プロフィール
ますこさんの画像
ますこ
1年間フランス・オルレアン大学語学留学 フランスに魅せられて2012年ワーキングホリデーにて再渡仏 その後フランス人パートナーとPACS そして2014年3月、Vie privée et familialeを取得。 2016年10月に結婚しました。 現在オーベルニュ地方在住、市役所関連機関にてCDDで働いてます。 ライティング業務はお休み中。 フランスでのリアルな生活やフランス旅行に役立つ情報 そして在宅ライティングに関することをご紹介します♪
プロフィール
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年11月18日

アルザス料理シュークルートとアルザス赤ワイン





だいぶ冷え込むようになりましたねー!

そんな時に食べたくなるのが冬の代表料理「シュークルート」

アルザス地方の料理ですが、冬になるとフランスの家庭で良く食べられます。

スーパーなんかで温めるだけのものも売っています♪

材料
●発酵キャベツ(スーパーの精肉部門や、缶詰でも手に入ります)
●じゃがいも
●好きな肉類
 ソーセージ数種類にローストポーク、ハム、豚のすね肉、胸肉(ベーコンみたい)など入れました
 ソーセージはモンベリヤールソーセージ、モルトーソーセージにフランクフルト、ストラスブール 
●マスタード

まず生のソーセージ類、胸肉を鍋で煮ます。
モンベリヤールやモルトーは大きいので30分位煮込みます。


その間にじゃがいもの皮をむき、こちらも茹でて火を通します。

他の調理済みで温めるだけの食材を準備します。

一番下にキャベツを敷き、焦げ付き防止に白ワインを少し加えます。
その上にすね肉等を並べて温めます。




温まったら、この上に先ほど茹でていたじゃがいもとソーセージ類を乗せ煮込んで

でっきあがり!



見て下さいこのボリューム!

体は温まりますが、お腹もとっても膨らみます。。

そしてソーセージ類、美味しいですが脂っこい!!

お好みでマスタードを付けて食します。



肉類と一緒に飲むお酒といえば赤ワインですが、

なんと今回、アルザスの赤ワインを飲みました!



アルザスと言えば白ワインで有名ですが、

このアルザス赤ワインもとても美味しかったのです!

白ワイン派の私も気に入りましたし、赤ワイン大好きな友人も

「アルザス赤ワイン珍しいけど美味しいね!」

と喜んでいました♪

良かった良かった。


イメージにとらわれずに色んなワインを試さなきゃもったいない!

と思わされたのでした。




いつもご覧頂きまして有難うございます。
ランキングに参加しています。
↓↓良かったら応援クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村









posted by ますこ at 19:21| Comment(0) | 料理

2013年11月17日

フォアグラ♪










特別なイベントだったり、お客様がいらしてる時に良くする料理

『フォアグラ』

その名の通りグラ(脂っぽい)のですが絶品です!

●材料

生フォアグラ
桃の缶詰




まずは生のフォアグラを用意します。



適当な大きさに切って準備しておきます。


今回買ったフォアグラはすでに味が付いているものだったので

塩コショウの必要もなし!


そして我が家では桃を両面焦げ目が付くように炒めます。

油は一切いれずに、桃だけ。



一度フライパンから桃を取って

今度はフォアグラを炒めますよー!!


フライパンはしっかり熱して、短時間で両面を焼きます。

時間にして片面1分〜1分半くらい?




フォアグラは油が沢山でるので、長く焼くと崩れてしまいますし

中までしっかり焼くのはオススメしません。

余熱で火を通すイメージです。

焼き始めてからすぐ出来上がるので、食べる直前に準備するのがベスト!

最後に桃をもう一度同じフライパンに戻し温めて盛り付けます。


するとこうなる☆




冷めるのも早いので熱いうちに美味しく食べましょう♪

甘口白ワインと合わせると更においしさ倍増です!



これ、メイン料理の様に見えますが、

ぜ・ん・さ・い♪ 前菜ですよ、前菜。

このボリュームには最初びっくりしましたが、慣れれば余裕です。

こうして肥えていくのですよ…

勿論、毎日前菜からメイン、チーズにデザートと食べるわけではないのですが。

でも美味しいものは美味しい!







いつもご覧頂きまして有難うございます。
ランキングに参加しています。
↓↓良かったら応援クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村









マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン


posted by ますこ at 18:50| Comment(0) | 料理

2013年11月15日

日常の風景モンリュソン





今日は日常の一コマを手短にご紹介しましょう♪

我が家の一番近くのスーパーは大手チェーンのカルフールです。

火曜日、カルフールのクレジットカードで支払うとポイントが付き割引になるので

買い物の日は火曜日と決まっています。


びっしり記入されたリストを持って、いざお買い物。

軽く2時間かかります。

そして最後に必ず立ち寄る癒しのコーナー



この種類の多さ!!

ミルクチョコ、ブラックチョコだけではなく

アーモンド入りとか、オレンジ入りとか、ガナッシュとか…

とにかく日本にはない味がたっくさん!

まるでパラダイスです。

勿論食べ過ぎちゃうのでまとめ買いはしませんが

一週間板チョコいちまい。を基準にしています。

あっちなみに私の好きな板チョコ「コートドール」は

なんと一枚200グラム

えへ♪日本のって確か60グラムくらい?

日本の何枚分かは計算しない事にします。

板チョコいちまい!



買い物を終えて夜はゆっくりお散歩〜

モンリュソン市の市役所前の工事が終わったと聞いたので行ってきました。


ライトアップされてて綺麗でしたよ!




小さな街はこういう所がオシャレでお気に入りです!


皆も一度遊びにおいでやす、モンリュソン♪




いつもご覧頂きまして有難うございます。
ランキングに参加しています。
↓↓良かったら応援クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村









マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン

posted by ますこ at 08:28| Comment(0) | 日常

2013年11月12日

フォンデュクルゾワ





クルーズ地方の家庭料理、「フォンデュクルゾワ」

我が家の作り方をご紹介します♪

材料;

・カマンベールチーズ3つ
(我が家ではクール・ド・リオンとカプリス・デ・デュー)
・にんにく2片
・小麦粉おおさじ6(200CC位の水で溶かします。)
・卵の黄身
・お好みでコショウ




まずはチーズを用意します。

うちではカマンベールチーズ2種類、合計3コです!

ここで重要なのは、フォンデュを作る1週間前にチーズを買って置く事です。

十分発酵させて、中がとろーり柔らかい状態じゃないと綺麗に出来上がりませんので注意!!!


お鍋に半分位お湯を張って、チーズをドボン!



チーズは4等分に切りましたよ。

にんにく2片は刻まず投入〜


これで大体30分位煮込みます…



すると、とろーり、こんな感じになります。





カマンベールチーズの表面の白カビだけが浮いてくるので、綺麗に取り除きます。

にんにくもここで一緒に取りましょう。


そして、水で溶かした小麦粉をゆっくり投入!
必ずヘラ等でかき混ぜながら、とろみが付くまで煮ます。
(なかなかとろみが付かない場合は小麦粉を足します)

お好みの硬さになったら鍋を火から離し、卵の黄身を入れます。


以上!!


出っ来上がりー♪

ピンボケすみません泣


ネットレシピだと、水の量はもっと少ないし

カマンベールチーズの表面の白カビは事前に取り除いたり

生クリーム入れたりバター入れたり

煮込み時間がもっと短かったり…

家庭料理なだけに色んなレシピがあるようですよ!


お時間ある方は是非お試しくださいませ♪

!注意!

・お部屋中チーズ臭くなるので覚悟しましょう。




いつもご覧頂きまして有難うございます。
ランキングに参加しています。
↓↓良かったら応援クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン

posted by ますこ at 07:32| Comment(0) | 料理

2013年11月09日

フォンデュと言えば!?











この時期、フォンデュと言えば!??

何を想像しますか?



チーズフォンデュ?

チョコレートフォンデュ?

それとも牛肉を使ったオイルフォンデュ?



本日のお昼は…








チーズフォンデュでした!!

でも、フランスで一番メジャーなチーズフォンデュの

『サボア風チーズフォンデュ fondue savoyarde』

ではありません。

こんな感じ↓↓





見た目も全く違いますよね。

自分でつけて食べるタイプではなく

上から豪快にかけて食べるチーズフォンデュです♪


これは

『クルーズ風チーズフォンデュ fondu creusois』



十分に発酵させたカマンベールチーズを使います。

チーズの下にはサイコロ状のフライドポテト



とぉぉぉぉっても重いけど

とぉぉぉぉっても美味しいです!!



レシピもいろいろあるようですが、次回ご紹介しますね☆



※フランス語がわかる方々へ。
 フォンデュは女性形ですが、何故かフォンデュクルゾワは男性形。
 パートナーの家でも論争が巻き起こってました(笑)
 ネット上には女性形男性形どちらもありましたが、
 ここはウィキペディアに書いてあった男性形という説を信じる事に。
 でもウィキの「女性形は間違いだよー」と書いてある部分の上に注釈があって
 クリックしてみたら「証拠がないから確実じゃないよ」のマークでした。
 面白そうなので今度調べて見ます♪





いつもご覧頂きまして有難うございます。
ランキングに参加しています。
↓↓良かったら「日本ブログ村」応援クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン



posted by ますこ at 06:26| Comment(0) | 料理

2013年11月08日

隣町のコモントリーに行きました!










前回、前々回と書きました、「滞在許可証の手続き」

沢山の方が見に来て下さったようで、とっても驚いています!

本当に有難うございます。


思えば、私もPACSしてから手続きまで一年以上、

いつもいつも滞在許可証の手続きに関連するブログばっかり見てました。


これから手続きをするという方に少しでもお役に立てれば嬉しいです☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、今日は隣町のコモントリーCommentryに行きました。

パートナーの前の職場があった場所なんですが、

その時の同僚と一緒にお昼して来ました♪

皆さん気さくな方たちで、とっても楽しい時間を過ごしましたよ〜


小さな町ですが、小さいからこその魅力があって個人的には結構好きです。


市庁舎もこじんまりとしてますがオシャレ


あっ、写真曲がってますね、スミマセン…




昔は鍛冶場で栄えていたらしく(今もあるらしいですが)

鍛冶屋の像なんかがあったりします。




で、この鍛冶屋の像の近くで、ちょうどアパートの3階部分が工事中だったようです。

毎回思うんですが、フランスの2階以上の工事の時に使うアレ、不思議です。

アレ↓ オレンジ色のアレです↓


でっかいプラスチックのパイプが繋がったようなものなんですが

これ、壊した壁とか破片類を上から落とすやつです。

何て言う名前なんでしょうか。

パリとかでもしょっちゅう見かけます。


写真では見にくいですが、実は直接トラックの荷台に落ちる筈の破片たちが

見事にガレージの扉の上にいったんガサガサと落ちてから荷台に。


ガレージの扉駄目になっちゃうよーと思って心配して眺めてると

作業員の方が気付いたらしく、角度修正



良かった。

フランスの感覚だと、多少ガレージの扉壊れても仕方ないとか言われそうで怖い。

そしてこれ、結構ホコリが酷いんです。

そりゃ、3階部分から壁やら何やらボスッと落としますからね、騒音も凄いです。

作業員のオジサマ、お疲れ様です。


オレンジのアレ、

何ていう名前か分かったら、ご報告致します〜♪




いつも閲覧有難うございます。
ランキングに参加していますので
良かったら「にほんブログ村」クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン



posted by ますこ at 01:48| Comment(0) | 旅行

2013年11月05日

滞在許可証の手続き 2 la vie privee et familiale










さて、滞在許可証の申請の為にアリエAllier県のMoulinsムーランに行きました。

私の住むMontluçonモンリュソンからは車で1時間。

私にとっては初めての場所だったので早めに出発しました。

予約は11時半でしたが到着したのが11時。

多少待たされる事も覚悟していたので早めに県庁に入ることにしました。


すると、入口前には旗を持ったオジサンたち数人。

「まさか、このタイミングでデモ??それともストかっ!?」

とヒヤッとさせられましたが大丈夫でした。


入口の真ん中には、受付の人が居るであろう円形の部屋がありましたが誰もおらず。

予約がある人は左側から、そうでない人は右側から入って下さいの文字。

入ってみると、その入口の奥に出ましたが、右から入ろうが左から入ろうが結果一緒(笑)

そこの受付の人がどの窓口に行ったら良いかを教えてくれました。


窓口の前には番号札があり、札を取って10分ほど。

すぐに呼ばれました!!びっくり!!


