2016年08月28日

余市川上流のオショロコマ



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



台風の後遺症収まる

 休日と台風などの荒天が重なって、半月以上釣りに行けない日が続いた。そして今日28日は、半日の休みながらようやく釣行ができた。今回の釣行先は、8月2日に更新した、キロロ付近の余市川水系での釣行の続きとして訪れた、余市川最上流部。
2016y08m28d_111451512.jpg
 8月2日は、余市川支流・朝里沢の川と、朝里沢の川のすぐ横を流れる余市川上流で、虹鱒と数匹のオショロコマを釣り上げた。
 余談だが、朝里沢の川での釣行記を読まれた方から、「昔は虹鱒がいなかったのに、すっかり様変わりした」との話を寄せていただいた。また、釣具店の店長からは、「朝里沢の川の上流にある池で虹鱒が放流され、それが川に流れでたのでは」との情報も。いずれも、朝里沢の川が虹鱒河川に代わったことを驚いていた。

 この朝里沢の川では、目的としていたオショロコマの姿は確認できなかったが、「さらに上流の登山道付近では、型は小さいがオショロコマの魚影は濃い」との話も聞いた。

 今回の釣行は、朝里沢の川上流ではなく、余市川の最上流部でオショロコマの魚影を確認することを目的に、キロロリゾート横の登山道を経由して入渓した。
 余市川上流部には、前回脱渓した場所からさらに200メートルほどいった場所に構築されている、堰堤を起点に釣り上がった。

 ここも、台風による増水で川の流れが変わったようで、釣り上がるたびに何カ所も枯れ沢が現われる。しかし、台風による大雨の影響は薄らいだようで、若干水量が多いほかは濁りもなく、快適にフライを打ち込むことができた。
2016y08m28d_112151263.jpg
 ただ、釣果は前回と同様、超小型や小型のオショロコマが中心で、大きいのでも15センチを越えないサイズ。#10のフライに10センチ足らずのオショロコマが食いつくが、それは川の氾濫で捕食活動ができなかったからでは、と考えられる。

 それにしても、前回同様アタリが少ない。その原因はすぐに分かった。 入渓地点では気が付かなかったが、上流200メートル先に再び堰堤が姿を現した。それも2段構築で魚道はない。これならばアタリが少ないのも当然か。

 この2段構築の堰堤を高巻きして上流に向かう。その上流は、フリーストーン状態で山岳渓流の様相が強まる。
 段差の増した流れの中で大岩、小岩、落ち込みが絶好の棲息ポイントを作って、「さらに上流に行けば、魚体も大きくなりアタリも増えるだろう」と、期待を募らせる。
 確かに、堰堤を越えた先の河川は魅力的な渓相を作るが、アタリは相変わらず少なく魚体も小さい。ここぞというポイントでも、ヒットするのは1ポイントに1匹だけで後が続かない。
2016y08m28d_111949319.jpg
 そして、川は次第に登山道から離れて、急峻な崖の下を流れるようになってきた。両岸に樹木が迫り、登山道に立てられていた熊の出没に関する看板が頭をよぎった。
型は小さく、ヒットした数も少ないが、ここまで釣り上がってオショロコマの姿を確認した。当初の目的を果たしたことからと、言い訳のように入渓地点の1キロほど上流で脱渓した。

 この余市川上流よりもさらに山深い、余市川支流・白井川の最上流部で姿を見ることができなかったオショロコマを、リゾート地のキロロで見ることができるとは思いもよらなかった。どのようにして、オショロコマがこの流域に棲息するようになったのだろうか。

写真は、余市川最上流部の2段構築の堰堤、その堰堤を越えて山岳渓流の姿に変わる余市川。下は今回ヒットしたオショロコマ。これでも大きい方で、ほとんどが10センチ未満

 


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年08月23日

胆振、日高でアキアジ本番



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


9月1日の河口規制前に主要ポイントで熱気

 ようやく迎えた休日なのに、台風の直撃でどこにも行けない。なので、ブログ更新は止まったまま。今週1週間は台風の後遺症で、河川の釣りは濁りや増水が残り、厳しい状況。まともに釣りができるのは、週明けからとなりそうだ。湖も、上昇した水温の影響で夏枯れ状態にあり、朝・夕のまず目時でなければ釣果は厳しそうだ。
 
 では、自らの釣行に替わる更新のネタはないものか、と昨年のこの時期のブログに求めていくと、やけにアキアジの記事が目に付いた。特に、白老のアヨロ海岸や苫小牧沿岸、それに道東での釣果情報など。海岸はいつの間にかアキアジシーズンを迎えていたようだ。
8月24日写真1

8月24日写真2












 今季のアキアジの漁獲量は、回遊数の減少で昨年を下回るとの報道がされている。そうした見通しはともかく、胆振海岸の主要ポイントでは、アキアジフィーバーが勃発、ぶっこみ釣り師の竿が白老から苫小牧の主要な海岸で立ち並んでおり、一級ポイントへのルアー釣行は難しいというのが現状。

 今回、台風の直撃した日高や噴火湾一円から、アキアジ情報がポツポツと上がってきている。台風一過の今週末あたりから本格化するものと見られる。
 現在、台風により大時化状態にあるが、胆振・日高の海岸の回復は早く、二日後には時化も解消される見通しにある。ただ、次の台風情報があり、天気に影響される日が多くなりそう。
 それでもアキアジを狙いたいというアングラーは、「苫小牧近郊運送屋の釣り」さんのブログhttp://ameblo.jp/akabousunrise/entry-10986551980.htmlを参考に。胆振や日高では、9月1日から河口規制がスタートする河川が多く、河口規制対象河川は残り1週間が勝負だ。
 
 新聞の釣り情報では、8月16日に十勝港で港全体で20〜30本、楽古の浜でもあがり始めたとのこと。豊頃の大津漁港でも中型のアキアジが一人5〜7匹。大津、十勝、厚内、旭浜の各港は、台風が通過すれば回復する見込み。

 写真は昨年の8月末のアヨロ海岸でのアキアジ釣りの模様。9月1日からの河口規制前に、大挙して釣人が訪れる。


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年08月19日

「余市川上流の遡行」を動画化



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


支流・朝里沢の川と余市川上流を釣り上がる

 台風による、河川の氾濫が治まらない中で迎えた休日。湖以外、釣りにならない状況なので、過去に釣行してビデオ撮りした録画を編集した。
 今回編集した動画は、余市川支流の朝里沢の川と余市川上流の本流での釣行の様子。
 この二つの川には、オショロコマが棲息している、ということで8月1日に赴いた。その釣行結果は、8月2日に更新しているので、興味のある方はご覧になってください。
2016y08m19d_110054373.jpg
 余市川本・支流の上流での釣果は、朝里沢の川では予想外に虹鱒の釣果に恵まれた反面、オショロコマの姿は見えなかった。そのオショロコマは、同じキロロの敷地内を流れる余市川本流に棲息していた。ならば、朝里沢の川にもいてもおかしくないが、棲息しているの今回入った場所よりも、もっと上流なのか。

 これまで、オショロコマを目指して、白井川などの余市川支流を何度も釣行してきた。そして今回、ようやくその姿を見ることができた。
 余市川上流は、魚影は濃いわけではないが、オショロコマ独特の薄いピンクの斑点が愛らしく、それなりに感激した。 
 札幌近郊の河川では、オショロコマは絶滅状態にあり、今は棲息河川のよほどの上流にでも行かなければ見ることができない。それだけに、久しぶりの対面で感慨にふけった。

 不思議なのは、白井川最上流の各支流の方が奥の深い流れとなっている。そこで確認できなかったオショロコマが、人里からほど近いこの場所に棲息していること。
 また朝里沢の川では、異常に虹鱒の魚影が濃く、なにか場違いな感じがした。虹鱒の魚影の濃さは過去の放流事業、オショロコマの姿が見えないのは、遡上を妨げる構築物や滝などによって生息域が限定されたのかもしれない。
2016y08m19d_110127295.jpg

 今回の釣行は、いずれの川でも上流域の堰堤や砂防ダムで遡行を妨げられた。その上流はどうなっているのか、は次の目的として再び釣行する計画だ。

 写真は朝里沢の川の模様と、余市川上流の景観。下は「夏の余市川上流を遡行」と題したyoutubeへの投稿動画。余市川上流の動画で、ヒットシーンの撮影のタイミングがずれ、一部シーンに見苦しい場面があります。


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年08月12日

登延頃川とソーケシュオマベツ川の釣行を動画化



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


尻別川支流の釣行を記録


 8月6日に更新した「尻別川支流に釣行」を、動画化してyoutubeに投稿した。
言葉や文章ではなかなか伝わらないことも、ビジュアル化すると説明が要らなくなる。
 8月6日のブログでは、ソーケシュオマベツ川ばかり取り上げて、登延頃川の事をあまり触れなかった。なので、今回は少し取り上げてみたい。

 入渓日は前日の雨の影響か、登延頃川の流れは強くて濁りも入り、入渓を一時躊躇したほど。もっとも、初めて入るので通常の流れを知らない。もしかして、これがいつもの姿なのかもしれない。
 この川の流れ出しは、尻別橋付近の尻別川。喜茂別から、大滝や美笛峠方面に向かう国道276号線の下を通る。そして、今回の入渓地点は喜茂別から留寿都に向かう国道230号線を、留寿都手前で左折して下った先にある尻別農地開発橋。
2016y08m12d_143904569.jpg
 橋の下は3面壁ではないが、それに近い造作ながら、深い谷底にいるような流れが築かれていた。そして、濁りの入った強い流れは、遡行する足元をすくう。
濁りが強くて釣りにはならないだろうが、と試しに大型のカディスを、流れの止まったカタに投じる。その4投目に15センチほどの岩魚がヒットした。

 まずは、魚が棲息していることと、この強い濁りでもドライフライができることを確認して、遡行を開始。橋の下から険阻な流れが続いたが、100メートルほど上流に、流れの穏やかな淵が現れた。
 ところが、上流に行くほどアタリが遠のき、ここでも魚の姿は見えない。しばらく遡行を続けたが、一段と険阻になる形相に嫌気がさして下流に釣り下った。
2016y08m12d_144018550.jpg
 尻別農地開発橋の下流で何度かアタリが続いたが、流れに足を取られて沈没。全身びしょぬれで、釣りどころではなくなった。
 身体を乾かすために車に戻り、その足でソーケシュオマベツ川の上流に向かった。その後の話は、8月6日に更新したとおり。
 なので、登延頃川の評価はできない。また入渓する気があるのか、と聞かれれば返事に困るだろう。
 ただ、型ものの魚は棲息しているはず。というのも、岸の淀みで水しぶきを上げてフライにチョイスする魚を数度確認できた。残念ながらフライにはヒットしなかったが、軽く40センチは越えていたようだ。
 今回、youtubeに投稿した動画は、この登延頃川とソーケシュオマベツ川での釣行の模様を映した。もしよかったら、ご覧になってください。

写真は動画撮影した登延頃川とソーケシュオマベツ川の様相、下はyoutubeに投稿した動画
 
 

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年08月09日

初の夕張川上流でQの猛攻



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 かろうじて尺虹鱒がヒット

 仕事の関係でお盆の休みが取れないために、早めの墓参りに三笠に向かった。今回も、自由に使える時間は午後4時まで。なので、遠出もできず三笠から近い渓流を探した結果、夕張川の上流部へ。
 まだ盆の入りではないので、殺生にあたらないだろう、と勝手な理屈をつけて、桂沢湖を縦断して現地に向かう。ただ、心配事がひとつ。早朝のバケツをひっくり返したような札幌での豪雨だが、日高や南空知には大雨注意報が発令された。

