2021年12月03日

陰日向なく

元副校長で理事のKさん。野球部にはいろいろと気を掛けてもらっている。
夏の大会時にも遠方から応援に来てくれたくらいなので、野球好きでもあるのだろう。

私は当初、Kさんがグランドに来るのは、私を監視するためだと思っていた。
前校長から、野球部での不適切な指導の方法を指摘され、それが改善されているかをチェックしに来ているのかと思っていたのだ。

当時の私は、そこまで心が病んでいた。

だが、最近、「実はそうでく、私を励ましつつ、野球部を応援してくれた」のだと分かった。

Kさんは物静かながらも、勇気ある優れた方である。
私に到らぬ点があるときにも、穏やかに語り、その中に改善の芽を見いだそうとして下さる。
また、なんでもない話をする中に、私に、新たな目標をも示して下さる。

こんな風に、陰日向なく私を励まし、やる気を起こし、時に叱咤激励してくれたのだ。

Kさんとのつきあいは、もう10年を超える。

二人のご子息にも、私は丁寧に指導させていただいたので、そのことを恩義に感じているのかも知れない。
奥様とも、親しくお話させていただいていた。

野球は露出度が大きいので、格好の宣伝材料になる。
それはもっぱら高校野球なのだが、その人材供給源としての中学も意識してくださるのは嬉しい。

なんでもご相談できる方とまではいかないが、信頼のおける人格者であることは間違いない。

陰でも、こつこつと努力を重ね、徳を磨いていらっしゃるのだろう。

私も少し見習わねば、と反省しきりである。

Kにとっては、私は幼子のようなもので、「常に気にしていないと危ない存在」なのかも知れないが、頼れる存在はありがたいものだ。

いつか、お礼を申し上げたいと思う。
ファン
検索
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