検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年08月28日

アントレ保険、リリースします!

こんにちは、アントレ@宮古島です!

いやー、宮古島はいつ来てもいいですね〜w
この海、本当にヤバいですw
P8280789.JPG

さて、懸案となっているアントレ保険事務所の保険ですが、宮古島から東京の担当社員をグリグリ攻めて(笑)、ようやくプライシングが出てまいりましたw おかげさまで通常のブログ更新が滞ってました(笑)

前回の記事の通り、第3者契約というスキーム前提(ここを参照)で、原則として当方の「太陽光発電所に関する保守運用全般のアドバイス」というコンサル業務の中に、保険サービスが付帯されているという契約形態となります。もちろん誰もが知ってる大手保険会社との提携ですのでご安心ください。

ということで、早速のプライシングですw

■動産保険関連
@ライトプラン
付帯補償:火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹災・雪災、水災、衝突、水漏れ、騒授 ・労働争議、外部落下・飛来、盗難(ジャプラスや業者付の動産保険とほぼ同内容)
コンサル料:15万円(5年分で15万。一括前払い。免責ゼロ)

A電気的・機械的事故対応プラン
付帯補償:電気的・機械的事故(ジャプラスや業者付の動産(=解約不可)に加入済みの方向け)
コンサル料:10万円(5年分で10万。一括前払い。免責ゼロ)

Bオールリスクプラン
付帯補償:上記@+A
コンサル料:22万円(5年分で22万。一括前払い。免責ゼロ)

■休業補償関連
@ライトプラン
付帯補償:動産のライトプランの補償内容に応じた休業分を補償
コンサル料:ニーズが無いと判断し、対象外

A電気的・機械的事故プラン
付帯補償:電気的・機械的事故発生時のみの休業分を補償
コンサル料:ニーズが無いと判断し、対象外

Bオールリスクプラン
付帯補償:上記@+A
コンサル料:5万円(5年分で5万。一括前払い。免責ゼロ)

■施設賠償関連
付帯補償:保険金額は1事故につき最大1億円
コンサル料:2万円(5年分で2万。一括前払い。免責ゼロ)

■地震保険関連
付帯補償:地震、津波、噴火
コンサル料:都度見積(1年分。一括前払い、免責10万円)→保険料のイメージはココ

※上記を分かりやすくした表は以下をご参照ください〜!

発電所の保険について整理してみました!


<前提事項>
※直近のシステム費用相場を考慮し、設備代(工賃含む)は税込1500万以内を前提としております。高圧等、それ以上の物件は都度見積となります。
※地震保険以外は全国一律のコンサル料となります。
※当方と皆さんの間で別途コンサル契約を締結し、フィーはコンサルフィーとして戴きます。
※保険適用日はご入金確認後、1.5カ月程度かかります。お急ぎの方は別途ご相談ください(保険料若干UP)。
※休業補償と施設賠償については1年毎にコンサル料の改定が入ります。大幅に上昇する場合は、5年内に値上げのご相談がある旨をご了承ください。
※経費削減のため、ペーパレス対応となりますのでご協力をお願いします。

<申し込み方法>

以下のサイトに必要情報をUPの上、tokyonomadclub@gmail.comまでご連絡をお願いします。その後、契約書を送らせていただき、締結、ご入金を受けて、受付とさせていただき、受付後、概ね1.5ヵ月より保険開始となります。もちろん、かなり前もってご契約、ご入金いただいても大丈夫です。お申込前のご質問も承りますので、適宜メールをお願いします。申し込みは卒サポ契約生以外の方、既に稼働中、他社の保険契約中の方も含めて、日本全国全ての発電所を対象といたします。

太陽光発電所 保険申込フォーム

太陽光発電所の保険料は今後上昇傾向になると思っています。
何故なら制度が始まってまだ数年の世界ですからね。今回、大手保険会社数社と、保険代理店各社にヒアリングをしたのですが、保険会社側にソモソモ事故データが揃っていないようで、保険料の算出基準や考え方に大きな差が出ているようです。今後、一定量の事故(自然災害や故障等)のデータが集積されてきますので、その結果を受けて、やはり値上げという線となる可能性が高いと思ってます。

ということで、早め早めに好条件の保険を1年でも長期契約していくということが、リスクヘッジしながらCF向上を狙っていく、というアクティビティになる感じですね!

以上よろしくお願いします〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
出力抑制でとほほさん、コメントありがとうございます〜! ハイ、抑制保険はお問い合わせを多数いただいておりまして、只今本社に掛け合っております。商品化次第ブログにUPしますので少々お待ちください〜!
Posted by antre at 2018年10月22日 11:54
いつもブログを楽しみに拝見させていただいております。アントレ保険では、出力抑制に対応した保険商品は今後、出てくる予定はあるでしょうか?
Posted by 出力抑制でとほほ at 2018年10月21日 15:47
クロさん、コメントありがとうございます。はい、その通りです。基本、メールや電話ベースとなりますが、当方の知見の範囲におけるアドバイスもセットとなっております。よろしくお願いします〜!
Posted by antre at 2018年08月30日 23:40
ライトプランは保険とコンサル料込みで5年で15万で良いのでしょうか?
Posted by クロ at 2018年08月30日 19:04
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8041984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック