2018年02月15日

新冠川河口から苫小牧東港へ



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 フライに60センチ級のアメマス

 今年に入って7回目の釣行先は苫小牧東港。本来の目的地は、新冠川の河口海岸だった。この新冠川河口は、2月8日に一度訪れていた。その時は釣果はなかったものの、魚の気配を感じて「今度こそは」と意気込んでの釣行。
 
 ところが今回は、前回とは異なり凍てつく−10度の海岸に雪が舞い、濁りの入った高い波が砂浜の奥まで押し寄せていた。
 それでも諦めきれずに竿を出すが、投じたミノーは強風に押し戻されて手前の波に揉まれるだけ。

 そもそも、この新冠川河口海岸の釣行は、ブログにコメントを寄せていただいている「亀さん」からの「日高門別漁港よりも、新冠川海岸のほうが期待が持てる」というアドバイスから。他の釣人の話によると、この場所ではサクラマスやアメマスのほか、スチールヘッドやシートラウトも期待できるとの事。
2018y02m15d_111945151.jpg 


 まだ時期が早いのか、前回は魚の姿を確認できなかったが、タイミングさえ合えばヒットの可能性は高そう、ということから2月13日に2度目の釣行に赴いた。

 ただ今回は、記したように悪条件のもと全く釣りにはならなかった。仕方なく向かった先は、帰路の途中にある日高門別漁港。しかし、ここも強風が吹き荒れ、肌を突き刺す寒気に嫌気がさして早々と退却。最終的に着いた先が苫小牧東港だった。

 苫小牧東港は、今年に入って3回目の釣行だが、未だ釣果が出ていない。ポツリポツリと常連の釣人の姿は見えるが、そうした人たちも苦戦しているようで、前回、前々回と魚をヒットさせた姿をほとんど見ていない。だから今回は、この場所を避けたかったのだが・・・。
2018y02m15d_112444233.jpg

2018y02m15d_112325219.jpg











 2月13日も、発電所前のフェンスにはいつもの常連の釣人が5〜6人ほど竿を出していた。しかし、フェンスの端に並べられたウキ釣りやたらし釣りの竿は、ピクリともしない。
 自分もその傍でジグやミノーを投じるが、一度もアタリはない。だから、この場所でルアー釣りを行なっている人が誰もいないことに納得できた。

 竿をだしてから2時間ほど経過した午前11時頃、フエンスの端に陣取り、フライを打ち込んでいた釣人の竿が大きくしなった。そして、ネットに入ったのは60センチはあろうかというアメマス。

 それを契機に、フライには40センチ強から50センチ越えのアメマスが次々にヒット、2時間ほどで二桁の釣果と爆釣モードに入った。それなのに、餌釣りの竿やルアーには全く反応がなく、ただ横目でヒットの続くフライ釣りを眺めているだけ。
2018y02m15d_112509982.jpg

 フライの釣人とは逆方向の、フェンスの端でウキ釣りを行なっていた釣人が、たまりかねてフライ釣りの横に大移動。竿をセットしてからすぐに大きなアタリがきた。何とかネットに収まったのは、50センチ余りのアメマスだった。

 この苫小牧東港のフェンス前は、発電所の温水排出口に近い場所が有利と聞いていたが、今回はまさにその通りになった。
 しかし、40センチ越えがアベレージサイズ化しているにも関わらず、ルアーへの反応は鈍い。自分の竿には一度のアタリもない。
 これで、ウキ釣りの用意をしていればそれなりの釣果があったはず、と思っても後の祭り。
次回訪れるときには、アメマスの活性がさらに高まっているはず。その時には、多くの釣人で賑わっているかもしれない。

写真@強風が吹き荒れる新冠川河口海岸の様子A苫小牧東港でフライにきた60センチ越えのアメマスBCD40センチから50センチ越えのアメマスがフライにきているのに、ルアーと餌釣りにアタリはこない

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年02月07日

岸寄りの遅れ、海水温の高さが原因か



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


積丹と苫東で沈没!いつまで続くぬかるみぞ

 連休2日目の1月31日に赴いた苫小牧東港の釣行を、ブログにアップする前に積丹・余別来岸漁港へ釣行した。
 なので、この際だから2つの釣行をまとめて更新することにした。察しの良い方は、どのような状況なのか理解していただける思う。そうです、いずれの釣行先でもノーヒット。昨年暮れから1ヵ月半、そして今年に入って5度目の釣行なのに全く魚の姿を見ていない。

 昨年年初の釣行では、なんだかんだ言っても、苫東で数本のアメマスが上がった。積丹でも数は少ないが、余別来岸漁港の外海で何匹か上げたはず。それと比べて今年はどうなっているのか。

 自分だけが釣れないのならば、腕の問題と割り切ることはできる。そうではなく、同じポイントに入ったアングラーの誰にもアタリはない。原因を探っていくと、積丹も苫東もショアトラウトの岸寄りの遅れが浮かび上がってくる。島牧のあめますダービーも、昨年の今時期と比べると釣果登録件数が激減している。
また泊村・千畳敷で、この時期でもサクラマスが1月初めから釣れたのを目撃しているが、今年はそうした姿は見られない。
 もうしばらく様子を見なければならないが、思い当たることがある。少し前の新聞記事に「水温が例年よりも高いことから、冷水域の魚の岸寄りが鈍い」との記事が載っていた。昨年秋に起きた、鮭漁の不振と同じことがアメマスやサクラマスにも起きているのでは。

苫小牧東港
2018y02m07d_111044158.jpg

2018y02m07d_110857099.jpg










 1月31日の苫小牧東港は、火力発電所の2基の煙突から煙が吐き出されたこともあり、フェンス奥にある調整池に多くの釣人が集まっていた。釣り方は、きびなごを付けたウキ釣りやたらし釣りのほか、フライを行なうアングラーもいたが、見ている限りではアタリがない。
 フエンス前にも、2〜3人の釣人が同じようなウキ釣りやフライでアタリを探っていたが、全く魚信はない。当然、ジグで攻めた自分の竿も反応無し。結局、朝7時から5時間ほど粘ったが、魚の姿を見ることはなかった。

積丹・余別来岸漁港
2018y02m07d_111524943.jpg

2018y02m07d_111546474.jpg










 そして2月5日朝7時の積丹・余別来岸海岸。うねりはあるものの、この時期としてはまだ波は穏やかな方か。途中の野塚海岸・ゼロワンドも、無理をすれば竿を出すことができそうな波なのに、釣人は誰もいない。余別来岸海岸では、ジグとウキ釣りの二通りの釣りを行なった。
波が穏やかだとはいっても、海面から3メートル上のテトラポットまで飛沫が舞い上がる。そのテトラポットの上で竿を操るが、ルアー、ウキ釣りのいずれにも反応はない。1月30日に釣行した、余別漁港外海と同じように、なぜ魚の気配が感じられないのか。
その後、積丹の各漁港を廻り、スプーンや小さなジグを泳がせたが、やはり魚の姿を見ることはなかった。
一体、どこに行けばよいのだろうか。

写真は@A平日にも関わらず釣人の集まった苫小牧東港BC積丹・余別来岸漁港の外海でルアーとウキ釣りを行なったが、魚の気配はしなかった


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年02月02日

待望の兜千畳敷もアタリ無し



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


ショアトラウト、年明け後未だ釣果はあがらず

 ブログの更新が遅れ気味ということは、それだけ釣行を行なっていない証左でもある。実際には、言い訳ではないが、天候や体調不良など釣行したくてもできない事情があった。それもあって、今年に入ってからの釣果はまだゼロ。
1月末の30、31日にようやく連休がとれたので、この2日間にショアトラウトの今年第1号を目論んだが・・・。
2018y02m02d_144102351.jpg

 30日に訪れた先は、これまで何度も取り上げてきた泊村・兜千畳敷。サクラマスを狙っての釣行だ。
 しかし、午前4時半の兜千畳敷は西からの強風が吹き荒れ、雪明かりに浮かぶ岩盤は、高波が飛沫を上げて降り注ぐ絶望的な景色。
 周りがようやく明るくなる6時過ぎまで様子を見ることにして、少しの仮眠。ところが、この天気をものともしない3人の猛者が、急な崖を下って海に突き出た岩盤に向かって行った。

