2017年08月17日

豊平川上流部に流れ出る支流の源流へ



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 荒れ果てた登山道の向こうに大型アメマス

 8月16日、豊平川上流に流れ出る支流の源流部に近い渓流を訪ねた。登山ルートにもなっている林道に沿って流れるこの渓流は、上流で二股に分かれる。二股の右と左の川の上には、それぞれ登坂ルートが設けられている。
 結局は同じ山に向かう訳だが、右の登坂ルートが主流で、左のルートは現在ほとんど使用されていないようだ。2年前にこの渓流を訪れた時には、登坂ルートを兼ねた左側の林道は、しっかりと役割を果たしていたのに。
2017y08m17d_111820478.jpg 

2017y08m17d_111923894.jpg









 今回同じルートを辿り、左側の登坂ルートに沿って流れる渓流の奥まで足を進めたが、二股地点からは藪だらけで見る影もないほど荒れ果てていた。
 現在の正規登坂ルートでなくなったのが原因なのだろうが、藪の下に残された轍だけが、かつて林道だったことを教えてくれた。

 午前8時40分、ほとんど藪漕ぎと変わらない状態で、二股の左登坂ルートを登り始めた。深い谷底からは、激流が崖に当たって起きる、ゴーという地鳴りのような音が聞こえてくる。目的地はここから40分先、スタート地点からは1時間少々の行程だ。
 2年前は、この爆音が届かなくなる地点まで足を進めたが、今回はいつまでたってもその音が消えない。もしかして、行き止まりの沢を通り越して、獣道に入ってしまったのでは、と崖の後ろを確認。先ほど通り過ぎた、手前の一の沢から僅かしか歩いていない。どうも、藪だらけの道が距離感を狂わせたようだ。
2017y08m17d_112033311.jpg

 そこから程なくして、林道はようやく行き止まりに。この先は、崖が続いて歩行はできない。山頂に向かうハイカーは、一度ここから沢を下って、谷底の川づたいに頂上を目指す。目的は違うが、自分も渓流に降りるために沢を下る。その沢は、崖の下の藪の中にあった。

 沢から谷底の渓流までは50メートルほどだが、沢の傾斜は40度と急勾配。足を滑らせたら、真っ逆さまに川に叩きつけられる。恐る恐る足元を確認しながら、谷底に着いたときには緊張感が解けて、思わず岩にへたりこんでしまった。
2017y08m17d_113659041.jpg

2017y08m17d_113249746.jpg










 さて、2年ぶりの渓流。前回は淵や流れ出し、落ち込みや平瀬などの段差のあるポイントから、20センチ強のアメマスが次々にヒットした。最大で尺を越えた魚も手にした。それも、僅か200メートルの区間でのこと。
 今回は、前回のような鉄砲水の心配も無く、登り詰めることのできる所まで行くことにした。

 まず、先ほどの枯れ沢の下に作られた平瀬に、#12のメイフライを打ち込む。すると、すぐに15センチほどのアメマスがフライを引き込む。その隣の小淵に打ち込むと、また同じようなサイズがヒットする。前回のような20センチ越えはこない。 
 フライを#10のカディスに変更すると、狙い通りに25センチほどのアメマスがヒット。しばらく行った上流の平瀬からは尺越えも飛び出した。ひとつのポイントで、必ず1匹は反応するほど魚影が濃い。

 大淵の岩の影に落としたフライには、見た目で40センチを越えた大物がヒットした。しかし針がかりが浅く、痛恨のバラシ。もしかして、渓流ではこれまで最大ではなかったか、というほどの大型アメマス。悔しさが募る。(その瞬間は、ビデオカメラでしっかりと撮影)

 釣り上がるほどに魅力的なポイントが現れる。特に水嵩のある平瀬では、フライが着水すると同時にヒットするほど活性化している。
 ただ、20センチ前後のサイズばかりで、先ほどのような40センチ越えの魚は出てこない。
2017y08m17d_114055546.jpg 

 2時間ほど釣り上がったときに、上流に小滝が現れた。高さは4〜5メートルほどで、足場が無く高巻きは難しそう。釜は3〜4メートルほどの深さなのか、底が見えない。
 ここには大物が潜んでいるはずと、滝の落ち込み際にフライを落とす。すると、底からフライを目がけて大きな魚が浮上。フライに食いつくが、すぐに吐き出す。正体を見極められたようで、その後二度と出てこなかった。

 今回の釣行はここで終了。狙っていた大物を手にすることはできなかったが、魚影の濃さは想像以上。しっかりと子孫を残したアメマスがいたことに安堵。年寄りには余りにも過酷な行程から、二度と来ることは無いかもしれないが、いつまでもこの姿を保ち続けてもらいたい、と願っている。


