くあるチェーンの不動産会社です。




友人の両親所有のアパートなんですが、

管理は不動産会社に任せたいということで、このORPIを通して契約することになったのです。


書類を持っていくと、担当者は取り込み中とのこと。

そのため必要書類だけを置いて帰りました。






金曜日の午後に、パートナーがその担当者と会うという約束を取り付けたそうなんですが。


会うという約束があるだけで、その日に入居前チェックができる保証もなく、

下手したら書類チェックに時間かかるからもっと待って、なんて言われかねない。











と、力説する私を横目に、テンション上がっちゃってるパートナー(笑)


「やっとうちらのアパートに住めるよ!」と。


たまに(というかしょっちゅう)少年のような目で喜んでいるのを見ると

否定するのもかわいそうになるので、ちょっと放置しています。




いつになるかわからないものの、準備出来てて困る事はないので

食器やら化粧品やら、ここ1〜2週間使わなくても良いものはコツコツまとめようかと。






そして帰宅後、おきまりの質問攻めでございます。

イベントごとにはりきっちゃう義父の心配事は、「電気」「保険」そして「ごみ出しの仕方」(笑)



…電気は入居日が決まらないと手続きできません。

…保険も同様。

…ゴミ出し、、なんでそこピンポイント?(笑)
最悪、友人に聞いてもらうこともできるのに。




金曜日、予定通りにカギを貰えるのか、

それとも私の予想通り、先延ばしされるのか、


はたまたエージェントが「こんな安い金額じゃ貸せない!」とか言い出すのか(笑)
(広さ、立地条件を考えても、びっくりするほど安い物件です。私たちにとっては高いけれども。)



乞うご期待☆







いつもご覧いただきまして有難うございます。
サインするまで信じちゃいけないのがフランス。
どうなるのかドキドキものですー。
ランキングに参加していますので、もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



2014年11月23日

【在仏日本人向け】納豆の風味が楽しめる、アノ食材
















海外に居ると、恋しくなるのが日本の味。


都市部に住んでいれば、日本食材も簡単に手に入るんですが、

田舎町ではそうもいきません。



そして時々すっっっごく食べたくなるのが、納豆。


日本食材店とかでは売ってますよ。

高いけど。

日本の納豆の値段を知っていると、手が出ません。







そろそろ納豆食べたいなーなんて思い始めた最近、

フランスでお馴染みのアノ食材の風味が、納豆に似てる!!と思ったんです。



あ、決して納豆の「味」がするとか、納豆みたいにご飯にかけて食べられるわけではないのであしからず。


飽くまで、「風味がなんとなーく似てる食材」です。

















それは、コイツ






La Fromagerie






チーズなんですが、



オーベルニュ地方の代表チーズ、St Nectaire(サンネクテール)



フランス全国で手に入る、一般的なチーズです。


これをですねーーー

買ってすぐに食べるのではなく、

カビが生えちゃう直前で食べるとですねー










後味が完全に納豆風味!!!!!


食べた時の味じゃないですよ、後味です、後味。

むしろ、香り??


でもチーズ独特の粘り気?のようなものもあるので、懐かしさを感じさせてくれるのです…







きっかけは、ちょっと長く置きすぎてしまってカビが生えてしまったことがあって(笑)、



カビ部分を取って食べた時に「納豆みたい!」となったのがきっかけです。




ただし、長く置いてしまうとすこし苦みが出てしまうので、

「そろそろカビ生えちゃうやろー」って頃がおすすめ。








しばらくはSt Nectaireばっかり食べる日々が続きそうです♪







いつもご覧いただきまして有難うございます。
細々とランキングに参加しています!
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


posted by ますこ at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理

2014年11月22日

カナダからのポストカード、そして日本からもポストカード

















初めてフランスに来た時、最初にお世話になったオルレアン郊外に住むホストファミリー。

私の交換留学相手だったアントニー君から、ポストカードが!!!!



20141113_120026.jpg




カナダで仕事をしている彼。

初めて会った時から、なぜか気が合う兄弟のような存在で。





それで住所を聞きだし、イタリアに旅行に行ったときにポストカードを送ったんです。(夏)







筆不精なのは、よーーーーーーーーーく存じ上げておりましたので、

まさかカナダからポストカードを送ってくれるとは!!!!!!





それに、私がポストカードを送るのは完全なる自己満足の世界で

決してお返事を求めてるわけではないのです。






ですので、本当に驚きました。


ほら、どうがんばっても筆不精な人っているじゃないですか。

私も一時期、そんな時がありました。

(だから余計に、ポストカードを送るようになってからも返事は不要な「出して自己満」なスタイルが確立。)






それなのに、頑張って書いてくれたんですよー!!

逆にちょっと申し訳ないけど(笑)(笑)(笑)







夏にあった時に、

ま:「ポストカード送るねー、でもアントニー筆不精なの知ってるから返事は期待してないからー(笑)」

ア:「でも、時間かかるかもしれないけど書くよ!」

ま:「いやいや、大丈夫、期待してない(笑)」





なーんてやりとりをしていたことが思い出されます。

本当に期待してなかったのに、本当に送ってくれるとは!!!!!




FBで「お手紙ありがとうー」のメッセを送ると、


「Et tu as vu ?? J'écris maintenant !!」だって。





その後、「年末年始はフランスに帰るのー?」と質問を投げかけてから

交信が途絶えています…(笑)←いつも通り




メールでさえ面倒だろうに、手紙を書こうとしてくれたことだけでも、感動しました!










その数日後。


今度は日本からのポストカード!!!


気が合う大学の同級生から。




ちょいちょい内輪ネタを盛り込んであって

パートナーと大爆笑。


残業の多い日本人とも比べられない程、

ものすごーーーーい激務をこなしている人なんですが、

めっちゃ丁寧な筆跡で書いてあるという…!!!


時間をかけて書いてくれたんだなーと思ってなんだかほっこり。



メールやラインで簡単に連絡が取れるようになった現代ですが、

やっぱり手書きのものほど思いが伝わるものはありませんね。



お手紙で心温まる1週間でした♪







いつもご覧いただきまして有難うございます。
細々とランキングに参加していますので、
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


posted by ますこ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2014年11月20日

久々のブロカント

















ブロカント、行ってきました。

普段何気なく使っている単語ですが、いざ日本語で、と考えてみたら

「なんだろう…?」となってしまった私(笑)


古物市、骨董市なんて訳されるようですが、

日本じゃ一回も参加した事ないわー。どうりでピンと来ないわけだ。





個人的には、ブロカント、というと蚤の市、つまりは野外でマルシェのように

通りを歩行者天国にして行われているイメージでした。
(というかブロカント自体、あまり行ったことないかも…)



今回モンリュソンで開催されていたのは、屋内です。

Athanorアタノールと呼ばれる、小規模コンサートホールにて。

大都市にお住みのみなさん、Zenithゼニットの小さいバージョンと考えて頂ければわかりやすいでしょうか。






高級家具やら絵画、銀食器、クリスタルのグラスなど

これぞ骨董市!と思わせるようなアイテムがずらり。


ブロカント.jpg


そりゃ、入場料も取られる訳だ。(1人3ユーロ)


私は興味本位で行ったんですが、

パートナーは古本が目当て。


「えーー屋内のブロカントに古本なんて売ってるの?」と疑問を投げかけるも

「ブロカントなら普通売ってるよ!パンフレットにも書いてあったし!」とパートナー。




















結果、古本は一切なし(笑)

