広告

posted by fanblog
2018年09月14日

乙嫁語りでパリヤさんが焼いてるパンが食べたい!

漫画「乙嫁語り」に登場するパリヤさんが作る模様付きの丸い平焼きパンを食べてみたい!という声にお応えして、「乙嫁パリヤのパン教室」を5月と6月に開催しました。夏バテでしばらくお休みしていましたが、10/8(月・祝)にまた開催します。


中央アジア_パン_ノン_ナン.JPG



中央アジアの素敵なパンの模様




ノン_成形.JPG

パリヤさんのパンといえば、パンに施された装飾が特徴的ですね。中央アジアでは、パンにノンパル又はチェキチと呼ばれる剣山のようなスタンプを使って、美しい模様を付けます。これはパンの見栄えを良くするだけでなく、空気穴の役割を果たしています。料理教室でもこのスタンプを何種類か用意しますので、お好きな模様を選んで、パンに可愛く装飾しましょう。


ノン_チェキチ_ノンパル.JPG

パンの中心部にスタンプを押します。中にはお店の電話番号を入れる商売上手なパン屋さんもあります笑 縁の部分は中心部より厚みをもたせ、手やナイフ、専用型を使って、縁にも模様をつけたりします。






中央アジアでは婚約者にパンをプレゼントする?




中央アジア_パン_模様.JPG

パリヤさんがウマルにパンをプレゼントするシーンを見た方から、「中央アジアでは嫁入り前の女性が婚約者にパンをプレゼントするのでしょうか?」という質問を受けたことがあるのですが、中央アジアでパンの模様に意味をもたせて婚約者にプレゼントするという風習を私は聞いたことがありません。(もしかしたら一部の地方の風習なのかもしれませんが)


中央アジアでは、スザニと呼ばれる刺繍を嫁ぐ前に縫います。このスザニで使われるモチーフには、1つ1つ意味があると言われています。例えば、ザクロは実がいっぱいあることから富や子宝の象徴、唐辛子はその辛さから魔除けの意味があると言われています。中央アジアでは、結婚前に女性が結婚生活で必要な調度品を縫っていました。現在は買うことが多いそうです。


スザニ.JPG

パリヤさんも親や親戚たちに言われてスザニを縫いますが、なかなか上手に縫えません。でもパン作りは得意です。だからパリヤさんは苦手なスザニではなく、得意なパンに特別な意味をこめて模様をつけ、ウマルさんへの気持ちを表現したのではないでしょうか。


料理教室では、乙嫁語りに出てくる食べ物を作って食べるだけでなく、その背景にある中央アジアの文化についても解説しています。5月と6月の料理教室では、スザニとパリヤのパンの模様の類似性について、ミニレクチャーをしましたが、10月の料理教室では、前回の料理教室であまり話せなかった中央アジアの食文化について、もう少し深くお話しようと思っています。このような文化背景の知識があると、乙嫁語りもより一層楽しみながらお読み頂けるかもしれません。












パリヤさんのパンを作ってみよう!




中央アジア_パン教室_パリヤ_平焼きパン_乙嫁語り.JPG

中央アジアのパンの作り方はブログでレシピを公開していますが、写真と文字だけではなかなか伝わらない作り方のポイントを丁寧に指導しますので、パン作りの疑問点もその場で解決できます。


パリヤ_パン_模様.JPG

Yuriさん
乙嫁語りに出てくるパンを作って食べてみたい!と、教室に申し込みました。ウズベキスタンのお話も興味深いものばかりで、教室を通してますます中央アジアに行ってみたくなりました。Asakoさんのご指導のおかげで、料理に不慣れでも失敗することなく、また、作ったノンも持ち帰ることが出来きました。料理教室で教わった塩とクミンでの味付けたスープが美味しくて、自宅でも炒め物に応用したりしてます!楽しい機会をありがとうございました!!


Emaさん
乙嫁語りを読んで、中央アジアの料理が食べてみたかったところに、Twitterで本イベントが流れてきて参加しました!参加者の皆さんもとてもよい方々で最初こそ互いに遠慮してましたが、作業を通じて仲良く過ごせてあっという間の時間でした。パンは、発酵タイプのノンと発酵なしのパルティノンの二種類。どれも美味しくお腹もはち切れんばかりにいっぱいになりました!パンはお持ち帰りできて、翌日の朝ごはんにして食べました。Asakoさんも優しく乙嫁語りと中央アジアについての話をいろいろして下さって本当に楽しい時間が過ごせました。


パン教室_パリヤ_中央アジア_ノン.JPG

モチモチしたパンとサクサクしたパンの2種類作り、モチモチのパンは1人1枚お持ち帰り頂けます。その他に秋に旬をむかえるビーツを使った簡単サラダと、にんじん、じゃがいも、玉ねぎといったスーパーで買える食材を使って煮込みスープも作ります。デザートと紅茶付きです!気になる方は、ぜひいらして下さいね。






乙嫁パリヤのパン教室


日時:2018年10月8日(月・祝)17:30〜21:00
場所:榎町地域センター調理室
参加費:5,200円+kitchhike手数料5%
申込:kitchhikeページよりお申込み下さい。
https://kitchhike.com/jp/popups/5b99da35528beb5afc45f57f












この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8095450

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。