2012年07月31日

自転車でネズミ捕り

ネズミ捕りとは、警察の速度取締の通称のことだが普段自転車で車道を走っていると"自転車でネズミ捕りに捕まるのか?"という疑問が浮かぶことがある。

法律上、自転車は軽車両で速度も車両としての速度制限を受けるわけだが、ネットなんかを調べていても"自転車では捕まらない"という意見が多かった。

試しに、ネズミ捕り前で全力で漕いだ人も居た。警官に「何キロででました?」と聞いたら「仕事の邪魔です」と帰ってきたようで、警察の目的はあくまでも自動車の速度違反取り締まり(青切符量産)にあると見ていい。

実際のところ、自転車に速度メーターは付いていないし警察も自転車を取り締まったところで青切符が切れるわけでもないのでネズミ捕りで捕まえることは無いのだろう。

ただ、競輪選手やロード選手のように時速60kmなんかで通り過ぎるとさすがに声をかけられるそうだ。まぁそんな60kmも出せる人なんてそうはいないと思うが、全くの無視でもないらしい。

2012年07月30日

ロンドン五輪 ロードレースの感想

NHKのオリンピックサイトでは、テレビ中継されない競技がストリーミング配信で見ることができる。

自転車のロードレースは、男子が二人出場だったがテレビ中継は無かったのでネット中継で見た。ツール・ド・フランスなど、ロードレースを普段見たことがなかったので、100人以上の選手が一気に走る姿は圧巻だった。

別府選手は、先頭集団に入り良い感じだったけどラスト10km付近で落車してしまい最終的には22位だった。もう一人の新城選手は後続の集団に位置しラスト付近で追い上げたが44位が限界だった。

解説が一切なかったので、チンプンカンプンだったがTwitterやUstの実況を見ながら見るとなんとなく理解できた。冒頭で選手がコース脇に一斉停車していたがあれは小便タイムだったらしい。しかもレースパンツ履いたまま、立ちションしていた...

それにしても巡航でも時速40km以上は出ていたのはスゴイと思った。コース全長は250km、時間にして6時間手前程度走り続ける。途中上り坂(峠みたいの)もあったからロードレースはいかに過酷かを物語っていた。

2012年07月29日

カフェイン・サイクリング

ダイエットやメタボ防止など、運動目的で自転車に乗っている人もいると思う。そんな人に耳寄りな情報。

既にご存じの方もいるかもしれないけど、運動前にカフェインを摂取すると脂肪が燃焼しやすくなる。原理としてはカフェインにより糖代謝が抑えられ、代わりに脂肪代謝が促進するのだそうな。

参照元

サイクリングに限ったことでなく、運動全般に言えることだがもし少しでも痩せたい場合は乗る前にコーヒーを飲もう。

ただし、カフェインはアルコールと同じく利尿作用(トイレが近くなる)があるので出発前にトイレに行っておいたほうが良いだろう。あと、カフェインの効果が現れるのは摂取してから約20分後。なので出発の20分前ぐらいに飲んだほうが効果的。

自転車乗りから見る マラソンブーム

ここ数年、マラソン(ランニング)ブームというのが来ているらしい。

確かに河川敷を走ると、ラニングをしている人が確実に増えたし、札幌の白石サイクリングロードに行った時も、ランナーが激増していたのには驚いた。

ブームの背景としては、メタボ対策に有効な運動として、あるいはお金のかからないダイエットとして着目されたことにあるみたいだ(コレ以外にもあるが、しっくりきそうなのを選んでみた)。

自転車乗りからすると、ランニングの方が足の負担が多く(全体重が足にかかる一方、自転車は乗車姿勢によって体重を分散できる。前傾姿勢なら上半身も使える)、同じ運動量でも爽快感が得られないので、やろうとは思わない。
が、自転車と比較してスポーツシューズを準備する程度の気軽さが受けているのだろうか?

ただ、夏が近づいて気温が上がってくるとサイクリングもランニングも炎天下では非常にきつい。自転車なら多少の道具を運べるので、本体に取り付けたボトルケージやカバンに水を用意して水分補給は可能だが、ランニングはきついかもしれない。

何をしようと自由だし、ランニングを否定するわけではないがサイクリングする人がもっと居てもいいと思う。やはり自転車はママチャリのイメージが強く、1万前後のママチャリが普通になってくるとスポーツタイプが異常に高く思え、気軽に始められないという点があるのだろう。また自転車の走行環境が曖昧で「結局どこを走ったら良いの?」という点も拍車をかける。

本当に、日本は自転車乗りに優しくない国である。

2012年07月26日

こども 自転車事故防止に

本州では小中高生は既に夏休み、北海道も今週から夏休みに入った。夏休みなると当然、自由に外で遊ぶ時間が増え、自転車を使う機会も増えるだろう。そんな夏休み中に見て欲しい安全教育動画を見つけた。



元ネタはA共済が制作した交通安全教育DVDの「自転車基本編」で、upした人はチャプターごとに小分けしたようだ。紹介するリンクはチャプター1だが、Youtubeの検索窓から”交通安全教育DVD「自転車基本編」”と検索すればチャプター2以降を見つけることができる。

内容としては、非常にわかりやすく目をつぶれば(2代目)ドラえもんの声が普段やっている自転車の危険行為と何故危険なのか?さらにその対処法を教えてくれる。

少し前にも、小学生低学年の女の子が車道を逆走し、一時停止せず交差点に進入したのを目撃した。わずか数10秒前には時速40kmぐらいの車(こっちが優先道路で一時停止の標識はない)が通過していたから、タイミングが悪かったら車に引かれていたかもしれない。

小中高生の事故は、車側の過失よりも自転車の一時停止無視とか、信号無視など自転車側の過失で起こっていることが多いような気がする。

きちんとルールを守れば防げる事故なのだから、きちんと徹底して欲しい。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド