2016年12月10日

積丹・入舸漁港で坊主頭と対峙



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"size:large;">
data-ad-format="auto">


潮回りか、今回はノーチャンス

 今冬に入ってから3回目の釣行先は海アメ狙いの積丹。前々回に訪れた磯ではなく別のポイントだが、釣果はそれなりに期待していた。
 札幌を3時に出発、途中で何度か仮眠をとったあと、現地に到着したのは8時過ぎ。その間の各海岸の様子は、吹雪模様ながら凪に近い状況。

 古平や美国では、除雪車と何度も交差したが、この時期いつも荒れている野塚海岸でも竿が出せるほどの波。ただ、潮回りはあまり釣りに適さない長潮だという。潮のことはあまり分からないが、磯でウキ釣りをするようになってから、気になるようになってきた。
2016y12m10d_184533818.jpg

 最初に訪れたのは、余別川河口に沿って構築されている、余別漁港の中防波堤。季節によって河口規制がひかれるが、この時期は問題がない。そして、アメマスよりも、ホッケの回遊の期待できる場所。
 実際に、東積丹の各漁港や磯でホッケの釣果がなくても、ここで上がっているのを何度も目撃している。当然、ジグでホッケを何度もヒットさせていることから、今回は実利を兼ねての釣行となる。

 初めに、「最初に訪れたのは」と書いたように、今回の釣行先はここばかりではなかった。ということは、余別漁港の中防波堤では釣果がなかったということ。
 きびなご餌のウキ釣り仕掛けを投じてアタリを待つほか、ジグやミノーを遠投してアメマスを狙ったが、いっこうにアタリは来ない。
2016y12m10d_124537022.jpg
 これがホッケだけを対象にしたのならば、沖アミを詰めた籠仕掛けや、集魚用に餌を撒いてサビキ釣りを行うのだが、そんな用意はしていない。2時間ほど経ってから、前々回の更新ブログに載せた場所に移動。ここでアタリがなければ、今日は諦めなかればならない。

 漁港横の磯に押し寄せる波は、この前よりも穏やかで釣りやすそう。そう見えたのも束の間で、時間の経過とともに期待は薄れていく。ウキ釣りにはまったくアタリが来ないのだ。
 そもそも、何故ルアー釣りを行う前にウキ釣りを行うのかと言えば、魚影の確認のため。ウキ釣りにアタリが来れば、ルアーにもヒットする確率が高くなる。それだけ、ウキ釣りによる見極めが参考になってきたからだ。
 この場所でアタリが来ないということは、魚が岸寄りしていないのだろう、と諦めもついた。

 そして最後に、もうひとつのポイントに寄ることにした。入り江が込み入っていて、時化に強い入舸漁港だ。入舸川の流れ出る手前の浜には、季節になれば川から下ったものや遡上するアメマスが溜まる。釣りを行いやすい場所なので、いつもアメマスを狙ったアングラーが入っているのだが、今回は足跡が残されているだけで姿は見えない。

 その代わりに、あの坊主頭が波間を浮き沈みしていた。こいつが居座れば、棲息している魚が警戒して釣果は期待できない。昨年、一昨年と美国・小泊海岸やこの入舸漁港で対峙して、何度嫌な思いをしてきたか。予想通りというか、いつも魚信のある船着場前からのアタリはなく、ルアーを追う魚の姿も見えない。
2016y12m10d_125209964.jpg

 トドならば、絶滅危惧種で保護対象動物となっているが、そんなことも忘れて坊主頭を目がけてルアーを打ち込む。しかし届かない。坊主頭は、こちらを見てあざ笑うように波間をプカプカ浮いているだけ。このまま狭いポイントの入舸漁港に居座れば、今冬は諦めたほうがいいだろう。
 なんとも悔しい気持ちで帰路に着いた。

写真は上から積丹・余別漁港から見る余別川方向、いつもの漁港横の磯でもノーヒット、最後は入舸漁港。坊主頭を映したが、小さすぎて見えない

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2016年12月05日

苫小牧東港に海アメ釣行



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



 港内の群れはまだ薄い状況


 12月に入ってからの初めての釣行先は苫小牧東港。11月23日に一度訪れているが、釣りを行うのは今回が今冬初めて。
 苫小牧東港の発電所前には、土曜日の早朝ということもあり、まだ陽がのぼる前から先客7〜8人竿を出していた。
しかし、23日に訪れた時も感じたことだが、この時期あまり釣れないのか、予想していたよりは釣人が少ない。それが、時間の経過とともに周りの景色がはっきりとしてきた時に分かってきた。

 フェンスの向こう岸は周文埠頭。その後方から黄金に輝くご来光がのぼってきた。いつもながら、圧倒される景色が広がっていく。
 港内は、うねりはあるものの波はなく、風が弱い絶好の釣り日和。フェンスの切れた場所で、サビキ仕掛けの竿を出す釣人が集まっていたほか、フェンス前には明らかにアメマス狙いと分かる、ルアーマンやフライフィッシャーが4〜5人、熱心に竿を振りだしていた。
2016y12m05d_123356695.jpg


 自分も、最近の海アメ釣行で採用している、きびなご餌によるウキ釣り仕掛けを投入。その傍らで、ジグミノーを打ち込んでのルアーフィッシングという、2段構えで臨んだ。
ただ、フェンス前の釣人には、時間が経過しても誰の竿にもアタリはこない。何よりも、海水に濁りが入っているほか、いつも群れを成して泳いでいる小魚の姿が見えない。

 ようやく、フェンスの端でジグミノーを投じていたルアーマンにアタリがきた。ゴボウ抜きで引き上げた竿の先には、40センチを越えるアメマスがしっかりとルアーをくわえていた。
本来ならば、ここからアタリが続くはずだが、誰の竿も沈黙したまま。いつもは、ルアーよりもヒットする確率の高いフライにも、アタリは来ていないようだ。結局、6時から11時まで、アメマスの姿を確認したのはそのルアーマンの1匹だけ。

 自分のウキ釣りの竿にも、一度だけ大きなアタリはあったが、姿を見る前にバレてしまった。フェンス前には入れ替わり立ち替わり、ルアーマンが訪れるが、いずれもすごすごと引き上げるばかり。
まだ時期が早いのか、それとも潮回りのせいか判断が付かなかった。
 陽の高まりとともに、小サバかチカなのか、サビキ仕掛けに魚が掛かるようになってきた。小魚が安定して釣れるようになれば、アメマスも釣れるようになるだろう。本格的な高まりには、しばしの我慢が必要のようだ。
2016y12m05d_123741522.jpg

 この冬初めての苫小牧東港も、自分にとって大切なショアトラウトの釣行ポイント。積丹や浜益とともに、これから来年6月まで何度も訪れることになるだろう。その釣行記録をブログで更新していく計画。釣行される皆さんの参考になれば幸いだ。

 写真上は、発電所前のフェンス越しに臨むご来光。周りには多くのアングラーが竿を出していたが、釣果はほとんど見られなかった
 

 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




2016年12月03日

積丹の海アメ動画を投稿



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


島牧アメマスダービーも開幕

 前回の更新ブログで取り上げた、積丹先端の磯での海アメ釣り動画を編集してyoutubeに投稿した。撮影日は11月28日で、冬のショアトラウトフィッシングとしてはまだ早い時期だったが、幸いにも当日は魚影に恵まれたようだ。
折りしも、島牧村のアメマスダービーが12月1日に開幕。まだ3日ほどしか経過していないが、海が時化ていなければ釣果に恵まれるという、順調な立ち上がりとなったようだ。
nphMotionJpeg.jpg
 一方、札幌から近場の苫小牧や日高の太平洋岸のアメマスは、早場の苫小牧東港ではポツポツ上がっているようだが、全体的に魚影は薄くてこれから徐々に高まっていく見通し。苫小牧東港には12月3日に釣行、次回の更新ブログとして掲載する予定。
写真は島牧の江の島海岸の現在の様子。下は今回投稿した、積丹先端の磯での海アメ釣りの模様。
 



 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年11月24日

苫小牧東港のアメマス、これからが本番か



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



11月初旬に群れが港内に入る

 23日に、私用がてら苫小牧東港に立ち寄った。さすが祝日の午後、火力発電所のフェンス前には20〜30人ほどが竿を出していた。港の外海は時化模様だが、港内はうねりはあるものの波はなく、竿任せにアタリを取るには絶好の日和。ただ風が冷たく、体感温度は真冬並みの寒さ。

 二つの火力発電所の煙突のうち、向かって左側から煙がでていたことから、サビキ仕掛けの釣人がフェンスから左側に集まっていた。また、フェンスの真中から奥にかけては、フライフィッシャーが2〜3人、無心でフライを打ち込んでいたが、アメマス狙いか。
 しかし、いつも多くの釣人で賑わう一番奥の発電所冷却水を排出するプールには、誰も竿を出していない。
2016y11m24d_131258241.jpg


 サビキには、午前中の早い時間に30センチほどのサヨリと、25センチ前後のサバが釣れていたようで、それぞれの釣人のバケツの中には、5〜6匹の型の良い魚が入っていた。午後からはそのアタリも途絶えて、各人とも手持ちぶたさに佇んでいた。
 フェンス前で、フライを打ち込んでいるアングラーに話を聞くと、11月初旬からアメマスが港内に入ったという。しかし、今日は一向にアタリはないとのこと。

 本来ならば、ルアーのアングラーの姿も見えていいはずだが、アメマスの群れは薄かったようで、見ていた限りルアーを行う釣人の姿はなかった。
 苫小牧東港のアメマスは、例年ならば11月中旬から12月の半ばにかけて群れが入るので、今年は少し早いようだ。
 また、10月末からボラも姿を見せて、飛び跳ねるシーンを見ることができるが、今年はまだのようだ。
2016y11m24d_131401388.jpg

 寒さの深まりとともに、苫小牧東港のアメマス釣りは本格化していく。中には、60センチ越えの大物がサビキにかかるという驚きの場面も見られる。当然、ルアーやフライでも大物が期待できるが、狭い場所で脚立の上から打ち込まなけば、釣りができないという制約のある釣り。
 釣行されるかたは、寒さ対策を含めて、その準備をしっかりと行うことをお奨めする。

写真は23日午後の苫小牧東港の様子。釣人のバケツの中には、型もののサヨリやサバが入っていた


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2016年11月22日

冬の湧水河川、最後はママチ川



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


頻繁なアタリも針がかりしない

 今月に入って4度目の釣行先も、涌水河川のママチ川。夏の川でのドライフライのアタリを懐かしみ、フライロッドを少しでも長く手にしていたい、という悪あがきにも似た心境なのかもしれない。あるいは8日目の蝉なのか。

 千歳川に流れ出るママチ川は、夏場ならば千歳川のついでに釣行してみようか、という気軽に入れる小河川。しかし、気温の低下とともに千歳川での釣果が見込めなくなる、晩秋から冬、そして春にかけて主役に躍り出ることもある。
2016y11m21d_141212060.jpg

 今年のママチ川での釣りは4月以来7ヶ月ぶり。そのときも、長い冬を耐えて待ちわびたドライフライの初釣行だった。4月でも水温が10度前後と、ドライフライに反応する温かさで、愛らしいヤマメと小型のブラウンがヒットした。

 季節的に、秋から冬に向かう時期と冬から春に向かう時期とでは、同じ気温でも寒さの感じ方が異なる。温かい季節から、寒い季節に移るほうがより寒く感じる。これは人間も魚も同じなのだろう。前回の苫小牧川、前前回の真狩川に今回のママチ川の釣行を通して、それが理解できた。
 いくら水温が高くても、冬になれば魚も活性が鈍る。その対策として、冬の涌水河川の釣りは、陽が高くなり気温の上昇する時間に入渓することが肝心と理解した。
2016y11m21d_141537456.jpg 

 18日のママチ川は、午前8時の気温が−1度。上流に向かう林道の轍(わだち)の水溜りは、凍り付いていた。息を吐くたびに、帽子の中の眼鏡が曇る寒さは3月以来か。それでも川に立ちこめば、足元から温かさを感じる。今回は、ママチ橋から100メートルほど下流が入渓地点。
 橋の横の空き地には先行車が一台。釣人は本流のママチ川に入っているようだ。自分も本流を計画していたが、仕方なく支流のイケジリママチ川を釣り上がることにした。

 一投目に倒木下の淵に流したドライフライは、ピクリともしなかった。何度か同じポイントに打ち込むと、ようやく反応が。10センチあまりのヤマメのようだ。しかし、くわえたフライを簡単に外して逃げられた。
 川底には、上流へと泳ぐ黒い影が見える。定位している魚と、泳ぎ回る魚の捕食活動は異なるようで、黒い影の先にフライを打ち込んでもまったく反応しない。そして、その後に冬を迎えた魚の活性の鈍さを感じた。
 
入渓してから、4時間が経過しようとしているのに、ここまでのヒット数はゼロ。しかし、アタリは有に10回近くあった。ヤマメやブラウンなど、全ての魚は針がかりしないでバレてしまった。

 夏の魚は勢いよく餌に食いつくが、この時期の魚は捕食活動が緩慢。そして、餌を浅く咥えることで、フライなどは簡単に見極められる。これがバレの原因だ。フライをダウンサイズするなどの対策は効果がありそうだが、残念ながらミッジクラスのフライは持ち合わせていなかった。

 ただ、ある程度のテクニックをマスターできれば、冬のママチ川を攻略できそうな気がする。冬でもドライフライを行える川は、フライフィッシャーにとって宝もの。キャッチ&リリースやゴミの持ち帰りを徹底して、大事に守っていきたい。
2016y11m21d_141442617.jpg

 今回の冬のドライフライ釣行を一区切りとして、次回からは海アメなどを目的としたショアトラウト釣行を予定。また、冬の湧水河川への釣行を記録した動画をyoutubeで配信することも検討している。

 写真は、涌水河川独特の穏やかな流れを見せるママチ川の各ポイント。残念ながらヒットシーンを収めることはできなかった 





 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)