プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  54.9Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 調整中
G群馬県前橋市   268Kw 24円 調整中
H栃木県日光市   80Kw 24円 調整中
I栃木県那須郡   50Kw 24円 調整中
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 調整中
K茨城県常陸大宮 150Kw 21円 調整中
L茨城県常陸太田 80Kw  21円 調整中
M茨城県那珂市   90Kw 21円 調整中
N栃木県那須郡   90Kw 21円 調整中
O鹿嶋増設     36Kw 32円 調整中
合計       1400Kw(目標2M) 

【太陽光発電用土地】
@埼玉県加須市    1600u 32円  売却済
A栃木県那須郡    1800u 24円  取得済
B栃木県那須郡    1650u 24円  取得済
C栃木県日光市    1700u 24円  契約済
D群馬県安中市    2444u 27円  契約済
E群馬県前橋市(高圧)6000u 24円  契約済
F茨城県常陸大宮   2319u 21円  契約済
G茨城県常陸大宮   2082u 21円  契約済
H茨城県常陸大宮     704u 21円  契約済
I茨城県常陸大宮     804u 21円  契約済
J茨城県常陸大宮     417u 21円  契約済
K茨城県常陸太田   1161u 21円  契約済
L茨城県那珂市    1551u 21円  契約済
N栃木県那珂川町   2413u 21円  取得済
O栃木県那珂川町   1502u 21円  取得済
P茨城県那珂市    1600u 19円  交渉中

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却予定)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
Dガチャガチャ     検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
検索
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年01月23日

不動産も盛り上がってます〜

おはようございます、アントレです!

いや〜、すごいですね。雪w

都内も一面真っ白です。中々ないですね。こんなの。
中々無い機会なので今日は犬と雪遊びしてこようと思います〜!

さて、今日の日経新聞より、珍しく不動産の話題ですw

マンション バブルに迫る
27年ぶり高値 昨年首都圏新築
DSC_0744.jpg

いや〜、太陽光や株、ビットコイン等の活況に隠れがちでしたが、不動産もちゃっかり盛り上がってますね〜!

基本的には新築の大規模マンションのお話なのですが、2017年の首都圏の新築マンションの平均価格が前年比
7.6%UPの5908万円になったそうです。これはバブル最盛期以来27年ぶりの高値だそうですw

5908万円!!!

皆さんお金持ちですね〜

ただ、郊外も含めてありとあらゆる物件が上昇したバブル期とは違い、都心や主要駅の再開発などの限られた地域が上昇しているようですね。上昇の主な要因は物件不足w

まあ、簡単な話ですね。人気地域に物件が少ないので、値段が上がるw

市場原理ですw

アントレのことを太陽光投資家とお感じになる方も多いと思いますが、実はわたくし、隠れ不動産投資家でして(笑)、総額で不動産には太陽光の5倍以上の投資をしておりますw

以前記事に書きましたが(ここをクリック)、新築のタワマン狙いで4,5年前に同時買いを連発してまいりました。

いや〜、おかげさまで、キャピタルゲインも大盛り上がりのようですw
(総額で太陽光10基以上分になっちゃうかも)

持てば持つほど、物件価格が上がり、返済で元金が下がり、安定した家賃収入も入るという、不動産におけるゴールデントリプルクロス状態w

単純に買った時期が良かっただけなんですが、あの当時から会社にバレないように1人で同時買いをやってましたw
どんだけリスク取ってんじゃい、って感じですが(笑)

ただ、総じて今からの不動産投資は危ないと考えています。2022年問題もありますので、特に首都圏郊外は危険です。

また、大手以外の物件、例えば〇〇ハーモニーとか、〇〇エステートとか、怪しい横文字不動産が扱っている物件、特にその会社自身がプロデュースした新築物件はどには絶対に手を出してはいけませんw

アントレの投資手法は、大手不動産会社、例えば、三井や住友、野村、東急などが出す新築タワマンを狙いますw

大手はつまるところ、結局みんな比較的お上品なサラリーマンで構成されているわけで、販売価格を間違っちゃうケースがあるんですよね〜。ソコを狙います。

怪しい横文字不動産は自分たちで利益をガメツク吸い取っちゃいますので、我々投資家の取り分が少なくなっちゃうんですよね〜w

ということで、アントレお勧めの不動産投資手法とその根拠は追って記事にしてみたいと思います。

あ、それと、ちょっとイケてない不動産の売却や、太陽光の土地代捻出のために手元の不動産を売却したいと思っている方は、今がチャンスとも取れます。売却コンサルしますので、ご連絡をお願いします。

ということで、今日も一日、頑張りましょう〜!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

2018年01月22日

新技術? 追尾式架台

おはようございます、アントレです!

今日は東京では雪が降るそうですw
まー、こういう日もありますね〜w

さて、太陽光発電の新技術?について、少し書いてみたいと思います。

皆さんご存知の通り、昨年の改正FIT法に絡めて、太陽光発電の後から増設が禁止になってしまいました。
この、後から増設というのは、例えば40円単価の設備はパワコン49.5Kw、パネル50Kwというような、いわゆる非過積載となっている場合が多く、その設備に対して後からパネルを30Kwとか追加して、いわゆる今はスタンダートとなっている過積載仕様にしちゃいましょう。というやり口ですw

FIT固定単価は設備コストの低減に応じて単価を下げてきた経緯もあり、後から増設は安い設備コストで高い単価の発電所の増設が出来るということで、簡単に言うと、不公平だよね。となり、経産省により、事実上不可能なルールが制定されしまいました(3%とかはできますが、誤差です)。

また、後から増設というやり口が禁止されたとの同時に、アントレが着目していた後から増設+蓄電池といったスキームも頓挫してしまうことになり、うーむ、どうしたものか、と悩んでおりました。

さて、ここからが本題ですw

そんな環境変化を受けて、アントレが着目しているのが、追尾式架台、ですw
tuibi.png
まあ、その名の通り、太陽の光を常にキャッチできるように架台が動く仕組みなのですが、いわゆる一般的な固定架台の発電所に対して20〜50%の発電量UPが見込めるとのことでしたw

この技術は、かなり前からあったのですが、後から増設が禁止となった今、他に妙案が無いので、着目せざるを経ない感じかな、といったところですw

もう少し具体的に見てみましょう。

■どんな種類があるのか?
1軸型と2軸型があるようです。1軸型は一見すると普通の固定架台ですが、南方角度が手動、自動で調整が出来るようです。2軸型は東西南北どの向きにも角度設定が可能で、GPSや光センサー等を用いて全自動で太陽を追尾します。

■どのくらいの発電量UPが見込めるの?
1軸型で20%前後、2軸型で50%前後のUPが見込めるようです。

■部材や設置コストは?
気になるこの部分ですが、今、多方面に問い合わせて確認中です。もちろん1軸手動→1軸自動→2軸自動の順でコストは上がって行きます。また、GPSや光センサーは遠隔監視システムと連動するようで、ランニングコストも掛かります。基礎工事も一般的なスクリュー型

■その他特徴は?
例えば積雪の際に、角度を直角にして雪を落としちゃうとかできるようです。

ざっと上記のような感じですが、これを使って何が出来そうなのかも考察してみたいと思います。

@土地が狭い場合
例えば土地が500uな場合は、普通にやるとパワコン30Kw、パネル50kwといった発電所になるんですが、追尾式架台を入れることで、パネル能力が1.5倍(=75kw相当)になるので、パワコンを49.5Kwとかに設定して、いわゆる一般的な過積載発電所とすることが可能となります。

Aウルトラスーパー過積載を狙う場合
いわゆるスーパー過積載はパワコン49.5Kw、パネル100Kwとかになるんですが、これに追尾式架台を導入するとパネル能力が1.5倍(=150Kw相当)とかになります。このままだと過積載率300%となり、ピークカット連発でペイしません。そこに蓄電池を導入することで、はい。ウルトラスーパー過積載の出来上がり。という算段になります。

B後から追尾架台?
ちょっといろんな業者さんと組んで、やれないか、狙っちゃってます。既存の過積載の発電所に対して、上記Aのパッケージ(追尾架台+蓄電池)でカスタマイズしちゃえーという、車で言うと、自然吸気のV8エンジンをV12のツインターボに載せ変えちゃえ〜的なヤツになります(ちょっと例がへたくそ(笑))w 載せ変えコストとか、どーなるんでしょうか。ただ、成り立てば日本全国津々浦々の発電所から依頼が舞い込みそうで、このソリューションだけで億り人に成れそうです(笑) 鋭意見積中ですw

っと、まあ、色々悪だくみをしているんですが(笑)、フィージビリティは、結局、投入コストに対する売上アップの相関関係がどうなるのか?というシンプルなお話なので、いろんな角度から試算してみたいと思います。

まあ、ざっくり試算では恐らく全自動の2軸の追尾架台はかなりコストが高いので、マダマダかなぁ〜w
油圧ポンプ等の耐久性も気になるし。

何気に注目しているのが、1軸架台の手動の仕組みです。

南向きの角度しか変えられませんが、手動ということで、動的システムが無いのが逆にGOODです。
角度については地域によりますが、夏は10度、春・秋は20度、冬は30度とかにしちゃえばよい。というお話になります。

角度調整は大人が数人必要になるとのことですが、現地のシルバーさんに草刈りついでにお願いすれば大丈夫なような気がしています。

20年間で4000万売り上げる発電所が20%UPで800万追加。これに対して、部材とシルバー人材の方に年4回、20年で80回角度を変えてもらうので、1回3万円として、20年で240万w
部材コストが固定式架台と遜色なければ十分成り立ちそうですねw

ということで、相変わらず皮算用大好きなアントレでした〜w

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

2018年01月21日

日本の再エネを悲しく思う

アントレです!