時間より少し早かったですが案内してくれました。

女性の方が担当してくれましたが、意外にも感じがよくて、これまたびっくり!!

行政機関の人って感じ悪い人しかいないと思ってました。。ごめんなさい。

小さい県だから感じ良かったのかな。



そして持ってきた書類を見せ、確認して貰っている間に

別の書類を貰い記入しました。


フランスと日本の住所、日本に居る家族の名前、両親の生年月日

一夫多妻ではありません、みたいな内容の書類などなど




ここでフランス人パートナーがサインしなければならない書類もありました。

たぶん「一夫多妻ではありません」という内容の書類。




(彼は「女は一人でも大変なのに、二人も妻を取るなんて考えられないですよー
自殺行為だー」みたいな事いってました。うるさいっ 怒)




とりあえずは一緒に来てよかった。

記入する書類の内容はごく事務的なものですので特に問題なく記入を終えました。


するとここで、ある書類が足りない、と言われてしまうのです…

それは、二人で生活している証明となる書類。


銀行名義が共同口座なので、その書類と

念の為私のフランスの保険証Sécurité Socialeの受け取り書類

プラスPACS証明書があるので十分だと思っていましたが、それではだめだと…。

一定期間一緒に住んでいる事がわかるように、様々な日付のものが必要らしく。


でもパートナーの実家に居るので当然住所登録や電話、電気ガス水道の請求書は

彼の両親宛て。

えぇぇぇぇぇぇぇどぉしよぉぉぉ

と慌てていると、

女性 「例えば、病院にかかった時の用紙とかありますか?」

私 「…幸い?むしろ不幸にも?病院にはかかったことないんですよ〜あはは。」

チーン。

その後の話の中で、

私と彼の別々の書類で住所が同じだと確認出来るものなら良いという事がわかり

彼名義の携帯電話の請求書や給与明細、Sécu(保険)から送られた用紙

私名義の携帯電話の請求書、Pôle emploi(フランスのハローワーク)登録証、Sécuなどなど。

これらがあればたぶん大丈夫と教えてくれました。


…それならそうと複数書類が必要だとか教えて欲しかった。



結局不備があった書類は後日郵送すれば大丈夫との事だったので

帰ってすぐに送りました。


滞在許可が下りるかどうかの結果が出るまで4か月位かかるそうで。

結果が出るまではフランスに滞在して良いので4か月分のrécépisséを出してくれました。

récépisséの期間中はフランスで働く権利はありません。

récépisséが切れそうになっても県庁から連絡がなかったら

更新するから連絡してね、との事。

頼むから4か月以内に審査してくれ〜。。。


こうして滞在許可証申請の手続きはひと段落しました。

あとは結果を待つのみ…!!

ドキドキ。。。。。




ランキングに参加しています。
↓↓良かったらクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン





2013年11月03日

滞在許可証の手続き 1 la vie privee et familiale










さて、楽しい楽しい旅行の後は、行政手続きです。。

フランス人パートナーとPACSして一年が経過したので

滞在許可証 la vie privée et familiale の申請に行ってきました!