 札幌の雨は午前中早くに終わり、札幌ジャンクションを出発した頃には、天気も回復していた。三笠や夕張の雨は上がったのだろうか、と墓参りをそっちのけに、釣行に思いをはせる。さぞご先祖様も嘆くだろう。

 墓参りの日程は、随分前から決めていた。決まらなかったのは、その後の釣りの予定。始めは、三笠から芦別に抜ける国道452号線に沿って流れる芦別川の上流にあるキムンダムの様子を見ることを考えた。
 このダム湖は、10数年ほど前に大物が釣れると噂に上った場所。残念ながら、その後の情報がないので、この話が本当なのかは定かではない。もし事実だったにしても、多くの釣人が押し寄せて、すでに魚影は枯渇しているものと考えられる。
2016y08m09d_205521399.jpg
 なので、今回は桂沢ダムで芦別方面から90度右にハンドルを切り、夕張に向かった。この道々を走るのは20数年ぶりで、当時の記憶は全く残っていない。幾春別川が、桂沢ダムに流れ込む姿を見たのも初めてかもしれない。

 桂春橋から桂秋橋などの下を流れる幾春別川の上流の渓相に、思わず見入ってしまった。下流域の幾春別川とは全く別物だ。そのひとつの桂夏橋の下の淵で、数人の釣人の姿が。こんな場所で一体何が釣れるのだろうと、興味が湧く。

 幾春川の最上流部を過ぎて、15分ほどで国道横に目的地の夕張川上流に抜ける林道が見えてきた。しかしゲートは閉じられていて、最上流部には徒歩でなければ行き着けそうにない。
 林道に沿って流れる夕張川は、ザラ瀬は多いが適度な流れ出しや落ち込みが散見できる。そこにフライを打ち込んだら、どんな魚がヒットするのだろう、と思うやいなや、崖を下りて川に入る準備を始めた。
2016y08m09d_205656108.jpg

 白い濁りの入った夕張川上流の流れは、札幌の豊平川中流域を思わせる。川幅も同じくらいで、河原と川の境がはっきりしている。上流・下流が開けていて、遡行はしやすい。ただ、フライを流してみても、ザラ瀬や滑床から落ち込みに代わる、絶好のポイントからは反応がない。

 まだ、林道のゲートを潜ったばかりで、誰もが竿を出す場所。アタリがないのも当たり前かと林道に目をやると、新たな釣人の姿が。やはり、平日でもアングラーの押し寄せる人気ポイントらしい。よほど上流に釣り上がらないと、釣果は難しいかもしれない。
 
 入渓から、100メートルほど釣り上がった大きな淵で、今日初めてのヒット。それまでもアタリは何度かあったが、10センチ未満の針がかりしないサイズばかり。そしてヒットしたのは、思いもかけない20センチほどのウグイ。なんでこんな上流にQがいるのか、とこれからの遡行に不安が募る。
 思ったとおり、嫌になるほどウグイのアタリが続いた。しかし、早瀬の流芯からこれまでとは違うアタリが。ジャンプを繰り返して、ようやくネットインしたのは、30センチ前後の虹鱒だった。
2016y08m09d_205355773.jpg
 その後、入渓地点から500メートルほど上流の、林道に架かる橋まで釣り上がったが、あの1匹を除いてヒットしたのは全てウグイ。この先も、ウグイが棲息するのだろう、遡行を断念して川を下る。
 しばらく川を下っていくと、下流から先ほどとは違うアングラーがルアーで釣り上がってきた。平日でもこれだけ釣人が訪れるこの川。果たして、休日にはどのくらいの人が入渓するのだろうか。そう考えると、ウグイ以外は釣れないもうひとつの理由が分かってきた。
 入渓するのは、支流のほうが期待を持てるかもしれない。

写真は夕張川上流の様子。白い濁りが特徴だが、上流にいくほど解消される、下は今回の釣行で唯一の虹鱒


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)