写真は@藪と化した林道。かすかに残る轍だけが頼りA崖下の渓流。手付かずのポイントが築かれているBカディスにきた尺アメマスと20センチ級のアメマスC上流部に出現した小滝。高巻きは難しそう

   にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




2017年08月14日

6基の堰堤を越えた先は



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 豊平川支流の源流に釣行したが・・・

 苫小牧東港に釣行した次の日の8月10日、夕方まで時間ができたので、以前から考えていた豊平川支流の最上流部に行くことにした。この川は、下流から中流域は何度も入ったことはあるが、上流部は様々な問題から足を踏み入れたことがなかった。
 ひとつは、山深い場所ならではの、熊の相次ぐ出没。もうひとつは、堰堤や砂防ダムが連続して構築されていて、それを高巻きしなければ上流に出ることができないこと。
 実際に、どれだけの砂防ダムが設けられているのか、地図の上では判断できない。
2017y08m14d_084545128.jpg

 10日は午前8時に現地到着、車で行ける最後の場所から入渓した。入渓した地点の川幅は3〜4メートルで、段差の少ない流れを形成しており、山岳渓流としては比較的穏やかな渓相だ。

 ここから釣り下り、虹鱒ややまめを狙うのが一般的らしいが、堰堤を越えた上流は、「岩魚や虹鱒の魚影が濃い」との話が、釣りのガイドブックに記載されている。それを確かめるために今回の入渓となった。

 入渓地点からすぐ上流は、滑床と大岩の交差したポイントが続き、その地形が作る流れ出しや平瀬、淵は、見た目にも魚が居付いていそうな感じがする。しかし、ここからすぐ上流の堰堤までの区間を、以前にもフライで釣り上がったことがあったが、見た目とは裏腹に魚の気配はなかった。
 それは今回も同じで、魅力的に思えるポイントに打ち込んだカディスは、何の反応も無くただ流れでるだけ。
2017y08m14d_085210562.jpg

 だからこそ、この堰堤を越えた上流部がどうなっているのか、ガイドブックに記された話が本当なのか、を確かめたかった。
 まずは、堰堤下の落ち込みの釣りもそこそこに、堰堤を高巻きして上流に出た。昇った堰堤の上から上流を見渡すと、そこから100メートル先に砂防ダムの姿が見えた。この区間は、当然魚の気配はない。
 そしてまた砂防ダムを高巻き。今度は少し距離は長いものの、再度上流に堰堤が登場。もちろん、この区間も竿をだしたが、魚はいなかった。

 そしてまたまた堰堤が・・・・。ダムや堰堤がどこま続くのだろう、と不安になりながら6度目の高巻きを終えた。
 今回でようやく連続する砂防ダムを昇りきったようで、上流には行く手を阻む構築物の姿が見えない。(後で地図を詳細に見ると、ここから2キロ先にも堰堤らしき印がついていた)

 渓相も、下流とは打って変わって荒々しい岩だらけの本格的な山岳渓流。「ここまで遡行すれば魚はいるだろう」と、大岩の作る流れ出しや肩、小渕にドライフライを打ち込む。が、下流域と同じように、フライはピクリともしない。
2017y08m14d_085713030.jpg

 これまでの渓流釣行で、下流や中流域で魚の姿はなくても、上流で思いもかけない魚影の濃さを何度か経験してきた。
多分、この渓流もそのひとつだろう、と期待を募らせたが、そうではなかったようだ。

 遅かれ早かれ、この渓流の上流釣行を行なうことを決めていた。今回の釣行でその結論が出た訳だが、入ったタイミングが悪かったのか、それとも魚住まずの場所なのかは判断がつかない。

写真は@入渓地点から200メートルほど上流に構築された堰堤A3つ目の堰堤から下流を望むB連続する堰堤や砂防ダム群を越えた上流に行き着いたが、ここも魚影は確認できなかった

  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





posted by bukki at 09:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 源流釣行

2017年08月11日

台風の直前に苫小牧東港へ釣行



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 ナブラ相次ぎ出没も、ふくらぎは確認できず

 8月9日の釣行先は、久しぶりの苫小牧東港。東港は、今年も1月から6月までの間、ショアトラウトを狙って何度も通った。それ以来の釣行だから、2ヶ月ぶりに訪れたことになる。

 ブログにコメントを寄せていただいている「釣り命」さんの、「東港内でふくらぎをヒットさせた」、という情報に惹かれて、今回の釣行となった。東港で、実際にどのような釣りが行なわれているのか、その様子を見ることが主眼。あわよくば、自分もふくらぎを釣り上げようなどとは夢にも思っていない。
2017y08m11d_115059277.jpg

 たださすがに、台風5号が北海道に上陸するというその日に、釣行することはないのでは、と思ったのは事実。それにも関わらず、「行ったら行ったで何とかなるだろう」と、開き直って車を走らせる自分が怖い。

 現地到着は午前4時を少し回ったところ。辺りを見渡すと、いつも混雑しているフェンス前には4人の釣人しかいない。そのいずれも、まだ暗い海面に向かって、黙々とルアーを投じている。

 到着してからしばらくして、東の空に真っ赤に染まった朝焼けが登場。そして、周り一帯を幻想的な大気が包み込むように、厚い雲間を通してまばゆく輝く陽の光が差し込んできた。それもこれも台風の予兆なのだろうが、なかなか見ることのできない景色。

 しばし気象ショーを見物してから、海面に目を向けた。先ほどから、小さなナブラが右に左に移動しているのが分かっていたが、あれは一体何の魚か。そこへ大型の魚が飛び込み、ナブラは四散して形が崩れる。そしてまた、ひとつにまとまって移動する。
2017y08m11d_115203351.jpg

 ナブラとは別に、30〜40センチの魚が頻繁にジャンプを繰り返す。飛び跳ねているのはボラだろう、と見当をつけたが、ナブラを追い掛け回す大型の白い魚は何だろう。

 先着のアングラーが、そのナブラに向けてルアーを打ち込んでいるが、誰のロッドにもアタリらしきものはない。これだけ派手に海面がざわついているというのに。
 ルアーに反応するふくらぎだったら、すでに誰かが釣り上げているだろう。それが上がっていないということは、あの白い魚はふくらぎではないようだ。

 自分も、メタルジグをナブラの周りに打ち込んではフォールを繰り返す。が、反応する魚はいない。試しにミノーを投じたところ、今度は有に40センチはありそうな体の白い魚が追ってきた。だが、その魚は体が角張っていて、流線型のふくらぎとは全く違う。多分ボラなのだろう、ジグに反応しない理由もそれで説明が付く。
2017y08m11d_115614755.jpg

 ならばと、今度は小さなスプーンを打ち込む。しっかりと沈めてからリトリーブすると、今日初めてのゴツンというアタリ。海面に姿を現すまでは、ボラかふくらぎだろうと思っていたのだが。それは、あいにくの40センチほどのうぐい。力が一気に抜けてしまった。

 時間が増すごとに、台風に伴う厚い雲が押し寄せてくる。釣りを開始してから3時間ほど経ったのだろうか、辺りが一気に暗くなり、雨が本降りとなってきた。当初の目的は果たせなかったが、これを切っ掛けに帰ることにした。
 
 台風の合間の釣りは、追っかけられているようで忙しない。しかし、いつもは見ることのできない風景を見ただけでも、得した気分となった。

写真は@朝焼けに染まる苫小牧東港の空A東の空からは黄金色に輝く太陽が顔を出したB台風が近づいているというのに、海面には波ひとつない


   にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




2017年08月03日

今年3回目の支笏湖、美笛でも撃沈



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



  場所を変えた小渓流でやまめと遊ぶ

 今回の更新ブログで、今年初めて支笏湖への釣行を掲載する。実際には6月、7月と2度ほど赴いたが、思った釣果が得られなかったことから、更新を取りやめた。
 6月に訪れたのは、樹木の枝が湖岸に張り出した虹鱒橋下のポイント。ここはブログで何度か取り上げているので、ご記憶の方もいると思う。4時間粘って30センチのうぐいが1匹だけと、情けない結果となった。
2017y08m02d_134715899.jpg

 次は7月中旬の北岸・伊藤温泉前。昨年の例に倣い、蝉フライを用意して大型トラウトを狙ったが、ここもチビアメマス1匹だけ。いずれも、朝まずめに合わせるために5時前に入湖。時間的には問題がなかったはずなのだが、どうも嫌われてしまったようだ。

 今回8月1日の釣行先は、支笏湖で1級ポイントといわれる美笛川河口。初めの計画は、超激戦ポイントのこの場所ではなく、隣のニナル川河口。美笛キャンプ場を経由した湖岸ルートか、オコタンペキャンプ場につながる道々37号線経由での山道ルートのいずれかを考えていた。

 どちらも徒歩で40分ほどかかるが、この時間はキャンプ場が営業していないために、山道ルートを選んだ。
 ところが、ゲートの閉じられた道路の手前に、工事用のロープが張られて車を停めるスペースがない。途中の美笛橋のたもとまで戻れば停める事はできるが、どうも山道の奥の方で工事が進められている様子。なので、ニナル川河口を諦めて、今来た道を引き返し美笛川河口に向かう。

 そしてまた問題が。これまでは、美笛川河口付近まで車を直接乗り付けることができたのに、その入口の湖岸にあるヒメマス釣り用の貸しボート乗場が、一般の釣船で一杯になっていた。さらに、河口に向かうあぜ道にロープが張られて通行できない。

 いつからこうした状況になったのか。仕方なく、交通の邪魔にならない、ロープからかなり離れた場所に車を止め、徒歩で河口を目指した。
 こうした状況だからなのか、河口にはルアーを操るアングラーが1人だけ。美笛川の流れ出しに立ちこんで、黙々とロッドを振っていた。

 幸いに天気は薄曇りだったが、波は一つも無い。だから、ボイルやライズはすぐに発見できる。小さな魚のナブラが、湖岸の浅い場所で頻発。その付近で小さなライズが多数起きていた。

 沖合い30メートル付近では、そこそこの型と思われる魚のライズが頻繁に見られる。虹鱒だろうか、20センチから40センチを越えた魚が、ジャンプを繰り返して姿をさらけ出していた。
2017y08m02d_134621404.jpg

 さすが、美笛川河口の朝まずめ。他の場所ではこうした派手なライズを見ることは少ない。場所を変えて正解だった、と思ったのもつかの間、沖のライズやボイルに打ち込んだミノーを追ってくる魚がいない。

 書き忘れたが、フライの遠投力に自信がないことから、今回はルアーとフライの二刀流で臨んだ。ルアーで広範囲を探り、近場のライズはフライを打ち込むことにした。

 しかし、いつの間にか主役はルアーとなり、ライズが起こるたびにスプーンやミノーを打ち込んだ。ルアーの届かないところで、大型魚がジャンプを頻繁に繰りかえす。そして、沖合い30メートル付近では中型の魚なのか、ライズが右に左に移動する。

 こんな状況なのに、小魚さえもヒットしない。仕方なくフライにチェンジ、大型カディスを結んでライズの多発する場所に打ち込む。が、フライのすぐ横でライズが起きているのに、カディスはピクリともしない。
 今度は、マラブーを沈めてはリトリーブを繰り返す。それでもアタリはこない。「こいつらは、一体何を食べているのだろう」と、半分諦めモードに。

 河口の先端にいたアングラーはすでに撤退、新しく来たアングラーもいつの間にかいなくなった。
 これが支笏湖・美笛川河口の平常なのだろうか。それとも、朝まずめではなく、夕まずめが正解だったのでは。
2017y08m02d_134835779.jpg
 
 ここでは魚を見ることが叶わないと、支笏湖から40分ほど先にある渓流を訪ねることにした。
 そこは、以前から興味を持っていた小河川。こんな時でもなければ入ることの無い渓流で、何が棲息しているのか、どの水系なのかも分からない。

 林道を走り行き着いたのは、山岳にしては穏やかな流れの小さな渓流。川の規模からしたら、無謀とも思える大型のフライを結んで、小さな落ち込みに第一投。
 底からフライを突く魚を確認するが、当然ヒットはしない。上流の早瀬で初めてヒット。釣れたのは13〜14センチのやまめだった。その後も、同じようなサイズのやまめのヒットが続く。こんなに小さな川なのに魚影は豊かだ。
2017y08m02d_135311233.jpg

2017y08m02d_135614458.jpg





 迎えた砂防ダムを高巻して上流へ。今度は岩魚がいるのかもと期待したが、平坦な流れが奥まで続いて、魚影は確認できなかった。
 「自分には、大型魚よりも小型の魚が向いているのかもしれない」、そう思わせる1日となった。

写真は@まぶしく輝く支笏湖の朝焼けAB沖でライズが頻繁に起きていた美笛川河口の様子C支笏湖の後に訪れた小さな渓流Dそこでフライにきたやまめたち


   にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




2017年07月28日

新冠川中流域を釣行したが・・・



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



新子やまめは濃いが、型物の姿なし

 今年は、新しいポイントの開拓をテーマに、これまで行ったことのない場所に釣行したいと考えている。実際に釣行したのは、前回更新した白老にある渓流の1箇所だけだが、行きたい河川や湖は山ほどある。

 26日に訪れた新冠川もそのひとつ。ここは、大型やまめで知られる人気河川。20数年前に、1度だけ下流でルアー釣りを行なった経験があるが、当時から大物の棲息する気配を感じていた。