昨年はワーキングホリデーでフランスに来ていましたが

今年は旅行者として来たので、この申請が却下されると日本に一度帰国する事になるのです。


PACSは結婚とは違うので、滞在許可証が下りるかどうかは流動的との事。

自治体によって、対応するスタッフによって様々だそうで…。

場所によっては、PACSしてから一年たってなくても滞在許可証貰えたー

という話もあるようですが、かなり珍しいようで。

PACSの時に問い合わせた時も、一年たったら申請出来ると聞きました。


私はオーベルニュ地方のALLIERアリエ県に居るのですが

ここの場合、まずは手紙で「なぜ滞在許可証を申請するのか、現在はどういう状況か」

を書いて県庁の外国人窓口へ郵送します。

予約を取るのに1か月くらいかかると聞いていましたが、

予約日が書かれた手紙が届いたのは送ってから3週間後。

その更に3週間後が予約日でした。

書類を提出しに行くまでに1か月半かかるなんて。。

日本では考えられないですが、フランスではごく普通。

私的にはもう少しかかるかと思っていました。


パリだったらどれくらい待たされるのでしょう。。


予約の日に必要な書類は

1 手紙(現状と、なぜ滞在許可証を得る権利があるかを説明したもの)

2 有効期限内のパスポート

3 住居が申請者の名前(私)で登録されてない場合、その住居登録者が書いた
  手書きの居住証明書とその登録者の身分証明書のコピー

4 フランスでの現在・過去の安定した家族関係・個人的な関係の証明
  (私の場合はPACSの証明書、パートナーと共同名義の銀行口座など)

5 フランス社会に適応できるかどうかの証明
  (仏検、DELF B2合格証書など。この他に私は友人や家族、親戚に私がフランス社会で
   適応できるという趣旨の手紙を書いて貰い提出しました。)

6 日本に残っている家族との関係を証明できる書類
  (戸籍謄本の仏語訳)

7 写真4枚

8 もし違法入国だった場合は50ユーロの印紙が必要

(書類は原本+コピー1部ずつ)



ん?違法入国だった場合は50ユーロ払えば許されるのかっ???

とツッコミたくなりましたが(笑)、きっとよくある事なんでしょう。大陸だし。



PACSの時はパートナーの同伴必須、みたいなことがどこかのサイトに書いてありましたが

この書類には一言も書いてありませんでした。

手紙も私の名前宛てだし。

結果、パートナーの記入する書類もあったので一緒に行って正解でしたが

言葉足らずというか、説明不足感は否めない。。

ま、その辺もご愛嬌…?


その他にも、必要かもしれないと思われるものは全て持って行きました。
(大学の卒業証書のコピーとか、Securité Socialeの紙等)



長くなったので

県庁に行った当日の事は次回書きます。

現在結果待ち状態ですが

無事に許可証貰える事を祈って…




ランキングに参加しています。
↓↓良かったらクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン

2013年11月01日

ベルギー、オランダ旅6 アムステルダム2










アムステルダム2日目、雨が振ったり止んだりの天候。。

朝一で「アンネフランクの家」に行きました。

写真は撮り忘れちゃいましたが…

かなり並ぶと聞いていたので、開館の30分前に着くように行こう!

…と思って結局開館10分前に到着(-_-;)

でも待ち時間は30分位で済みました!

もう一度、「アンネの日記」を読みたくなりました。


そして色々考えさせられる良い機会でもありました。


実際に目にすることが出来て本当に良かったと思います。



その後は国立美術館へ。

着いたら天気良くなってきたー屋内なのにー(笑)




この美術館の前には、アムステルダムで有名な

『I amsterdam』の文字が。

他の観光客に紛れて、何とか写真とりましたが

人が多すぎて、もはや読めない( 泣)




もっと人がいない時間帯を狙うべきでしたっ。。

この日は運河クルーズもしましたが

自分の写真の下手くそさにがっかり…

自粛します、はい。


帰り際、駅構内で面白いもの発見しました!

コロッケ&ハンバーガー自販機




結局買いませんでしたが、今度はどんなものか味見したい!!


ドラッグ合法だし、フランス語通じないし、と不安ばかりのオランダでしたが

裏道さえ行かなければ安全だったしお店の方々も感じが良かったです。


そんなこんなで、満喫した1週間、

あっという間に終わったベルギー、オランダ旅でした。


お金使いすぎたので節約しなくっちゃ(笑)

ランキングに参加しています。
↓↓良かったらクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


マンツーマンフランス語会話スクール無料体験レッスン

posted by ますこ at 00:55| Comment(0) | 旅行
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。