 せっかく時間をかけて来たのだからと、自分も大波が覆いかぶさる岩盤先端を目指す。ただ、さすがに波が腰の下あたりまでしか来ない場所を選んで竿を振ることにした。

 昨年のこの場所での釣果は無いが、この時期に常連の釣人が目の前で何本ものサクラマスをヒットさせたシーンが目に焼きついて、今回の釣行となった。
 初めは、ピンクのメタルジグ30gを70メートルほど飛ばしてからのジギング。このルアーの選択は、前記の常連がサクラマスをヒットさせたものを真似た。
 1時間が経過して風は収まったが、うねりを伴った高い波は相変わらず。ここまでアタリがないので、波打ち際の海側の岩盤に移動。その場所からは、他のアングラーの様子も見て取れる。が、この時点では誰の竿にもアタリは来ていない。
2018y02m02d_144217075.jpg 

 ルアーをシンキングミノーに替えて打ち込もうとした時に、突然背後から背丈を大きく越える波が押し寄せてきた。
 その波の勢いに押されて、体が3メートルほど前に飛ばされた。幸い流された場所が陸側の岩盤だったので、波にのまれて海に落ちることはなかった。
 当人は、それほど危ないという意識はなかったが、その光景を遠くから目撃した釣人が「あれはビックリした」と、後で声をかけてきたほど。この一件を機に、場所を移すことした。
 自分だけではなく、他のアングラーも兜千畳敷から一斉に引き上げたのは、天候よりもアタリが皆無だったことからだ。この時期の兜千畳敷としては、これでもまだ恵まれた天気だったと、後で気がついた。
2018y02m02d_143410897.jpg
 次に向かった先は、泊村から反対方向にある余別漁港。西積丹が荒れている時は、東積丹の天気が比較的落ち着いていることが多い。確かに余別漁港は、風が少し強いくらいで波は収まっていた。
 余別川の流れ出る、すぐ傍の外防波堤に足場を置いて、ルアーを遠投。足元には、きびなご餌のウキ仕掛けを投じた。どちらかにアタリがくることを願っていたが、ここも2時間粘っても音沙汰無し。
 
 30日の積丹半島での釣りはこうして終わった。何か、すっかり負け癖がついてしまったようだ。
 連休2日目の31日はお馴染みの苫小牧東港。ここで釣果がないと、1月の釣行は黒丸が五つ並ぶ惨敗。果たして結果がどうだったのかは、次の更新で。

写真@昨年1月に訪れたときの泊村・兜千畳敷。今回の写真は、大波に流されたときにデーター消えてしまったA余別漁港外防波堤から見る余別海岸の模様

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年01月28日

今年のショアトラウト、未だ釣果上がらず



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


兜千畳敷を断念して、毛嵐舞う苫小牧東港へ


 今年に入っての釣行で、天気に恵まれた日は1日もない。札幌は晴れているのに現地は猛吹雪だとか、強風が吹き荒れているなど、何かに祟られているとしか言いようがないほど。

 今年3回目の釣行となる1月25日も、そうした1日となった。ただ、25日は東京でも大雪となった翌日。東京に大雪をもたらした低気圧が北上して、北海道も大荒れの天気となることは予想されていた。
2018y01m28d_111001098.jpg



 それでも、ネットの雨雲レーダーで釣行先として計画している、泊村・兜千畳敷の雪や風、波の高さなど確認するなどしっかりとチェック。ここがダメならばと、次の釣行先を検討した。

 ただ、どうしても兜千畳敷にこだわる理由があった。昨年の今頃、初めて訪れた兜千畳敷で目にしたのは、銀毛の眩しいサクラマス。自分が釣った訳ではないが、ヒットシーンをタイミングよくビデオカメラに収めることができた。
 この動画はyoutubeにも投稿したので、ご存知の方も多いと思う。
 
 ショアトラウト釣行を行なう上で、この時期にサクラマスをヒットさせることができれば、これからの釣行でモチベーションが高まる。そうした思いが胸に占めていた。

 しかし、泣く子と荒れた天気にはかなわない。次善の候補地として、少なくても時化と吹雪にはならない苫小牧東港に向かった。
 東港は今年に入ってから2回目の釣行で、ショアトラウトシーズンインの昨年11月から数えると、すでに4回も訪れたことになる。12月中旬の釣行では、40cmほどのアメマスがヒットしたが、それ以後は全く音沙汰無し。
 釣りの後で読んだ苫小牧民報の釣り情報には「アメマスが0〜1匹」という貧果の記事しか載っていなかった。

 午前6時に到着した25日の苫小牧東港は、2ケタ台の氷点下ながら、風も波もなく毛嵐が海面全体を覆う幻想的な景色。ルアーロッドから放たれたジグミノーは、漂う毛嵐の遥か先を越えていく。雰囲気は悪くない。これでアタリがくればの話だが。
 しかし、どのようにアクションを加えても反応はない。試しに、小さなスプーンを落として、追ってくる魚を確認しようとしたが、それも見えない。
 
 2時間ほどして天気が急変、猛吹雪となってきた。それでもめげずにミノーやスプーンを打ち込む。最後は、フエンスの奥にある調整池でも竿を出したが、ここにも魚の反応はない。
 仕方がない、次の釣行に思いを馳せて午前10時に撤退した。今年のショアトラウト第1号は何時になるのやら。

写真は@毛嵐が漂う1月25日の苫小牧東港の様子A昨年1月20日にyoutubeに投稿した泊村・兜千畳敷のサクラマス釣りの動画


 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2018年01月18日

魚の気配がしない苫小牧東港



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 島牧あめますダービーは15日で64件の釣果

 冬の海は荒れていて当然で、その覚悟の上で釣行する。それでも、昨年は年明けから時化の収まった日が何日か続いた。しかし、今年は天候が落ち着いた日が数えるほどしかない荒天続き。それも釣行日には決まって風と雪に悩まされる。1月15日もそうした1日となった。
 
 前回の積丹釣行が時化に遭遇して不調に終わったところから、今回は大荒れの続く日本海を避けて太平洋側の苫小牧東港に向かった。苫東は、少なくても時化には強い場所。ルアーがだめでも餌釣りは何とかなるだろう、との甘い期待を胸に釣行した。

 ところが、朝の8時だというのに、奥にある調整池に2〜3台の車が見えるだけで、いつものフェンス前には釣人の姿がない。強風が吹荒れ、海には大きなうねりが生じているが、釣りのできない環境ではない。
 嫌な予感は的中するもので、ルアー、餌釣りともにいくら粘っても魚の姿が見えない。これでは、常連の釣人も来ないはず。それでも4時間ほど竿を出したが、一度のアタリもなく諦めて帰路に着いた。
2018y01m18d_113423112.jpg

 なので、今回は島牧「2018あめますダービー」の近況を掲載することにした。
 あめますダービーは、開幕からほぼ1ヵ月半が経過して、釣果登録は順調に上がってきている。1月15日現在の登録釣果数は64件。

12月初旬は太平海岸で釣果が上がっていたが、中旬以降は時化の関係から千走や千走海岸でヒットすることが多くなってきた。その典型的な例が12月18日で、海岸が大時化の中、時化の影響を受けない千走漁港に逃げ込み、ここで釣果がでたようだ。
2018y01m18d_113059579.jpg

 12月中旬から1月中旬にかけては、比較的波の穏やかな日が続いたことあり、元町海岸や泊、赤灯、千走といった広い範囲で釣果が上がった。特に年明けからは、太平海岸からモッタ海岸や元町海岸、赤灯、18番に千走と釣果が上昇、それまで不調だったフライの釣果登録件数も増えてきた。

 ジャンル別のここまでの釣果登録は、ルアーが56件、フライ8件とルアーが圧倒している。しかし、例年2月以降はベイトの変化でフライの釣果が高まる傾向にあるので、フライの期待は高まる。

2018y01m18d_113222772.jpg
 1月15日までの記録は、12月22日に生コン会社の前浜と、1月13日にコベチャ海岸でヒットさせた73cmが最長。これに12月9日の千走と、1月13日に元町海岸で上げた72cmが続く。
  前大会では、1月末の釣果登録件数が160件を越えたが、今年はこのままでいくと大きく下回りそう。

 こうして活況を呈するあめますダービーだが、12月に時化の太平の岩場でダービー参加者が、海上保安庁のヘリコプターで救助されるという事件が発生。過熱するダービーに一石を投じた。
 大会実行委員会は1月9日、これから同様の事件が発生した場合、最悪の事態として大会中止もありえると、警鐘を促している。くれぐれも安全第一の釣行を。

写真は@12月22日に登録された73cmのあめますAB1月17日朝の島牧海岸の様子(元町海岸、千走漁港)
 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)