いやー、いつも笑わせてくれますよ、この人。


運がないというか…

「何のために入場料払ったんだ―(+o+)」と凹む彼。

ま、確かに古本もあるって書いてあったのに、、、


こういう時は、在仏外国人の方が覚悟が決まっていて、

「ま、良くあるよね。」で済む。




バカラのクリスタルの器をめっちゃ勧められるも華麗にスルーし、

結局何も買わずに退散ー。



アンティーク調の家具とか小物も沢山あって、

お金があったら衝動買いしちゃうんだろうなー



物も増えちゃうし、お金なくて良かったなー(笑)
↑ポジティブ






いつもご覧いただきまして有難うございます。
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

posted by ますこ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2014年11月19日

ランニング中の雨


















いまも時々、走ってます。


最近は体力が落ちてきているので、少し短めに。

30分〜40分程度。



困ったことに、最近は走ると呼吸がぜんそく気味になってしまうのです…

子供の頃はぜんそく持ちで、年に2回は肺炎で入院していたんですが

中学に入るころには驚くほど改善し(というか自宅で毎日吸入薬を使っていました)

めんどくさがりな性格から、高校の頃にはこの吸入薬も勝手に辞め…



しかし幸いなことに、今の今までぜんそくの発作っぽいことは起こらなかったのです。


でも、なぜでしょうか…最近は走るとぜんそくっぽくなる。


大掃除の時などもたまーになるんですが、

引っ越し準備で埃を吸い込むようになったから?????



(といっても、呼吸する時にゼーゼーいって少し苦しくなる程度ですが…)





ま、無理はしない主義なので

落ち着くまでは走る時間と距離を短くしています。




秋らしい天候のお蔭で最近では雨も多く…

雨が降りそうでもランニングを強行しないと走るチャンスを逃してしまうのです。




そして幸運にも?こないだどす黒い雲の下、ランニング強行していたら、


虹ーーーーーーーー!!


虹.jpg


しかも二重になってるんですよー♪


ま、このあと雨に降られてびしょ濡れでしたが(笑)




ちょっとしたことでもモチベーションがあがるって、良い事ですよね、ね?




まだまだランニング、続けようと思います☆



いつもご覧いただきまして有難うございます。
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

posted by ますこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2014年11月17日

可愛さ、半端ねぇー!!


















おっと、冒頭からお口が悪いですね、すみません。

でもでも、

思わず「可愛さ、半端ねぇー!」と叫びたくなることって、ありますよね、ね???







実は昨日の夜、バイトが終わってから、ある日仏家庭にお邪魔したのですー♪

(Corentinさん、本当に有難うございました♡)




絵に描いたような、素敵な日仏家庭で

「え、うちらやばいよね…」とパートナーと二人で話していました(笑)












でね、でね、

ハーフの男の子が居るんですが、


もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


可愛すぎて(#^^#)











最初は恥ずかしがっていたんですけど

時間が経つと慣れてきたようで

「遊ぼう!」と…♡



んもぅ、ますこオバちゃんはデレデレでした(笑)










ぶっちゃけると、私自身あまり子供と接する事になれていなくて、不安もあったんです。

子供は大好きなんだけど、親戚の子供や友人の子供と一緒に過ごしたことがあまりなくって。

意志疎通出来なかったらどうしよう、質問されたら答えられるかな…などなど。



どんだけビビってるんだ!ってくらいビビってました(笑)


でもね、子供というのは本当に純粋なもので…

いやーーーーーーーーーーーーーー可愛かった!




子供を育てるのって本当に大変だろうな、と感じる反面

「この笑顔、反則でしょ!」という場面も。





で、帰りの車の中でパートナーと

「可愛さ、半端ねぇー!」となったわけです。





ま、うちのパートナーも見かけによらず恥ずかしがり屋で

思ったように話せなかったみたいですが(笑)





日本のことやフランスのこと、納豆のこと(笑)などを話していたら

あっという間に時間が過ぎていきました。



うふふ…また会えるのが楽しみです☆







いつもご覧いただきまして有難うございます。
子供の可愛さって、ほんと、半端ないっす…
もし良かったら今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村




posted by ますこ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。