2019年02月15日

静内海岸目指すも、なぜか積丹先端へ



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



 気温低下とベイドの岸寄りの遅れが釣果に影響

 今年に入ってからのショアトラウトの釣行先は、積丹の各ポイントと日高の2港、浜益の3か所に集中している。昨年と比較すると、苫小牧東港が入っていないくらいで、おおよそ同じパターンで釣行していることになる。

 大きく異なるのは、この時期になっても釣果の上がらないこと。昨年の今時期は、鉄板ポイントの苫東で何本もアメマスを釣りあげた。
 苫東に釣行すればハズレのない釣りを楽しめたが、今は敷地内の通行禁止措置が取られたために、いざという時の逃げ場がなくなってしまった。
 不思議なもので、何処かのポイントで釣果がでると、それまでヒットしなかった場所でも釣果のあがることがある。その火付け役が、自分にとっては苫小牧東港のフェンス前だった。なので、いつまで敷地内の通行禁止措置が続くのか、非常に気になる。

 この苫東に替わるポイント開拓を、今年のショアトラウト釣行のテーマに置いた。しかし、道央圏という限られたエリアの中では、そう簡単に見つかりそうもない。実績のある場所ならば、皆こぞって釣行しているはず。
 例えば島牧や瀬棚など。それは分かっているが、日帰りルートの釣行先としては余りにも遠すぎて、月に何度も訪れるのは難しい。

 そのポイント開拓のひとつとして、2月13日に静内川河口と新冠海岸への釣行を計画した。朝4時に家を出て、北広島から日高・厚賀まで高速で行くと、現地到着は日の出前後となる。

 この静内と新冠海岸は、アメマスやサクラマスは勿論、降海型の虹鱒・スチールヘッドとブラウントラウトの降海型シートラウトが、3月以降川を遡上することで知られている。
2019y02m15d_110736994.jpg

 そうめったに釣れることはないようだが、3月からこの2種のトラウトを狙ったアングラーが川の下流や中流に多く集まっているとのブログを読んだ。
 ならば、遡上前には河口に溜まっているのではないか、との想いから過去に4回ばかり静内海岸と新冠川河口に釣行した。しかし、季節が早かったのか、あるいは遅すぎたのか、いずれもノーヒットで終わった。

 今回は遡上シーズンには一月ほど早めだが、波風もよさそうなのでサーフで気持ち良く竿を振ることができるのでは、と心は日高路へ。ところが、高速の出るまでの一般道路で幾度も赤信号に引っかかる。

 そして、突然ミニパトカーが横から現れて車道の先頭に。すっかり時間を取られて、着いた北広島インターの電光看板には「鵡川ー日高富川間が工事のため通行止め」の案内。
 鵡川で高速を降りて国道を走っても、静内まではそう時間はかからないと思う。ただ、ここまで行く手を邪魔するのは、この先で何かが起きるからでは。
 
 こうした事が重なるのは悪い兆候、という過去の経験から、急きょ行先を変えて小樽・余市方面へ。前回の釣行で竿を出せなかった、余別来岸に向かうことにした。

 小樽方向に走って暫くすると、急に眠気がさしてきた。それも尋常ではないほど瞼が重い。何とか金山パーキングまで走り、すぐに仮眠を取った。1時間ほど寝て小樽方向に向かうが、暫く走って再び眠気が強まる。余市まで我慢して、余市川漁港で再び仮眠。ここでも1時間ほど眠ったが、眠気は残っているようだ。
2019y02m15d_111201072.jpg

 ようやく積丹の先端に到着。途中の余別川の河口では、アングラーが2人ロッドを振っていたほかは釣人は見当たらない。着いた神岬漁港は人影がない。内防波堤から、波の荒いワンド方向にジグやジグミノーを打ち込んではリトリーブを繰り返す。

 1時間ほどしてもアタリが来ないので、Uターンして余別来岸海岸へ。ここでは、きびなご餌の浮き釣りで様子を見ることにした。浮き釣りにアタリがあればルアーに変更する予定。
 
 気温は-7、8℃か。風が強い分、体感温度は-10℃以下に感じる。ここでも2時間ほど粘ったが、一度もアタリは来なかった。その中で、波打ち際に立ちこんで熱心にロッドを振るアングラーを見かけた。しかし釣果には結びつかなかったようだ。
2019y02m15d_110935239.jpg

 どうもこの低調ぶりは、寒気の強さとチカやおおなごなどのベイドの岸寄りの遅れが原因と思われる。ベイドが寄ってくるまで釣果は難しいかもしれない。
 それにしても、静内行きを変更させた原因は何だったのだろうか。

写真@積丹の先端、神岬漁港で竿を出したがアタリはこなかったA吹きすさぶ余別来岸海岸。ここではきびなご餌の浮き釣りに徹したが、魚影は確認できずB立ちこんで熱心に竿を振るアングラーだが釣果のほうは・・・
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2019年02月10日

 荒天続きの狭間に積丹釣行



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


兜千畳敷でようやく竿を出せたが・・・

1月中旬に一度訪れて、荒れた天気のせいで竿を出すことなく引き上げた泊村の兜千畳敷。2月6日に、その兜千畳敷でようやく竿を出すことができた。
ここは、ホッケやカレイの早場として有名だが、夏のブリ、早春から初夏のサクラマスなどの回遊魚のポイントとしても知られる。
 ただ、冬については入るタイミングの難しい場所で、1月から3月にかけて凪いでいる日は数えるほど。岩盤が波に洗われているの当たり前の風景となっている。
2019y02m10d_103255381.jpg

 この場所に1昨年の1月、何の情報も持たずに初めて釣行した。その時の模様はyoutubeに投稿しているので、ご覧になった方も多いと思う。
 昨年冬も4度挑戦して、実際に竿を出すことができたのは1度だけ。あとの3回は、強風と大波ですごすごと退散するしかなかった。
 そして今年も2回目でようやく釣行が叶った。
 問題は、1昨年のようにサクラマスが回遊しているのかということ。サクラマスがいなくても、外道でホッケが期待できる。そう考えての釣行だったが、考えが甘すぎた。
2019y02m10d_102638180.jpg

 現地到着は午前4時。この時間に兜千畳敷の駐車場には1台の車も見あたらない。日の出まではまだ3時間近くあるので、波の音を聞きながらしばしの仮眠。
 2時間ほどして駐車場に続々と車が入ってきた。その中の1台からヘッドライトを付けた2人組が降りて、岩盤に向かう崖を下り始めた。 それを合図に、車中で待機していた釣人が次々と千畳敷に向かう。
 遅れてはなるか、と自分も岩盤の先端を目指して急な崖を下る。
 
 千畳敷先端には、すでに投げ釣りの支度を始めていた2人組の釣人が。そこから少し離れた左側に場所を構えてルアー釣りの用意をしていると、今度は自分の左側に釣人が投げ釣りの準備を始めた。
 そのため、ルアーを広範囲に投じることが難しくなり、真正面だけに投じるしかでききなくなった。
 
 両脇陣取った3人の投げ釣り師は苦戦している様子。2時間で、手の平カレイ1匹と小ぶりなホッケが1匹という釣果。それでもアタリがくるだけ増しだろう。自分はというと、メタルジグからジグミノー、ミノーとルアーをチェンジしても一向に反応がない
 
 周りを見渡すと、千畳敷の基部に釣人が6〜7人1列に並んで竿を振っている。遠目からは、ルアーでショアトラウトを狙っているとしか思えないが、ヒットさせた様子は伺えない。
 2019y02m10d_102908420.jpg

 結局、7時から11時まで粘ったが、今回もノーヒットで終わった。これだけ条件に恵まれた釣行だったのに、魚がいないのならば仕方がない。

 諦めきれずに、今度は西積丹から積丹先端を目指す。その余別来岸漁港に着いたの昼直前。波は2メートルほどと問題はないが、半島の先端に近づくごとに雪が多くなり、ついには吹雪模様に変わった。これでは、竿を出すことが容易でなく、新たな場所を選択する。
 
 そこで帰路の途中にある美国に寄ることにした、風裏にあたる美国の小泊海岸は、予想通り波風ともに穏やかだったが、極端な引き潮。小元々遠浅なのに、波頭は30メートルほど先で発生。その先から徐々に深くなっていく。なので、20メートルほど沖に立ちこみ、深場を狙う事にした。
2019y02m10d_103033859.jpg

 距離を稼げるメタルジグやジグミノーのほか、重量のあるミノーまで動員して広範囲にルアーを打ち込む。が、ここも2時間ほど粘ったものの反応は全くない。時間が遅すぎたのか、潮周りが悪かったのか。それとも岸寄りしていないのか。
 この分では、今年のショアトラウトの初釣果はまだ先になりそうだ。

写真@泊村・兜千畳敷の岩盤の先端。暗いうちから投げ釣りを行う釣人もA波風とともに恵まれたが釣果は伴わなかった。岩盤基部にはショアトラウト狙いの多くのアングラーが竿を出していたB引き潮の美国・小泊海岸C岸から20メートル先に立ちこんで竿を振ったがアタリは来なかった


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2019年02月04日

浜益に今季初釣行、シーズンインはまだ先か



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



島牧あめますダービー、開幕2か月間で69匹


 今年のショアトラウト釣行では、1月中旬に積丹と日高方面に、そして1月29日に浜益海岸にも出向いて例年の釣行先への訪問を終えた。ただ、釣果ということでは未だ実績はなく、かなりの焦りが高じている。

 浜益海岸へは、道央の南側日本海とくに積丹が大時化となった中での釣行で、正直大荒れの海岸を覚悟していた。現地到着は午前10時と、いつもより3時間ほど遅い立ち上がり。
2019y02m04d_113142907.jpg

 気がかりだった風はほとんどなかったが、2〜3メートルの波が沖合の各所でウサギを走らさせていた。海岸では、毘砂別川河口にアングラーを一人見かけただけ。時間的に遅いことから、すでに引き上げたのか。あるいは、時化を恐れたのか、全くの無人状態。

 こうした状況でも、大時化によって底が削られて深くなった、波の死んだ場所が所々に見られ、そうした場所を探しながらランガン。竿を出せる場所では集中的にルアーを投じた。

 翌30日に同じ場所に赴いたkojiさん(ブログ:この辺釣れマスか)のお話では、アメマスがポツリポツリと上がり始めたとの事。確かに、まだシーズンには早いようで、自分も4時間粘ったが一度のアタリも来なかった。

 これではブログの更新記事にならないので、開幕から2か月が経過した「2019 あめますダービーin島牧大会」の直近の様子を掲載する。
image(62).jpg

 昨年12月から今年1月30日までの釣果登録(一般ルアー・フライは尾叉長50センチ以上、ジュニア・レディース40センチ以上)は69匹。内訳は40〜59センチが18匹、60〜64センチが27匹、65〜69センチが16匹、そして70センチ以上が8匹。

 ジャンル別では、64匹がルアーで5匹がフライと、ルアーが大きくリードしている。
 また、ポイント別のヒット数は、18番が19匹、元町9匹、千走9匹、栄浜5匹、太平と赤灯、原歌海岸がそれぞれ4匹で、残り39匹は原折川河口やモッタ温泉前、植車、生コン前など。
2019y02m04d_113704862.jpg

 ヒットルアーは、アスリートの各種類が20匹と圧倒的で、単にミノーやジグ、ジグミノーと記載されるケースも多い。またフライはストリーマーが3匹で、チャーリーとゴッコフライが各1匹ずつ。

 これまでの最長は、1月28日に栄浜で赤塚勉氏がヒットさせた74センチ。次いで、1月26日に元町で松田直樹氏が上げた73センチ。以下72センチから70センチまで6人が続く。
 これからの島牧海岸は、シュリンプの岸寄が進んでいくためにフライの釣果が高まっていくものと見られる。

写真@高波が押し寄せる浜益海岸A1月28日に赤塚勉氏がヒットさせた74センチのアメマスB2月4日時点の元町海岸の様子
 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2019年01月28日

日本海の荒天を避け日高路に釣行



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



苫小牧東港フェンス前の立ち入り禁止続く

 まだ年明けから1か月も経過していないが、何故か休日と天候の悪化が重なる日が多い。釣行を計画して取り止めた日が、このひと月の間に3日ほどあった。この釣行が全てブログに掲載できれば、月末まできて更新にジタバタすることもなかったはず。

 その中で、何とか釣行できたのは1月25日。当日は日本海で風雪が吹き荒れ、札幌でも降雪量が1日で20センチを上回った。そんな天候で、普通ならばとても釣行などは考えられない状況だった。
2019y01m28d_111726584.jpg

 しかし、月末まであと僅かなのにブログの更新がままならないという焦りから、比較的天候の落ち着いていそうな日高路を選択した。立ち上がりが午前8時と遅かったために、予定した日高門別の到着は10時を過ぎる見通し。

 もう少し時間に余裕があれば、新冠川河口海岸や静内川河口海岸も考えていた。だが、今回は日高釣行の初っ端として、日高門別とむかわ漁港を選択した。その後は、苫小牧東港の現状を確認することに。

 とはいうものの、釣果の見通しが立っての釣行ではない。どちらかといえば、ショアトラウトではそれほど実績のない場所で、今回は様子見の現地訪問と割り切った。

 日高門別までの海岸線は、遠目で見る限りでは風もなく波も落ち着いている。これが日本海ならば大時化だっただろう。

 日高門別漁港に到着したのは、予定通り午前10時。漁港内はこの時期、船揚場付近でアメマスを狙うアングラーを見かけることが多いが、チカ釣りらしい3組の釣師が竿を並べていたほかは人影がない。その船揚場の前後を狙って、13グラムのスプーンを投じる。地元の釣人に聞いた話では、ここは軽いスプーンに実績があるとのこと。
2019y01m28d_112031269.jpg


 トイッチングを加えたり速度を変えて巻き上げするが、これを追う魚の姿はない。もう少し早い時間ならば、それなりのアタリがあったのかもしれない。ここで1時間ほど粘ってから、次に向かうのはむかわ漁港。

 むかわ漁港のショアトラウトのポイントは船揚場付近。日高門別漁港よりも広い港なので、遠投して広範囲を探ることに。その第1投を巻き上げる途中にゴツゴツと、スプーンにアタリ。
 
 ヒットしないままに手元に引き上げる寸前、40センチほどの茶色の魚がルアーを追ってきた。
 第1投から魚影を確認できたことから、本気になってルアーを投じるが、その後のアタリは皆無。時間はすでに午後1時を回っており、次の予定地の苫小牧東港に向かう。

 苫小牧東港は、胆振東部地震による道路の液状化現象で立ち入りが禁止された。その後の情報が入ってこないために、直接様子を見ることにした。残念ながらまだ一般車両は通行止め状態で、港内にはいることができない。
 
 せめて、フェンス前まで歩いて行けるのならば、と遠目に排水基部を眺めるが、徒歩でも港内の立ち入りが規制されているのか、釣人の姿は見えない。

 この苫小牧東港フェンス前の代替ポイントとして、同じ東港内の一本防波堤にアングラーが集まっているとの話を聞いた。それを確かめるために再度移動。確かに、防波堤には2組のアングラーがルアーを投じていたが、あまり芳しくない様子。
2019y01m28d_112118412.jpg

 せっかくここまで来たのだからと、一本防波堤横のほとんど波のないサーフで1時間ほどルアーを遠投。一度もアタリは来なかったが、目の錯覚か沖合30メートルほどのところにイルカらしき姿を確認した。
 
 今回の釣行も全てウェアラブル・ビデオカメラで撮影している。そこに映っているものと再生してみたが、黒い影が波間に現れて消える瞬間しか記録されていなかった。肉眼で見た尾びれや黒光りする体型から、確かにイルカだと思ったのだが・・・。

 今回の釣行も、日本海側の悪天候を突いたとはいえ完敗だった。アマちゃんさんから紹介された、海の気象アプリを活用して無駄足にならなかったことが救いだった。

写真@シーズンになるとサクラマスも入ってくる日高門別漁港Aむかわ漁港の船揚場付近。遠投したルアーを、40センチほどの茶色の魚が追ってきたが、ヒットさせることはできなかったB苫小牧東港の一本防波堤横のサーフ。ここもサクラマスのポイントとして知られるようになってきた


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





2019年01月18日

後悔だけが残った今年の初釣行



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


兜千畳敷を諦めて珊内漁港、余別漁港へ


 1月も中旬となるのに、まだ今年の初釣行記事をまとめられないでいる。少し古い話だが、今年第1号の釣行先は、1月8日に向かった泊村近辺と積丹の先端3カ所。積丹半島を挟んだ左右の海岸だ。
 初釣行からすでに10日近くが経過したというのに、ブログを更新できないのはその時の状況判断の甘さと意気地なさから。天候のせいにすることは簡単だが、それでももっと粘ることが必要だったのでは、と悔いだけが残った釣行となった。
2019y01m18d_115730464.jpg

 8日に目指した釣行先は泊村の兜千畳敷。ここは2年前の1月中旬に、地元のアングラーがサクラマスを何本もヒットさせたのを目撃した場所。その時のシーンはビデオで撮影した。この時の模様はyoutubeに投稿しているので、ご覧になられた方もおられると思う。
 
 海が凪いでいるのならば2年前と同じ体験ができるのでは。サクラマスがいなくても、ホッケが例年になく好調だという話も聞いており、年初を飾る釣りとして期待して出向いたのだが・・・。
2019y01m18d_115844161.jpg

 未明に札幌を出発、高速で余市まで走り国道5号線で泊村へ。途中の稲穂峠付近は、前も見えないほどの吹雪だったが、共和町から神恵内に向かう海沿いの道路は、風こそ強いが雪は見えない。
 兜千畳敷の駐車場に到着したのは午前4時、日の出まではまだ3時間あるので仮眠をとろうとするが、崖の下から車を揺らすほどの強烈な風が吹き上げて騒がしい。
 
 雪明りで微かに見える兜千畳敷先端は、3メートルはあろうかという大波が押し寄せて立ち入るのは難しそう。しかし、夜明けまでには風も収まっているだろうと1時間ほど眠る。

 起きてみると、すぐ側にいつの間にか車が1台止まっていた。そして風は先ほどよりも唸りを上げていた。
 この強風でも岩礁の先端部を避ければ、何とか竿を出すことができそう。
 しかし、その一歩を踏み出すことができなかった。ここがダメだったら、神恵内の古宇川河口や珊内漁港、さらに神岬漁港、余別海岸を考えていたからだ。
 結果的にそれが正解だったのかもしれないが、新年第1投の意欲を削いでしまったような気がした。
 
 兜千畳敷を諦めて次に向かったのは、神恵内の古宇川河口海岸。だがここも大波が押し寄せて、立ちこんで竿を振ることができない。
 結局1度も竿を出すことなく珊内漁港へ。
 2019y01m18d_115910461.jpg

 それでも時刻はまだ7時過ぎ。珊内漁港は隣に流れる珊内川河口と、防波堤裏の岩礁帯がサクラマスのポイントだが、内防波堤から神恵内方向のワンドにかけてもサクラマスが回遊する。

 それを狙って今年の第1投。PE1号ラインの先に30グラムのジグミノーを付けてトウィッチング。時化気味の外海からワンドに流れ込む潮に乗せる。しかし、そんなに簡単にアタリが来るはずもなく、正味2時間の今年初釣行を終えた。
 
 時間的にまだ可能性があるので、車を北上させて積丹の先端・余別海岸に向かった。その途中に神岬漁港に立ち寄ったが、ここも強風が吹き荒れて竿を出すことができない。
 余別漁港は外海が荒れているものの、ワンドはほとんど波がない。なのに、先ほどの珊内漁港もそうだが、この余別漁港にも釣人の姿はなかった。

 昨年12月の余別海岸の釣行では、浮き釣りとルアーの2通りで小型のアメマスとホッケを数釣りした。今回はルアーだけで狙うことに。堤防の上から13グラムのスプーンを投じては、巻き上げるを繰り返す。しかし追ってくる魚の姿を確認できない。ただ時間だけが過ぎていくだけ。
2019y01m18d_115944739.jpg

 時化や強風の見られないこの余別海岸を、初めから目指していたならもっと違った釣行記となったのでは、と悔いだけが残った今年初釣行となった

写真@神恵内・古宇川河口も立ち込むことができないB時期によって港内にアメマスやサクラマスが入り込む珊内漁港B波も風もない余別漁港裏のワンドC突然天候が変わり吹雪模様に


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
最新コメント

Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H

新品価格
¥25,704から
(2016/6/16 10:23時点)