2022年04月08日

ただただ淡々と…

新年度の校務ソフトの設定に忙しく、新学期になったにも関わらず、生徒たちの顔をあまり見ていない。主として時間割の設定なのだが、これを中高六年分となると、かなりの時間を要するし、集中力も必要となるのだ。
恐らくは、この仕事はあと一週間はつづくだろう。新入生のオリエンテーション期間中に、なんとか目処をつけて、本格授業開始には、諸先生たちは気持ちよく仕事をもらいたいと思う。

今年は、高校三年生のクラス編成を文理混合クラスにした。昨年までは、1、2組が文系クラスで、3組が理系クラスだったのだが、時間割担当の教務主任が、「これでも時間割が組める」と言ってしまったので、かなり複雑な時間割ながらも、混合クラスが実現したのだ。

相応の教育効果はあるのだろうが、私の作業量は倍くらいになっており、ちょっと辟易している。

幸い、担任がないので、今の期間少し時間もあり、毎日コツコツを設定を進めている…。

午後は部活をやらずに自分の時間がとれた。明日9日が部紹介でその内容を生徒たちに任せているのだ。私は、明るい時間に犬の散歩をしたり、庭の手入れをしている。

「さぁ、これから新学期が始まるのだな…。」
と沈みゆく夕日を見ながら、心を新たにする。

毎日淡々と仕事を進めているが、やはり長く仕事を続けるということは、大切なことなのだろう。

「ぱっと花を咲かせて、さっと散る」というような仕事の進め方あるようだが、「特に目だないけれども、常に歩み続けている…」というスタイルも、大切なのではないか、と最近思うようになった。

人は何かで役に立っているのだ。
自分の気がつかないところで、何かしらの仕事は進められている。

「自分のできることをできる範囲で進めていこう。」
これが私の新学期の思いである。

以前のようにいたずらに目立ち、慢心することも防げるに違いない…。
ファン
検索
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