2018年12月14日

 美国・小泊海岸と古平川河口へ



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


  極端な引き潮もあり魚の姿見えず


 今年の北海道の冬の到来は記録的な遅さだったようだが、それでも初雪以降は寒波が居座り、本格的な冬模様となった。海のトラウトフィッシングは、初冬から初夏のほぼ半年間が盛期。特に12月は、川から海に下ったアメマスが海岸に溜まる時期で、ショアトラウト釣行の端緒にあたる。
2018y12m14d_111831353.jpg 


この時期のアメマスは魚体が小さいが、2月3月の上りアメマスは豊富な海の栄養を補給して1回り2回り大きくなって川に戻ってくる。数釣りならば初冬のほうが釣果は高まる。サイズを望むならば、極寒のほうが大きなものを狙うことができる。

 前回釣行した積丹のワンドでは40センチが最長だったが、2月から3月にかけては同じ場所でも50センチ以上が期待できるのもそうした背景から。
 
 今月2回目となる12日の釣行先は、美国・小泊海岸と古平川河口海岸。いずれも積丹に向かう方向にある。今回は時間的な問題から、積丹への釣行を止めてその手前のポイントで竿を出した。
2018y12m14d_112024729.jpg 

 8日に開通した小樽ー余市間の後志高速道の様子を見ることも今回の目的だった。これまで、札幌の中心部から余市までは、札樽自動車道を経由しても2時間ほどかかっていた。それが今回の開通で、通行した時間帯が夜間ということもあり、1時間半で到着した。今後の釣行に大きな武器となるだろう。

 ただ気になったのは、トンネルの多さと除雪体制の遅れ。ほとんどが1車線の中で、路側帯の雪が道路まで迫り出していて、何度も危ない目にあった。そう感じたのは自分だけではなかったようで、当日の午後には小樽ー余市間、余市ー小樽間の両方向で事故が多発、上下線ともに通行止めとなった。
 これから後志道を利用される方は、車間距離等十分注意を払って安全運転を心がけてください。
2018y12m14d_112206585.jpg 


 さて、今回の釣行で竿を出した美国・小泊海岸は、これまで見たことのないような引き潮で、波打ち際が10メートル近く後退していた。もともと遠浅の海岸だけに、魚が溜まると思われるポイントは遥か先になる。

 なので、さらに10メートルほど先に立ちこんで竿を振るが、そこへ大波が押し寄せて何度も水浸しになる。そこまでして竿を出したのにアタリはこない。1時間ほど粘ったが、結局一度のアタリもなく撤収。どうも当日の潮回りがよくなかったようだ。

 今度は、先ほど通り過ぎた古平川河口へ方向を転換。この河口海岸は、つい1か月前まで鮭釣りの人々で埋め尽くされた。鮭の遡上もほとんどなくなり、本格的な冬模様となった現在は、誰も竿を出す人はいない。


 このポイントは鮭やサクラマスが中心で、時期になればサクラマスが岸寄りして釣人で賑わうものの、アメマスの釣果はあまり聞かない。自らの釣行を振り返っても、ここでの釣果はホッケが数匹だけで、サクラやアメマスをヒットさせたことはない。
2018y12m14d_114318547.jpg

 だから今回はホッケ狙いでジグを投じてみたのだが。しかし、底が玉石で埋め尽くされていることから根掛かりが激しく、3回に1回はフックが底にある岩や海藻に引っかかる。そして、ルアーを追う魚の姿はない。

ここも正味1時間ほどで退却、帰りしなに余市川漁港でルアーを投じた。この漁港も、外海が時化ていればアメマスが入り込むことがあるので、スプーンで慎重に探ったが全く反応はない。
 こんな日が多いのもこの時期の釣り。
 それにしても、苫小牧東港の存在が日増しに大きくなっていく。何とか早く、液状化で陥没した道路の復旧ができないものか。

写真@A潮の引いた美国・小泊海岸の様子BC少し前まで鮭釣りの人々で賑わった古平川河口海岸。今は誰もいない

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年12月05日

今季のショアトラウト釣行を開始



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


  初日の東積丹は海アメが好調


 5月中旬から開始したフライフィッシングの渓流釣行を、11月中旬に終了。少しのシーズンオフを経て、12月3日からショアトラウト釣行を開始した。これから来年5月まではルアーマンに変身して、海アメマスやサクラマスを対象のショアトラウト釣行を重ねていくことになる。
 
 「なにも、冬の間ぐらい釣りを控えればいいのに」と思われるかもしれないが、極寒の海岸で波を被ってショアトラウトのアタリを待つのも、釣りの楽しみの一つ。これにより、1年を通して釣りから離れられなくなった。
2018y12m05d_112105266.jpg


 今季のショアトラウト釣行のスタートは東積丹海岸。当初は苫小牧東港からスタートする予定だった。例年この時期の苫小牧東港のフェンス前は、小ぶりのアメマスが餌釣りやフライ、ルアーを問わずヒットする、釣行してハズレの少ない場所だからだ。
 しかし、港内の道路が胆振東部地震による液状化で通行が禁止され、次善策として積丹に決めた。

 12月3日の東積丹海岸は、気温が正午で11度と小春日和の陽気。どこにも雪は見当たらない。それでも野塚海岸は、いつもの大波が押し寄せて竿を出すのが難しそう。

 この野塚海岸を越えて、午前6時半に目的地の小ワンドに到着。沖に見える外防波堤先端には、まだ7時前だというのに2〜3人の釣人が竿を出していた。狙いはホッケか。
2018y12m05d_111600030.jpg


 こちらも、内防波堤下の岩場に場所を据えて、きびなご餌の浮き釣り竿とルアー竿を用意した。そのどちらかにアタリがくれば、その釣り方に集中する算段。

 ルアー釣りに使用したのは13グラムのスプーン。本来はメタルジグやジグミノーで魚影を探るが、この場所に限ってはスプーンの方が釣果が上がるために、初めからスプーンを用いた。

 果たして海アメは岸寄りしているのか、と疑心暗鬼でルアーを操る。その2投目にすぐに反応がきた。50メートルほど先でヒットしたのは、30センチにも満たない小ぶりのアメマスだった。
2018y12m05d_111936111.jpg


 続いて、置き竿にした浮き釣りにもアタリがきた。巻き上げてもあまり暴れないので、同じような型かと引き上げると、今度は軽く30センチを越えたアメマスだった。

 間をおかず、浮き釣りの竿に再びアタリが。今度は海面近くで暴れる。引き上げてみると、30センチオーバーのあぶらこだった。(後でこれがホッケと判明)
 
 ルアーにも頻繁にアタリがくるので、スプーンから大物狙いのメタルジグに代えるが、それには全く反応しない。再びスプーンにチェンジすると、これにはゴツゴツと反応する。そして、岸から遠くて深い場所よりも砂浜に近い浅い場所からヒットが連続する。
さらに、30センチほどのアメマスが5〜6匹群れとなってルアーを追いかけてくるシーンも。
2018y12m05d_110839223.jpg


 いつの間にか、内防波堤のブロックの上に2人組のアングラーが竿を出していた。そのうちの1人の竿にもアタリが。ヒットした魚をテトラポットの上からすくい上げるのに苦労していたが、それもアメマスのようだった。

 今回の釣果は、いつもとは逆にルアー釣りに軍配が上がった。それも40センチを頭に30センチ余りのアメマスが7匹と予想以上の釣果。一方の浮き釣りは、35センチのアメマス1匹とホッケが2匹だった。

 この場所で釣れるアメマスは、これから寒さを増すごとに型も大きくなり50センチ級も見込めるが、それに反比例して釣果は下がってくるのがいつもの傾向。今季はどのような状況となるのか、足繁く通うつもりだ。

 今季は当分の間、苫小牧東港に釣行できない分、他のポイントを開拓しなければならない。その候補として、アラジンさんに教えてもらった余市の某海岸や、kojiさんにアドバイスしてもらったサクラマスポイントには是非釣行したいと考えている。

 写真説明@Aとても12月とは思えない小春日和の積丹の海岸BCルアーにきた40センチ級のアメマス


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年11月25日

 晩秋の紋別川釣行を動画化



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



   シカ猟で森林官が誤射の被害に

 11月20日に、恵庭の盤尻でシカ猟をしていたハンターが、ラルマナイの滝付近の林道で作業をしていた恵庭森林事務所森林官を、誤射して死亡させた。偶然なのか、事件の起きる前の11月19日に更新した自分のブログで、紋別川釣行にあたっての注意を喚起したばかりで、今回の不幸が他人事とは思えなくなった。

 釣行した紋別川と、恵庭渓谷のラルマナイの滝とは、距離は離れているが隣り合わせの場所。
 釣行した11月15日の入渓ルートは、恵庭市盤尻の恵庭市営牧場の林道ゲートを抜け、林道を走り紋別川に向かった。途中の紋別川1号橋から300メートルほど手前に、新たにゲートが設けられていた。
 そこを通過した午前7時頃にはゲートが開かれたままだったが、釣り終えて昼ごろにその場所に着くとゲートはシリンダー錠で閉められ、通り抜けができなくなっていた。

 困って、ゲートに示された森林事務所に電話。応対してくれたのは恵庭森林事務所の職員の方で、「ゲートの担当区域は千歳事務所で、こちらから千歳の担当者に連絡する」との話。この電話に出ていただいたのが、今回不幸に遭われた方ではないかと思う。

 それから2時間ぐらいして、千歳森林事務所の職員がゲートのシリンダー錠を開けてくれた。その時に説明してくれたのは「シカ猟が解禁されていて、漁師に鹿と間違って撃たれる可能性があるから、この先に入られないよう錠を掛けている」との事。
 まさかその時には、こうした事故が起こるとは予想もしなかった。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 今回の事故の発生で、安全確保のためにシカ猟の終わる来年春まで、林道ゲートの管理が強まると思われる。
 
 前回更新した紋別川釣行記に合わせて、釣行を映した動画も今回掲載することにした。当分の間、紋別川の釣行が出来なくなるかもしれないから。
 
下はyoutubeに投稿した「晩秋の紋別川で良型ブラウン」


 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年11月19日

紋別川でブラウン40センチなど好調



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



 林道内のゲート閉鎖で冷や汗


 少し古い話だが、仕事連休2日目の11月15日に向かった先は千歳川支流の湧水河川・紋別川。当日の現地の気温は午前7時段階で7℃だったのに対して、水温は8℃と、ドライフライを行うには問題ない状況だった。
 今年最後のフライ釣行としてこの渓流を選んだのは、釣果の可能性が高いことから。とは言っても、釣れるのはブラウンかアメマスに限定されるが。
2018y11m19d_081330886.jpg


 紋別川の釣行は今年5月以来だが、環境はそう大きく変わっていないはず。その時の釣果は、17センチから30センチのブラウンが7匹で、40センチオーバーもいるのでは、との見当をつけて釣行に臨んだ。

 というのも、この川は林道経由でなければ行きつけない場所にあるため。林道入口は、いつもゲートがダイアル錠で閉ざされており、春と秋の山菜シーズン以外は一般の人間は立ち入ることができない。

それも、立ち入った者が敢えてゲートを開けっ放しにした時に限られる。そうしたことから、これまでのように自由に立ち入ることができなくなった分、川の保全は守られることになる。
2018y11m19d_082057638.jpg

 今回は、山菜取りの人たちが恵庭側ゲートのダイアル錠を開けたまま入場したことで、自分もその後に付いて林道に入った。
 目的のポイントは、これまで入ったことのない場所。そこは林道から川筋が見え隠れし、いざというときの逃げ道が把握できるのでは、との考えから。林道のあちこちに熊の糞が残されている。その熊との遭遇が十分に予想されるので、安全第1に場所を選んだ。

 入渓は、この川に架かる何番目かの橋の下から。水量は2〜3日続いた雨のせいか、いつもよりも多く流れも早い。強い流れに逆らって遡行を開始したが、水量が多すぎて流れ出しや落ち込み、倒木、淵などのポイントが見つからない。

 200メートルほど釣り上がってようやく倒木が現れた。せっかくの場所なのに#8のカディスに反応しない。さらに、落ち込みと小淵でも沈黙が続く。
2018y11m19d_083026236.jpg


 最初にアタリがあったのは、入渓から40分ほど経った、上流に倒木のある流れ出しから平瀬に替わる場所。流れの途中でフライを銜えたが、すぐに吐き出した。その魚は頭だけは確認できたが、有に30〜40センチはあったと思われる。

 この場所からようやくアタリが出始める。最初のアタリから10メートルほど上流の流れ出しで、この日初めてのヒット。25センチを越えるブラウンだった。

その後も、上り詰める毎に淵や倒木裏、水深のある平瀬からブラウンが飛び出す。
 特に倒木下の淵でヒットしたのは、この川では自己最長の40センチに少し欠けるサイズ。これは、珍しくスケールで計測して確認した。
2018y11m19d_082628158.jpg

 どれだけ遡行しただろうか、時間は11時を回わり入渓から4時間が経過した。相変わらず川から林道が見え隠れするが、走る車もなく鹿の鳴き声だけが響き渡る。

だが、林道は次第に遠ざかっているようで、不安に駆られる。この先はザラ瀬が続いているようなので、アタリは難しいだろうと遡行を諦め、林道に一番近い場所まで戻る事にした。

 ここまでの釣果は、40センチ余りのブラウンが3匹と、20センチから26〜7センチが4匹。数はともかく、サイズは予想していたよりも大きかった。
2018y11m19d_083230775.jpg

2018y11m19d_081924412.jpg









 なぜ林道を走る車がなかったのか、後で分かった。
 紋別川の1号橋から千歳川に向かう林道筋に、新たにゲートが設けられていた。自分が通過した午前7時頃にはゲートが開いていたが、釣り終えて車でゲートに差し掛かると、ゲートはシリンダー錠で施錠されて通行できなくなっていた。

 ゲートの向こう側には釣人らしい2台の車が駐車、通り抜けできないので車を置いて歩いて紋別川に向かったようだ。

 ゲートに示された森林事務所に連絡して、鍵を開けてもらったのはそれから2時間後。
この時期は鹿の狩猟が解禁されており、猟師に獲物と間違えられて撃たれないよう、安全のためにゲートを閉じているとのこと。
 なので、釣りばかりではなく、山菜取りの方々もゲートが閉じられていたら、安全のために引き返すのが賢明だろう。
 
 ゲートのシリンダー錠はこの時期、午前9時に閉められることになっているという。もう少し現地入りする時間が遅れていれば、計画していたポイントには、林道を長い時間歩いて行くことになったはず。あるいは、諦めて別の場所に行ったのかもしれない。

 今年の渓流フライ釣行は今回が最後となりそう。12月からは舞台を海に替えて、海アメマスとサクラマスのショアトラウト釣行を開始する予定。ショアトラウトの釣果情報をお届けしたいと考えている。
 でも、札幌ではまだ今日(19日)段階でも初雪は観測されていない。もうしばらくドライフライ釣行ができそうな気もするのだが・・・。

写真@A紋別川の流れ。水量があり水圧も予想外に強いB上流に向かって倒木や流れ出しなどのポイントも多くなるCこの日最長40センチ級ブラウン。珍しくスケールで計測してみたCE同じようなサイズのブラウン。この場所にはアメマスの姿は見えなかった

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年11月16日

 この時期でもドライフライで釣果



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



 再度、型もの虹鱒を求めて尻別川分流へ

 11月14日、前回のブログで更新した尻別川分流に再び赴いた。ほとんどのフライフィッシャーが納竿しているこんな時期まで、渓流でドライフライを行うのは、自分としても通水河川を除けば初めてではないかと思う。
2018y11m16d_082253670.jpg


 それもこれも初冬にも関わらず、札幌での初雪が現時点でもまだ観測されていないほど温かい日が続いていることから。
たださすがに早朝の中山峠は、7合目付近から道路脇に薄っすらと雪が積もるなど、いつ本格的な積雪になってもおかしくはない状況だ。
 
 目的地の尻別川分流に到着した午前6時半の現地の気温はマイナス1℃、水温計の水中の温度は5℃を指していた。この川は湧水河川なのではと思っていたが、やはり山麓からの流れを集めた山岳渓流だったようだ。

 となると、寒さに強い虹鱒のほかは期待できない訳で、前回入渓してから1週間近くが経っており、その間の気温の低下は無視できない。

前回の入渓では、泣き尺の虹鱒が2匹と25センチの虹鱒がヒット。さらにこの上流ではまだ大きな虹鱒が期待できる、という助平心から今回の釣行となった。

 今回の入渓地点は、前回脱渓した場所。ここから釣り上がって、渓流全体の流れを見極めようという計画だ。
 まずは前回の釣行で、ドライフライの着水と同時にアッという間にフライごと持っていかれたポイント。ここに#8のカディスを打ち込むが、反応はない。
 この淵を越えてさらに上流へと向かう。川底は砂地がほとんどで、遡行は楽だがポイントが乏しい。ようやく現れた落ち込みや、倒木下の小淵からドライフライに反応する魚はいない。
2018y11m14d_143314489.jpg


 入渓から1時間ほど経って姿を見せた曲りの淵は、夏ならば必ず魚が溜まっている場所なのに、底から浮きあがってくるものなない。
 両岸は次第に狭くなるが、流れの強さは変わらない。

 2時間ほどして現れた、流れ込みから淵に変わるポイントでようやくアタリがきた。ヒットしたのは30センチに少し欠ける虹鱒。(この釣行で使用したウェアラブル・ビデオカメラに捉えることができたが、雨粒がレンズにかかり中心部分がゴースト状態。なので、ビデオは頭の部分しかはっきりしていない)
2018y11m16d_081656389.jpg

 いくら寒さに強い虹鱒と言えども、この水温では活性が低下するのだろう、前回のようにはアタリはこない。
 この日の2匹目は、脱渓寸前の小淵でヒットした20センチほどの虹鱒。まだ奥の深い渓流で、全体を見極めることはできなかった。

 成夏ならば、ヤマメや岩魚も期待できると思う。釣人の少ないのが何よりだが、その分だけ熊と出会う可能性の高い川だ。事実、熊出没中の看板があちこちに立てられていた。
2018y11m16d_081800906.jpg 

 帰りしなに、この渓流よりもさらに小さな尻別川分流に立ち寄った。
余り知られていないこの小渓流はヤマメ河川だが、この時期でもいるのだろうかと恐る恐る入渓。
 何しろ、先ほどの渓流よりも深さを増す森を流れており、昼でも鬱蒼としている。結局、500メートルほど釣り上がったが、15〜6センチのヤマメが1匹と散々たる有様。腰が引けていだから当然の結果か。

 今回は仕事休みが二日続き、翌日の15日は千歳川支流の紋別川に釣行した。この様子は次回に更新する予定だが、果たして今年のフライ釣行のラストランを飾ることができたのだろうか。

写真@今回入渓した尻別川の分流の流れAようやくヒットした泣き尺の虹鱒Bさらに小さな分流へCヤマメが1匹だけ相手をしてくれた
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)