 今回、新冠川釣行を後押しをしてくれたのは、日高門別港や鵡川漁港でのショアトラウト釣行にコメントを寄せていただいた「カメさん」の「ブログで取り上げられた日高門別港や鵡川漁港は、サクラマスが濃い場所ではない。かえって、新冠川河口の方が期待ができる」という言葉から。

 新冠川が、やまめの超激戦区だというのは、以前から聞いていたが、河口でそれだけサクラマスが濃いのならば、上流では大型やまめも期待できるのでは、ということから今回釣行することにした。
 2017y07m28d_153249826.jpg

 ただ、具体的なポイントが分からない。そのため、昔発刊された釣りのポイントが記述された雑誌を片手に、カーナビ頼りで川を溯ることに。目指したのは新冠大橋。
 そこに行き着く前に、川の流れを確認するため、出会った橋々で車を停めて上流下流を眺める。が、いずれも水量が多くて遡行は難しそう。

 ようやく遡行できそうな景色となったのは、泉地区に架かる御影橋から。そこから、川に沿って延びる小さな道路に入った。しばらく道なりに行くと、魚道の設置された堰堤が現れた。
 ここも人気ポイントらしく、針や仕掛けの入っていた空箱があちこちに残されていた。
2017y07m28d_154117994.jpg

 早速フライを準備。堰堤の落ち込みに#10のカディスを投入したが、全く反応がない。仕方なく、下流の瀬の脇に打ち込むと、川底から小さな魚がフライに飛びつく。
 それが頻繁に起きるが、フライが大きすぎて針がかりしない。どうも、5〜6センチの新子やまめのようだ。

 堰堤の上流が気にかかり、魚道横の梯子をよじ登って上へ。そこは、下流とは異なる緩やかな流れが続いていて、カーブ付近では大淵が作られていた。ルアーには丁度よい流れだが、フライはどうか。
 初めはドライで、次にニンフを打ち込んだが、小魚さえも反応しない。先ほどの下流の瀬脇のほうがアタリがくるのは、どうしたことか。
 この場所から上流に釣り上がるには、水量が多くて危険なために、本来の目的地の新冠大橋に向かう。

 ようやく現れた新冠大橋の上流には、先ほどよりも大きな淵と、水深のある平瀬が続いていた。だが、釣り上がるには高巻きする必要があり、今回は無理してまで上流に拘らないことにした。

 橋の横から支流も流れ出ているので、いざとなったらこの支流を溯ることにして、まずは大淵を目指す。ここも、フライよりはルアーに適した場所なのだろう、攻略が難しかった。
 時間的にも午前7時を回ったところで、陽はぐんぐん上昇。陽が昇る前の、朝まず目ならば可能性はあるだろうが、この条件のもとでは難しい。実際に、日陰のない淵の底から飛び出る魚はいないかった。
2017y07m28d_154411428.jpg

 夏のやまめや虹鱒は、流芯に溜まることが多いことから、今度は早瀬に乗せて様子を見る。すると、早瀬から瀬脇にかけて小さな魚が何度もフライに飛びつくが、ヒットしない。
 どうも、先ほどと同じく新子やまめのようだ。新子だけを見れば、魚影は濃いのだが。
 
 支流はどうか、と今度は支流に向かう。
 この渓流は、最大でも2メートルほどの川幅で、普通ならば竿を出さない場所。まずは、何が棲息しているのかと、小さな落ち込みに#12のメイフライを流す。すると、すぐにフライをくわえて底に潜ろうとする。 
 ヒットしたのは、10センチに満たないチビやまめだった。魚を確認したことで、この渓流では深追いするのを止めた。
2017y07m28d_155700001.jpg

 やはり正確な情報がないと、新規のポイント攻略が難しいと感じさせる釣行となった。

 ちなみに、2年前の夏に、新冠川の隣の静内川に合流するシュンベツ川を、釣り下がってきた釣人と話をした。その釣人の魚篭の中には、5〜6センチの新子やまめが20数匹。
 やまめの解禁後、多くの釣人が入ったことから、型物がほとんどいなくなったという。多分、新冠川でも同じような状況なのだろう。それとも場所の問題か。

写真は@御影橋の上流に設置された堰堤。落ち込みでは反応がなかったが、瀬脇で新子やまめがフライをいたずらするA新冠大橋から見た下流部。上流部は大淵と平瀬が連続しているB新冠大橋の横に流れ出る支流C支流の落ち込みでヒットしたチビやまめ
 

   にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)