先ほどは悲しい記事を書いてしまい、またしても悲しい感じのタイトルですが、今回はちょっと違いますw
日経テクノロジーオンラインに載っている河野太郎外務大臣の記事をご紹介しますw

日本の再エネを「悲しく思う」、河野外相がIRENA総会で講演


やっぱり河野さんは一味も二味も違いますのねw

以前記事(ここをクリック)にしました通り、個人的には河野さんはかなり応援しています。対米従属政権の外務大臣ということで、ひじょーに厳しい職務におつきになっているんですが、英語もご堪能で一本筋が通っており、かなり良いお仕事をされているのではないでしょうかw

自民党内では異端児扱いをされてきたとのことですが、異端児ではなく、正常です。
対米従属な他の議員たちが異常なだけで、普通の感覚を持った政治家を異端児扱いする政党の方がどうにかしています。

ということで、記事内容を抜粋しますw

・河野大臣は、「世界では再エネの時代となっている」としたうえで、「日本が再エネ導入において出遅れている」と語った。

・具体的には、日本のエネルギーミックス(電源構成)における再エネ比率の目標が2030年に22〜24%となっていることに言及。世界全体の再エネ比率が現在の時点でも既に平均24%となっていることから、目標が相当に低く、「日本の外務大臣として何とも悲しく思う」と述べた。

・同氏はまた、日本の再エネの現状は、「世界の動きを正しく理解せず、短期的なその場しのぎの対応を続けてきた結果だ」とした。

・さらに、固定価格買取制度の運用が硬直的であるために国民負担が2017年度に240億ドルに上り今後もさらに増加の見込みであること、世界的に進行している太陽光や風力の劇的な価格低下を日本が享受できていないこと、分散電源や再エネの熱利用などの取り組みも不十分であることなどの問題点を指摘した。

「日本は先進的な技術力とイノベーションの力を活用して世界をリードする」と語り、クリーンエネルギー分野で日本の技術力を示す例を紹介

太陽光発電の分野では日本は「パネル価格の下落ではなく、技術とイノベーションの力で太陽光発電を新しい次元に導きたい」

これ、確実に原発反対、脱原発、再エネ推進と言っています(笑)
(河野さんは本当は脱原発を言いたくて言いたくてしょうがないんでしょうね〜)

はい、皆さん。次期総理大臣、これで確定ですねw

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

何じゃこりゃ?

おはようございます、アントレです!
昨晩東京に戻って参りましたw
いやー、今日もお天気最高ですね〜!テンション上げ上げで行きましょう〜!

大阪でのキャンプはとても充実した3日間でした。
色々な方とお会いして、お話が出来ました。本当にありがとうございましたw
また1か月後くらいに行きますのでよろしくお願いします〜!

さて、家に戻ると日経新聞が溜まってまして、とある記事に絶句してしまいましたw

欧州の原燃会社 買収交渉
DSC_0727.jpg

はい????????????????

日本政府がヨーロッパのウレンコ社という、ウラン濃縮会社の買収交渉に入ったそうですw

ちょちょちょちょちょちょっ、

外国のウラン濃縮会社をく、く、く、国が買うの???

き、き、き、気が狂ったの???

ウラン濃縮とは、簡単に言うと天然のウランを原発の燃料や原爆の元に濃縮生成する、まさに人間に紛れ込んだ悪魔が天然物を人工的な汚染物、破壊物に変換する人類史上、最強、最悪の愚行w

我々日本人は、その悪魔に原子爆弾を落とされて、大勢の国民が一瞬にして死に絶えた世界で唯一の被爆国であり、こういった愚行に対しては、国民全体、国を挙げて一丸となって撲滅することに身命を賭すべき民族のはずですw

また、ほんの7年前に、福島における未曾有の原発事故に遭遇し、多くの国民が死に、今なお不自由な生活を強いられ、まだ全く解決の糸口すら見えていない状況を直視せざるを得ないという状況下に置かれている国です。


そ、そ、そ、その国が、ぜ、ぜ、ぜ、税金投入して、遠い異国の地にあるウラン濃縮会社をワザワザ買っちゃうの???

