広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

濃尾大花火(羽島市・一宮市市民花火大会)を見ながら天然うなぎ釣り!

スポンサードリンク





8月14日 この日は「濃尾大花火」です。

私は贅沢にも、花火を見ながら天然うなぎを釣る計画です。

前日W名人(W名人を知らない方はコチラ)との釣行でしたが、今夜は一人での釣行です。

W名人は先日に釣ったオオウナギの蒲焼を一杯飲みながら堪能している為、今夜は欠席です。

一人で「花火を見て天然うなぎを釣る」のは、ある意味さみしいのでT先輩とI先輩にも声をかけました。

前日のミミズの残り20匹ほどを持って18時30分頃現地到着。

ポイントは前日と同じ場所で、水深は前日より15pほど浅いが、水質は軽く濁りが入っていました。

ミミズの数が心もとないのでこの日の仕掛けは5本で勝負です!

アサリのむき身とマグロの刺身では「うなぎは釣れない!」という結論に至りましたので使用しません。

ミミズ以外の餌を探っていくチャレンジは今後も続けますのでご期待ください。



スポンサードリンク







この日は幸先良いスタートが切れ、5本全ての仕掛けを投入後にすぐに大きなアタリが!

鈴が大きく鳴り、竿が持って行かれそうになっている。

走って竿に近寄り大きくアワセを入れると重い!思った以上に重いので期待できます!

やりました。良型天然ウナギ!

82-1.jpg

うなぎに少し土が付いていますが、ご察しのとおり水面から引き揚げた際にハリスが切れてうなぎ君が落下。

陸上でうなぎと格闘開始です。

まずはテンパってしまいどうしていいか分からず竿を持ったままうなぎが川に逃げないように足でけん制。

その後少し冷静になり、持っていたタオルでうなぎ君を握りしめ急いでバケツに投入。

(針を咥えたままの落下ですので、針が手に刺さらないよう細心の注意が必要なんです。うっかり針が手に刺さりうなぎの血が体内に入ると大変なことになってしまうので・・・。うなぎの血は猛毒ですので皆さんも気を付けてください。)

結局靴とズボンはヌルヌルのドロドロでしたが、50pオーバーの良型うなぎを逃がさずに済んだのでヨカッタヨカッタ。




その後同じ竿で2度目のアタリが!引きの感じからおそらくコイツだろうと思っていたのですがやはり・・・ギギでした。

82-2.jpg

私くらいの手練れになるとリールを巻く重さで何となく分かるんですよね(笑)





その後20時前にI先輩が来てくれました。と同時に鈴が鳴りヒット!

少し小ぶりですがりっぱなうなぎ君。今夜2匹目です。

82-3.jpg

このうなぎも土が付いていますがバケツに入れる際に入れそこなっただけです。

格闘はありませんでした。





祝福の花火が上がっています。真ん中のオレンジっぽいのが花火です。

この日はモヤが出たり消えたり。天気も曇りで花火がきれいに見えませんでした。

82-4.jpg




その後少し沈黙が続いていましたが、花火を見ていたのであまり気になりませんでした。

「天然うなぎを釣り、花火を見る。」自分は幸せ者だとつくづく感じました。





20時過ぎにT先輩が到着し間もなく3匹目を釣り上げる。

先輩方が応援に来てくれるとうなぎが釣れる。それなら10人くらい誘えばよかったなぁ。

82-5.jpg




またも祝福の大花火!私のためにわざわざ花火を上げてくれなくてもいいのに・・・。

82-6.jpg

バカな事を言っていると運が逃げるもので、その後はアタリがなくなってしまったので、21時30分過ぎに納竿としました。

2日連続で3匹釣れたので大満足。

本当はW名人の6本を上回りたかったのですが、やはり名人には届きませんでした。





この日の釣果です。白っぽい色のうなぎ君は体も太く良型です。

82-7.jpg




大中小と上手に釣り分けられました。狙った訳ではないですが。

82-8.jpg




まずまず上手に捌けました。

82-9.jpg



これでストックが12匹半になったので、近いうちにかば焼きパーティーです。


2015年も花火を見ながらうなぎ釣りできたらいいなぁ。




8月14日の情報

水質:笹濁りまではいかない濁り

流れ:普通→少し早目

水位:普通

釣果:3匹

エサ:ミミズ

参加者:I先輩 T先輩

通算:39本目


この記事をお読みになって気に入っていただけた方は応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク


<< 前へ     >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。