だめだ、私の頭のCPUのキャパを超えました。脳ミソがメルトダウンw

だれか、助けてくださいw 立ち上がる気力が失せて来ました。。。

気力を振り絞って書きますが、このウレンコという会社は、以前記事にした蕎麦屋の出前(ここをクリック)、青森県の六ケ所村に使用済み核燃料の再処理工場というモノを作ろうとしていて、当初は1997年に完成する予定で進めてきたものの、23回も延期し、20年も遅れ、税金を湯水のごとく垂れ流してている日本原燃株式会社という、ハキダメのような会社に相当します。

この日本原燃というハキダメ会社が担当している核燃料サイクルという愚策(ここをクリック)が中々上手く行かないもんだから、ヨーロッパにある、実績のあるハキダメ会社を買っちゃえ〜! 日米原子力協定も延長できたし♪ どーせ国民何て何とも思ってないっしょ。テレビでワイドショーやお笑いを流しておけば気付かないよね〜 っという、もう、何て言うんでしょうか、国による国民虐待ですね。ドメスティックバイオレンス(DV)の国家バージョンw カントリスティックバイオレンスですw

これってどこに通報すればいいんですかね。国連ですか?

はぁ、国民の税金をこんなものに勝手に投入するって、ソモソモ国家犯罪にはならないんでしょうか。

そりゃ、ヨーロッパは脱原発にシフトしてますので、渡りに船w

いったい日本は何をやっているんでしょうか。やりたいんでしょうか。やらされてるんでしょうか。

バカなんでしょうか?

国籍を変えたくなってきた・・・・

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

2018年01月20日

2017年「太陽光関連事業者」の倒産状況

おはようございます、アントレです!

今日もお天気最高〜! 大阪はw

さて、既にご存知の方も多いかもですが、(株)東京商工リサーチが2017年1年間の太陽光業者の倒産件数を取りまとめた結果を発表しましたので、共有しますw

2017年「太陽光関連事業者」の倒産状況

2017年は88件と、またしても過去最高を更新w
以下の表の通りでございます。

倒産.png

記事ではイロイロ分析がありますが、アントレの所感を簡単に言うと、以前ブログ記事に書きました(ここをクリック)通り、真因は経産省のグデグデシステムです。

東電管轄などは、正しい手続きを踏んでも電力会社への接続申請から経産省の設備認定、その後の売電連携まで、約1年かかっちゃいます。

皆さん、1年ですよ?1年w

経産省が単なるバカなのか、原発チームの嫌がらせなのかは知りませんが、1年間も接続に時間が掛かるって業者へのイジメです。イジメw

そりゃー売掛倒産の件数が増えるに決まってるじゃないですかぁ!
(ラーメン屋さんよりは少ないと思いますがw)

「健全な再エネ市場の展開」

などと、なっとくのページで良く目にしますが、逆行してませんかね。逆行w

ということで、太陽光業者の皆さん、大変ですが、何とか歯を食いしばって、頑張ってくださいね!

応援してますw

で、我々投資家サイドは何を注意すべきかというと、売電が開始された物件の業者が倒産した場合は、実はそれほど大きな痛手ではありません。当方も売電中の6基中2基業者が潰れてますが、みんな何の問題も無く元気に発電してくれています。

例えて言うなら、レクサス買って、買った後にトヨタが潰れたって感じですかね。製造会社が潰れてもレクサスは何の問題も無く元気にかっこよく走るわけで、法定車検も正しく受けて不具合が出れば町の中古車屋さんに出せばよいだけのお話です。

では、何が注意点か。それは、、、契約金や着手金ですw

こちらを事前に納入してしまい、売電までの間にその業者が潰れてしまったらその金額は基本的にはパーということになりますw

レクサスに例えると(くどい(笑))、予約金を入れたらトヨタが倒産しちゃった、、、って感じですw
裁判で勝たないとその予約金は戻ってこないと思いますw

信頼できる業者さんなら良いのですが、ネットで見つけた利回り12%案件の業者などに連絡とってサクッと契約しちゃう行為は非常に危険ですw 実績のある信頼できる業者ならいいのですが、特に初心者の方には何が何だかわからないと思いますし。

例えば契約金で上物の30%を取る業者もいます。

上物は約1500万なので、契約金は450万。

うーん、ちょっと危険な香りがしますねぇ。

ほぼ同じスペックの物件で、利回り11%で契約金が30%な業者と、利回り10%で契約金不要な業者がいるとすると、アントレが初心者なら後者を取ります。

まあ、業者さんもカツカツで苦しいので、契約金を取らないと資金ショートでソモソモまずい。って気持ちも解ります。解るんですが、やはり投資家サイドは極力リスクは取りたくないものですw

ということで、業者さんも実は本当に大変で、原因は例のグデグデシステムなんですが、以前は優良な業者も今は消耗戦に突入しているケースが多いと思いますので、皆さんも気を付けましょうね!

卒業サポートの最初の同時買いでは、基本的には契約金不要、設備代後払いの業者さんを中心にご紹介しておりますので、途中で潰れてしまっても原則ノーリスクです。

よろしくお願いします〜w

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング